定例の金曜日の練習会


新しくなってるコンディション


特別、楽しみにしてる訳ではないけど

と思いながら転がしたら・・・


なんと!


ちょっと遅目な感じʘ‿ʘ


この段階でワクワクが止まらずでした(。•̀ᴗ-)


いつもほとんどが7か8枚目


しかしこの日は14枚目


立ち位置(左足中央)は34枚目


かなりの出し戻し( ╹▽╹ )



やっぱりこんな感じのコンディションは楽しいっす(◍•ᴗ•◍)



とは言え、

このコンディションを攻略出来そうな人は、

今のセンターには少ないかも・・・


ちょっとしたインサイドから投げるには、

こういうコンディションは最適だから、

いっぱい投げて欲しいなぁ。◕‿◕。

インストラクターさんに誘われ、

NBFの全日本選手権のコンディション、

投げてきました。


一言で言ってしまえば

ムズ(*﹏*;)


コントロールを問われるスポコン的


8枚目、10枚目、12枚目、13枚目、

15枚目、17枚目、18枚目


どこを投げてもポケットへの道はありました、

がっ、

かなりの激狭( ≧Д≦)


どこかにオイルに当たる所はと、

ボールを変えて探してみたけど、

これと言って感じれる事はありませんでした。


一枚外ミスでワッシャーだったり、

思ったラインに乗ったのにノーヘッドだったり、

ちょっと行かせたと思ったらまたまたワッシャーと、

とてもスコアにはなりません。


まあ、

自分の下手さ加減を知るには、

最適なコンディションって事でした。


そうそう、

インストラクターさんは仕事の合間、

休み時間で投げてたらしく、

さっさと投げて仕事に戻られました。


で、私一人でなんとか打ってやろうと、

孤軍奮闘してる途中で、

もう一人の従業員の娘が、

なにやらこのレーンで、

休憩時間に投げたがってると・・・


打てないのは分かったし、

全日本選手権、

いや、

NBFにすら加盟してないし、

すでに4ゲーム目に突入してたから、

どうぞどうぞと、

レーンを譲って帰宅しました。



そもそもこのコンディションは、

全日本選手権に出場するこの娘が、

イケメンプロにリクエストして、

わざわざ作ってもらってたと聞いてますし、

1ボックスしか引いてないのも聞いてます。


それに、

自分が練習したいから、

あまり他の人には投げて欲しくない様だとも、

どこかから耳に入ってきてました。


仕事の合間の休憩時間に練習するなんて、

めっちゃ練習熱心ですね〜ってなりそうですが、

なんの事情があるのか分かりませんが、

仕事が終わってから、

じっくり投げた方が良いんじゃないのかと・・・

もしかしてあの娘って自己中なんじゃ・・・


って、かなりうがった見方をしてしまいました⁄(⁄ ⁄•⁄-⁄•⁄ ⁄)⁄



全日本選手権は今週末のはず、

頑張って来てほしいですからね。






普通に

それなりに良いと思ってるカタナドラゴンで2ゲーム


良くは無いけどプラス


ポケットに入るも、

⑩番ピンの横を、

直立した⑥番ピンが通り過ぎるアクション(⊙_◎)


このアクションは初代カタナでも現れてて、

久しぶりに見てガッカリしたけど、

まあ、たまたまかなぁと続投してたら、

2ゲーム目の後半でまた出現( ̄ヘ ̄;)


アチャー

もしかしてカタナ特有のアクション?!


このアクションでは、

絶対にストライクにならないのは熟知済。


つまらんと思いロッカーから、

今一番の信頼をおくデュアルロックを引っ張り出し、

ちょいちょいと投げたら279


やっぱり倒れるなぁ〜って・・・


じゃないじゃない!

そんな事はどうでもいい!

