リンスのいらないシャンプー | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

こんばんは、夏と冬で違うシャンプーを使っているJayです。


「リンスのいらないシャンプー」ってご存知ですか?

英語で書くとおそらく"no-need-to-rinse shampoo"

あえてどこの会社かは言いませんが、最初に「素晴らしいシャンプーです」と言わせてください。


And that being said, もし"no-need-to-rinse shampoo"をアメリカ人が使ったら苦情殺到な気がします。


"Hey, my hair is still sticky. What a day!!"

「おい、まだ髪がベタベタじゃね~か。何て日だ!!」(バイきんぐ風w)



何を隠そう(いえ、何も隠してませんw)、"rinse"とは「ゆすぐ」(すすぐ?)という意味なのです。


「リンスのいらないシャンプー」とは「髪をゆすぐ必要のないシャンプー」という意味になります。


「リンスinシャンプー」というのを見かけた事がある気がします、もう何が何だかわかりませんw


お皿を洗って洗剤を洗い流したり、手を洗って洗い流す時の「ゆすぐ」も"rinse"です。



では、リンスの代わりになんと言えばいいのか

"conditioner"「コンディショナー」

です。


Have a good evening!