鳥居 祐一オフィシャル ブログ「賢者との出逢いと交流」 Powered by Ameba -2ページ目
2018-06-20

<祝>W杯 コロンビア戦 勝利!

テーマ:ニュース・時事問題

わぁ〜やったぁ〜日本、強豪コロンビア相手に勝ち点3  (^^)v  最後 危なかったけど良く守り切ったねロスタイムの5分はハラハラドキドキでしたね。しかし引き分けでも上出来だったのにまさか勝てるとは・・・凄い、スゴイ全員で勝ち取った勝利、ホントおめでとう  これで決勝 間違いないね日本国民としてメチャ興奮したよ 
感動をありがとう!
 \(^-^)/

2018-06-14

「お金と愛の運のいい人が絶対やっている感情を大切にする カンタン3つのルール」

テーマ:出版・書評

お友達の 野口 まみ さんが、著者デビューしました。タイトルは、「お金と愛の運のいい人が絶対やっている感情を大切にする カンタン3つのルール」と言う作品。著者のまみさんとは4年前に大阪で出会いました。今もたまにやっているのですが、地方に行くと僕は数名の面談枠を取るようにしています。あの時は確か2日で10人ほどしたと思うのですが、その枠はすぐに完売。彼女はそれを知らずにメールで問い合わせてきました。僕も出来るだけメルマガ読者とお会いしたかったので、食事の時間なら開けられると思い、夕食をご一緒しました。ちなみに まみさん の前に面談した方は、今や絶好調の 中村 仁 さんでした(笑)

まみさんとは大阪に行くたびに大変お世話なっとります。過去の僕の大阪の出版記念パーティーやセミナーでも素敵なMCをしていただき、盛り上げていただきました。また僕は5年前までは大阪と言えば、梅田近辺しか知らなかったのですが、(もっというとホテルと品川 の往復でした 汗) まみ さん のおかげで行ったことがなかった祇園や貴船やディープなミナミにもご案内いただきました。

彼女を一言で表現すると、「愛のある人」です。そして誠実で人の悪口を絶対に言わない人。そして特筆すべきは、とても「受け取り上手」なのです。これは成功している人たちに共通している事ですが、日本人独特の遠慮と言うものはありません(笑) いい意味での図々しさがあります。これ、じつは長所でして、日本人は受け取らないのが美徳ですから損をしているのです。まずは喜んで受け取り、そして後できちんと返す。これは「ほめ育」の 原 邦雄 さんにも言えますが、受け取った後のお返しがすごい。二人とも利他と愛にあふれているから、また応援したくなっちゃうんです。

本書でも書いてありますが、まみさんは、この「プラス貯金」と「マイナス貯金」のバランスをとり方の重要性を徹底的に意識することによって運を引き寄せているのです。そう、世の中は正負の法則で成り立っており、全てがバランスとバイブレーションなのです。これは僕も心がけている事ですが、うまくいっている時ほど用心します。そして「もらいすぎたなぁ」と思ったら、宇宙に返すようにしています。そう、「もらい過ぎ」とか「与えられ過ぎ」は危ないのです。そういう場面に出くわしたら、その与えられた分をなるべく早く何らかの形で放出すべきなのです。彼女はこのエネルギーの出し入れが絶妙です。じつは僕も人間関係で悩んだ時には、彼女のアドバイスを参考にしています。そしてそれは多くの場合は、見事なまでに的確に当たっているのです。僕の場合、日本人でアドバイスをもらえる人は少ないので、特に貴重な存在なのです。

彼女と最初に会ったときは、まだ心斎橋で占い師をやっていた頃でした。30分3,000円位の値段でやっていたので、「もったいないなぁ」と感じました。本人もちょっと悩んでいたのでしょうか。そのタイミングで面談に来られました。僕は彼女がもっともっと上のステージで活躍できる!とその時から感じていました。彼女自身もその才能に気づいてはいるものの、どうしていいか分からない状態だった気がします。しかしその後の彼女は、依存と依頼は一切なく、極めてナチュラルにやるべきことに取り組まれました。年々ステージアップできたのも、無理をせずに「運と人」を自然な形で引き寄せた結果だと思います。

