(広島・長崎の原爆などの)「大惨事」を英語で言うと? | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

おはようございます、Jayです。



本日8月9日は71年前に長崎で原爆が落とされましたね。

私は広島を訪れた事はあるのですが、まだ長崎はありません。

広島の原爆後の写真を拝見したのですが、建物すらほとんど残っておらず“大惨事”という言葉が相応しかったです。

この「大惨事」を英語で言うと


「大惨事」“catastrophe”(カストゥラフィー)


ちなみに「壊滅的な」は“catastrophic”ですが、「カタストゥロフィック」とアクセント(太字部分)が変わるのでご注意ください。


何はともあれ、広島や長崎の皆さんが経験された事を二度と他の場所で経験させてはいけません。

オバマ大統領が今年広島を訪問したのは少し核兵器がない世界に前進しましたかね。


関連記事:

広島原爆の日

悲劇”(これを英語で言うと?)

なぜ広島と長崎だったのか

「なんでもない日おめでとう」、訳し方の問題!?


Have  a peaceful morning


via Jay's Tricolor Language
Your own website,
Ameba Ownd