東大国語で高得点を目指すブログ

東大国語で高得点を目指すブログ

東大現代文の過去問20年分の私の解答をこのブログに保存していく予定。
「解答例」は著作権フリーのため、どなたでもご自由にお使いください。
ただし、本ブログの模範解答例以外の文章や写真画像の著作権は私に帰属します。くれぐれもご注意を。(現在休止中)

 

ま た お 前 か (という心の声が聞こえる)


とはいえ、多分受かったとしても模試は何年かぐらいは受け続けると思います。

まあいつも通り成績をアップします。







英語:164/200(偏差値73.1)
数学:69/200(偏差値52.7)
国語:138/200(偏差値73.4)
日本史:16/100(偏差値37.3)
世界史:22/100(偏差値42.9)
合計:409/800(偏差値58.6) 東大文三C判定


英語と国語は上位1%以内に入っていて、点数的にも自己ベストです。国語は偏差値でも自己ベストでした。

夏の模試までは国語をやりたい気持ちをぐっとこらえつつも英語と数学を中心にやり、後半は国語と地歴2科目に時間を注ぐプランでやってます。
数ヶ月ぐらいほぼ無勉の国語が古文以外よくできてる一方で、数学が去年のままの成績に終わっています。

以下それぞれの科目で反省します。


《英語》
点数的には8割を超えてまあまあでしたが、
今回の駿台全国の英語はかなり簡単だったので英作文以外では実質差がついていないと思われます。
実際、Twitterなどを見る限り、東大受験生の場合は英語は160〜180点ぐらいで団子になってそうです。

この時期は「基礎英文問題精講」「英文熟考(上)(下)」などを使って英文解釈の勉強を徹底的にしましたが、大問1でその成果がよく出ていると感じています。
一方で一番得点源にしたい英作文で結構な失点をしてるので、この部分にまだ伸び代があると考えています。
今後は英作文に軸足を置く方針でしたが、その方針自体は間違ってないと思います。

今回の英作文の答案はこちら。
↓↓


ところどころ「何が原因で失点してるんだろう?」と疑問に思う箇所が何箇所かありますが、
まあそもそも和文英訳は模範解答通りの答案さえ書ければよかっただけの話です。
ちなみにInternetは本来大文字で始めなければならないのですが、自分はうっかり小文字にしてしまいました。普通はこれも減点の対象になると思うので気をつけます。

受験英語チックな勉強は夏までにほぼ全て終わらせて、秋以降は気ままに実用英語の方面の学習をしてメンテナンスを図るつもりでいます。
具体的には英語の小説を読み、WritingとListeningの勉強をあまり時間をかけることなくやる予定です。

東大の英語で90点以上は取りたい一方、現実には地歴2つに大量に時間を割かなければならないのも事実です。
とはいえ、そもそも東大模試で英語90点数学40点のラインを超えない限りは東大受験をするつもりはないので、まずは英語で高得点取ることを今は優先したいと思います。


《数学》
典型問題の微分の問題の最初の段階で計算ミスしてしまったのが全てだと思います。
今年の2021年本試の文系第1問もそうでしたが、何か変なルート計算が出てきた場合は計算ミスか方針のミスを疑うことにします。
微積分は初手で計算か方針を間違えやすいし、そうなると全部崩れるので一番怖い分野だと認識しています。
逆に、確率のnで一般化された問題とか数列あたりは検算がしやすいので、そういう大問の方がむしろありがたいです。

整数は、互助法のやり方をまた忘れてしまったので今回も全て書き出しました。
その結果、こんな答案が出来上がってしまいました。

ガウス記号(=整数部分)の使い方も地味に間違えてるし、あまり汎用性のない答案の書き方です。
センターや共通テストでも、結局は毎回全て書き出してやってしまうことが多いのでそういうところで時間を使いすぎて良くないのだと思います。
互助法は、高校の時は範囲外だったのでなかなかうまく扱えていないですが、何とか使えるようにしたいです。


《国語》
評論が46/60、小説が33/40、古文が13/50、漢文が46/50でした。
漢文が自己採点よりも点数が取れていて大変驚きました。
今のところ、古文よりも漢文の方を先行してやってるので、漢文がちゃんと満点近く取れたのは好材料です。
古文が不出来ですが、夏の終わりあたりから一気に詰め込み&読み込みをするつもりです。

自戒をこめて言えば、現代文はどんなに模試がよくても本試以外はただの参考記録です。でもとりあえず大きな失敗が無かったことだけは良かったと思っています。
現代文と漢文の答案をアップします。
(※小説の解答が多少日本語おかしい所がありますが、急いで書いたのでご了承ください。)
↓↓





《日本史》
まず毎回のごとく私大系の短答問題がほぼ手付かずで、
論述問題で中途半端に点数を稼いでいる状況です。
しかしその書き方が毎回ふんわりとした書き方に終わっています。
↓↓


まあ…平安時代で一番典型的な論述問題が、この摂関政治ネタだと思いますが、
部分点が結構残ったとはいえきちんと書けなかったのは反省します。


《世界史》
久しぶりに受けたのでボロボロだろうと思いきや、意外と論述問題で部分点が残りました。
どう考えても世界史の方がだいぶ簡単な気がしましたが、平均点はなぜか日本史の方が高いらしい。

世界史と日本史がもし点数も偏差値も同じぐらいなら日本史のまま行く予定でしたが、
今回世界史の方が点数的にも偏差値的にも高いのを踏まえて色々考えさせられました。
大変悩みましたが、いよいよ苦渋の決断をせざるを得ないと思います。



この3ヶ月はブログにログインする暇がないほど忙しかったです。

ようやく現実の色々なことが一段落したので、書きます。あと、仕事の量で肉体的にも押しつぶされそうになっていたので、7月から少し仕事量を減らしてもらうことにしました。



実は4月に河合塾のプライムステージ、5月に駿台の第1回駿台全国模試を受けに行っていました。


プライムステージの方は結果が返却されたので後日アップするとして、

駿台全国模試は明日結果が返ってくるので、その前に復習がてら反省記事を書こうと思います。




自己採点
・英語:164/200
大問1(長文記述・やや易):40/50
大問2(長文マーク・やや易):40/50
大問3(英作文・やや易):30/40
大問4(文法・やや易):27/30
大問5(リスニング・易):27/30


・数学:60/200
大問1(確率&積分&数列・やや易):25/50
大問2(平面ベクトル・標準):10/50
大問3(整数・標準):25/50
大問4(微分・標準):0/50


・国語:116/200
大問1(評論・やや易):41/60
大問2(小説・やや易):28/40
大問3(古文・標準):12/50
大問4(漢文・やや易):35/50

・世界史:16/100
・日本史:12/100
(・政経:71/100)←※暇つぶしに解いた



それぞれ以下に反省していきます。




《英語》:やや易
自己採点の時点では自己ベストです。
ただ、今回はとても易しい問題ばかりで平均点は大幅に上がるのではないか?(90点ぐらい?)
個人的には河合の全統記述模試よりも素直で簡単な問題ばかりだと思いました。

・大問1(長文記述):やや易
対比の軸がとても明確な文章。和訳は難しい構文も特に無かったし、内容説明もとても簡単だった。易しめなので、今回はここで最低でも40点以上確保できてないとキツい。

・大問2(長文記号選択):やや易
MARCHぐらいの難易度。ただしいつもよりかなり文章が短くなってる分、15分ぐらいで解くのが目安になる。
本来は満点取れて当たり前ぐらいの大問だが、自分は2個もミスした。

・大問3(英作文):やや易
ものすごく典型的な問題のオンパレードで、逆に不安になった。
ちなみに自由英作文はthe Internetと書くべきところをthe internetと小文字で書いてしまったので1ミスは確定。
「売れる(→sell well)」はネクステ系の文法問題集では必ず収録されてるタイプの典型表現なので自分はできたが、「相変わらず」という熟語表現をas〜as everと書かずに単にas everと書いてしまったので、ここが減点の対象となりそう。

・大問4(文法):やや易
全問センターレベル。ネクステでもよく見かけるような問題が並んでたが、整序英作文は盲点になりそうな出され方がされていて自分も1つミスした。

・大問5(リスニング):易
共通テストぐらいのレベルだった。こんなにリスニングが易しかったのは初めてだと思う。
ただし途中で気を抜いてしまったからか、1ミスした。



《数学》:標準
まあまあできたつもりだったが、自己採点してみると撃沈していることがわかった。

・大問1(小問集合):やや易
全問共通テストレベルだが、計算量が割と多めな上に問題量がいつもより多すぎる。
確率は全部合ってたが、定積分の関数の最初で計算ミスしたりなどして思ったよりも点数が取れていなかった。

・大問2(平面ベクトル):標準
時間がなかったためか、教科書レベルの(1)しか解けなかった。(2)も一応着手はできているが、すごく計算量が多い問題だったからか、どこかで計算ミスしたようだ。

・大問3(整数):標準
実は答えだけなら全部合ってるが、(1)と(2)は互助法すら使わずに全て答えを書き出して求めたため、理論的に正しいのかどうかはわからない。
(3)もx=1とy=1を代入すれば明らかに答えは自明だから、逆にどう説明すれば良いかわからなかった。(「互いに素」とかを使って説明するのが正しいらしい。)

・大問4(微分):標準
定型的な問題だからここで完答しておくべきだったが、(1)の最初の微分から既に計算ミスしてるから因数分解がうまくできず、答えも違ってしまった。かなりもったいないと思う。



《国語》:やや易
古文以外は結構簡単な回だった。ただし分量が相変わらず多めでとても100分で終わるような分量ではなかった。
今回は古文を最後に解いたから、古文の時間が足りずに点数が低めになっている。

・大問1(評論):やや易
割と読みやすい部類の文章だった。記号で1つミスしたぐらい。特にコメント無し。

・大問2(小説):やや易
いつもの難しい小説と比べれば、かなり素直な問題だったし、記述も書きやすかった。

・大問3(古文):標準
どうやらこの大問が一番難しかったらしいが、もっと取れても良かったと思う。今回は知識問題で最低限の点数を稼いだ。

・大問4(漢文):やや易
最近は漢文の調子がなぜかすごく良いが、点数が良かったのはたまたま簡単だったからだと思う。



《世界史》
実は現役生時代は世界史で受験してセンター試験の世界史で88点を取った経験がある。
今の自分は本来ならば日本史地理選択なのだが、今回諸事情でかなり久しぶりに世界史を解いた。主に来年(←受けるかどうかはまだ未定)の受験科目で世界史と日本史のどちらを使うかどうかを判断したかったため。(※ちなみに地理を使うことはほぼ確定してます…!)
前日だけヨーロッパの中世〜近世までを勉強して自己採点で16点だったが、何と形容して良いのかどうかわからない点数。ただ、東大で点数を取りやすいかどうかは別として、日本史より面白い科目ではあると個人的に思う。

《日本史》
いくら東大で求められる日本史の能力と駿台全国で求められる日本史の能力が違うからといっても、
前日しか勉強していないはずの世界史の点数を下回ったのは割と悲しかった。
だって去年ですら20点以上取れてたはずだ。
個人的にはあまり日本史という科目を諦めたくはないのが本音だが…

《政経》
時間が余ったので試験中に解いたら厳しめに採点しても71点だった。
めちゃめちゃ大好きな科目だし、倫理と並ぶ《ザ・得意科目》なのだが、東大の場合は2次試験で使えないのが残念。



結果が返ってきたらまたアップしようと思います。







自己採点と開示得点との差異は以下の通りです。

自己採点→開示得点
国語:62 → 57 (−5)
英語:60 → 76 (+16)
数学:12 → 18 (+6)
日本史:10 → 17 (+7)
地理:15 → 24 (+9)
合計:159 → 192 (+33)


こんなレベルの点数で不合格Cだったのはかなり驚きました。
去年の方が点数的には高かったのに不合格Dだったので。
語ることもそんなに無いので、国語以外はいつもより手短に書きます。


