中小企業の事業再生で、ネット通販ビジネス参入。失敗する経営者とは? | 杉本幸雄公式ブログ・ネット通販の魔術師G.K成功ノウハウ
2018年11月04日

中小企業の事業再生で、ネット通販ビジネス参入。失敗する経営者とは?

テーマ:ネットショップ成功の秘訣
中小企業の事業拡大、または事業再生を行うにあたり、
ネット通販ビジネスへの参入は、他のリアル店舗を持ったり、金融投資をするよりも、
成功する可能性が高いです。


たった数人規模の企業で、
三年後に3億円の売上加算が十分可能。
  もちろん、
簡単ではありません。

成功するためには、
正しい選択と、根気つまり、ど根性が必要です。私のクライアントでは、2割が目標達成出来なくて、失敗しています。
成功確率は、8割です。


失敗する残念な、経営者には共通点があります。

・死に物狂いの努力をした経験がない
・成功体験がない
・お金と時間の使い方が、すこぶる下手っぴ


経営者の仕事は、
お金を用意すること、そして
時間の使い方を決めることが最優先。

この2つが上手なら、自分とスタッフ、取引先を上手に動かせる訳ですから、
結果は、いいに決まっている。
だから、目標達成して、成功する。


あまりにも有名過ぎる「七つの習慣」の
緊急ではなくて、重要なことに、どれだけ時間とお金を避けるかが、成功していく経営者の決め手。

緊急で重要なことは、
ルーティン化、省力化、パターン化して、
お金と時間を取られないようにする。


緊急でなく、重要なこととは、
・健康
・人脈作り
・人格作り
・資金管理
・勉強
・新たな事業計画立案


と言っても「今を乗りきらない」と潰れてしまう。

だから、
現状を維持しながら、将来儲かる仕組み作りを着実に進める。

今を乗り切ること、将来への仕組み作りのために、
お金と時間の優先順位をハッキリと決めていかないといけない。


億稼ぐ成功経営者は、
僅かな金額でも無駄使いはしない。
見栄を張らない。
衝動的に大事なことを決めない。
見せ方に拘る。

友達はごく僅かで、やはり成功者。
健康への投資を惜しまない。
馴染みの飲食店を数店舗作っていて、会食や打ち合わせを優位に進める。

自社の専門領域はもちろん、
法律と会計に明るい。


人や国家、世界を応援している。








化粧品・医薬品・ダイエット専門の楽天コンサルなら杉本幸雄さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス