聖地への旅 国立市の旅行会社カイラス

聖地への旅 国立市の旅行会社カイラス

アジアを中心に聖地への旅を案内しています。
小さいけど、心のこもった企画をさせていただきます。




日本では見かけなくなってしまいました。

鳩に餌をあげてます。


ん?鳩?

違いますね。ガンジス川のカモメ





犬もウロウロ散歩


うちのホテルの前のチャイ屋さん。

黙々と朝から晩までチャイをいれてくれます。




そしてこちらは

ラブディ


とっても濃厚な牛乳の甘いやつ。


クセになるおいしさ。







なぜか皆さん圧力鍋を買ってる。

このサイズがいい!

日本より随分安い!

らしいです爆笑




そしてこちらは

行列ができるラッシー屋さん




入るのを諦めこちらで食べます💁



こののんびりした時間がいろんな発見があり

旅の醍醐味





image

 

ベナレスに着いたのが2月10日土曜日。

ここインターナショナル・ミュージック・アシュラム

水曜日と土曜日の夜8時からステージがあるので行ってみました。

300ルピーですOK

7時45分ぐらいにおいで!って言われてたのに8時頃行くと

 

一番いい席というか、カーペットに座ることができましたチョキチョキ

image

 

インド音楽ってほんと素晴らしい!ルンルン

 

 

 

image

この日はこの彼女の歌がメインのようです。

 

 

 

真ん中の方がオーナーかなぁ?いつもおられます。

image

 

そしてその方のお父さんなんだそうです。

受付けのオッチャンかと思ってましたてへぺろ

 

image

そういえば、ほぼ同じ顔ですね。

 

日本から来たと言うとこれを出してこられました。

image

日本でレコードを出したこともあったのだそうです。

 

音楽の街、ベナレスです。

 

image

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

僕にとってのベナレスはガンジス川沿いのごちゃごちゃしたところ
何年前からか、郊外の高級ホテルに泊まらずにガンジス川沿いホテルに泊まるようになりました。
 
うちの会社のキャッチが
「バスから眺める景色ではなく、裏通りを歩いてほしい」
 
一般的なツアーだとガンジス川は朝食前の1、2時間で終えてしまいます。

 

 
そこをのんびり
 
なんと3泊するのです。

 

 

 

だって、3千年に歴史の町だから。

裏道を歩くというか

 

 

裏道しかないような町です。
 
 

 

 

 

 

 

 

え?インドで焼きそば??

 

 

 

去年も来たお店で夕食ですカレー
 
ちゃんとお互い覚えていました照れ

 

明日からベナレス裏通りをブログさせていただきます。

 

 

つづく

 

2600年ほど前に仏教という宗教ができました。

いや?

なんだろう、僕個人はもともとは宗教ではなく生きるための考え方?

哲学だと思っています。

ま、その話しは今日はいいとしてブッダ(お釈迦さま)はブッダガヤで悟り

その悟った内容を一緒に修行していた5人に伝えた場所がここです。

仏教聖地サールナートという場所です。

教えを他の人に伝えた、仏教発祥した場所です。

 

この場所にスリランカが建てたお寺があり、そこに行ってみました。

ここ奥には仏舎利が祀られていて、仏教徒は大事にされています。

スリランカのお坊さんがだいたいいつもおられます。

 

スリランカ、インドの仏教でよくする手首に糸をつけてもらいました。

 

 

記念写真もお願いしました。

後ろの野生司香雪画伯という日本人が描かれた仏伝です。ダイナミックですよね。これを観ながらブッダを想像することができます。

 

 奥のお寺がさっきのお寺です。

 

image

 

インド人もたくさん来る観光地です。



 

途中からオートリクシャー🛺に乗り換えます。

 

 

 

観光も終わり3泊お世話になるホテルへ

 

つづく

翌朝、我々は飛行機でベナレスに移動です。

 

新車でお迎えに来てくれました。

 

 

 

 

 

空港に着くと一番右端のPカウンターに行くよう言われ行くと

すべて自分でチェックインする最新鋭、、、か知らないけど、

大変ですよ!

モニターにエアインディアはGカウンターだったか書いてたので

そっちにこそっと行ってもいいのかもしれません羊

 

機械はThank youと言ってくれましたが、この後

タッグを自分で荷物に付けないといけません。

欧米や日本を含む他の国もすでにこれに変わっていっているけど

好きじゃない・・・スタッフさんを呼んでやってもらいました。

 

いずれにしても早めに来て良かった😅

チェックインの後の荷物チェックも長い列があります。

インド人の旅行ブームで大勢が旅しています。

 

インドは国内線は2時間前、国際線は3時間前にチェックインする必要があります。

もう少し早めでもいいかもしれませんね。

 

 

 

やっと落ち着いたので、皆んなでクルフィを食べます。

1ケ100ルピーで、たくさんの味があります。

それぞれに味見しあってる旅仲間、楽しいルンルンキラキラ

 

 

 

そうそうクルフィとはインドのアイスクリームです。

ぜひお試しあれチョコ

 

エアインディアを選んだ理由の大きな理由はインド国内線が安くなるからです。
美味しい国内線の機内食を食べているとすぐにベナレスに到着です。

 

 

モディさんがやたらあちこちで目につきます。

4月にインドで選挙があるからでしょうか。

 

 

お迎えとすぐ目が合いました!

 

 

ベナレスの国際空港の駐車場で記念撮影

何やら売りに来ていた男の子もついでにヒヨコ

 

インドの旅行会社がとっても自慢げに連れてきた昼食場所です。

 

ターリーという北インドの定食ですが、いろんなものがセットになっていて

 

うん、これは自慢していいです。おいしい。

 

 

 

満腹になると幸せなのは僕だけではないですよね・・・

 

お腹もふくれて、知らない人と記念写真カメラ