強い共和党、優しい民主党 | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

こんばんは、Jayです。



選挙繋がりで、アメリカの政治を紹介します。


アメリカの二大政党は共和党“Republican Party”と民主党“Democratic Party”です。


この2つの違いってなかなかわからないですよね。

その違いを簡単に説明します。



アメリカでは“強い共和党、優しい民主党”と言われています。



今のオバマ政権は民主党、その前のブッシュ政権(親子共々)は共和党、クリントン政権は民主党です。

これだけでも何となく見えてきませんか?


“共和党”は軍事に力を入れたり強気な姿勢でアメリカの存在を世界に示します

“民主党”は対話やソフト面をより大事にして世界と渡り合います



ここ20年ほどでアメリカが戦った戦争は、「第1次湾岸」「アフガン」「第2次湾岸」がありますね。(ちなみに私は全てアメリカ内から観ていました)

これらの全ては“共和党”政権下で起きたのです。

2001年のテロもブッシュ政権(息子)の時に起きました。中には“優しい民主党”であるクリントン政権ならテロは起きなかったという人もいます。


これらの詳しい情勢変化はまた別の機会にお話ししますね。


南部では共和党支持者が多くて、北東部や南部以外は民主党支持者が多いです。


今のアメリカは何党の政権下なのかがわかれば、アメリカのおおよその姿勢が見えてきます。


以上、アメリカの2大政党の違いでした。