彼女を見ていると、今や大人気の 蒼 隆之介 の女性版のように感じます。彼らは2人とも占い師です。しかしあくまでもタロットカードは入り口のツールであり、本当の仕事はライフナビゲーターであり、サクセスコーチです。占い師とはいいながら、(スピリチャルな面だけでなく)じつは人の人生を変えるだけの人間洞察力を持っている人たちだから売れているのです。深層心理の分析は、恐ろしいほど的確ですから、もしあなたが人生で悩んでいたら、彼女のセッションを一度受けてみることをお勧めします。でもその前に本を読んでみてください(笑)彼女らしい「愛溢れる一冊」ですあり、繰り返し読める気づきのある良書です。以下はキャンペーン情報です。

http://kuilima.xsrv.jp/post_lp/book-campaign/

2018-06-08

<満員御礼!>次元上昇ランチ会(東京&大阪)

テーマ:講演・イベント

大阪で初めて次元上昇ランチ会を開催しました。メルマガ募集後 8分で完売した人気のイベント。申し込みが10分の方が「やっと申し込めました!」と喜びの報告が来ましたが、じつは間に合っていませんでした(笑)でもそれでは可愛そうなので、追加開催をして2日で計18名、夜の放談会を合わせると36名の方に御参加いただきました。スイス在住の方や前日この日のためにルーマニアから帰国した方もいたりと、気合の入った方もいて大いに盛り上がりました。ちなみに初日の参加者はなんと全員女性でした!(汗) ということで7月も開催します。

7月は12日には東京(六本木)で、5日には大阪(梅田)で募集しましたが、おかげさまで東京は募集開始30分、大阪は90分で満席となりました。そこでオーバーブックしている関係上、両会場ともに追加開催を決定しました!定員10名と少人数ですので、今回も早期の完売が予想されます。

当日は、皆さんがステージアップするために具体的に何をすればいいのか?どうすれば運を引き寄せられるのか?どうしたら影響力のある人に応援されるのか?圧倒的に愛されるファン作りの極意とは?売り込まずに勝手にお願いされる集客方法とは?などのテーマで、次元上昇するための具体的なアドバイスします。参加希望者は、以下よりお申し込みください。

 

東京(六本木) 
7月   2日(月)12:00~15:00    満員御礼!

7月12日(木) 12:00~15:00    満員御礼!

 

大阪(梅田)  
7月5日(木)  12:00~15:00 満員御礼!
7月6日(金) 11:30~14:30   満員御礼!


以下は、ランチ会参加者からの感想です。

美月 優里 さん(起業カウンセラー)

https://amba.to/2HubXrm

 

榎本 晶子 さん(恋愛カウンセラー)

https://amba.to/2LwUh0H

 

片重 昌江 さん(耳つぼ師)

https://amba.to/2M88F0w

 

大野 和 さん(ストレスクリアコーチ)
https://amba.to/2M9RiML

 

吉村 直子 さん(VIP向けイメージコンサルタント)
https://amba.to/2z7R6ev

蒼 隆之介さん(行列の出来る超人気占い師)
https://amba.to/2MLYQ86

中島 あきこ さん(医師)
https://amba.to/2KNODYp

 

2018-05-26

日大 内田監督 アメフト問題

テーマ:ニュース・時事問題


内田監督と井上コーチの記者会見は、本当に酷かったです。二人とも最初から最後まで徹底した嘘と保身に終始。あまりのお粗末ぶりに、呆れ返った人も多かったでしょう。逆に前日に行われた宮川選手の会見は立派でした。あの会見は、宮川選手がことの重大さに痛たたまれなくなり、自分の意思で開いたという。実名も顔出しもしており、将来を棒に振る覚悟で自ら記者会見に臨んだ。一生懸命に真実を語る姿に(たとえ加害者とは言え)その誠実な態度に好感を持った人も多かったのではないでしょうか?そしてあの理路整然とした会見を見る限り、彼が嘘をついているとはとても思いませんでした。

 

宮川選手が監督やコーチから受けた数々のパワハラは、許されるべきものではありません。相手のQBを怪我させないと「試合に出場させない」といわれたプレッシャー。「試合に出してやるからには、やらなければ意味ないよ」などの発言は、まるでヤクザの脅迫。そして宮川選手がせっかく全日本のオールスターに選ばれたにもかかわらず、監督は他人事のように「出なくていいよ」と言ったことも酷い。代表になるためにどれだけの汗と涙を流しただろうか?言われた宮川選手の悔しさと無念は、心中察します。そもそも監督とコーチの会見は、予想外の宮川選手による前日の会見により世論が騒ぎ、あのまま「なし崩しには出来ない」と 仕方なく開いたようなもの。まさか選手が勝手に会見を開くなど想像もつかなかったでしょう。

