日本語の「ソフトドリンク」の方が… | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

こんばんは、Jayです。


今夜は“接待”や“お友達と”レストランで食事される予定の方もいらっしゃるかと思います 食事
夜なので「お酒」を頼みますか、それとも「ソフトドリンク」を頼みますか?
って、ちょっと待ってください。
なんで“ソフト”ドリンクと言うの?
“ハード”ドリンクってあるの??

「ハードドリンク」ございます。
“hard drink”「お酒」

お酒(hard)じゃない飲料だから“soft drink”なのです。
しか~し、ちょっと待った~!!待った

日本語で使う「ソフトドリンク」は“ジュースから炭酸飲料”まで様々な飲み物を指すかと思います。
しかし、英語で“soft drink”は「炭酸飲料のみ」です。
ジュースなどまでは含みません。

でも、「ハード(お酒)じゃない」から「ソフト」と名付けたのだから、日本で使われている定義の方が理にかなっている気がする…苦笑

関連記事:
アメリカならではの飲み物
コカ・コーラ クラシック
カルピス
とりあえずビール
ちょっとちょうだい

Have a great evening ペプシ