トモエスタ セニョリータ!

元フジテレビアナウンサーの松田朋恵が綴る、読んだら病みつきブログだよ?


松田が代表を務める「W.moon」公式facebookページできました。各種お問い合わせ・仕事依頼などはこちらのページの「メールを送信する」からお願いいたします。
https://m.facebook.com/w.moonthanks/
NEW !
テーマ:
{7713E5A5-85A4-49CC-BD13-128BF9918F4D}



午後イチから赤坂のTBSへ。

某番組へのインタビュー出演のオファーを受け、その収録でした。


赤坂サカス前の特設スケートリンクは人がいっぱい!

わたしも久しぶりに滑りたい誘惑に駆られました。


そして赤坂見附からメトロに乗ったら、東京マラソンに参加した方々が何人も乗っていて!


ランの衣装のまま防寒着を羽織って帰路についている方が殆どなので、すぐわかります。


知り合いも何人か走っていました。


ランナーの皆さん、お疲れさまでした!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
{C14267E7-6ED0-420B-95C9-EF469F5804B5}



OA終えて、SNS、特にtwitterで多くの反響をいただきました。


いい歳してアニオタ全開だったのですが、
好意的なコメントがとても多く、心から皆様にお礼を言いたい気持ちです。


番組は「バラエティ番組」ですし、時間が限られていますので、「あれっ?この表現は違うよね??」と、思われた方も多かったと思います。


そもそもの始まりは番組プロデューサーからの
連絡でした。


主にtwitterに上げているアニメや2.5次元などのオタク呟きが面白いとのことで、「アニオタを反省する」ということで番組に出てくださいとのオファーでした。


しかし事前に打ち合わせをした後に、「アニオタというと範囲が広すぎるので1つの作品に絞りたい」となり、2.5次元舞台(ミュージカル)である「テニミュ」に10年以上前から遡るとトータルで100回くらいは通ったことが面白い、となりました。


ですので、「テニスの王子様」という漫画・アニメ・舞台、それぞれが大人気であるコンテンツに絞っての今回の番組内容となったわけです。


ミュージカルに行って楽しんでいる写真を、と言われても、テニミュの会場では写真はほとんど撮りません。

グッズを持って撮らないんですか?と言われてもテニミュのグッズはパンフレットとか生写真とかですし。。。


テニミュの「ドリームライブ」、通称「ドリライ」は、ペンライトを振って思い切り叫べるライブなので、その写真ならありますよ、と提出したのですが、一般視聴者には区別がつかないし、テニミュというワードも説明が必要になるので全て「テニスの王子様のミュージカル」で統一しましょう、となりました。



写真は「ドリライ」や、アニメの声優さんが大集合するライブである「テニフェス」の時のものなどでした。


また、跡部様の決めポーズと決め台詞がありましたが、「このポーズでこの台詞は言わないんです。」とかなりしつこく説明したのですが、「バラエティ番組での遊びなので、ご理解ください」と、最終的にそうなりました。




なので、テニプリファンからすると「あれ?違うよね?」というポイントがあったわけです。


が、皆さん、事情をわかってくださり、好意的なコメントを寄せていただけたのでとても有り難い気持ちでいっぱいなのです。



深夜に長々と失礼いたしました。


これからもアニメを愛し続ける所存でございます!



ご視聴いただきました皆様、ありがとうございました。







AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)

テーマ:




{E8B80005-497F-4503-9FFC-5E8915C50AA6}



映画「レミゼ」のヒュー・ジャックマンを主役に、「LA LA LAND」のスタッフが集結!という鳴り物入りのミュージカル映画。
実在の人物の逸話をもとに脚色をして作られた作品であります。





19世紀半ばのアメリカ。

仕立て屋の父が出入りしていたお屋敷の娘チャリティと、身分違いの恋を実らせ結婚生活を送るP.T.バーナム。


チャリティはバーナムと2人の娘たちがいれば他に多くを望まない、というつつましい妻だったが、「お嬢様育ち」のチャリティを幸せにするには稼ぐことが大事だと思うバーナムは、銀行からの融資を受けて大きな事業に挑戦する。



失敗もあったが、なんとか「オンリーワンの個性を持つ人々」を集めたショーをヒットさせ、成功をつかむ。




「オンリーワンな人々」とは、つまり街を歩けば誰もが振り返って眉をひそめて見るような、身体的な特徴が著しく目立つ人々や黒人たち。

彼らは親からも見放されてひっそりと生きてきた自分たちが、スポットライトを浴びて拍手喝采を浴びることに喜びを感じていたのだが、「見世物小屋だ」と揶揄する人々も大勢いた。


裕福になっても社会に認めてもらえない状況をなんとか打開したいバーナムは、若き相棒フィリップの協力により、イギリスのヴィクトリア女王に謁見するチャンスを手にする。


謁見の場で美貌のオペラ歌手ジェニー・リンドと出会ったバーナムは、彼女のアメリカ公演を成功させれば、一流のプロモーターとして世間から一目置かれる存在になれる!と考えた。


しかし、バーナムの新たな挑戦の先には、思いもよらない「危機」が待っていた………。






ミュージカル作品として単純に楽しんだ者勝ち。


時間の経過がおそろしく早いところとゆっくりなところとが交互にやってきて、登場人物に感情移入することがやや難しい。


「あれっ、いつの間にこんなことになったの?
こうなるまでの過程をもっと知りたかったな…」
という場面がところどころに出てくるからだ。


いわば「掘り下げ」が少ないし浅いかな……。



とは言え、サーカス団の話でもあるので、「シルク・ド・ソレイユ」と「ミュージカル」の要素を同時に楽しめるという内容。


なので、「楽しんだ者勝ち」の映画だな、という感想。


音楽も歌唱も本当に素晴らしかった。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{E98E3B9E-F053-474C-8884-EF84A107F618}


原題は「3 generations」


2015年の作品だが、諸事情により公開が遅れたとか。LGBTを取り扱っているので、いろいろデリケートな問題があったようです。






シングルマザーでレイを産んだマギーは、自分の母親とそのパートナーの女性との4人家族で娘を育ててきた。


マギーの母親はマギーの父親である男性とかつては夫婦だったが、「自分はレズビアンである」という気持ちに素直になるために離婚し、パートナーの女性と暮らしていたのだ。


娘のレイは、「身体は女性だが心は男性」という自分に葛藤しながら生きてきたが、16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した。



医者から受け取ったホルモン治療についての資料を手渡された母マギーは、レイの決断を応援しながらも動揺を隠せず、ホルモン治療を始めるための同意書サインがどうしても出来ずにいた。


しかもその同意書には、別れたレイの父親のサインも必要であり、今は居場所もわからない男を探してまで会いに行くことをためらってもいたのだ。


共に暮らす祖母のドリーも、「女の身体のままで女性を愛する」レズビアンなので、レイの決断に心から賛成はしていない。


一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。


そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために何年も会っていない別れたレイの父親に会いにいくことを決意する…。





レイを演じるのはエル・ファ二ング。


このところエル・ファニングを見る率が高いなぁと思うのは、やはり彼女は映画界から引っ張りだこなのだな、と。


今回も見事に「性同一性障害の高校生」を演じ切っていた。  本当にデリケートな問題なので扱い方が難しいテーマだが、よく出来ていた作品かと。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今月初めに日本テレビで収録したのは「有吉反省会」でした。

{DA737D21-B765-4809-9D76-286365289E65}


共通の友人がいる、岩井志麻子さんと。

どんな反省をしたのかは下記リンクからどうぞ。。。




まぁ、笑ってやってください!



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
午前中は神楽坂の一軒家にオフィスを構えるS社にて打ち合わせでした。

{5D1D602F-24D5-4FE5-B26A-EEAA1298E077}


以前は大雪の日に来たので屋上には出られませんでしたが、今日は見せていただき。


夏にビアガーデンになりますねー!という素敵な屋上だったのに写真撮り忘れ。。。


ビアガーデン実現したらアップしたい気持ち。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
{5345D4EB-16FA-4EF7-9D23-4E83709CBA54}


赤坂の会社での役員 Tさんの研修これから。


前回で基礎はひと通り終えたので今日はいよいよ実践練習です。


Tさんが克服したい点を具体的な訓練でクリアしていきます。



今日も少しでもステップアップできますよう
心込めて指導していきます!




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
俳優の大杉漣さんが亡くなったというニュースに、一瞬目を疑いました。


まさに、観ているのに、出演するそのドラマを。

それは前作の時からファンだった「バイプレイヤーズ」。


名脇役たちが共演するテレビ東京の「バイプレイヤーズ」は、続編が現在放送中ですが、なんとそのロケ現場の宿泊先で急変したとのことです。。。

ニュースをまとめると、



大杉漣さんは収録後に松重豊さんら共演者と夕食を共にし、ホテルの自室に戻ったところで腹痛に襲われたとのこと。

 
バイプレイヤーズ出演者はグループLINEでつながっていて、それを利用して大杉さんは「具合が悪い」と訴えたそうです。


異変に気付いた松重豊さんがタクシーで病院に連れて行き、手厚い治療が施されたけれども容体は好転せず旅立った、と。

臨終は松重さんの知らせを受けて病室に駆けつけた光石研さん、田口トモロヲさん、遠藤憲一さんらバイプレイヤーズ共演者たちがみとったとのことです。


どんな役を演じてもその役になりきれる素晴らしい役者さんだったと思います。


それ故に、見飽きない俳優さんでもありました。



心からご冥福をお祈りするばかりです。




いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は「年に一度の休肝日」(少なっ!^^;)でした。

何故なら今朝から人間ドックだったから!



それほど精密なドックではないものの、何がキツイって、夕飯を20時くらいには食べ終わり、朝も食べずに昼まで空腹で過ごさなくてはいけないことがツライ……と毎年思っております…。


どうせならこの空腹をもうすこ引っ張って、前々から行きたかったとある「大衆食堂」へとこれこら向かいます。



{BDCE371A-43C0-4119-AE87-91B65E72218F}


何年か前、TV「孤独のグルメ」で見て以来、行きたかった店なのでーす!

レポはまた後ほど。。。。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。