アメリカ旅行の注意点 お酒 | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

こんばんは、“基本、お酒は家で飲む”Jayです。


旅行の楽しみの一つに“グルメ”という方もいらっしゃると思います。
今回は、人によってはそんなグルメに欠かせないかもしれない“お酒”についてです。

アメリカはどの州でもお酒を飲めるのは「21歳以上」です
(例え日本でお酒が飲める20歳の人も、アメリカでは飲めません)

“アメリカってなんでバーに駐車場があるの?”と思った方いませんか?
私も思いましたw
以前調べたら、たしか飲酒運転の基準値が日本より3倍甘いアメリカ。(だからと言って、飲酒運転はお勧めしません)
おそらくこれが理由ではないかなと思います。



外(お店でなく、公共の場”でお酒を飲む
酔っ払って外を出歩く
車内に買ったビール缶がある

↑こんな経験をされた方いますか?

アメリカでは実は全部これ、“問題です!
どれくらい問題かと言うと、“逮捕される可能性があります”

アメリカという国は、“子供は社会にとって一番の宝と考えています”。(日本が違うと言っている訳ではありませんよw)
ですので、子供の教育上よろしくない“道端でお酒を飲む”や“酔っ払った姿を見せる”というのは罰の対象になります。(もちろん酔っ払って絡まれたりする大人にも迷惑ですが)

“車内のビール”のルールは州によって違います。
車内にビールがあるだけで法律違反の州もあれば、ビール缶が車内にあっても開いていなければ問題ないという州もあります。
無難なのは、「トランクに入れておく」です。


お酒を買う時は年齢確認出来る身分証明書が必要ですが、日本の免許証はだめです。なぜなら「生年月日が“昭和”や“平成”で書かれているから」です。
パスポートならOKです。

お酒を買った後に気を付ける事
20歳以下の人がお酒を持ってはならない”(全部の州でかどうかはわかりません)というのがマサチューセッツ州の法律だったと思うので、21歳以上の方が買ってもけっして20歳以下の人に持たせてはいけません。


1人の21歳以上と4人の20歳の人達がお酒を飲んで警察に見つかりました。
それぞれの責任の重さはどれくらいだと思いますか?
正解「21歳:100%、20歳:0%」です。
21歳以上は監督責任があるので、こういう結果になります。
ではもし5人全員20歳でだったら?「全員に責任があります」

私の友達がこれで裁判までやりました。
友達(当時21歳以上)が20歳以下にお酒を提供しているのを警察に摘発されました。
でも友達は「日本ではお酒が飲めるのは20歳からだ。21歳以上なんて知らない。だったら俺が(アメリカの)空港に到着した時点で教えてくれよ。」
どうですか?
友達はこの主張が認められて「おとがめなし」でした。
この主張は「屁理屈」に感じる人もいるかもしれませんが、“理にかなっています”。


ユタ州(ソルトレークシティーがある)はモルモン教の本拠地として有名です。
モルモン教はお酒を禁じているので、ユタ州ではまずお酒をみかけません。
ですので、ユタ州へ行かれる方や通過される方は特に気を付けてください。


最後に私がお勧めするビールは“地ビール”です。
もしみなさんが訪れた場所にあれば、そこでしか味わえない地ビールをぜひ試してみてください。

P.S.私がアメリカでアメリカ人向けにこのブログを書いていたら、今回の話題は書いてません。(20歳以下が読者にいるので)それだけお酒に対しては厳しいです。