 

日大サイドのそもそもの誤算は、「いかにも」と言う下手なタックル。監督もコーチも「何でバレないようにうまくやれなかったんだ?」という思い。これは会見の顔にハッキリ出ていました。あのあからさまで下手なタックルこそが、宮川選手の「本当はしたくなかったが、命令でやむを得ずやった」という証拠ではないでしょうか?宮川選手は退場後は、一人でうずくまって泣いていたそうです。もちろん理不尽な要求に対し、「やらない」という選択も出来たから、彼を擁護するわけではありません。でもあの狂気の組織内と独裁政権の管理体制では「やらなければやられる」という思いだったのでしょうね。理解できます。

 

そして極めつけは、あの広報。マスコミを全員敵に回すあの司会者の進行は、呆れかえってモノも言えません。結果、状況はさらに悪い方向に向きました。まるで舛添都知事の弁護をして余計に世論の怒りを買ったあの弁護士を思い出します。日大のブランドが落ちるどころか、大学の存在自体が危ぶまれる今回の騒動。さぞ卒業生も恥ずかしい思いをしていることでしょう。この問題は、被害者や関学だけでなく、学内や大学フットボール全体にまで大きな影を落としたと思う。幸い、日大アメフト部の下級生も内田監督が実権を握り続けるなら、練習をボイコットすると言っているし、父母会も一致団結して彼らをサポートするようです。これは立派な殺人未遂事件。是非、刑事事件にして、徹底追及してほしいです。あなたはこの問題をどう思いますか?

2018-05-22

栗城 史多 さん

テーマ:伝説のチャンピオンたち

栗城 史多 くんと初めて会ったのが、彼がまだ無名だった10年ほど前。その後も何回かパーティーでお会いし、交流を深めた。いつも明るく前向きなチャレンジャーだった。35歳と早すぎる死だった。また会って色々と話したかった・・・栗城くん、たくさんの勇気をありがとう!R.I.P.

2018-05-16

福島を応援する買い物&豪華グルメ の旅

テーマ:講演・イベント

 


大人の修学旅行第2弾! <福島を応援する買い物&豪華グルメ の旅>を募集します。昨年の5月に開催しました第1回の大人の修学旅行は、鹿児島は特攻隊の聖地である 知覧 に行きました。日本人だったら絶対に行くべき土地として真っ先に選んだこの地。太平洋戦争末期に知覧から、命をかけて飛び立った若者達の歴史を視察し、皆で涙しました。そこで第2回は、原発で復興が遅れている福島を訪ねます。
 
連休中に鳥居も現地を取材し、福島原発周辺を視察してきました。宮城や岩手は震災直後から復興の道を歩め、今や震災前の状況を取り戻しつつあります。しかし福島の場合は、放射能の影響で立ち入り禁止区域が多かったので、状況がまるで違うのです。ここ1~2年でようやく人が行き来できるようになった地区もあり、今、復興のスタートラインに立ったところ。つまり福島と他の地域を同じように扱うべきではないのです。私達が今、福島にできることは何か?それは現地を訪れ、実際に自分の目で視察し、現地の現実を認識すること。周辺地域では、観光や物産が復活していますので、その生産品を購入して、頑張っている人たちを応援することです。決してどこに行くか分からない義援金を贈ることではありません。ということで今回は「皆で福島を応援しよう!」という目的のツアーを企画しました。豪華海鮮グルメ&温泉、そして現地での一番の応援は商売を応援するということで強制買い物ツアーを行ないます。