書きたいのは別のはなし。


確かにデュアルロックは倒してくれましたよ。


かなりアバウトに投げててもね。


頭から6発来てて、

ふとパーフェクトって思って、

調子に乗ってオイルの中を走らせたら、

案の上⑩番タップ。


実はこの6発、

どこを狙って投げてたのかすでに記憶に無い状態で、

んっ、パーフェクトもあるじゃんと、

意識をしだしての投球でね、

なんの気なしにオイルの中を通す選択をし、

結果的に残すというしまつ(٥↼_↼)


レーンとの会話が大切って言いながら、

ただボーッとあの辺って投げても、

癒やし系のレーンと、

スーパーなボールがあれば、

勝手にスコアになっちゃうって・・・


絶対にダメじゃん!


スコアにはなってるけど、

実は下手くそへ一直線じゃん!


どこまで甘やかされれば気が済むんだよ!


と、


ちょぴり気付かされた練習会でした(●´⌓`●)




私の場合、

親指を外に弾いて抜くクセがありました。


かれこれ40年ほど前に、

そのクセが顕著に現れてて、

花本プロにサムの中を削ってもらって、

予防策を講じてもらってたのを思い出しました。




これが現在の状況で、
指先の左がちょこっと黒くなってる箇所があるでしょう。
ここが、たぶん血マメ(ꏿ﹏ꏿ;)

投げ方を変えたら、
ここが痛いと感じる事が多発し、
あらら〜
大昔に戻っちゃってるの〜って( ̄ヘ ̄;)

まあ、ここが痛くなるのを防ぐ為に、
指穴調整のテープを長目に貼って、
指先を保護させてるからか、
ここ何年もさほど気にして来なかったのに・・・

まあ、投げられない訳じゃないし、
気にならない時の方が多いので、
あんまり心配はしてないのですが、
時折痛みが走るのでどうにかしたい気も・・・

それから
ある方からのリクエストもあり、
親指のタコの画像をいつかは載せようと思ってて、
良い機会だから(なにがやねん、笑)
見苦しいモノを載せちゃいますね。



付け根のコリコリタコ

これを見た友人が、
スゲー力を入れて握ってんだね〜と、
半分呆れた口調で言ってましたわ。



抜ける時の擦れタコ

この(ここの)タコも長年連れ添ってまして、
一番育つのが早いかもしれません。

最近はテープで保護してるので、
育つスピードが遅くなりましたが、
昔はよく、紙ヤスリで削ってましたね〜(・_・;)

ついこの前、
息子との会話の中でこのタコを削ってた話しになり、
「うんうん
 よくやってたのを覚えてる」って言われましたわ(• ▽ •;)

昨日の記事を書いた後、

今一度PBAの選手の動画を見てて、

自分が出来てないと思ってた事が、

もしかしたらそう酷いモノじゃあ無いかもと、

なんだか凹みが埋められた気になりましたわ( ̄︶ ̄)


そしてね、

今まで大切に思ってた、

投げてて気持ち良いかどうかって事を、

とりあえず大事にして行こうってね( ꈍᴗꈍ)


もちろん動画を見て再確認出来た事もあったし、

今までより気持ち良いと感じたわけだから、

まぁまぁなんじゃないかってね。


結局ベッドの上で決着してるあたり、

ズボラな私らしいかな (~ ̄³ ̄)~

かなり凹んでたりして(´-﹏-`;)


週一なのにアベは220越えと

スコアは打ててるのよ〜


でも、納得してる投球は数回


しかも、

やろうとしてる事も出来てない


遠くで投げてた女子中学生ボウラーさんは

先週の投球からみたら

かなりの進歩を見せてるのに


自分は進歩どころか

前に進んでる気がしてただけじゃん ヘ(。□°)ヘ


こりゃ真剣にシャドーでもするっきゃないなぁ

と思いながらベッドに横たわって書いてちゃ〜

なんも変わらんわな(^~^;)ゞ


現在のボウリングと、

私の様なオジサンが教えられてたボウリングとでは、

ある意味真逆だったりする点が多々あります。

 

