保育士・ツアコン・講師の頑張らない生活
  • 29Mar
    • 週末

      東京の皆様、外出自粛の週末をどのように過ごされたのでしょう。私は金曜夕方、嬉しいことがありました。杉並の自宅ボランティアで食事を出してた小学生たち「今から行っていいですか?」と兄弟連れてやってきた。中学生になって声変わりもして、印象変わったなと思ったけど中身は以前の子供のまま。久々の連絡だった。会えて嬉しかった。お腹空いてたんだね。うちも、まともに食材なかったけど、そば茹でてほうれんそうのおひたしと豚肉とトマトと卵の炒め物で何とかごまかした。買い置きのハーゲンダッツがあったからオヤツも何とかなった。今更、彼らの境遇をどうこう言っても始まらない。とりあえずお腹いっぱいにして帰りに土日こもり用にストックしてあった食材といただきものを紙袋につめて帰りの回数券と共に持って帰ってもらった。親はね生んだ以上は、しっかり食べさせなさいよ!!!(魂の叫び)そして昨日今日やはり全く出られないとなると、退屈するものですね。外国が舞台の漫画ばかり読んだりイギリスで買ってきた大好きなカードを見て癒されたり卒園生の保護者が送って下さる子供の近況写真を眺めたりしてスタバに行けないストレスを何とかクリアした週末でした。ロックダウンもありうる今後に備えて気晴らし模索週間になりそうです。

  • 28Mar
    • イギリスの説得力

      英国、動画一つで、世界からやはりまだまだ一目置かれる国の所以を証明してみせるのはさすが。これ、近いうち絶対日本も真似するはず。Stay at Home今、一番言いたい相手は安倍昭恵さんもとご近所さんで人柄良い夫妻と評判だった。私の友人達も身近で接する官僚達であるから他の政治家の悪口言っても安倍さんのことだけは「性格はいいよ。」と言ってきた。でも、さすがに政治に興味ない一般人の感覚として言わせてもらう。これほど、夫の足を引っ張るファーストレディてそんなにいたかな?歴史的にもニコライ2世の嫁アレクサンドラとアルゼンチンのエバ・ペロンぐらいしか私には浮かばない。エビータは、まだ国民に人気あったし。セシリアは向かないと自覚あったからさっさとパリから逃げ出したものね。自分の奥さん一人コントロールできないお人好し総理に一国任せて大丈夫かという不安。とにかく夫婦ともに変

    • Come back イタリア

      週末、家で2日間ゆっくり過ごす予定。退屈しておられる方、こんなのもありますよ。イタリア人と他のヨーロピアンとの違い。作はイタリア人。ユーモアたっぷり。そして自分達を冷静に見る客観性も持ち合わせている。少なくとも日本のように、性犯罪逮捕歴5回の教師が小学校で教え盗みを働いた警察が依願退職する世界有数の異常な犯罪国家でありながら毎日、自分達で自国を褒める恥ずかしい我が国よりかは自分達を分析できてるのでは。客観性イコール知性だと思う。私達ツアコンを日々激怒させるいっけん国民ハチャメチャなイタリアがなぜか(失礼)G7にいるのもこういうところなのでしょうか。ただ、医療崩壊に関しては、あくまで私の私見で推測だけどイタリア、人口呼吸器の少なさ以前に命かけて頑張ってる医療関係者の中にあって、自分可愛さに職場に出てこない医師看護師達も少なくないのではないかと。何しろマンマが息子を溺愛する国第二次大戦中も、親の言いつけ守って脱走者が後を絶たなかった国なので。それでも憎めないイタリア愛すべきイタリアユーモア大事ですね。ユーモアを忘れずに乗り越えてほしい。ああ、私、このGW、ベニス発のエーゲ海クルーズに行く予定でした。また訪れる日まで。

  • 27Mar
    • 「魔女の宅急便」今夜!

      ジブリの中で一番好きな「魔女の宅急便」DVDも持ってます。今夜9時から日テレで見られるよ!こういう時だから、すかーっとしましょう。ジブリと無関係だけど怒るイタリア市長達ベルルスコーニもそうだったけど本人達が真剣になればなるほどネタにされるのがイタリア人大人だし立場的にももっと言い方が・・・医療現場の深刻さあって、このように感情的になってしまうんでしょうね。棺桶とか火炎放射器とか・・・けど、どこか憎めない。そして兵庫県知事も。

