“What?”だけでは失礼なので | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

おはようございます、Jayです。


英会話で聴き取れず、聞き返す時にみなさんは何て言いますか

Excuse me?
Could you repeat that again?

などなら問題ないのですが、たまに“What?”と言う方がいます。

“What?”は日本語で言う所の「何?」です。
お友達や親しい間柄なら問題ないのですが、そうでない方には失礼になるのでお気を付け下さいませ
(でも“ノンネイティブだから許される”場合もあります)

“いざとなったら他の言い方が出てこない”という方、朗報です。
“what”を使い、尚且つ失礼になりにくい言い方があります。

“I'm sorry, what?”

“I'm sorry”を先に入れる事によって“what”が軟化されます。

私が使う時:
ボーっとしていたり、他に考え事をしていて相手の話を聴いていなかった時
“I'm sorry, what did you say?”

Have a great morning ? え?