《国語》
唯一自己採点を下回った科目ですが、概ね想像の範囲内に収まっています。
どうせ落ちてるんなら、中途半端に60点台とか70点台を取れてしまうよりは、ずっと良かったと考えています。
古文漢文は間違いなく半分を少し下回るぐらいの点数のはずなので、現代文はちょうど半分ぐらい点数が入ってる感じだと思います。

今年の評論は「やや易」で間違いないと思うし、自己採点より下回ったとは言っても、採点が厳しかったかどうかはまだ断言できないです。

どちらかというと、自分の解答に重大な欠陥があったと考える方が自然だと思います。
今回、評論の2行問題で書いた字数を数えてみると90〜110字ぐらいになってて、修飾語と被修飾語の対応が非常に読みづらくなった答案がいくつかありました。あとは単純に文字がかなり小さくなって減点された可能性もあります。

評論は東進や河合塾の解答速報と見比べてみると、本文の中から抜き出すポイント自体はどの問題もそこまで大きく外していないはずなので、
簡潔に答案をまとめられなかった点に課題があったと考えるしかありません。

今年度の国語の勉強比率は古文漢文が95%、現代文が5%ぐらいだったので、
60〜75字ぐらいで現代文の答案を簡潔に書く訓練が足りなかったのが敗因です。
東大受験の勉強をする前に好きなだけ現代文だけに時間を使えていた3年前ぐらいをピークに、明らかに答案の質が落ちました。
今後の普段の練習で改めて75字以内で答案を書くことを厳守します。

古文漢文は知識面では漢文の「於」の比較の句法を訳せなかった以外は、そんなに知識不足で落とした問題はありませんでした。知識面で詰めるべきところは詰めてきたので、あとはひたすら多読をして過去問演習をするだけだと思います。
古文漢文を読み解くスピードが遅いせいで、現代文を解く時間にも大きく支障をきたしてるので、古文漢文の勉強に比重を置く方針自体は変えないつもりです。


《英語》
去年も駿台全国の偏差値70以上を唯一キープし続けてきた科目だし、これも大体想定の範囲に収まる点数でした。
「要約(1A)」と「自由英作文(2A)」と「和文英訳(2B)」と「英文和訳(4B)」に、自己採点よりそれぞれ+4点ずつ加算されてる感じだと思います。
要約と自由英作文はもしかしたら満点近く取れてる可能性があります。

英語は「4A→4B→1A→2→3→2→5→1B」の順番で解いています。
どの問題にも苦手意識はないものの、最後の方に解く大問5と大問1Bで時間が足りずに半分フィーリングで解いてしまうのが点数を伸ばしきれない原因でした。
これは早めに解決しないと絶対にまずい。常日頃から「英語を英語のまま」読めるように、早めに多読を再開することにしました。
自分の場合、それだけで+10点ぐらいは上がる可能性があります。

英語の洋書の多読と多聴はもう2月末から早速開始してて、今のうちにその経験をどんどんストックしていくつもりでいます。早めに英語を90点近くで安定させないと他の科目の勉強時間に支障をきたすので。
あとは、大問2の英作文2つが東大英語の中では貴重な得点源なので、それらで安定して満点近く取れる状態にしておくことも怠らずにやります。


《数学》
壊滅した割には、意外と点数が残ったなという印象でした。
大問2の(1)と大問3の(1)だけで18点もあるようには思えないし、もしかしたら他の小問で部分点が入った可能性があります。
考えられるのは大問1に温情で部分点が少し入ったか、もしくは大問3の(2)の最初の方の式変形に少し部分点が入ったかのどちらかです。

しかし、どちらにしても勉強不足だった現実には変わりありません。
自分の場合は青チャートと1対1を使ってるので、それらに載ってるレベルの問題ぐらいは瞬時に反応できる必要があります。
まずは2次関数と図形の式の土台を2〜3ヶ月かけて体系的に固め直すことかなと思います。数式で解くかグラフで解くかの判断基準が鍛えられる土台になるのがこれらの分野なので。でも、これをまともに実行できた試しがありません。他の分野に移行するのはその後だと思います。



