「市議会議長の中立性の確保に関する申し入れ」について。小金井市議会議長はかくあるべし!? | もっと小金井市を、おもしろく。~白井亨(小金井市議会議員)blog

もっと小金井市を、おもしろく。~白井亨(小金井市議会議員)blog

第一子誕生をキッカケに地域に目を向け色んな「縁」のおかげで地域に生きる“日常の豊かさ”を実感。小金井市を持続可能なおもしろいまちにするため、2013年市議会議員初当選。2015年12月市長選挙に出馬も惜敗。2017年市議選でトップ当選、再び市政の最前線へ。


テーマ:

5月7日〜10日の4日間に渡って開かれた後半2年間の議会役職改選の協議の結果は、明日15日の臨時議会で確定します。議長をはじめすべての議会内・外(他市と構成する一部事務組合議会議員などの役職)が決まるんですよね。

 

 

とりわけ大切なのが「議長」です。議会運営に関する采配は議長に委ねられます。議会でなにかあった時も議長が責任を問われますし、公平・公正な議会運営が期待される訳ですね…。市町村議会の「議長」って「名誉職なんでしょ」と言われることがありますが、小金井市議会においては雄弁かつ百戦錬磨の議員が多いことから議事運営は容易ではないと言われます。ゆえに人事協議も「そろそろ、◯◯さん」とか「期数の多い順に」という風には話はいきません。

 

 

議会人事の経過については「発信には配慮するように」と釘を刺されていますので、役職改選にあたっての交渉等のやり取りの詳細は残念ながら皆さんにお伝えすることはできませんが、以下の申し入れを同意できる会派間で作成し全会派に配布したということだけはお伝えしておきます。

 

 

※今回の選出にあたってではなく、これからずっと「小金井市議会議長とはかくあるべし」を明文化したものと捉えていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

当たり前のことしか書いていませんが、一応ひとつだけ補足しておきます。「1」の「市内における全ての選挙(自分の選挙を除く)に対しても中立の立場にあること」というのは、恐らくこの書面にサインした議員間でも捉え方は様々かも知れません。

 

 

私自身は、極端な話をすれば国政選挙や都議会議員選挙に関してはその関わり方はどうでもいいと思っています(とはいえ議長の肩書は使わず活動してほしい、というくらい)。特に政党所属の方は政党組織側の論理もありますもんね…。

 

ただし、市長選挙に関しては、議長たる人は完全に中立の立場であるべきだと考えます。なぜなら、我々議会人は二元代表制のもと、首長と議会で対等かつ緊張関係を保つことがその制度下で権力のバランスになるからです。行政側の長を選ぶ選挙で、いっぽうの議会の長が特定の候補者を応援する姿勢を明確にするのは二元代表制という制度のもとではありえないことです。

 

 

そもそもこの項目に対しては「政治信条まで制限するのか」という意見もあると思いますが、二元代表制の一翼の議会側の長になる人は、それくらいの覚悟が必要ではないかという考えです。

 

 

 

【募集】

ポスティングボランティアを大募集してます!

「◯◯町◯丁目の◯◯◯部くらいなら」というので構いません!一人でも多くの方に市政の状況を知ってもらいたいので、お願いいたします★詳細は以下のいずれかのアクセス方法でお問い合わせください。

 

==========

【ご意見・お問い合わせなどなど】
■Twitter= https://twitter.com/shirai106
■mail= kogaomo@gmail.com
■白井とおるホットライン= 080-4004−5927
■こがおもWebサイト= http://kogaomo.com/
■facebookページ= http://www.facebook.com/kogaomo
■facebook= http://www.facebook.com/shirai106
■事務所= 〒184-0011 東京都小金井市東町4-38-27-201

※facebookの「友達申請」は基本的にリアルにお会いした方を対象としておりますが、その限りではありません。ご面識のない方でも併せてメッセージを頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

 

 

shirai106さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント