人気ドラマのテラスハウスに出演していた女子プロレスラーの 木村 花 さんが22歳の若さで死去しました。原因はSNS上での視聴者からの誹謗中傷で追い込まれての自殺です。番組以降、彼女のSNSには毎日100通以上の「死ね!」などの心ない投稿があったという。


僕はこのテラスハウスが大好きで、若いときにこんなシェアハウスがあったら入りたかったなと思いながら見ていました。見ず知らず男女6人でプール付きの超豪華なシェアハウスでの共同生活・・・楽しそうじゃないですか。しかも台本がないドラマということで、そのリアル感が斬新で人気となった。ちょうど撮影進行中のシーズンで今回の事件は起きた。

 

相手が誰であれ、人間の尊厳を逸脱し、死に追いやるまで追い詰める言葉での攻撃がこの人間社会で許されるはずはない。誹謗中傷するなら、それは立派な犯罪であり、殺人に加担しているということ。これを肝に命じてください。そしてそれでもやるというなら大人としての責任を取る覚悟でやりなさい。訴訟費用や名誉毀損・慰謝料・風評被害による損害その他を考えるとダメージは数百万円では済まない。人によっては億単位だろう。それでもやるというなら、そのカネを用意してからやれ!と言うことです。

 

「こいつむかつくから」自分は身の安全なところに置き、相手は攻撃するが、お金はないから払わない、責任も取らない。人間としてこれほど卑劣で卑怯な行為はないと考えます。今回の件で分かったと思うが、ヒトを殺すのには刃物も銃もいらない。人を傷つける 言葉 だけで充分なのです。

 

木村 花 さんの死を無駄にせずに、日本全体がいじめのない住みやすい国・優しい人で溢れた国になることを願ってやみません。花さんには申し訳ないが、この死が日本社会全体で今回のことを考えるきっかけとなったなったのは喜ばしいと思う。彼女は有名人だから話題になったけど実際には同じようなことでその影で何万人の人が自殺に追い込まれてるのかこの機会に考えて欲しい。

 

最後に「ZOZO」の前澤友作さんが自身のツイッターでSNS上での誹謗中傷に断固とした態度を取るべきと訴えてた内容がとても共感できたので以下、転載します。

「誹謗中傷する人は犯罪者だ。 何度も繰り返すしエスカレートする。弁護士や警察に相談して告訴したり 被害届けを出そう。 被害者のアクションが全体の抑止力になる。 僕もスルーせずにこれからは遠慮なく被害届けを出す。そうでもしないと犯罪者は 自分の罪に気づかないし、更生もしない。スルーは犯罪者を野放しにし、犯罪を見過ごすこと。誰かが見つけて止めさせないと被害が拡大する。 自分は耐えらても、耐えられない人に被害が及んだ時、悲しいことが起きる。少なくとも自分が誹謗中傷行為を見つけてしまった場合、見過ごさずに行動しようと思う」

前澤さんの意見に激しく賛同し、こういう有名人が声を上げてくれてとても心強く思いました。

あらためて花さんの心からの冥福をお祈りします。

今年も二日間の伊勢神宮ツアーを開催しました。総勢30名で昨年同様に、メンバーにも天気にも恵まれ、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。今回は去年とはまた違う神社に行けて、同じツアーにもかかわらず新鮮でした。何しろ小さな神社が250以上もある お伊勢さん。奥が深いです。弊社の旅シリーズは、普通の企画ではなくすべてオリジナルで開発したものです。中でも一番力を入れているのは食事です。特に女性は食事にはうるさいですから、ここは一切の妥協を許しません。今年も すき焼きの名店 和田金 に行きました。ここは日本一の松坂牛を出す店として知られ、東海地区では知らない人はいません。でも一般的には敷居が高いので実際に行った方は少ないのです。「えっー和田金行ったの?」と羨ましい と言われるほどの店です。それもそのはず、まず予約が困難なのです。今回も半年前に予約し、この日しか取れなかったのです。ですから 本ツアーは、和田金の予約を確定してからすべてを段取りしたのです。御馳走を食べる習慣を 直会 (なおらい) と言いますが、夜も豪華でした。地域ナンバーワンのホテルにて伊勢海老、アワビ、大トロ、松坂牛のステーキをなど特別料理をご用意いただきました。来年も開催予定ですので、タイミングが合えばご参加ください。ご参加いただいた皆さん、素敵な時間を共有いただきありがとうございました!

