東大国語で高得点を目指すブログ

東大国語で高得点を目指すブログ

東大現代文の過去問20年分の私の解答をこのブログに保存していく予定。
「解答例」は著作権フリーのため、どなたでもご自由にお使いください。
ただし、本ブログの模範解答例以外の文章や写真画像の著作権は私に帰属します。くれぐれもご注意を。(現在休止中)


《自己採点》
・英語:64/120
・数学:20/80
・国語:48/120
・日本史:8/60
・地理:10/60

(予想平均点は、英語61、数学27、国語55ぐらい?特に英語がものすごく簡単だったような気がする。)


以下、科目別に反省します。


《英語》:自己採点64/120
全体的にものすごく簡単だったので、最低でも80点は取れてないとダメな問題でした。
記号問題を中心に間違えて低得点に終わりました。特に1Bと4Aの記号はそれぞれ5個中1個しか合ってないです。本番では満点狙わないといけないセクションなのに。
逆に記述問題はそこそこの点数がきそうです。

難易度的には、
1A:易、1B:標準、
2A:やや易、2B:やや易
3:標準
4A:やや難、4B:やや易、
5:やや易
だと思いました。

2Bの和文英訳は見かけ倒しだったし、3のリスニングや5の小説は本番入試の方がだいぶ難しかった気がする。

4Aの誤文訂正が、文法の誤りではなくて「内容の誤り」が決め手となって正解を選ぶ問題が今回2つもあってビックリしたけど、
本番でそんな問題あったかなあ?
少なくとも東大本試では内容とか関係なしに純粋に「文法の誤り」だけで答えられるような問題に設定されてたはずだが・・・。




《数学》:自己採点20/80
特別難しい問題はなかったので、多分平均点以下。

・第1問(整数):標準
(1)でまさかのユークリッドの互助法を使う一次不定方程式の問題が出ました。
ユークリッドの互助法はいつもセンター試験前に確認するものの、自分の場合いつもすぐやり方を忘れる。

今回もやり方を忘れました。特殊解は簡単に求められるので、あとはユークリッドの互助法を使わずにゴリ押しで正解を導きました。ちなみに答え自体は合ってるけど途中式がないから結構減点されそう。

(2)は普通にやり方思いつきませんでした。解答を見て納得したけど、もしかしたら典型問題だったのかもしれない。一応覚えておきます。


・第2問(確率):標準
(1)〜(3)までひたすら数え上げるだけ。2020年の文系数学第2問を彷彿とさせる問題だけど、今回の方が格段に簡単。
(1)と(2)は正解しました。(3)はどっかでダブルカウントしてしまって答えが微妙に違ってる。


・第3問(三角比+数列):標準
まさかの三角比の証明問題。しかも一切誘導がないから発想が難しい。
やり方を思いついちゃえば、単なる正弦定理と余弦定理とtanの公式と等差中項を組み合わせて式変形するだけで証明できるので教科書レベルの知識だけで解けるけど、こういう問題は初めて解くので思いつくまでが難しい。
多分オールオアナッシングという感じの問題。私は余弦定理の式は書いてあるからそこで部分点がもらえたらいいな、という程度。
まあ、、多分東大本試ではこういう形式の問題は出ないと思います。


・第4問(微分):標準
ああ、これは重要な問題だわ。
予選決勝法の問題は発想自体はとても重要だけど、本問は誘導がついてるので発想力は必要とせず、実質計算するだけの問題です。(多分本番だったら誘導はつかないと思う。)
完答が要求される問題だったのに、(1)の最後の方で重大な符号ミスをしてしまってyがどうしても虚数解しか出ずに撃沈。
代ゼミの東大プレでもそうだけど、微積は計算ミスをやらかす率が本当に高いから注意しなきゃなあ。
今思えば、2020年の東大本試の微分の問題(文系第1問)は計算ミスが生じないようにかなり工夫してくれてた親切な問題だった。
ちなみに私の場合、微積で計算ミスをやらかして泥沼にハマることを考慮して、一番最初は確率か整数のように検算しやすい問題から解くようにしてます。
(なお、2020年の東大本試は確率も整数もどっちも難しい問題だったから、仕方なく通過領域の問題から一番最初に解いた。)