だからこそ、

なぜそうするべきなのかを理解したい。

 

そんな思いでユーチューブを見まくり、

そのなぜを理解するヒントを得た、

そんな動画のリンクを纏めてみました。

 

もちろんこれ以外にも参考にさせて頂いた動画はたくさんありますが、
それらを踏まえたうえで、
なるほどが繋がったきっかけが以下のリンクドガだったってことです。

 

 

まずは

肩を開いて投げるのは、

この動画が大きなヒントになりました。

 

 

そして、

インステップをしない方が良いのは、

pbaの選手から

 

 

それから、

身体の真ん中からボールを出す為には、

これが決めてでした。

 

 

 

ボールの構えとステップワークは、

こちらの動画。

 

 

①の動画から、

肩を開いて投げるのは、

自分で肩を開くのではなく、

自然に投げれば勝手に肩は開くんだと理解

 

ただ自然に投げようとしても、

今までの左手の動きが邪魔をしてしまう様なので、

肩を開こうと意識した方が形的にやりやすいと認識

 

まあ、

左手を前に出しさえすれば肩は自然に開けるので、

今後の課題として認識中です。

 

インステップをしないのは⑤

ちょっと意識をすれば出来たけど、

これだけを意識しても、脇が開くだけだと認識

 

ただそう感じてる時にこの③の動画を見て、

実際にバックスイングの頂点の位置を左に意識したら、

なんと!

素直に足元からリリースしてると認識、

それと同時に、

肩は自然と下がって投げてそうとも認識

 

そして、

一連の動きを想い描いてシャドーボウリングをして、

最後のステップに入ったら、

もう一つの足、

つまり右足は大きく左に逃がす方が投げ易いと認識

 

そのせいかは微妙ですが、

残りピンのカバーの時、

特に10ピン方向は投げてて気持ち良いと認識

 

てな感じで、

一つ一つが繋がり、

一連の動きとして自分なりに吸収した気になってます。

 

肩を引きながら→バックスイングのトップボールをで左に寄せて~

→インステップをしないように~→ボールが降りだしたら右足を逃がそうって、
一連の動きの中で意識を持って投げてるわけです。

 

結果、今のフォームを大きく変えることなく、

自然な動きを取り入れる事が出来たかなぁ~と、
オジサン的にはとりあえず満足ってところです。

ただね、

まだまだ完璧にこなすまでには練習は必要で、
週一の64歳のボーラーには、
長~い道のりになりそうですけど、
しばらく続けてみようと思ってます。

今回の取り組みに関しては、
特段難しいとは感じていないので、
誰もが試されると良いとも感じてますよ。

 

それから、

ボールの構えとステップワークに関しては、

③のpbaの選手の動画から、

さほど読み取れ無かったので、

現時点では取り組んではいません。

 

たぶん、

ステップワークに関して理解を深めようと思ったら、

現時点で日本におけるトップコーチ、

有元さんに教えを請うのがベストだろうから、

その時が来るまでお預けにしておきますわ(;^ω^)

ボウリングをしてる人なら誰しも、

いや、

スポーツをしてる人・・・

 

いやいや、

どんな事においてと言った方が正解かな。◕‿◕。

 

それはね、

今の自分よりも、

少しは上手くなりたいと思ったりしますでしょう。

 

一言で言っちゃえば向上心ってヤツですが、

私の中にもそれは少なからず存在してて、

漠然と何かを変えなければと思ってたりしてました。

 

幸いな事に、

今の時代、

気付きのヒントはネット中にゴロゴロしてます。

 

ただ、漠然と思ってた時は、

より深く考える事はせず、

自分の中では、

ふ〜ん、なるほどね〜的な、

上っ面だけ触ってその気になってただけでした。

 

そんな私が、

私の周りにいるボウラーさんの試みを見て、

少しでも手助けが出来ればと思い、

今までよりも真剣にネットを見て回ってました。

 

そして、

当然の事ながら、

自分でも試したりもする訳ですよ。

 

リリースの際は肩を下げる、とか

ボールは身体の真ん中から出す、とか

頭の下から出す、とか

身体を開いて投げる、とか

 

一つ一つ、

どれをとっても大事な事なんだろうけど、

私には理解しようとすらして無かった様で、

自分では出来ないし、

自分には合ってないんじゃないかと感じるだけでした。

 

ところがです!