本日は久々に書評です。

受講生の方がこの度 出版され、良書だったのでご紹介します。

著者は 勝田 耕司 さんでタイトルは「新発想ゼロコスト集客術」

読んでみてまず感じた事は、とても読みやすい内容であったと言うこと。

勝田さんには 焼き鳥の皮や、ラーメンのまこと屋、会員制のエスカイヤクラブなどビッグなクライアントがいます。本書ではそれらの数々の具体的な成功事例を解説してるのが、とても分かりやすかったです。

もともとはキリンビールでトップセールスマンだった実績を生かし、現在は競争の激しい飲食店の世界でコンサルタントとして活躍しています。

彼の提唱しているキーワードは「透明資産」です。

透明資産 とは一言で言うと目に見えない お客様が心地よくなる付加価値。実は行列ができてるお店の大半はこの 透明資産 をフルに活用しています。

世界中を旅して思う事は、本当に日本の外食は安いと言うことです。先進国では世界一でしょう。一流のサービスと味を兼ね備えながら、不当に安過ぎるのです。だから安くて美味しいものを求めて世界中から人が押し寄せているのです。

これは消費者にとって一見いいことのように思われますが、長い目で見たら国の経済にとってはマイナスです。価格が不当に安いから従業員に賃金が配分されず、その結果 バイトテロなどが起こるのです。日本で外食産業で成功するのは本当に大変だと感じます。

グルーポンに代表されるクーポンサイトがあります。僕もたまに使うことありますが、あれは10,000円のコースを5,000円で販売し、さらにそのうちの半分をグルーポンがとっていきます。つまりお店からすると10,000円の商品を売っても手元には2,500円しか入りません。これでは儲けはほとんどありませんよね。

お店側はこれを広告費として考えているのでしょうが、グルーポンでしか来ないお客さんは「いいお客さん」ではありません。むしろクーポンホッパーとして特にエステ関係などは、ほとんどリピーターにならない といいます。

味であれサービスであれ、本当に価値のあるものを提供しているのであれば、お客さんは高くても
満足するものです。

そう、お金を使って集客するのは体力勝負になり、もはや時代遅れの手法なのです。実際に多くの飲食店が、広告等の販促費で赤字に陥っています。それよりもいかにSNSを活用するか。お客様に露出してバスってもらえるか。本書ではこのやり方を提唱し、解説しています。飲食店経営者はもちろんのこと、それ以外の業種の方にも読んでいただきたい一冊です。


先日は朝から台風で甚大な被害が出た千葉の房総にボランティアに行きました。電柱や木が折れたり倒れてたり報道されている以上に大変な状況に驚きました。ご覧のように電柱が真っ二つに折れるなんて・・・自然の猛威は凄まじいですね。豚汁100人前の炊き出しを手伝い、皆さん自宅から鍋を持参でふるまいました。一日も早い復興を願うばかりです。

 

 

神戸で あの原山さん の誕生会でした!全国から130人以上の方が集まり、原山さんらしい楽しい会でした。ちなみにこのケーキ、甘くなくて最高に美味しかったです。原山さん、お誕生日おめでとうございます!素敵な一年になりますように・・・


鳥居の個人面談サービスですが、おかげさまで日本国内はもとより、海外のからの申し込みがあります。過去にもニューヨーク・シカゴ ・ロスアンゼルス・シドニー・メルボルン・ベルリン・ロンドン・デュッセルドルフ・バンコク・台湾・シンガポールなど世界各地からお越しいただき、通常は平均1か月待ちの状態です。


今回は面談ではなく、弊社で一番人気の講座であるグループコンサルティングの御案内をさせていただきます。本講座は過去にも全国各地で開催し、「他人の悩みや事例をリアルで聞くことができる」とあってか、大変人気があります。

『理想の人生を手に入れるために今までどのような行動をしてきましたか?』と質問すると、意外と何もしていない人が多いんです。

そしていったい『自分はどういう人間なのか?を十分に理解しないまま間違った行動をしているケースを見受けます。その結果うまくいかず、志半ばで挫折してしまう。過去に数千人もの方を見てきましたが、残念ながらそういう方が多いのです。