さてこの大人の修学旅行ですが、日程は6月24日(日)~25日(月)の一泊二日です。内容は以下の通りです。  8:20AMに品川駅集合、出発。道中、約3時間のバスドライブをお楽しみいただきます。道の駅 いわきららみゅ にて強制的にお買い物を1時間。でもご安心ください!なかなか皆さんおカネを使えないので、5千円分の現金をキャッシュバックいたします。ここでは主に海産物をお求めいただき、お好きなものをそのままご自宅へ宅配します。そして昼食は、小名浜一番の海鮮処 いわきの市場食堂 にて豪華海鮮定食をお楽しみいただきます。昼食後は地元のツアーガイドによる現地説明。まずは、いわき市の秋義神社へ。そして国道6号線を北上し、Jビレッジへ。その後は地域分断の象徴となっている富岡町へ。大熊町から双葉町までは、国道6号線の立入禁止区域を北上。(この区間はバスの車窓を開けて走ることはできない地域)立入禁止区域の浪江町では、当時のまま強制退去された建物を見学。続いて、希望の牧場・ふくしまへ。300頭以上の牛が殺処分されず、事故後も生き残っており、牧場長からお話をいただきます。続いて原発に頼らない町を目指す南相馬へ。ここでは風力発電や太陽光発電が、沿岸部一帯に広がっています。その後、相馬地区ナンバーワンの老舗温泉宿「なぎさの奏 夕鶴」へ。絶景の展望風呂での温泉と特別手配の和御膳料理をお楽しみいただきます。今回は旅館からの料理以外にも A5ランクの最高級 福島牛 を手配しました。夕食後は鳥居とガイドである猪狩さまによる特別放談会を部屋で行う予定です。

二日目は温泉、朝食の後、8時に出発、いち早く復興した いわき市 を見学します。まず、トマトのテーマパーク、いわきワンダーファームへ。トマトの摘み取り体験をお楽しみいただきます。続いて全国水族館ランキング第2位のアクアマリン福島へ。鳥羽や名古屋港、大阪海遊館を抑え、沖縄ちらうみ に次ぐ全国第2位です!ここで水族館の見学を約一時間。その後は、再度小名浜一番の海鮮処、市場食堂へ。2日目は豪華海鮮丼をお楽しみいただきます。昼食後は一路、スパリゾートハワインズへ。13:30頃の入園予定です。ここではフラガールによるステージ観賞から、巨大プール、長さ日本一のボディスライダーからギネスブックにも載った世界最大級の露天風呂、そしてちょっと早いビュッフェでの夕食をお楽しみいただきます。水着を忘れないようにください(笑) ここでも併設のショップで強制お買い物いただき、キャッシュバックします。ハワイアンズには、ありとあらゆるお土産が揃っていますので御安心ください。夕食後ハワイアンズを出発し、一路東京都内へ。18:30出発で20:30都内到着予定です。
*上記スケジュールはあくまでも目安で、変更の可能性はあります点をご了承ください

この旅を通じて、同じ日本人として何が出来るか?を考えていただければと思います。風化しつつあるあの日を忘れないためにも、皆さん自身の目で現実を見ていただき、このツアーを通じてささやかながら現地経済に貢献したいと企画しました。参加者は是非、この度の感想をご自身のブログやフェイスブックに投稿し、多くの方に現状をシェアいただければと思います。記事を書いていただいた方には、鳥居のメルマガに掲載させていただきます。是非、この機会に同じ日本人として志を共にし、その姿を多くの人と共有いただければ幸いです。なお本ツアーは一通り、鳥居が自ら現地を直接 訪問し、そのクオリティーは参加者が十分満足いただける内容に仕上がっていることを保証します。ということであなたのご参加をお待ちしています!
*写真はイメージです
2018-05-08

エンジェルス 大谷 翔平

テーマ:伝説のチャンピオンたち


大谷選手の活躍、すごいですね!同じ日本人として誇りに思います。人気を支えている一番の要因は、「純粋に野球を愛している」というひたむきな姿勢ではないでしょうか?もう2年待ってデビューすれば、おそらく200億円の大型契約が実現したでしょう。でもそれをせずにマイナー契約の年棒5千万円で入団した。アメリカのファンはよく見ていますから、この生き方に全米がハートに包まれたのです。

日本でも最近は、貧富の差はものすごいことになってますが、アメリカはさらに酷いです。政治も経済も何もかもカネ・カネ・カネ。それに嫌気がさしたアメリカ国民はヒラリーを嫌悪し、トランプに入れたのですね。アメリカという国は、カネのためなら平気で戦争もするし、人も殺す。そういう社会背景の中で、有り余る才能を持ちながら、無欲の青年が日本から来た。しかもあの爽やかなスマイル・・・全米中が彼のファンになるのは当然のことかもしれません。

