夫婦で不動産鑑定士 西原崇・稔子の日記

夫婦で不動産鑑定士 西原崇・稔子の日記

夫婦不動産鑑定士の西原崇・西原稔子がTV出演や日常の鑑定業務の様子などについて時折ご報告させていただきます。

「相続のことがマンガで3時間でわかる本」を出版いたしました
Amazonでも販売しております

税理士、弁護士、不動産鑑定士の専門家がそれぞれ得意分野を解説!
最低限知っておきたい知識をギュッと詰め込みましたので、これ一冊で相続対策はバッチリ!!

テーマ:

おはようございます。

不動産鑑定士(妻)の西原稔子でございます。


今回は改めて

不動産鑑定士の仕事についてお話しさせて頂きます。


そもそもですが、

みなさん、不動産鑑定士という資格をご存じですか?

不動産鑑定士に、 会われたことはありますか?

おそらく100人中99人位の方にとっては、

馴染みがない資格だと思います。


弁護士や税理士さんは、知名度の高い資格として

昔から多くの人に知られています。

一方、不動産鑑定士は、知らない人が多く名前も

聞いたことがないというほど、知られていません。

税理士は全国に7万人以上いますが、

不動産鑑定士は約8000人しかいません。


みなさんは毎年公示価格が発表されているのを

ご存知ですか?


テレビや新聞などで

「今年の地価公示価格が発表されました。全国で

最も地価が高いのは、銀座の〇〇でした。

「今年の地価は、東京では%上がりました。」

こんなニュースを聞いたことがあるかと思います。


公示価格とは、 国土交通省が発表している、

11日時点の地価です。

実は、これ、不動産鑑定士の鑑定の結果に基づき、

公表されているのです。

私は、不動産鑑定士のことを知らない方に説明を

する時には、まずこの仕事をお話しします。

そうすると、大体みなさんにわかっていただけます。


不動産鑑定士の仕事は、不動産の価値を判定し、

不動産鑑定評価書を発行することです。


不動産鑑定評価書とは、不動産鑑定士が不動産の

適正な価格や賃料を評価した文書です。

地域の分析や、鑑定を行う不動産の分析を行い、

いろいろなアプローチで評価を行います。

ページ数は20ページ以上、大作になると

3040ページ以上になるものもあります。


所有者や購入者のどちらにも偏らず、

中立の第三者の立場から、

不動産の鑑定評価を行います。


国や都道府県が新しく道路を造る際には、

不動産鑑定士の鑑定評価の結果に基づいて、

道路用地の買収が行われるのをご存知ですか? 


裁判で、不動産鑑定士の鑑定評価書が、有力な

判断材料として活用されることもあります。


たとえば、あるビルに入居しているテナントが、

「このビルの家賃は高過ぎる。

値下げをしてほしい」と、

ビルのオーナーに要求したとします。


しかし、ビルのオーナーは、

「いや、この賃料は適正だ。

値下げには応じられない。」

と、突っぱねてしまいました。


話し合いが不調に終わり、最終的には裁判に。


そんな時、不動産鑑定士が、適正な賃料の

鑑定評価書を作成することがあります。


金融機関が不動産を担保に融資をする時に

「どこまで融資をしてよいのか?」

という判断材料として、不動産鑑定士の

鑑定評価書が活用されることもあります。


また、個人の方の相続対策で、

不動産鑑定士がお役に立てることもあります。


この点は、

また今度お話しが出来ればと思います。 


最後まで読んでくださいまして、

有難うございました。



テーマ:
ご無沙汰しております。西原(妻)です
先日、日本テレビ「スッキリ‼︎」のあばれる君のコーナー
「ハウスマイスター」に出演させて頂きました

実は、普段は主人が出させて頂いているコーナーなのです
大事なアポイントとロケの日時が重なってしまったということで、急遽私がピンチヒッターで登場させて頂きました

鎌倉の少し山を登ったところにあり、その眺望の良さを最大限に活かした素敵なお宅
施主さまは数々の受賞歴を持つ一級建築士さんでした。

窓からの視界、各部屋の採光、収納、動線…
全てにおいて緻密に計算されているからこそ創り出されている快適空間
素晴らしいの一言でした

ロケハン(ロケの下見)時に案内してくださった奥様が、
「仕事でどんなに遅くなっても、この家に戻りたくて必ず帰ってくるのよ」
と仰っていたことがよく分かりました

オンエアの時には分かりづらかったと思いますが、
二階のリビングからは隣のお宅の立派なモミジが見えていました
紅葉の時はさぞかし素晴らしいことでしょう
本当に素晴らしいお宅を拝見出来、光栄でしたし、勉強にもなりました

