『ここたま』

テーマ:


今日の夕方5:55〜の『ヒミツのここたま』139話。
このシリーズ最終話となります。

基本的にはお子さまへのメッセージをたくさんつめこんだ作品だったので、中の人的な話をあまりたくさんはしてこなかったのですが、、、今日はちょっとだけ。


メロリーと出逢ってから、もう何年もたって、一緒にいるのが当たり前になって、わたしの人生のいろんな思い出にメロリーがいます。

オーディションに受かったときも、はじめてメロリーとして歌ったときも、オモチャ屋さんに並んでるのを見つけて嬉しかったことも、みんなで大冒険をしたことも、一緒に涙したことも、ぜんぶ鮮明に覚えてるし、大切な宝物。

お歌が大好きなピンクのちいさなかみさまは、わたしに数えきれないほどたくさんのハッピーをくれました。

大人になるとついつい忘れてしまいそうな、でもとっても大切なことを、いつも思い出させてくれました。

ものを大切にすること、不器用でもチャレンジすること、友だちを信じること、みんなで一緒に泣いたり笑ったり怒ったりすること、ここぞというときに勇気を出すこと、いつも幸せを探して笑顔でいること、誰かを思って優しい気持ちでいること、、、たくさんの幸せのカケラをくれました。

今思うと、ほんとうに幸せになれる魔法をかけてくれていたような気がします。


ここたまを観たりオモチャで遊んでくれたみんなが、この先大きくなって、何かにぶつかってしまったとき、ふと小さい頃一緒に遊んだラキたまたちのことを思い出して、生きるヒントにしてもらえたらいいなと思いながら声を出していました。

"ヒミツの"ここたまだから、これからもずっと、実はみんなのそばにいて、こっそりお手伝いをしてくれると思います。


さみしくないといえば嘘になるけど、これからもメロリーは一緒にいてくれるような気がして、やっぱり笑っていようと思いました。

今日のお話がシリーズ最終話ではありますが、次回からも新シリーズに向けて放送は続きます。

引き続きたくさんの人に夢や優しさをプレゼントできるようにがんばりますので、これからもここたまを応援していただけたら嬉しいです。

今までこのシリーズを応援してくださったたくさんのみなさまへ感謝を込めて。

ここんぽいぽいここったま!

http://coco-tama.com/