 

身体を開いて、

スライドではインステップをせず、

スイングを下ろしてくる際はお尻のうしろからと、

一連の動きとしてやってみようとしたら・・・

 

ある日突然訪れる上達への気付きが、

ヒョコっと現れてくれた気がしてます。

 

まだまだ改善しなくてはならないだろうし、

勉強しなくてはならない事だろうけど、

ほんのチョット、

かすかな光りが見えた気がして、

楽しい気持ちも相まって、

前回の記事でアップした動画を撮ってました。

 

結果、

うまく出来てるかと言われたら、

まだまだ全然ダメと私が一番しってますよ(≧▽≦)

 

でもね、

自分の中では、

かなり、

思い描いてる動きが出来てる感覚はあるのも事実。

 

なんだか久しぶりに味わってる喜びに近い感じで、

楽しくなってきましたよ〜( ꈍᴗꈍ)

 

 

 

 

あっ、そうそう、

 

親指が抜けなかったり、

踊りを踊ってたりしながらも、

ストライクになってたでしょう。

 

「毎回同じに投げられないからレーンは読めない」

 

これを否定するに足りると思えませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://youtu.be/tM-wtx-Dh7U

 

久しぶりに撮影した動画です。

 

今日の練習会で、

何も考えずに撮ってた動画です。

 

帰って来て動画を見たら、

突っ込みどころ満載で、

ちょっと面白いかなぁと思い、

ユーチューブに上げちゃいました(◍•ᴗ•◍)

 

笑いながら自由なツッコミを(◠‿◕)

 

 

あらためて
デュアルロックでしっかり投げようかと思い、
練習会に参加してビックリでした。

これまで記事にしてきた通り、
このボールは先が動きます。

それは私自身も理解している事だったのですが・・・

投げ出しはなんとなく覚えてた前回の立ち位置から、
ふわっと8・9枚目を狙ってみると裏まで(^~^;)

あら、
今日はちょっと遅いのね〜、
ってな感じで調整していくと・・・

立ち位置(左足中央)30枚目
狙うスパットが9~10枚目付近に。

とまあ、
ごくごく普通に書いてますが、
実はこれが普通じゃ無かったんですわ(・o・)

何がと思われても当然ですが、
立ち位置30枚目から10枚目付近を狙うのは、
私からしたらかなり遠く感じるんです。

だってね、
これまでだったら、
立ち位置30枚目から狙うスパットは、
15枚目付近になるはずなんですよ。

それよりも5枚も外って事でから、
かなり遠くになってる訳ですよ。

じゃあもう少し中を狙えばってなるじゃないですか。

もちろん試してますよ。
でも、ちょっと気にいらなかったんですよ。

12枚目を狙って投げたボールが、
オイルの中を通る距離が長かった様に感じ、
若干戻りが甘くなり、
案の定とも言える⑩ピンが倒れてくれなかったんですね。

だから中はヤメタ〜って、
この時はこの一投で判断してました。

実はこの判断も間違いだったのかも知れませんが、
それはまた別の話しにしましょう。

話しを戻してっと

立ち位置30枚目から、
狙うスパットが10枚目へと、
慣れないながらも投げて、
かろうじての201点

でも、楽しいんです。。◕‿◕。

打てなくたって楽しいんです。◕‿◕。。◕‿◕。

これまで経験した事が無かったと思える先での動き!

これから訪れるであろう未体験ゾーン!

あ〜ぁ
とうぶんこの沼から抜け出せそうにありませんわ(◍•ᴗ•◍)