フクロウのひとりごと

フクロウのひとりごと

愛知県在住のトロンボーン吹き、作編曲家、吹奏楽指導者。
おもに吹奏楽の活動に役立つ情報を発信中!
バンド指導をご希望の方はお気軽にご連絡ください。

ご訪問いただきありがとうございます!!
どうぞごゆっくりお読みくださいませ!!
ホームページもぜひご覧くださいませ!!

みなさん、社会科、歴史や地理って得意でしたか。ぼくはとても苦手でした。前にも書きましたけど、暗記科目全般ダメでしたね。でもどうして、歴史や地理を学ぶのでしょうか。なんのために、どう役立つのでしょうか。

こんばんは。
トロンボーン吹きで作編曲家、吹奏楽指導者の福見吉朗です。

 


 

 

  西洋音楽史

 

音楽大学の授業にも、歴史の科目があります。
それは、西洋音楽史と、日本音楽史。
何年間、何単位あったのだったかな…
西洋音楽史は自分たちのやっていることと関わりが深いから興味がわくと思うでしょ?
ぼくらのころは、うちの大学の西洋音楽史は中世ルネッサンス期の話ばかり…
古典派やロマン派、近現代の話はよそでいくらでも勉強できるでしょ、ということなのか、
それとも先生の専門分野が中世だったのかはわかりませんが、なぜかそればかり…
ほんと、今となってはなにひとつおぼえていません…(ごめんなさい)
もっとあとの時代の話が聞きたかったぞ、と思いましたね…
 

 

  やっていることとの関わり

 

以前、こんな記事を書きました…

 

 

 


トロンボーン吹きなら誰でもやる、ダヴィッドのコンチェルト…
あの曲が生まれたいきさつの話。もう3年も前の記事です。
ダヴィッドは:ゲヴァントハウスのコンサートマスターで、そのときの指揮者はメンデルスゾーンで、
初演したクヴァイサーのことや楽器を作ったザトラーのこと…
このコンチェルトを吹いたことがある人の一体何人が、このことを知っているのだろう…
ぼくも3年前までは、そんなことなどなにひとつ知らずに吹いていましたよ。
自分のやっていること、演奏する曲に関わる話だから、興味深いのですよね。
そして、知ることによって演奏だって変わってくる…

 

 

  興味を持つこと

 

ところで、ぼくがヨーロッパの国々の位置関係、地理をおぼえたきっかけは…
F1を(テレビで)観るようになってからなのです(今は観ないのですけど…)。
ヨーロッパの国、いや、世界を転戦するじゃないですかF1って。
自然に興味がわいて、いろいろ調べるのです。
ブラジルがなぜポルトガル語なのか(南米でブラジルだけ)、どんな歴史があったのか、
そもそもポルトガルってどこにあるのか、なぜ、アイルトン・セナの第二の故郷なのか…
それまではそんなことなんか知らなかったのです。中学で習ったはずなのに…
そして知ると、レースを観る目も変わってくるのですよね。
学びのきっかけは、興味を持つこと。
自分たちと関係のない、一生行くこともないかもしれないようなところの話、ではなく、
自分が関心があることに深く関わっている話だからこそ、入ってくるのですよね。

 

 

  自分との関わり

 

歴史や地理を学ぶ、知ることの意味って、自分との関わりだと思うのです。
今の自分の生活に、やっていることに、興味があるモノに、未来に、どう関わりがあるのか…
それが見えたとき、つながったとき、意味をなすものなのかもしれないと思うのです。
そしてそれを知ることによって、これからの自分も変わってくる。
中学や高校で社会科(だけではないですけどね)が全然ダメだったぼくが、それ言う?
いや、あの頃は見えなかったのですよね全然…
関係ないじゃん、って思ってた。
「音楽やる人が歴史や地理が出来なくてどうするの」って先生に叱られてました…(汗)
 

 

  つながりを見出せれば…

 

で、西洋音楽史…
見出せなかったのですよね、自分とのつながり…
そりゃあ、歴史は続いているのだからつながってはいるのでしょうが…
「今やってる音楽に関係ないじゃん」って、当時は思っていた。
興味の範囲が狭かったのですねとても…
興味を持つ、つながりや関わりを見出す、そして知っていけば、自分も変わっていく…
そんなことが、歴史を学ぶ意味なのではないかと思うのです。

さて、みなさんは歴史や地理、得意でしたか。
 

音楽でもどんな世界でもきっと同じでしょうけど、人々から、世の中から必要とされる人ってどんな人だと思いますか。能力の高い人でしょうか。そりゃあ能力は高い方がいいのでしょうけど、そこではないと思うのです。

こんばんは。
トロンボーン吹きで作編曲家、吹奏楽指導者の福見吉朗です。

 


 

 

  能力

 

人々は能力の高い人、つまり『出来る』人を必要とする?
いちばん出来る人に仕事が集まり、人気が出て、売れっ子になる?
さて、どう思われますか。
これ、違うと思います。
人々は、能力の高さで人を選びません。
もちろん能力は高い方がいいし、ある程度の基準を満たしていなければダメでしょう。
でも、その上で、選ばれる基準って、そこではないと思うのです。
みなさんも、そう思われませんか。
えっ、そんなこと知ってるよって?
 

 

  自分より出来る人間

 

自分より出来る、能力の高い人間がいたら、みなさんどう思いますか。
自分よりいろんなことを知っていて
自分よりいろんなことを考えていて
自分よりいろんなことが出来ていて…
そこから学び取ろう、称賛しよう、お互い切磋琢磨…、そんなふうに思う人もいるでしょう。
でも、むしろ疎ましく感じたり嫉妬したり、そういう人も少なくないのではないでしょうか。
こいつが来ると、自分の立場が危うくなる?
自分より出来る人間を鬱陶しく思う、そんな感情は、誰でも持っているものかもしれません。
ぼくは称賛しちゃいますけどね。
逆に、『こいつをいいように利用してやろう』って考える人もいるかもしれません…
 

 

  イエスマン

 

なら、一体どんな人が、人々から選ばれるのでしょうか。
『使いやすい人?』

いつもニコニコしていて、なんでも文句ひとつ言わずに言った通りにしてくれる人…
自分の考えなんか持たない人、イエスマン、なのでしょうか。
これはね、違うと思うのですよ。
ここを目指すと間違うように思うのですよね…
ほんとうに何の考えも持たない、つまり自分で判断したりしない人間がいたら、
きっととっても使いにくいのではないでしょうか。
たとえば旅客機の副操縦士がそんなだったら、いる意味がないと思うのです。
「いなくていいよ」ってなる。
 

 

  意思を持たない人

 

イエスマンにちょっと似ていますが…
意思を持たない人…
これもダメですよね。
一見使いやすそうに思えますが、こんなに使いにくい人間もいないかもしれません。
むしろ、いろいろな意思を持っている人がいいと思うのです。
八方美人、ではないですよ。似て非なるものです。そうではなく…
いろんなことに共感出来る、幅の広い、引き出しの多い人。
たとえば合奏で1stを吹いていて、となりに座ってほしいのはそんな人ではないでしょうか。
心から共感してくれているのか、それとも表面上で合わせているだけ(八方美人)なのか、
それは、そのリアクションを見れば一目瞭然ですよね。
 

 

  人柄

 

ある、尊敬する指導者の方がよく言われていたこと…
「人柄が大事だ」と。
(こう書くと誰のことなのかわかる人にはわかってしまうのでしょうけど…)
いろいろ見てきて、今、そう思います。
人間は、人柄なんですよね。
人から選ばれる人って、人柄のいい人だと思うのです。
(ぼくには欠けているところなのかもしれませんが…)
その上で、能力、つまり腕前って、人のためではなく自分のためにあると思うのですよね…
より自分が納得行く仕事をするためにあるのだと思うのです。

さて、あなたは腕前で勝負しますか。
 

みなさん、人に言ってはいけない言葉、これ言ったら人が離れていってしまう、これ使ったら人が育たない、そんな言葉、なにがあると思いますか。いろいろあると思うのです。ちょっとリストアップして考えてみました。