また、ロケ当日は久々にあばれる君と中山リポーターさんにお会い出来て嬉しかったです

あばれる君、中山リポーターさん、そしてスタッフの皆さま、大変お世話になりました
引き続き主人がお世話になりますが、宜しくお願いいたします

{6CB7C454-8104-48FB-9A24-377F71DA65BE}





テーマ:
今晩は。西原崇です。
夏らしい日をあまり過ごさないまま秋に突入してしまいましたね。。。

さて、先日、TBSの朝の番組「あさチャン」にちょっと出演させて頂きました。
ロケ現場でのインタビュー取材です。

新しく出来る国会議員宿舎の家賃相場について、不動産鑑定士の立場からコメントをさせて頂きました。

国会議員宿舎の家賃相場といえば、以前もフジテレビの「めざましテレビ」で取材を受けたことがあります。

やはり、国会議員宿舎の家賃については皆さん関心が高いところなのでしょうね。

個人的にも、これだけの立地でそれだけの家賃で住めるのは羨ましい限りです。。

テーマ:

全国賃貸住宅新聞社主催「賃貸住宅フェア2017」にて、セミナー講師として登壇いたしました。

(会場:東京ビッグサイト 公式サイト:賃貸住宅フェア2017

 


「億単位の節税も狙える! 相続した土地のマル秘税金対策」というテーマで、お話しをさせて頂きました。

「相続税を4億円節税」「5000万円の相続税額が0円に」「払い過ぎた相続税が2000万円還付」などの実例をお話しいたしました。

ほぼ満席の100名様以上の方にご清聴頂き、ご好評を頂けたようで嬉しかったです。

 
この様な大きなフェアでセミナー講演させて頂くことが出来、大変光栄でした。関係者の皆様、大変お世話になりました。
 

 

 

 


テーマ:

 2015年に相続税が増税されて以降、ブームとなったと言ってよいほど、多くのメディアで相続問題が取り上げられました。相続の揉めごとにフォーカスし、笑えないような内容が取り上げられることも増えています。例えば、親子で揉めてしまった、兄弟で口をきかなくなった、子宝に恵まれる前に夫を亡くした嫁と姑の争い、実は隠し子がいたなど・・・。 

 メディアで取り上げられている相続の揉め事は、氷山の一角に過ぎません。仕事で相続に携わっている私たちにとっても、驚くような、悲しくなるような、本当にこんなことがあるのか、といったようなことを日常茶飯事で目にします。

 円満な相続を迎えるは、生前に対策が必要です。相続対策をテーマにした書籍も多数出版されております。しかし、活字が多く初心者には難解で、読んでいる途中で投げ出したくなってしまうものもあります。

また、子供としては親がいくら財産を持っているのか、一番気になるところです。しかし、親に相続の話をするのは、財産目当てと思われそうで、ためらってしまいます。親に「縁起でもない、オレは元気だ!」と怒られてしまうかもしれません。親には相続の話しは聞きづらいため、ついつい生前の対策をおざなりにしてしまうのが現状です。

 

 今回の本は、マンガでわかる相続本です。相続対策の専門家による、初歩から上級テクまでの相続対策が、ゆるいタッチの画風でまとめられています。しかしながら、生前の対策から相続発生時、相続税の還付請求まで、あらゆるテーマが取り上げられております。活字だけの本が苦手な方も、マンガがあるので一気に簡単に読み進められたのではないかと思います。

 高齢の親を持つ方々は、ぜひこの本を、お父様やお母様に渡してください。「この本、マンガでわかりやすくて面白いよ」 、気軽に渡すことができます。そうすれば、角が立ちません。 ゆるいタッチのマンガなので、きっと、気軽に読んで頂けると思います。

ゆるいタッチのマンガでありながら、「対策をしなければ、こんなに大変なことになる!」というような内容も含まれていたかと思います。気軽に読んで頂いたこの本が、親子で相続対策を真剣に考えるきっかけとなって頂ければ本望です。初心者の方にとっての相続対策本としてのベストな1冊、そして相続対策のバイブルとなることができれば光栄です。

 この本を読んで頂いた全ての方々が、家族をお互いに想い合い、笑顔で相続を迎えられることを祈念しております。

 

Amazonでも販売しております↓

 Amazon 相続のことがマンガで3時間でわかる本

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。