野球に限らずアメリカのプロスポーツはカネにまみれています。スーパースターになれば、NBAでもNFLでもすぐに100億のカネが転がり込みます。一方の庶民の賃金は、たいして上がっていません。儲かっているのは、ほんの一握りの資本家だけです。フリーエージェントが野球に導入されて40年。その後、1984年のLA五輪でスポーツは金になるということが証明され、あらゆるスポーツがコマーシャライズされてきました。その象徴が NIKE です。発展途上国の工場労働者には日給数百円の賃金しか払わないのに、マイケル・ジョーダンやタイガー・ウッズには数百億円も払う・・・アメリカでも多くの人が、この行き過ぎた資本主義社会に首をかしげています。だからこそ、カネではなく純粋に野球を愛している大谷を応援しているのでしょう。

 

彼なら2年待ってヤンキースに行けば大金を手に出来たでしょう。でも鳴り物入りで入団して結果が出なかったら、NYのファンは黙っていません。そのプレッシャーに押しつぶされた大物選手は、過去にたくさんいます。その点、マイナー契約から大活躍している大谷は、誰からも非難されません。活躍すれば、給料はすぐに上がっていくでしょう。そういう意味でも、今回のエンゼルス入団は大正解だったと思います。この先どうなるのか楽しみですね!皆で大谷選手を応援しましょう!

なお読めないと人生の損失!鳥居の公式メルマガは、バックナンバーを公開しておりません。必ずこちらから登録して読んでください。(^_−)−☆ http://www.yuichitorii.com/mg/

 

2018-05-04

あれから7年、福島の今

テーマ:旅・体験

震災から7年が経ちました。残念ながら多くの方の記憶から、あの日のことが消えて去られています。私たちが思う東日本大震災とは、東北の福島・宮城・岩手が同じような悲惨な状況であると。宮城や岩手は震災直後から復興の道を歩め、今や震災前の状況を取り戻しつつあります。しかし福島は、放射能の影響で立ち入り禁止区域が多かったので、状況がまるで違うのです。ここ1~2年で人が行き来できるようになった地区もあり、今ようやく復興のスタートラインに立ったところ。つまり福島と他の地域を同じように扱うべきではないのです。浪江町と大熊町などは、つい最近立入禁止が解禁されましたが、実際に地元に戻ってきた住民たちは全体の1%〜2%ほど。7年間も放置された家屋は朽ち果て、草木は伸び放題でとても人が住めるような状況ではありません。お店も当時のままでシャッターが降りていて、2011年当時にタイムスリップしたかのよう。田んぼは雑草に覆われ、多くが耕作放棄地となっていました。こういう土地を有効活用し、太陽光パネルの設置や風力発電を通じて原発に頼らない街づくりを始めている自治体もあります(写真)。そして いわき市 など観光を誘致するように官民一体となって街を盛り上げているところも増えてきました。

福島の人たちは頑張っています。私たちがやるべき事は、義援金を送ることではありません。日赤や赤十字に送っても3割がピンハネされており、そのお金がどこに行ってるかも正直わかりません。それよりも現地に足を運び、多くの方にヒアリングし、それを皆さんに知ってもらうこと。そして現地の経済に貢献できるようできるだけモノを購入し、売り上げに貢献することです。もし福島の方たちを応援したいのであれば、ぜひ一緒に現地に視察に行き、現地でお金を使うようにしましょう。「福島を応援する買い物ツアー」のような企画を近いうちにしたいと思いますので、賛同される方は是非 ご参加ください。

2018-04-30

ドバイ

テーマ:アフリカ


3年ぶりに視察旅行で、中東のドバイに行きました。前2回はケニアのサファリ旅行のトランジットでサクッと観光した程度。今回はガイドとドライバーがついてしっかり効率よく見学しています。成田のエミレーツ便は、夜中の3時にドバイ着なので、ホテルにチェックインは4時近く。少し仮眠してから9時にロビーに集合。ベンツの専用リムジンで街を案内いただきました。まずは今年1月にできたばかりのドバイフレームに行きました。ここは金の額縁の形をした展望台。ドバイの最新のツーリストアトラクションです。入場すると展望台に上がる前に50年前のドバイの姿を動画で観ます。その後展望台に登るのですが、高さ150メーター50階建ての展望室から見える景色は絶景!オールドドバイと高層ビルが立ち並ぶ現在のドバイの両方の景色を眺めることができます。展望台から降りたら、今度は50年後の未来のドバイがどうなっているか?という映像を見ました。そこには日本人にはない、とても豊かな感性と発想力を感じる未来の姿がありました。