  • 26Mar
    • 週末ひきこもるなら「ハンドメイズテイル」

      やっと明らかになりつつある日本の真の感染者数こんなものじゃないと思いますがオリンピック延期情報が出るなり・・・ですか?そこで週末自宅ステイを守るのに「ハンドメイズテイル」既に皆さんご存知でしょうけど、まだ見てない方退屈しませんよ〜。私、シーズン1からリアルタイムで見ておりまして見るに耐えない部分も多々あるのだけど見てしまうのは、やっぱりある意味リアル、この地球上に今も同じような理不尽な境遇の中で救いを求めてる人達がいると思うから。とにかく、感動というのとは違うけどとりあえず週末2日間はこれでもちそうですよ。コロナうつにならないよう、何かに熱中することも大事ですね。ところで、昨日「あいつ今何してる?」という番組で番組スタッフが志村けんの昔の彼女と思い出の場所を訪ねるという場面でなんとスタッフ、麻布キャンティの前で「洋食屋さんですか?」節句・・・小説の舞台にもなった伝説の店キャンティを知らないと?東京のテレビ局スタッフですよ?志村けんもちょっとびっくりしたみたいでネプチューン三人に「行ったことあるだろ?」3人当たり前のようにうなずく。キャンティてそういう店。私はもちろん常連ではなく、その昔3回ほど連れて行っていただいただけ。その日は私達以外、全員芸能人と文化人で私はここにいちゃいけないなと自覚させられました。でも、それが分かっただけでも行ってよかった店でしたよ。

  • 25Mar
    • 諦め

      他国批判は日本人の特性。私もイタリアやフランスでの災害に怒ってきたけど素晴らしい部分もたくさん記事にしてきた。しかし、滞在国の罵詈雑言を毎日アップし続ける日本人のことを外国人はどう見ているか?「うちの国だと精神科の受診をすすめられる」以前、そう言った人がいた。悪いことも良いこともあって、日々の暮らしなのに一方にだけ偏ってイライラ・・・気の毒な話である。ところが、これも年代の違いがあって60歳以上の先輩方が書かれた現地滞在中の紀行やエッセイは欧米、アフリカ、アジア問わずその美しさを認め、日本も学んで取り入れ現地の人々との交流に触れ的確な批判はごく一部世界から Japan as No1と経済のみならず称賛されていた頃の日本人らしい姿がそこにある。老害は、少なからず感じるがこの方達の感性と頑張りがその後の日本を作ったことも確かだと思う。では今日の日本人は?毎日滞在国の悪口以前にまず自分の国、日本を知ることが大切ではないだろうか。この社会のクレイジーぶりを。昨日の港区内カフェ。満席。写真には写ってませんが席に座れない人がトレー持ってウロウロしてます。世界がコロナ問題で「人との距離を取りなさいよ。」日本政府も、テレビや広告で「人が集まるところへ行かないように」と必死に呼びかけ東京オリンピックに自国の選手は派遣しないと各国から早くに公言され延期を示唆する中で中心のカフェも立ち飲みバーも満席。ちなみに、我が家近所のホテルランチに先週末予約頼まれて電話したら1週間先まで予約埋まってました。政府の呼びかけ何のその。外国人は政府の言うことを聞かない。しかし日本人はもっと聞かない。ジャーナリスト達は、まず自国を知ってから外国をネタにしないと恥ずかしいですよ。子供の頃、人のことばかり言ってると先生に注意されませんでした?人のこといいからまず自分をちゃんとしましょう。保育園で毎日子供に言う言葉です。

  • 22Mar
    • 結婚できない女その②

      もはや「結婚できなかった女」と過去完了形で書くべきかもしれない。鋭い方お気づきのとおり、最近コロナ問題を深刻に考えることから逃げている。多分この国では良心ある医師や看護師の指摘どおり既に万という数字が感染済みなんだろうから。国が検査して守ってくれないなら、自分で栄養と睡眠を取るしかない。違うことに目を向けよう。そのついでといっては何だが・・・これまで、自分の結婚より人から誰か相手を紹介してほしいと頼まれることが多かった。そして、かなりの数紹介してきた。結果としては1割ぐらい結婚にこぎつけたかな。しかし、なかなか難しい。東大京大出身の高学歴男性は、私の男友達を見ても分かるように同年代の女性を好む。価値観や会話を重視するのか。某省の男性に10歳下の美人銀行員を紹介したら「10歳も離れてたら話が合わない」と断られた。彼は後に3歳下の女性と結婚した。反対に少し頭弱い系は、若い女性大好きで「オレって若く見えるから」と40代の男が平気で言うのだがこちらは紹介しても若い女性から相手にされない。女性側に感想を聞くと「確かにハンサムだけど、若く見える男性より若い男性がいい。」なるほど。別の男性はお嬢様とつきあいたいと言うから幼稚園から聖心の友達を紹介した。会わせる前、彼らに冗談ででも下ネタや下品な話はしないでほしいと釘をさしておいたのに見事に私の顔をつぶしてくれた。致命的なのは、条件から入る人「絶対養子に来てくれる人じゃないと困る。」広尾に賃貸物件多数所有、不動産収入だけで毎月数千万という家の一人娘さんを知り合い検事の息子さんに紹介したら検事は九州男児、息子4人もいるのに「一人も養子にはやらん」。世の中の独身者はほとんどこのタイプではないだろうか。条件を譲らない。容姿や性格なら、並以下でも誰でも結婚している。しかし指摘されたのだがこの希望条件というのもまた私を含め著しく世間の求めるものからズレているという。例えば港区のタワーマンション住まいや国家公務員は周りにゴロゴロいても私も周りの独身女性もそういうものには興味がない。むしろ高層苦手はけっこう多い。以前、イギリス在住の友人に頼んだ。「売れない音楽家や画家はいませんか?私の仕事を邪魔しないなら生活面倒見るから。」ヒモは嫌だが情熱持って一つのことに賭ける芸術家を支えるクララ・シューマン的生き方に憧れた。私のクリスチャンネーム、クララも彼女からである。しかし、そんな人は知らないとポプラさんは言った。先日ドサクサでプロポーズしてきた子供嫌い男は私がブログ記事にしたことを怒ってるがいい教訓となった。その日のうちに友人数名に問い合わせた。「子供嫌いな男性は無理。独身の小学校の先生知らない?」中学や高校の教師はいるという。実際に紹介してくれたこともある。しかし、中学高校教師だと子供好きとは限らない。私が自宅でボランティアすることを許さないかもしれない。そうこうする内、私は痛い過去を思い出した。その昔、やはり「料理得意な人」限定で探してた頃花見にタッパー3つ持ってきた人がいた。どれも素晴らしく私好みの味すぐに聞いた。「これ誰が作ったんですか?」「僕ですよ。」即アタックした。「彼女いますか?」「いません。」後はトントン拍子にデートの話がまとまった。主催者は彼に「オマエ、アメリちゃんとデートなんてラッキーだよ。帰り事故あわないように気をつけろよ。」まあ、それはよくあるヨイショだがよくないのは、彼は帰り路本当にバイクで軽く転倒したのだった。その後の初回デートというか、カフェで楽しく料理の話で盛り上がり満たされた気持ちで帰宅したところへ共通の女友達から電話が入った。とても言いにくそうに、つらそうに「あのさ・・・(長い沈黙)アメリが傷つく前に言っときたいんだけどさ・・・Tくん彼女いるんだよね。」確かにこの段階では付き合うまでは行ってなかったし私の一人相撲だったかもしれない。けど皆さん、体重100キロのハゲに二股かけられたことあります?もちろん私も悪い。世の中の夫婦のように、自然に湧き起こる好きという気持ちで一緒になるのが神の思し召しなら私の、○○な人と初めに設定して自分に都合のいい相手を探すのは究極の自己中であることは認める。しかし、そういう人が多いから世の中生涯未婚率が高いこともまた事実なのではないだろうか。

    • Vive la France!

      先日アップしたフランス🇫🇷マクロン首相のスピーチ締めくくり言葉「Vive la France!(フランス万歳!)」にグッときた私であるが何故この言葉がこれほど琴線にふれるのか何でだろうと思っていた。30分にわたって自分の言葉で国民に語りかけた若き頭脳明晰な首相その上ハンサムだから?不謹慎かもしれないけどそれもあるかな。けど、もっと違う何か考えていて思い出した。過去に一度この言葉に涙した記憶。南仏プロヴァンスツアーで、アルルを出てこのひまわり畑を過ぎ(お客様撮影)しばらく走ると右手に風車が見えて来る。ここがアルフォンス・ドーデ作「風車小屋だより」の舞台であることを車内でお客様に説明する添乗員は多いと思うのだがこんなことはガイドブックにも載っておりそれだけでは話が続かない。岩波から出てる本を持って行き車内で読んでさしあげても朗読は時に眠気を誘う。で、考えた。ドーデ自身の生涯と他の著作で興味をひこうと。「最後の授業」この小説をネタにすることにしたのだった。ストーリーは悲しい。普仏戦争でプロイセン(ドイツ)が勝利しその日の正午(だったか?)をもってフランスアルザスがドイツ領となってしまう日の小学校でフランス語での最後の授業が行われていた。正午の鐘とともに、今から授業はドイツ語でとなる時女教師は、教室後ろで立って見ているドイツ人達の前で生徒達に向かって語りかけた。「フランス語での授業はこれで最後です。皆さん、どうかこの美しい母国語を忘れないで下さい」そして黒板に書いた。Vive la France私がこの話を最後に車内でしたのが20年ぐらい前だったから今回、マクロン首相のスピーチを聞くまでというか聞いてもしばらくドーデを思い出せなかった。ドーデは、人として問題ある人物のようだけど作品は読み返すたびに感動する。プロヴァンスのひまわり畑や青空と共に。