《日本史》
大問1の古代と大問2の中世に思ってたよりも部分点が入った可能性があります。大問3と4はほぼ0点に近い状況だと思います。

まず、今年の共通テストの日本史は79点で、去年の52点より27点UPできた点だけは少し良かったものの、依然として東大受験に耐えうる知識量に達することができませんでした。
教科書の太文字云々の話ではなく、例えば17世紀後半の幕府の財政状況を聞く問題で「金の含有量が減った元禄小判の発行でインフレを起こして財政が悪化した」とか書いたのがその最たる例です。
少し日本史をやった人間なら、すぐにおかしいと気付くレベルの答案です。こいつ、歴史の流れを全然わかってないなと。採点者は「このレベルの奴が何で東大を受験できたんだ?」とさぞかし驚いたと思います。

教科書や『詳説日本史ガイドブック』を何回読んでも流れをすぐ忘れるのは、そういう基本的な歴史事項をちゃんと記憶できてないからだと思います。
教科書を見ると「明暦の大火による江戸の復興費用や寺社造営の出費の増加」とか「金銀の産出量の減少」という一文に、自ら赤ペンでアンダーラインを引いた形跡まであるので、これが本番で書けないのは勉強の仕方自体がおかしいとしか考えられないです。


《地理》
この1年間は、帰りの電車でずっと『村瀬のゼロからわかる地理B』を読み続けていました。
自分の場合だと『詳説日本史ガイドブック』は結構読むのに頭を使わないといけないので、電車の中で読むなら地理の方がいいだろうと思ったためです。
やっぱり、日本以外の他の国に関する暗記事項が結構多くて、この1年で全てを覚えきることはできませんでしたが、高校で地理未履修だった割には地理の面白さみたいなのは多少はわかってきた気がします。

ただ、東大受験本番では短答問題は割と正解してたものの、全く手がつけられず白紙で出してしまった論述問題が何個かあったのが反省点です。『ゼロからわかる地理B』に全く書いてないようなことには対応が出来なかったのですが、おそらく過去問のやり込み不足も一つの原因だったと思います。
ちなみに、今年の地理は採点が大変甘かったです。まだ自分は東大受験生の中では結構下の方だと思います。




総じて、英語以外の点数が低く、
初めから不合格が確定している状態で、本来ならば今年の東大受験はするべきではなかったと思います。
今年度は受験勉強以外に優先したことが山ほどあり、そもそも今年の受験は見送るつもりでいたので、秋の東大模試も実は一切受けていませんでした。
それにもかかわらず、中途半端な状態でノコノコと受けてしまったのは自分の心の弱さだと思います。


あとは、自分の性格の深刻な欠陥についてです。
今までは運の良さだけで人生を送ってきたこともあって、全く努力した経験がありませんでした。

このブログだけでも有言不実行だったことが多々あります。日常生活ですらそうです。

出来もしない未来を語るのではなく「今日は◯◯をやった」という過去の積み重ねを語るべきだったんですね。
不言実行の生活に今から変えないと大変なことになる。


来年以降の東大受験も、一旦は白紙に戻します。
東大の英語で90点前後、東大文系の数学で40点前後、そして地歴2科目で典型的な論述が書けること、
この3点が安定してクリアできない人間が東大受験をする資格はないだろうと考え直しました。
国語で高得点を取るみたいなことを考えるのはその修行を積んだ後の話だと思います。

自分は他の大学を既に卒業しているので、学部入学にこだわらなくても学士編入や大学院入試の道もあります。
できることなら、このブログで今後の受験生に貢献したい気持ちもあるから学部入学にもこだわりたいけど、言語の研究をするためなら他の道でも決して悪くはない選択肢だと思います。


このブログでまだアップしてないのは、
・今年の模試の成績表
・去年と今年のセンター/共通テストの科目別の成績
・今年の東大の評論の解き直し解答

あたりだと思うので、それらはできる限り3月中にさっさとアップします。
あとは4月以降は受験関係の記録は全部Twitterのアカウントを作ってそこに一元化する予定です。

このブログでは、例えば洋書の多読とか古典の多読とか、そういう本から得られたことをアウトプットして書いたりする、もっと本質的な活動の場にするつもりです。更新頻度もかなり落とします。


あまり多くのことを書いてもしょうがない、
今日はこれぐらいにします。