“Trouble”(心配事)と“Travel”(旅行)の発音の違いとコツ | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

こんばんは、Jayです。


今夜は「心配事」を意味する“trouble”「旅行」を意味する“travel”の発音の違いとコツについてです。
カタカナにすると「トラブル」と「トラベル」で違いは後半のみに見えますが、実は前半部分も違います!!

音節の数は“trou・ble”と“trav・el”でどちらも2つです。(音節の数は母音の音の数とお考えください)
そしてどちらもアクセントは1音節目でその母音は「ア」なのですが、“trouble”は“u”の「ア」で“travel”は“a”の「ア」と違います。
詳しくは後ほど書きますが、実はこれは昨夜やった“run”と“ran”の発音の違いと同じです。
そしてその後の“b”と“v”でも違いが出ます。(これまた後ほど)

実際の発音に近いカタカナ表記
trouble”=「チュラバォ」
travel”=「チュラヴァォ」

それでは音節毎に詳しく見ていきましょう。

“trouble”
チュラ」の発音
ロウソクの火を「フッ」と吹き消す感じで「チュ」
喉仏に指を当てて震えていなければ出来ています。
口をすぼめて、舌を反ってからあまり口を広げずに「ラ」
この時に舌は口内のどこにも触れないようにしてください。

バォ」の発音
少し強めに唇を閉じてから「バ」
ただし「バ」と言っても口を開けるのはほんのちょっとだけ。
「バ」と言って口が開いたらすぐに口を少しすぼめて「ォ」


“travel”
チュラ」の発音
ロウソクの火を「フッ」と吹き消す感じで「チュ」
ここは先ほどと同じ
口をすぼめて、舌を反ってから口の形を母音の“エ”にしながら「ラ」
先ほどはあまり口を広げないようにしましたが、ここでは母音の“エ”になるように横に広げていきます。

ヴァォ」の発音
上の歯を下唇に当てながら「バ」
これで必然的に「ヴァ」の音にになります。
また先ほどと同じようにあまり口を広げないようにご注意ください。
「バ」と言って口が開いたらすぐに口を少しすぼめて「ォ」

以上です。
それでは実際に発音をお聴きください。



いかがでしたでしょうか。
「ヴァ」と言う直前に“vvvvv”と下唇が震えている音は聴こえましたか?
「バ」の時は唇を閉じているから音が出ませんが、「ヴァ」の時は隙間があるので空気が通りぬけます。
また、「バォ」と「ヴァォ」が難しかったら、「ボォ」と「ヴォ」と発してもかまいません。

関連記事:
‘V’の発音
‘Run’(走る)と‘Ran’(走った)の発音の違いとコツ
クレーム”(日本語で使われているクレームと英語は意味が違う)
アメリカでトラブルに遭った時の英会話”(別の意味でのトラブルw)

Have a wonderful evening え 旅行