  • 20Mar
    • 試練が運んでくるもの

      神は何を試されようとしているのか私は、ここ10年、人類は有史以来、右肩上がりだったあらゆるものがピークを迎えた後下りに転じ始めたのではないかと感じることが日常生活の中で多々あった。際限なく便利さを追求し、いつ行ってもオープンしていた飲食店や各店舗が無意味さに気づいて24時間オープンを短縮し元旦の営業を潔くやめた。それで誰が深刻に困ったと言うのだろう?前の日に買っておけばすむ話である。逆に今まで何で開けてたん?笑社員が家族と過ごす大切な時間を奪って。今回、いろんなことに気づきを与えられてるのかとさえ思う。人間は何がなんでも外食したりショッピングしたり旅行したり働いたりしなくても常時、情報を追い求めなくても娯楽を探さなくても日々、食べて寝て周りの大切な人と笑い合って「生活をする」それが生きることの意義ではないかと問われてるような気がして。こんな当たり前のことに、自分も含めてオプション求め過ぎてる。いつも何かにソワソワしている人類への警鐘なのだろうか。世界には今でも目覚ましをかけずに朝日と共に目覚め、魚や獲物などその日の糧を調達し日没とともに自然に休む人がいることと思う。ただ子を生み育てていつか土に還る日まで。文化ともプレッシャーからも遠い生活を送る人々がいる。そこまで極端じゃなくてもイギリスの年金6万円「お金いらないの。図書館と教会の仲間がいればハッピーなの。」と言いきるもと家政婦や「どこにも行きたいとは思わない。ここが世界一素晴らしい場所だから」と言ってたプリンスエドワード島の人達カナダ「赤毛のアン」の舞台となったプリンスエドワード島焼ける前のグリーンゲイブルス(このラルフローレンの白いセーターは前日お客様が買って下さったもの。)その人達と毎朝目覚ましの音で、だるい身体にムチ打って起き上がり満員電車の吊革に息たえだえ捕まって眉間にしわ寄せスマホ睨みつつ通勤1時間業績と売り上げに悩み客からの理不尽な要求に血圧上がり休み時間もネット振り込みで一字間違ったとやり直しコンビニで添加物だらけのお昼を買ってさっさか食べ終えて区役所や郵便局の私用に走る。職場の人間関係に消耗し、家に帰ったら子供の学費と年老いた親の問題に疲弊する。その日の星空がどうだったかさえ覚えてない。なぜなら見上げる余裕がなかったから。多少デフォだが、これが先進国マジョリティーのあるある暮らしではないだろうか。どちらが人間の一生として楽で安全なものなのだろう。世界がしばし立ち止まって100年前のように家の中で片付けやある物を使って料理して家族で静かに過ごすことは停滞とか無なのではなくこれでも世界は回っていくそれでも人間は生きていける証明となるのかもしれない。無理せず休息せよそう伝えられてるような気がする。ヒルズのスタバはやめて家にいます。Amazonプライムで大草原の小さな家一気に見ますよー。