こんばんは。
トロンボーン吹きで作編曲家、吹奏楽指導者の福見吉朗です。

 


 

 

  言ってはいけない…

 

言ってはいけない言葉、これを言ったら人が離れていく言葉、逆に言えば、
こんな言葉は言われたくない、そんな言葉ですよね。
さて、どんなものがあるでしょうか。
みなさんは、どんな言葉を言われたら嫌ですか。
ちょっといくつか上げてみました。
では、行きますよ。
 

 

 「これ、前にも言ったよね」

 

これは、以前にもブログに書きましたよね。
1回で出来る人、1回で覚えられる人はいないのです。
「わからなかったら何度でも訊いてね」が、正解。
 

 

 「こんなことも出来ないの?」「どうして出来ないの?」

 

これはね、昔、言ったことあると思います。ゴメンナサイ…

あのね、これってね、あなたの教え方がダメだから。
出来るように導いてあげることが、『教える』ということなのですよ。
プレッシャーをかけることなどではなく、ね。
「今は出来なくても、出来るようになるよ」が、正解。

 

 

 「あなたに出来るわけないじゃない」

 

たとえば、親にこれを言われて育った子は…

『自分はポンコツだからなんにも出来ない人間なんだ』と思って大人になるでしょ。

つまり、可能性を潰しているわけです。

「やってみなきゃわかんないよね」が、正解。
 

 

 「あなたのために言ってるのよ」

 

これを言う人はおそらく100パーセント、相手のためには言っていませんよね。
自分の希望を押し付けたい、その裏返しとして出てくるのが、この言葉なのでは?
「わたしの思いを聞いてもらってもいい?」が、正解。
 

 

 「言ってる意味わかる?」

 

これはね、ぼくも言ったことがあると思いますゴメンナサイ…(2度目)
意味がわかるように話しなさいよ、ってことですよね。
うまく伝えられない、そんな自分に対するイライラがあらわれた言葉です。
「つまり別の言い方をするとね…」が、正解。
 

 

 「あんなのはダメだよ」「あんなやつはダメだよ」

 

否定、悪口、批判…、そんな話を聞きたいと思う人はいないですよねきっと。
こんな言葉をよく使う人は、つまりは自分の好みや感想を人に押し付けたいだけの人です。
どうせなら、「あれ、いいよね」「あの人素敵だね」のほうがいい。
 

 

 

 「でもさあ」

 

この言葉を、もっぱら人の話をとにかく否定する用途でばかり使う人。
何を言っても否定されたら、もう話したくなくなるでしょ。
「なるほど、そうだよね」が、正解。
自分の意見はそのあとに話せばいい。
 

 

 「おまえ」

 

いや、いいんですよ「おまえ」は。ただ…
親しくもない人や目下でもない人に対してこの言い方を使う人がNGなのですよ。
たとえば、入ったお店の店員さんに対してこれを言う人…、見ていて感じ悪いですよね。
SNSで面識もない人に対して使うのもダメです。
「○○さん」「店員さん」が、正解。
 

 

 「みんなそう言ってるよ」

 

あの、『みんな』って、誰と誰ですか?
他人ではなく、自分の意見として話そうよ、と思いますよね。
自信のなさの裏返しです。
「ぼくはそう思うよ」が、正解。
 

 

 「ここだけの話なんだけど…」

 

これは、ぼくも使ったことがある気がしますゴメンナサイ(3度目)。
人の秘密を、『ここだけの話』としてしゃべる、これ、感心しませんね。
いや、シャレで済む話ならいいですが、それで信頼を失うような内容はNGです。
ぼくもしゃべられたことがあります。
まぁ、ぼくからの信頼など要らないと思ったのかもしれませんがね…(爆)
ほんとうの秘密は、ちゃんと墓場まで持って行くのが正解。ぼくもたくさんありますよ。

以上、言ってはいけない言葉10選でした。
さて、言ってはいけない言葉、みなさんはどんなものがあると思いますか。