文系数学は第1問と第4問は今回完答しなきゃいけない問題だったです。





・・・ここまで書いたところで東大実戦の結果がweb返却されたのに気づいたので、続きは次の記事に書きます。

評論が・・・ついに20点を下回ってしまった・・・





英語がいつもよりだいぶ低かったのと、
それ以外の教科も軒並み本番の入試より点数が下がってます。(唯一地理だけは、日本地誌の対策の甲斐もあってか、少しだけ上がった)

英語と数学は多分過去に受けた東大模試の中でも一番難しかったです。数学も2020年の本番入試よりはだいぶ難しかった。受けた時にはあまりに解けなくてビックリしました。


国語は評論古文漢文随筆すべて平均点を上回ったことだけは良かったと思います。
評論は当然として、古文漢文でもちゃんと点数を取れる体制を作りたいので。
評論は25点で、いつもどおりすぎるぐらいいつもどおりの点数でした。(本文が難しかったものの、前半の方の設問がかなり簡単な問題だったからだと思う)


日本史が本番よりだいぶ点数が下がってるけど、
答案はほとんど字数を埋めた上でこの点数だから、多分答案の内容が全体的にふんわりしてしまったからだと思います。





本当は科目ごとに詳しく反省したいけど、
これから東大実戦が明日返却される前に東大実戦の復習を完了させないといけないので、東大プレの科目ごとの細かい反省はまた後日に追加で書こうと思います。


東大実戦の方は今回英語と国語がかなり平易だったこともあって、平均点はだいぶ上がると予想してます。
その割には高得点取れたわけではなかった(と思う)ので、反省が必要です。
できれば東大実戦が返却される前に反省記事はアップしたいけど、果たして間に合うかどうか。とりあえず今から科目ごとの見直しをやります。


はい、今日は少し一風変わった公務員試験を受けてきました。

こんな内容の職務です。
↓↓




まあ、、なかなか高倍率だし、
試験に合格しても採用されるかはまた全然別の話ですが、
教育方面で何か政策立案したい方の手助けができればなと思い、受けてきました。
(もちろん、今後の進路の中で数多く考えてるうちの一つの選択肢にすぎませんが…)


国家総合職と同程度の難易度と言われ、本屋に過去問集すら存在しないという謎に包まれた試験です。
問題用紙も試験終了後に回収されちゃうから答え合わせもできないし。

ただ、受けてみたところ、国家総合職よりはいくぶん簡単めな試験だなと思いました。
でも簡単だと、そのぶん足切りラインが高くなって、下手したら、7〜8割ぐらい取れないと足切りされる可能性もあるから厄介ではある。


忘れないうちに、今日受けてきた内容の概要と感想を(需要があるかわからないけど…)以下に書いていこうと思います。
↓↓


------------------------------------

問題数40問
(社会科学8問、時事5問、人文科学6問、自然科学5問、文章理解6問、判断推理5問、数的推理3問、資料解釈2問)
 

社会科学:
高校レベルの政経が6問、大学で習うレベルの政治学・行政学・社会学・憲法学の中から2問という感じだった。
高校レベルの政経は本当にセンターレベルみたいな内容だったが、一問だけ経済のグラフが出てくる問題ですごい難問が含まれてた記憶がある。

大学レベルの内容からは、マスメディアに関する社会学理論(沈黙の螺旋とか)と、憲法の精神的自由権と経済的自由権の意見審査基準の違い(=緩やかな基準か厳格な審査基準か)が出題。
ただ、前者は「まるごとパスワード」レベルの知識、後者は「伊藤真の憲法入門」レベルの知識で、芦別憲法を読み込む必要がないぐらい基本的な内容だったから助かった。
とりあえず、民法とか行政法とかミクロ・マクロ経済学みたいな本格的な分野から出たらどうしようかと思ったけど、一問も出なくて本当に良かったです。


時事:
「速攻の時事」みたいな時事対策本からまんべんなく出る感じ。ただ、半分ぐらいは地理の知識があれば答えられる問題だった。
例えば、ドイツが将来的に原発ゼロを目指してるとか、アメリカの失業率は2019年までは減少傾向だったとか、持続可能な開発目標(SDGs)の内容とか、そのあたり。
この試験に限らず、公務員試験って全体的に地理(と政経と世界史も。)の知識がある人が有利になるように作られてる気がした。