  • 19Mar
    • いくら感謝しても足りない

      婚活だなんだとブログで私はノーマルですよアピールしてるけれど本音の本音を言うならば、老後はできれば女友達何人かと暮らしたい。同性愛者ではないけど、男性と暮らした経験より女友達3人での生活の方が楽しかった。もっと言うと、お客様と一緒か、もしくは近くで暮らしたい。海外生活とか甥や姪の側で、彼らの子供を保育してあげたいとか田舎で晴耕雨読など老後の夢は尽きないけれど(昔から私の夢には一切夫なるものが出てこない)現実には20代で出会ったお客様たちは既に後期高齢者となられ実現は難しいけどそれでも願わくば側にいたいと思う。それほど心地よくありがたく大切な存在。思い出と歴史にあふれた絆先日ブログにアップした銀座でのお食事によくお招き下さるご夫妻もう存在自体が尊い。話される言葉の一言一句をスマホで録音したいぐらいである。それから先週、「お寿司ご馳走するから出て来ない?」とお電話下さった一人暮らしマダムも大好きな方ほーい♪と普段着で出て行ってお寿司屋さんで待ち合わせ食後マダムのお宅で美味しいケーキとコーヒーをいただきながらテレビを見ておしゃべりそのうちマダムは夕食のしたくでキッチンに行き私はそのままこたつで爆睡起きたら「はい、アメリちゃんヒジキ作ったから持って帰って!」マジで帰りたくなかった。住み着きたい。もう一人電車で二駅のマダムたいくつしてると良いタイミングで電話がある。「良いお肉手に入ったの。来ない?」はいはーい!と出かけるとレストランよりすごい食事が出てくる。そして帰りに「切り干し大根作っておいたの持って帰って。」こういう方達との得難い関係をツアコン生活30年ずっと続けさせていただいてきた。阪神大震災の時も、イタリアツアーから関空に帰国してまっすぐ大阪在住お客様のご自宅へ向かった。そのままお世話になってたので、私は被災者体験がないのだ。自分に対して万に一つの仇もないただただ可愛がって下さる方達がこの世にいる。お客様達には皆さん娘さんや息子さんがいてお孫さん達とも頻繁に行き来しておられるけどプラス1のような感じで優しさを注いで下さるのだ。私自身に孫がいてもおかしくない年代なのにね。逆に、もしこの方達に何かあれば夜中でもタクシー飛ばしちゃうな。何も私だけが人気添乗員というわけではない。時代もあるが、友人の男性添乗員はイタリアツアーで男性ドクターからブランド靴7足買ってもらってたし(*双方ゲイではない。)女性添乗員は老婦人経営マンションにただで住んでいる。で、感謝は常日頃からもちろん忘れたことないけれど今回またまた朝目覚めたらお客様のご自宅方角向いて頭を下げたくなる思いでいるのだ。世間はコロナで不景気観光業界はSARSの時同様、大変なダメージを受けている。このような事態に、全く影響を受けない(むしろ休むべき!)保育園というところはツアコンが不安定の極みなら、その対極といえる職場かもしれない。景気による解雇どころか永遠の人手不足なのである。60代の友人を紹介したら速攻正社員に採用されたぐらいなのだから。(理由?保育士の給料をお調べ下さい。)この保育士資格を取ったきっかけもお客様のすすめによるものだった。子供と接したくて、ボランティアにのめりこんでいた当時の私にお客様が「しばらく本職でやってみたら?」と資料を持ってきて下さった。少しやってみて嫌ならまた添乗すればいいわと軽い気持ちで保育士スタート!給料は笑うしかないレベル(しつこいけど言ってしまう)しかし、家賃は会社が出してくれるから何とかなる。休みが多いからインバウンド、アウトバウンドの副業で生活費補填気晴らしにもなっていた。贅沢できなくても生活の心配をしなくていいということがこれほど精神衛生上、楽になれるものなのかとあらためて今こういう時だからこそすすめて下さったお客様に感謝してもしきれない気持ちでおります。イタリアツアー後ご馳走になった千葉のイタリアン前菜。美味しかった〜。誕生日を祝っていただいた銀座のしゃぶしゃぶ。私の身体はお客様からの栄養で出来ている。

  • 18Mar
    • 成田空港検疫が11日から職員ミスで検査不可能

      職員がPCR検査試薬が入ったガラス管を落として割ったため汚染されてしまったと。こういう最重要な場所での幼稚園みたいなミス海外では起こらないと思う。だから、企業で日本人より外国人が採用されてしまうのでしょう。(上場企業人事課談)細心の注意をもって扱っていれば、落とすようなものではないのだから。普段ぼけていても、やる時はやらねば!私達が子供の給食を落としたら数に限りがあるため、とんでもないことになる。だから誰も何も落とさない。自分の私物は、バンバン落とすし忘れてもね。それだけ緊張感に支配されていれば違ってくるものよ。今日18日だから約1週間成田空港検疫所という最も重要な場所がクローズかあ・・・困ったことです。近年の日本は本当にマンパワー弱い。

  • 16Mar
    • 最も銀座らしいフレンチ、伝説のソムリエ

      コロナ以外の話いっときます。先週、お客様から最も銀座らしいフランス料理店にお招きいただきました。ここは料理の素晴らしさもさることながら伝説のソムリエが選んで下さるワインやシャンパンが最高!いつまでも、この雰囲気を大事にしてほしいと願ってきましたが残念ながら今月でリニューアルオーナーが変わられるとか。時代の波には逆らえないのですね。寂しいですがソムリエは、きっとこれからもどこかでご活躍のことと思います。お招き下さったお客様は、このお店同様最も銀座が似合うご夫妻お話しているだけで、ドキドキワクワク♪ときめくのです。ひとことで言うと話題を選ばなくていいというか幻冬舎の本が好きだと言うとすぐに見城徹さんやもとの角川の話もできる。この日私のバッグに入ってたエッセイ白洲正子さんの話題で盛り上がる。京都の美山荘や音楽、ビジネス、株価・・・会話ができる、コミュニケーションが取れることの安堵感。今の職場では何も話せない。研修場所の明治学院大学を明治大学とは別の大学であることを説明しなければならなかった時もあった。情けなかった。この一年、この調子。何も難しい話を職場でする必要はない。私は漫画もお笑いも好きだし、バラエティも人並みに見る。20代のポップスター追っかけしてる先生とは一番仲が良かった。しかし・・・どう表現したらいいのだろう・・・10人中ほとんど普通の社会人がいないという悲惨な状態を。(本人達は大真面目に自分はまともだと思ってる。)直球投げることを許されるなら私は半世紀生きてきて、このような人達と接するのは初めてだったのである。私の周りはエリートばかりとは限らない。しかし前にも書いたが、若い頃つきまとった○○バーガーの店長は中卒でもクイズ番組で優勝してるしロックバー繋がりの借金男達に至ってはむしろ博学のウンチク系だったりする。そんな中、昨年4月以降の「未知との遭遇」(古)は私に大切なことを教えてくれた。それまで私が生きてきた世界が周りの人達がどれほど知性と常識と人間としての優しさ基本が備わった人達であったかを。

  • 15Mar
    • 日本の感染者数

      昨日、仮に総理がスピーチ原稿を読んでも日本国民は関心を持たないだろうという記事を未来投稿でアップしたら本当に、土曜日夕食時間帯に記者会見が行われこれまた本当に国民はさほど話題にしていない。サラからメールがきた。「英国の感染者数が増えている。日本の感染者数は少ないね。」当然!日本は他国ほど検査する能力ないからね子連れで病院行ってる親御さんたちも検査してもらえてないし看護師の告発では、今年に入ってやたら「肺炎」(コロナではなく)で死亡する患者が増えてるのが不可解だと。そりゃ、コロナ感染者数としては増えないでしょうよ。医療従事者たちが「実際は万は超えているだろう」と言っても感染者数おさえるためなら何でもするのかしら。もう驚かないわ。ここは日本という無法地帯ある日突然、なぜか一人の検事の定年を延ばそうとしなぜか加計学園の岡山理科大学が韓国人の受験生全員面接0点で不合格。イギリスの友人達(オックスフォード出身)やケンブリッジPhDのもとカレは言う。受験生全員が面接0点などという漫画のようなことはイギリスでは起こらない。イギリスじゃなくともまともな国なら教授陣が自分の身を犠牲にしてでも反対するだろう。知性ある国では100%起こらないことが日本では起こる。知性や教養や常識?そんなものないよ。ここは日本。This is Japanついでに中国も加えといて。

  • 14Mar
    • 健康診断の結果とフランス大統領のスピーチ

      昨年3月の健康診断で腹囲81.6を82.5センチと9ミリ多く書かれて怒りを隠せなかった私だが今年それ以上の、とうとう恐れていたことが起こってしまった。先週、健康診断で測ってくれた看護師さんの口から出た数字はまさかの84センチ・・・。ついにウエストがバストを上回ってしまったのだ。つまりこういう↑こと。(こんないいものではないが幼児体型に近いということ。)今となってはズン胴なんて可愛いもんである。見た目の問題より深刻なのは健康問題と衣類不足。年中マタニティウェアの私にとって困るのは仕事着である。保育士はパンツスタイルマスト。また新たに買い足さなくてはならない。保育士の給料(世間の大卒初任給以下)で、服まで買えないよ。コロナ騒ぎの中、何を言ってるのかとお思いだろうが最近あえてブログでコロナの話題を避けるようにしていた。皆さん、うんざりでしょうから。けど、これだけ書きたい。フランスのマクロン大統領が国民に向けて発信したスピーチは「英国王のスピーチ」に並ぶ説得力あるものだったように私は思う。「お金の問題ではない」と強調し最後に Vive la France!(フランス万歳)と力強いメッセージで締めくくると他国ながら胸が熱くなった。習近平が同様に武漢でパフォーマンスしても全く響かなかった私ですが。そして我が国、仮に総理がスピーチ原稿を読み上げたとしても国民がチャンネルを合わせるだろうか。相変わらずバラエティ見て笑ってるんじゃないかな。

  • 13Mar
    • 暴挙に地域性関係なし

      友人が大阪の庶民的なエリアでマナーのなってない老人のことを憤っていたけど港区や東京の他区も負けてませんよ〜。お向かいのコンビニは強盗入ったし園児が登園するなり「パンパンちてたの。コワイコワイだったの!」と興奮おさまらないから何の話かと保護者に聞いたところなんと朝8時、保育園近くオフィス街のど真ん中スーツ姿の20代と中年男性の殴り合いが数分続いたと。保護者は子連れだったから怖くてしばらく前に進めなかったそうです。この間から港区をこきおろしてるようですがもちろん好きな場所もありますよ。六本木ヒルズのTSUTAYAスターバックス桜が店内のいたるところに。これには感動しました。このご時世、相変わらず座るところがないくらい混んでるし。

  • 10Mar
    • 保育園休園すべき(現場からの訴え)

