“ear”と“year”の発音のコツ | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

こんばんは、Jayです。


“ear”と“year”、この二つの発音は似ていて苦戦をされている方も多くいらっしゃるかと思います。
今夜はこれらの発音のコツをお届けします。

唯一“ear”と“year”が違う所は「出だし」です。

まずは“ear”の出だしですが、日本語の「イ」で足ります。
少し工夫がいるのは“year”の方です。
“ear”と発音する前に“y”があるのでこれに苦戦される方が多いですね。
でもご安心ください、この発音は日本語のひらがなに隠れているだけでみなさんもすぐに出来ると思います。

みなさん、「や、ゆ、よ」と言ってみてください。
これらの母音は「ア、ウ、オ」で「イ段」と「エ段」が抜けています。
では今度はイ段とエ段も加えて「や、や行イ段、ゆ、や行エ段、よ」と言ってみてください。

コツ:
「や」と言う時は舌の奥を口内の天井に当てながら「あ」と発すると思います。
「や行イ段」は舌の奥を口内の天井に当てながら「い」と発してください。(や行エ段も同じ感じ)

言えましたか?
実はこの「や行エ段」は喜びを表す時の“yay”(イェイ)の出だしの発音です。

そして何を隠そう、「や行イ段」の発音こそ“year”の出だしの音なのです!!


これで二つの出だしがわかりましたね。
残るは後半部分です。(この後半部分は両単語とも同じ発音)

“ear”=「イ」+“r”
“year”=「や行イ段」+“r”

カタカナ表記では「イアー」や「イヤー」と、母音が「イ」→「ア」に変化しています。
そして「ア」へ変化する時に口を広げる必要があります。
しかしネイティブは口は広げません!!
もっと言うと、ネイティブは母音を変化させずに言っています。

日本人が苦手としている“r”の発音ですが、実はとっても簡単な事で出来ます!!
“r”の発音をするために必要な事「舌を反る」(ただし舌先は反っても口内のどこにも触れさせない)
注:この舌を反るのはアメリカ英語で、イギリス英語ではそんなに反らない

ear”:「イー」と言いながら舌を反る
year”:「や行イ段+ー」を言いながら舌を反る

“英語の発音は難しい”と感じるかもしれませんが、このように日本語にちょっとした工夫をするだけで出来ます。
ぜひお試しあれ!!

関連記事:
‘she’や‘sea’など似た発音の発表”(←ここで私が“ear”と“year”の発音をしています)
‘she’と‘sea’の発音のコツ
‘R’の発音”、“その2”、“その3
イギリス英語:‘R’を発音する時としない時
‘Let It Go’ で聴く、アメリカ英語とイギリス英語の違い
‘here’や‘hear’の発音

Have a wonderful evening ミニーちゃんの耳