「私のおごり」、英語で言うと? | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

おはようございます、Jayです。


みなさんは“一度”、いやいや“何回も”お友達などにおごった経験がおありかと思います。
こういう時のセリフで「私のおごり」がありますが、これを英語で言うと

「私のおごり」“it's my treat”
“it's”がなくて“my treat”のみでも可。

例:
“Let's go eat dinner, my treat.”
「私がおごるからお夕飯を食べに行こう。」

あれっ、どこかで似たような例を最近見かけませんでしたか?考える人
そうです、一昨日ご紹介した「こちらはサービスです」(it's on the house)の記事に出てきました。(“the house”を“me”に変えて“it's on me”だと「私のおごり」)
“my treat”でも“on me”でもどちらも同じなのでお好きな方をお使いください。

お気づきの方もいらっしゃる方もいるかと思いますが、実はこの“treat”はハロウィーンでお菓子をもらう時に言う“Trick or treat.”の“treat”です。

関連記事:
「こちらはサービスです」、英語で言うと?
‘Trick-or-treating’のイタズラってどんなのがあるの?
日本で初めての‘trick-or-treat’体験
犬のオヤツ
ハロウィーンとは
‘Halloween’の発音
本場の仮装
よく見掛ける「ハロウィーン」の誤表記

Have a wonderful morning ハロウィンベア