ドバイでは日中は暑いので、建築現場は夜も工事を行うのですが、大体1日20時間位のペースでやっています。ですから他の国よりも圧倒的にスピードが違うのです。ちなみにフィリピンやタイなど東南アジアでは、台風の影響などで工期が1~2年ずれる事は珍しくありません。しかしこちらは24時間体制で工事をし続けるので、前回の訪問時の3年前よりも街の様子が一変していたのには驚きました。穴を掘っているとあっという間に運河やヨットハーバーが出来ちゃうそうです。そのスピード感は、とにかくすごいです。ちなみにこうした建設現場の労働者やタクシーの運転手の大半は、インド人やバングラデシュ人です。彼らはとても安い給料で出稼ぎに来ています。そのため物価の高いドバイでは、生活するのが大変。その多くが数人とルームシェアをして、なんとか生活をしています。それでも母国では稼げないので、彼らは喜んでブルーカラーの仕事をしています。 
 
一方のUAEの国民は、国がゆりかごから墓場まで面倒を見てくれます。UAEの国民として生まれたならば、政府はありえないくらい徹底して自国民に恩恵を与えています。この国の公務員は驚くなかれ、初任給が年収2,000万円だそうです。それも超緩い仕事でもらえる!そして平均では4,000万円近くもらえると言う。また公務員じゃなくても結婚して子供を産めば、家を与えられたり、相続税や所得税がなかったりなど様々な国からの特典が与えられます。国は「UAE国民」を増やしたいのであって、このような特典は外国人労働者には一切ありません。当然、これだけ甘やかされているから、労働に質もよくありません。ハッキリ言って、やる気がないのです。よく暴動が起きないなぁと感心します。出稼ぎインド人たちは、本当にいいヒトばかりで絶対に文句を言いません。それでもこの国で働けることに感謝しているようです。
  
多くの国では自国民をプロテクトするための様々な優遇措置を与えていますが、UAEほど極端な例はありません。逆に日本ほど外国人に優しく、自国民に冷たい国はありません。生活保護費の多くが中国や韓国人に支給されている実態は、あまり報道されませんよね。その他にも消費税免税や外国人が自由に土地を売買できるなど、日本は外国人有利な国なのです。先進国で一番貧しいのだから、本当はODA何てしている場合ではないんですがね。残念ながら日本には、自国民を守る法律がほとんどありません。あなたはこの問題をどう思いますか?

 

2018-04-23

第一生命様での講演

テーマ:講演・イベント


札幌にて第一生命様向けの 「売りこまずに勝手に売れて行く」セールスセミナーを行いました!ちょうどライププランナーのMDRT全国大会が札幌であったので、その御縁で実現。MDRT 以上が180名、その他の方が260名の総勢440名の方が参加されました。年代は20代から上は70代までと幅広く多士済々。最年長は、名古屋の後藤さんでなんと東京オリンピックの年の54年前に入社された79歳の方!ご丁寧に挨拶に来てくれ、僕の話に感動して泣いてくれました。伝説の生保レディー 柴田 和子さんも最前列で真剣に耳を傾けていただいてました(汗) 柴田さんの40年連続日本一は、ギネス世界記録だそう。なんと一件の契約を取るのに23年かかったこともあるとのこと。気が遠くなる話ですね!一般の方には常識を逸脱した、かなり刺激的な内容だったと思います。ちなみに持参した本はたった20冊。暴動がおきるので、展示せずに代表の方が一人でまとめて買って行かれました。300冊は売れたと思うのでもったいなかったなぁ。作家というのはこうやってリヤカー引いて本を売り歩くのです。講演終了後は、囲まれて記念撮影で大変でした!(汗) お陰様で最近はせ保険関係のセールスの仕事も増えてきました。参加いただいた440名の皆さん、ありがとうございました!

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース