free smoking と smoking free | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

こんにちは、「タバコは吸わない」Jayです。






アメリカのモールの中に“smoking free”と看板を見かける時があります。


「ん、“タバコ吸うの自由”??やった、吸える!!」




違います!!“smoking free”は「禁煙」です!!!






“free smoking”と“smoking free”と“free”が単語の前後どちらにあるかで、意味が反対になります




“free 〇〇”と前に来る場合:〇〇してOK!!(自由に〇〇)


“〇〇 free”と後に来る場合:〇〇してはダメ!!(〇〇から自由になる)






海外に行ったら注意してくださいね。






余談ですが、新宿の某デパートに入っているアパレルショップの店頭に「Fashion Free Magazine」と小冊子が束になって置いてありました。


言いたい事はわかったのですが、勇気がなくて持って帰れませんでしたw