      休みたいから言ってるのではない。できたら休みたくない保育フリークの私が言うぐらいだから本当に危ない。保育園に一度でも子供を預けた人なら分かると思う。保育園というところが、どれほど病気をうつされやすい環境であるかということを。特に乳幼児にとって、感染イコール命にかかわる場合もある。保護者は自宅におられるのではなく、通勤してるのだ。他の自治体で保育士の感染者が出たが、保育士もまた公共の乗り物を使って来てるのだ。その人達と幼い命は濃厚接触するのだ。一人でも感染者が出たら国はどう責任を取るのだろう。世界から又言われるだろう。やっぱり日本おかしいと。保育園こそ休園にすべきではないのかと。

  • 08Mar
    • 中年ちゃらんぽらん

      田辺聖子さんの本のタイトル昔読んだ時、こんな夫婦いいなと思った。田辺さんの他の著書も、そして田辺さん自身のカモカのおっちゃんとの暮らしも将来こういう風になりたいなと憧れる中年像だった。ユーモアがあってお酒と会話を楽しんで難しい話をしなくても会話の端々に知性が詰まってる脂っぽさが抜けたさらりとした男女関係早く中年になりたいとさえ思ってた。でも難しい。私が時折り友人の疲れ果ててる姿に彼らの昔の姿を懐かしく思い出すように男友達も女友達もまた、保育園メインになる前の私を求めてる。お客様から送られてきた写真。確かブルージュ。ロエベのワンピースにアルマーニのストールシャネルのバッグ全身ブランドて頭悪そうだけど、あの頃こういうツアコンも日本人もたくさんいた。友人たちは最近寝起きの格好で出てくる私にあの頃のアメリに戻ってほしいと軽く嘆いてる。正直、私も全く思わないというと嘘になる。外に雪がチラチラ舞う日があった。保育園の夕方、オムツでずっしり重いゴミ袋を捨てに外に出た瞬間思ったのはああ、この季節、保育士になる前はスイスでスキーしたりしてたんだなあ。写真はフランスのヴァルトランス。スイスのジュネーヴ大学に国連に勤める友達の家から通ってた頃この人の家はスイスより物価の安いフランス側、毎日学校までパスポート持って国境越えて通っていた。国際機関の集中するジュネーヴであるから日本人もけっこう住んでた。写真は赤十字、国連、領事館チームでスキーに行った時のものこれらの機関に勤めてる外国人はスマート過ぎて近寄り難いけど、そこは日本人皆さん気さくで庶民的、居心地よかった。イギリス人達とはフランスのムジェーブ、スイスのダヴォスやアンデルマットにスキーはしたくないけど行った。白いゲレンデとスパが好きなので誘われると喜んでついて行ったのだった。ゴミ袋を出してはスイスの山を思い給食を食べては思い出す添乗の食事モナコオテル・ド・パリ内ミシュラン 三ツ星アラン・デュカスのルイ・キャーンズ別に私は高級なものを好むグルメではない。給食のひじきも大根のお味噌汁も何でも好きだけどお願い、味をつけて(涙)このルイ・キャーンズで、お客様は私が止めるのも聞かずに鳩を注文し、せーの!でウエイターがクローシュを取った瞬間ゲッ!!鳩の姿焼きその場のヘッドウエイター、ソムリエ、ツアコン(私)同時に、よせばいいのに〜♪(古)でしたわ。とにかく生活が一転、劇的ビフォー↑アフター↓子供のよだれと鼻水とウンチにまみれながら同僚保育士達の昨日見たテレビとか昨日見たテレビとか昨日見たテレビとかの話で気が付けば卒園の季節。自分で自分を褒めたいと言ったのは有森さんでしたっけ。まさしく今の心境。なぜ、保育士をやめたくならないのかツアコンに定年はなくいつでも戻れるけど保育園やめたら、もう子供とはふれあえない。その飢餓感抱えつつ、別の意味でちゃらんぽらんな日々を生きていく中年しんどくもあり、楽しくもあり。

