登山教室Serow(セロー)のガイド日記

登山教室Serow(セロー)のガイド日記

日々のガイドの記録です。

週明けは前穂高岳北尾根をご案内してきました。今年の春は岳沢方面に入ることが多かったので、涸沢に入るのは久しぶりです。

 

穂高周辺も例年以上のスピードで雪解けが進んでいます。

 

今シーズン最初の涸沢小屋。今年もお世話になります。

 

5.6のコル〜山頂まではほとんど雪は無し。こんな春の北尾根は初めてです。

悪天候で山に行けない時は、標高を下げてキャンプとクライミング。

 

初めて行ってみた松原湖オートキャンプ場。

 

久しぶりの焚き火。初めて焚き火台を使ってみましたが、後片付けが楽で地面も汚れないので良いですね。

 

朝はフレンチトースト。

 

そして佐久の岩場でクライミング。一応こちらがメインです。

ゴールデンウィークが明けてから梅雨のようなお天気が続いています。山のガイドは軒並み中止になったので、ガイド仲間や友人クライマーと瑞牆山カサメリ沢に行ってきました。

 

十一面岩。植樹祭広場駐車場では高確率で知り合いに会ったりします。いや、会わなくても停めてある車で分かったりします。

 

いつものアップルート。

 

何回登っても面白い「レーザーズエッジ」

コブ尾根から下山して、沢渡からそのまま滋賀県米原市へ移動して翌朝に米原駅でお客様と待ち合わせ。琵琶湖畔の岩場、獅子岩と北小松の岩場をご案内してきました。

 

獅子岩や北小松の岩場からは琵琶湖が一望出来ます。獅子岩はマルチの練習、北小松の岩場はクライミング講習に良い岩場です。

 

北小松の岩場の「スパイスマジック10c」。規模は小さいですが5.6〜11まで揃っています。森に囲まれた花崗岩の岩の雰囲気は小川山に似ています。

 

四日市に移動して宿泊。近くのお店で食事。知多ハイボール、香りが良いです。

 

特に炙り寿司は美味しかったです。

 

翌朝から御在所岳中尾根へ。

 

岩のコンディションは良いのですが、今日は風が強いのが悩み・・・P3まで登って懸垂下降して前尾根に変更しました。

 

P3の懸垂支点下の大きな縦岩が動いたので要注意。

 

12時から前尾根の登攀を開始して14時30分にヤグラ下から歩いて裏道へ下山。

 

今年のゴールデンウィークは様々なエリアをご案内させてもらいましたが、何だか長い旅のような時間でした。ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!

例年ゴールデンウィークは天気が周期的に変わるのですが、今年は概ね安定していました。

5月2〜3日は穂高のコブ尾根、4日は午前中は立山で滑って夕方に嘉門次小屋へ。5日は明神岳東稜を登って岳沢小屋、6日はコブ尾根を登ってきました。

 

6時30分の扇沢始発で室堂へ。龍王岳付近から滑走して東一ノ越からタンボ平へ。

 

ブラックダイヤモンドの軽量ショベル、トランスファーLT。重さは約400gとこれまで使ったことのあるショベルの中では最軽量。テントサイトの整地やアバランチギアとして持っていく場合は軽さは重要なポイントですね。使う可能性が低い、あるいは長時間使わないのであれば、軽いものを選びます。

 

これまで使っていたカーボンストックが折れたので、今回はG3のアルミストック。ビンディングとストックが同じメーカーだと何となく操作性は良いように感じます。

 

扇沢から沢渡へ移動して、夕方に嘉門次小屋へ到着。

 

味のある囲炉裏。

 

定番のイワナ。

 

明神岳東稜。

 

翌日は6時頃に嘉門次小屋を出発して明神岳東稜へ。例年のよりも稜線の雪は少ないです。

 

明神岳東稜の核心、バットレス。山頂に到着して12時、そこから奥明神沢を下降して14時に岳沢小屋へ到着。

 

翌日はコブ尾根へ。ところどころハイマツが顔を出しています。

 

コブ尾根の頭に到着。標高2600m以上は雪もしっかり付いているので快適です。

 

 

穂高に入る予定でしたが、大雨の予報だったので小川山の涸沢岩峰群トラバースへ。ニュースで上高地へ通じる林道が土砂崩れで通行止めになったと知りました。転戦しておいて良かったです。

 

涸沢岩峰群4峰のリッジ。

 

空中懸垂2回で地上へ。

 

標高1500mの廻り目平では新緑と桜が美しい時期です。

週末は西穂高岳へ。4月に入ってから暑い日が続いているせいか、西穂山荘の雪だるまは無くなっていました。

 

美しい夕日と雲海。

 

翌日は西穂高岳へ。すれ違った田口ガイドに撮影してもらいました。

 

山頂はガスだったのに、下山を始めると晴れる。よくあるパターンです。

週末は鹿島槍ヶ岳東尾根をご案内してきました。昨年に引き続き、今年も良いお天気に恵まれました。

 

二ノ沢の頭でテント泊。混雑することを見越して早めに到着したので、余った時間を有効活用して完璧なテントサイト作り。

 

Xライズ3。入口は吹き流しを付けてカスタマイズしてあります。

 

ストックで作った物干し。アイゼンバンドを乾かしておかないと、翌朝固まって使いづらくなります。

 

宴会用テーブルも作成。

 

翌日は東尾根を登って赤岩尾根〜西沢下降。鹿島槍ヶ岳東尾根は荷物を担いで登れる体力が必要なコースですが、その分充実度も高いコースだと思います。また来年も企画予定です。

今シーズン最後の城山南壁マルチピッチクライミングにA`ルートへ行ってきました。

 

順調なペースで登ってくるお客様。

 

昔から見慣れた光景ですが、飽きることはありません。

 

今回はブラックダイヤモンドの「mips」が入っているヘルメットを使ってみました。

 

mips(Multidirectional Impact Protection System)。

強い衝撃を受けた時に黄色の内張が動くことで、脳震盪を防ぐ効果があるようです。実際に衝撃を受けたことは無いので効果は分かりませんが、装着感は他のヘルメットと比べても違和感は無いです。同様のシステムを搭載したマムートのヘルメットよりもコストパフォーマンスが高いのは良いですね。

平日に爺ヶ岳東尾根を日帰りでご案内してきました。

 

長大な爺ヶ岳東尾根。難所は少ないので隣接している鹿島槍東尾根よりも入山者は多い印象です。

 

朝5時に出発して11時に爺ヶ岳登頂、14時には鹿島山荘駐車場に戻って来れました。

 

今年初めて眺める剱岳。雪を纏った姿は美しいですね。今月末から劔に入山予定です。