人文科学:
・世界史は西洋史と東洋史から1問ずつ出て合計2問、
・日本史は近世までの歴史と近現代の歴史から1問ずつ出て合計2問、
・地理から1問、
・倫理(主に西洋哲学史)から1問、
という構成。

世界史は、東洋史は朝鮮に14世期に朱子学が導入されて15世紀にハングル文字を使い始めたこと、西洋史は第1次世界大戦が起こった背景。

日本史は、江戸時代の寺請制度と、戦後の第1次・第2次農地改革について。

地理は…何が出たか忘れた。

倫理は西洋現代思想から幅広く出てきた感じ。

いずれもセンターレベルだったけど、全体的に少し細かいことを聞いてきたなという感想。


自然科学:
数学(1A2Bの範囲まで)と物理と化学と生物と地学がそれぞれ1問ずつで合計5問という構成。

数学は数学Bの数列の部分分数分解が出てきたけど、Σ計算すらいらない教科書の問いレベルの問題だった。(公務員試験の数学って、本当に簡単な問題しか出ない。)

物理は波、化学は化学基礎レベルの理論から出題されたけど、両方とも計算すらいらない文章題で、一般常識で答えられる問題だった。多分サービス問題のつもりで出したのだろう。

生物は短日植物と長日植物についての考察問題。生物基礎の範囲ではないものの、旧生物1の範囲ではあるし、そもそも図でヒントが与えられてるので知識がなくても考えれば答えられる問題だった。

地学は地学基礎レベルの惑星に関する問題で、水星より金星の方が温度が高いという知識を答えさせる問題。これだけ唯一知識が必要な問題だったと思う。
公務員試験って、理数系の科目は本当に良心的な難易度だ。


文章理解:
現代文が3問、英語長文が3問。
現代文は本当に簡単。センターより易しい。
英語はMARCH〜早慶レベルはあったような。単語がやけに難しい。下手したら英語だけ見れば国家総合職をも凌ぐ難易度だったのではないか。
とはいえ、文章自体は短めだし、しょせん選択式の問題なので正解を選ぶことならできる。
多分ここは全問正解できてるはず。そもそも公務員試験は(たとえ国家総合職であっても)基本的に文章理解は全問正解を目指せる難易度で作られてる。


判断推理:
なぞなぞみたいな文章題と、図形を動かした時の点の軌跡(←ただし中学受験レベル)から構成されていた。
全問は解けなかった。一部どんな問題だったか思い出せない。


数的推理:
基本的には中学数学レベルの文章題が出てきて方程式で解くことになる。(たまに方程式すらいらず、実験してみるだけで答えが出せる問題もあるが…)
速さ時間距離の問題で方程式を立てるも、答えが出なかったのはつらい。中学の時からこのタイプの問題は苦手だ。


資料解釈:
センターの倫理政経で出てくるような統計資料の考察問題が2問出てくる。とりあえず2問とも簡単だった。



------------------------------------

筆記試験の方はこんな感じでした。
7割ぐらいは取れたかなといったところですが、明らかに簡単な内容だったので、多分平均点もボーダーラインも高そう。得点率7割だと少し不安。


論文試験の方は、もう本当に本格的な内容で、
「食料安全保障に関する課題と解決策」と「人工知能が導入されるにあたって考えうる社会の変化とその対応策」について、それぞれ1000〜1600字で3時間にわたり文章を書くという内容でした。
しかも数ページにわたる、膨大な統計資料を読んで分析する必要があります。

明らかに地理の素養がある人を求めてる内容で、
今回に向けてある程度地理の勉強はしてきたけど、満足のいくレベルの論文は書けなかったです。
去年までは、地理の勉強で各国の統計数値を覚えていくことにあまりモチベーションを持つことができなかったものの、
今後は地理の勉強は「社会の解決策」を考える大切な材料なんだと考えて、数値の知識は頭に入れていくべきだと思いました。
何ていうか、我ながら地理が苦手だと一般常識がなくて色々な視野が狭いなと感じる局面が多々ある。




この試験に関しては、受かってても落ちてても、
どちらにせよ今日から本格的に大学受験の勉強を再開することには変わりありません。

来週は代ゼミの第1回東大プレがあるので、
良い感じに地理の学習に対するモチベーションが上がった状態のまま臨めればいいかなと思います。