  • 07Mar
    • 麻布のカフェにて中年の会話

      昨日言ったこと(一人になりたい病)と矛盾するようだが私は独身を貫きたいと思ったことはない。長年人とべったりの仕事をしてきた反動で一人の時間を渇望するようになっただけでむしろ、ずっと結婚したいと思ってきた。周囲はこれまで、ほとんど全員私に誰かを紹介してくれた。すっかり信用をなくした今、自己調達しか残された道はない。お金を払って入会した結婚相談所も半年間一人も会おうとしなかったのは初対面苦手の自業自得。担当者から個人情報集めですか?と目的を疑われた。で、本日コロナ報道がしんどくなって又定期的に襲う結婚願望病に見舞われ男友達を呼び出した。別段私に恋愛感情があるわけでもないのに新しい出会いがめんどくさいという理由で時々思い出したようにプロポーズしてくれる人である。お互いの中間地点麻布のカフェで会ってそれぞれスマホをいじってた。特に話すこともないし。今日も突然相手が、孤独死したくねー!結婚しない?と言ってきた。私の年代になると、結婚したい理由は老後のことが不安というそれに尽きる。普段はそうねーとスルーして相手にしないのだがさすがに今日は、いいよーと言った。なんてタイムリー!と小躍りさえしそうな気分。彼は昨年まで私の大嫌いなタワーマンションに住んでたがプラウドという低層マンションに引っ越したのもポイント高い。しかも世帯向け。お金だけは持ってる。が、ここで上手くいかないのが私の人生である。男「一つだけ約束してくれるかな。今してるようなこと、子供家に連れてきたりするのだけはやめてくれる?オレ、子供嫌いなんだよね。」チャンチャン♪終了!!!他のことには目をつぶってもこれだけは無理。むしろ私にとってのファーストプライオリティ。男友達は、私のツアコン時代に知り合った人達で彼らは、私の当時のライフスタイルブランド品を着て海外のオペラハウスを渡り歩きインターバルの国内では西麻布や三宿のバーで飲むというあの日の残像を引きずっている。なので、今の外見かまわず家に子供を連れてくる保育士の私を何が起こったのか?と訝りつつ気安い近所のオバちゃんぐらいに思ってる節がある。今日も会うなり「その長靴で来たの?このオシャレなカフェに。」と悪態つくから「アグブーツだけど何か?」男「え?アグー豚?」耳も遠くなってきたらしい。もう麻布のカフェも埼玉の居酒屋も中年は一緒。そして友達関係は続くんだろうな。死ぬまで。

  • 06Mar
    • 正直な友達は宝

      何度かこの話題にふれているが、私は友達に恵まれている。身内や職場の人間に恵まれてると言えない分神様は公平だと思う。最たる理由が、友達は私にお世辞を言ったり媚びたりしないので信用できる存在。愛用コスメのランコムイドラゼンシリーズとディオールのホワイトシリーズしばらく添乗に行かないと切れてきてマツキヨ購入エコノミーな化粧水で間に合わせてみる。すると会う友、会う友「老けたねえ」と悲しそうに正直な感想を述べてくれる。最近、男友達3人と居酒屋へ行った時、共通の知り合いの話になった。離婚して一人暮らしとなった彼女は、テレビを見ながら語り合う相手がいないとか、家で一人何していいか分からないとかとにかく寂しいらしくて孤独話が止まらない。私「テレビやDVD見てる時って話しかけられたくないよね。変わってるねー。」と言ったら3人同時に「オマエだよ!」彼らいわく私についてる病名は「一人になりたい病」先日遊びに来た友達が「アメリさんは結婚話が出ても○○(地名)がいや、○○(タワーマンションなど住居)に住めないとか必ず住む場所で断るよね。」普通じゃない?と私が言うと「普通じゃないよ。」即答返ってきた。しかし世の中には自分を肯定してくれる友達としか付き合いたくない人もいるらしい。お世辞とうわべの会話で時間潰すの?友達ごっこして?そんな無駄な時間あればAmazonプライムを一人でゆっくり見ていたいけどね。あ、また言っちゃった。

  • 05Mar
    • 正解なんてない

      Aさんはご家族の介護を長年している。寝たきりとなって10年以上、下の世話から食事まで。そんなご家族に良き友人がいて、会話もできない病人に四季折々、会いに来てくれると言う。Aさん「気持ちはありがたいけど、来られる前に家の中を見苦しくないように片付けてもてなす食事の用意まで、いろいろと大変で。」しかも、自分の友人ではないので共通の話題や思い出がなく、話が弾むというわけでもない。そこを毎回、何時間も相手しなくてはならないのは、普段、介護で疲労困憊のAさんにとってなかなかの苦行というのは想像つく。ご友人も忘れず訪ねてくれてきっと義理がたく人柄の良い人なんだろうな。誰も間違ってないと思う。そして全く逆のパターンも知っている。Bさんには認知症で、やはり寝たきりのご家族がいる。Bさんの周囲は、遊びに来てもこのご家族に会おうとはしない。「悪気がないのは分かってるけど存在しないことにされてるみたいで寂しい。」そう、悪気がないどころか多分病人の部屋にお邪魔しては悪いと皆気を遣ってるのだと思う。私にはそう思えるんだけどBさんには寂しさの方が勝ってしまうようで。皆さんは、AさんBさんどちらのタイプですか?私は自分が入院してた時でさえ、見舞いに来て欲しくなかったぐらいなのでAさんの気持ちが分かる。でも、Bさんの言うことが分からないということもない。人づきあいに正解なんてないですね。