私を信じて | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

おはようございます、Jayです。


自分の言う事を信じてもらいたいけど、でもすぐにそれを証明するものがなくて歯がゆい時ってあるかと思います。
今日はそんな時にピッタリの英会話です。

「私を信じて」“take my word for it”

“Trust me.”を聞いた事あるもしれません。
これはそれの別の言い方です。

例:
“They have the best pizza. Take my word for it.”
「あそこのお店のピザが一番美味しい。私を信じて。」

美味しいという事を信じて(わかって)もらいたいけど、それを証明するものがありません。
それでも信用してもらいたい時に使いましょう。
こういう時のためにいつもポケットにピザを忍ばせている方は、それを相手に食べさせたら“See? They have the best pizza.”(ね?あそこのピザが一番美味しいでしょ)とドヤ顔で言いましょうw

ちなみに、“my”を“your”や“her”などに変えて言う事も出来ます。
例:“I'll take your word for it.”(あなたの言う事を信じるよ)

関連記事:
約束するよ
自分の本心を相手にわかってもらいたい時
「それ買ったの?」=「それ信じたの?」

Have a wonderful morning きらきら