幼稚園教諭と保育士の両方??

 

保育系の大学で、

幼稚園教諭の資格と保育士の資格

両方持っている・・・

 

実はそういった保育士・幼稚園教諭は

全体のうちで70%以上なんだそうです。

 

ですので、

これから幼稚園教諭と

保育士のどちらの資格を取得しよう・・・はてなマーク

 

って迷っている方は、

やはりどちらの資格も

取得できるならば取得するのが

おすすめですよニコニコ

 

だって採用面接のときに、

同じ条件の応募者がいた時に

ひとりは片方だけの資格

もうひとりは両方の資格を

持っていたら・・・??

 

それはやはり、

両方の資格を持っている応募者が

有利になりますよね??

 

 

さらに、

最近は幼保一体型の

子ども園も増えてきています。

 

この子ども園の職員として

望まれるのは『保育教諭』と

呼ばれる幼稚園教諭免許と

保育士資格の両方を保有した

職員なんです。

 

ですので、

今後保育士や幼稚園教諭として

幼児教育や保育に関わって

行きたいと思っている女性は・・・

 

やはり、

幼稚園教諭・保育士どちらの資格も

持っていたほうが良いです。

 

ですが、

保育士試験を受験して

保育士だけの資格を保有している。。。

 

または、

幼稚園教諭の資格のみ

保有しているという方も

いらっしゃると思います。

 

そういった方も、

現在お互いの資格を保有できるような

制度もありますので・・・

 

今後も保育・教育業界に関わって

行きたいと思われている方は、

資格を両方取得されると良いと

思いますよ♪

 

幼稚園教諭と保育士の両方の資格を活かす?

そして、

こういった幼稚園教諭の資格と

保育士の資格の両方を活かせる

仕事ってあるの??

 

そんな風に疑問に思いますよね??

 

日本国内の現役幼稚園教諭

現役保育士の人数は・・・

 

幼稚園教諭

111,239人 (※H19年度)

保育士

 283,664人 (※H18年度)

 

少し前のデータですが、

幼稚園教諭と保育士の比率は

1:3程度になっています。

 

さらに、

待機児童問題解消政策が

進んでいますのでさらに

保育士数は増えていると

考えられます。

 

でも単純に保育士の数が

増えているのではなくて・・・

 

現場での保育士のニーズが

高まっているために現役保育士数が

増えているんです。

 

 

さらに、

以前は保育園って

「保育に欠ける子どもを預かる

孤児院と同じような社会福祉施設」

みたいな偏ったイメージを持たれている

場合もあったのですが・・・

 

 

現在は、

幼稚園よりも保育園に通う子供の数が

増えていますし、保育園の中にも

幼児教育的なニーズが高まっています。

 

ですので、

今後は幼児教育を行う保育園の

ニーズがさらに高まってゆくと思います。

 

ぜひ、

そういった最新の幼稚園教諭

保育士を取り巻く状態を調べてみると

なかなか面白いですよ(^^♪

 

 

 

 

 

AD