人は意外と自分の事は知っているようで知らないもの。第三者から客観的に見てもらう事で今まで気がつかなかった新しい自分を発見でき、短時間で効率よく目標を実現できるのです。

じつは僕は執筆や講演よりも 「面談」が本職です。

コーチングとメンタリングのテクニックを用い、質問をしながらあなたの USP(強み)を発掘します。まずは競争相手のいないポジショニングを決め、ビジョンとコアコンセプトを決める質問やアドバイスをし、そこからビジネスモデルやキャッシュポイントを構築します。

そして実際の行動指針の提示までのコンサルを行い、『いつまでに何をやる』という目標設定を数値化し、達成までのプロセスを一緒に考えていきます。

■当コンサルは、以下のような方を対象としています。

*自分の USP(強み)を発見したい方

*その他大勢から抜けるブランディング構築法を学びたい方

*コストをかけずに効果的な集客方法を知りたい方

*ブログやフェイスブックなどパーソナルメディア診断

*これから起業して経済的に自立したい方

*売らずに売れてしまう仕組みのつくり方

*出版戦略やベスセラーの作り方・本の売り方 

*英会話力をアップしたい方(英語でのコンサルも可)

米国の大学の授業のようにケーススタディースタイルで進め、グループでインタラクティブに行います。全員参加型のグループのディスカッションなので、あなたの商品が市場で受けるかどうかのテストマーケテイングにもつながり大変勉強になるのです。

そのメリットとは・・・

◆ 少人数で参加者同士が秘密を共有するため、 連帯感と仲間意識が芽生える

◆  参加者全員からのフィードバックを得られる

◆  状況により鳥居の幅広い人脈から、あなたのビジネスの力になってくれそうな人を紹介

◆ 他人の悩みや事例を聞くことができる(意外と自分の悩みは、皆さん共通の悩みです)

◆ 個別の質問時間も用意しますので、普段聞けない質問にもお答えします

◆ あなたの商品やサービスが市場のニーズを満たしているか、消費者のリアルな声が聞けます 

本講座により自分を知り正しい行動で変化を遂げられ、目標を達成している方が数多くいらっしゃいます。あなたの人生を一瞬で変えることはできませんが、あなたの人生の指針となり方向性を一瞬で示すことは可能です。その主目的は、行動を促し「背中を押してあげる」こと。ですから「本気で人生を変えたい!」と思わない依存と依頼のある方には向きません。豊かで充実した人生を送る秘訣は、まずは自分自信をよく知り、自ら機会を作って戦略的に行動に落とし込むことです。

さらに本講座ではソーシャルメディアを効果的に活用する方法もアドバイスします。そこであなたに質問ですが、以下のようなことはしていませんか?

*リンクを張りまくったメルマガ記事を毎日配信

*ブログやフェイスブックに毎日3回以上投稿

*フェイスブックで友達 5,000人を目指し、
 せっせと知らない人にやたらお友達申請する

*「いいね!」と「コメント」回りに毎日数時間費やす

*「お早うございます!」などの意味のないコメントを他人のウォールにコピペしまくる

*アクセスアップのためにブログランキングに参加し、「ぽちっとクリックしてね」とお願いする 等々

こんな涙ぐましいことをしても売り上げにはほとんど影響ありませんし、
逆にこれを一生懸命にやっていると「痛いヒト」になってしまいます。でも間違ったことを学んだために、やっている人は意外と多いのです。無知はコスト。やるべきことをやり、絶対にやってはいけないことはやらない・・・これを実行するだけで、あなたのビジネスの効率は飛躍的に伸びます。

ステージアップしたい方、売上UPしたい方、圧倒的な集客力をつけたい方、その他大勢から抜け出るブランディング方法を学びたい方、そして運を引き寄せたい方はお待ちしています。パーソナルブランディングの第一人者である鳥居が、自らあなたを直接コンサルし、ステージアップに貢献します。
         
 
        ー
 

NEW! 

東京会場 ( 品川 近郊のシティーホテル)   

2019年 9月19日(木)16:45 集合
 

 

本講座は少人数の募集かつ大変人気が高いため、多くの場合<即日完売>となっております。他の方のご迷惑となりますので、くれぐれも未入金のエントリーはご遠慮ください。きちんと『参加する!』と本気で決断されてからお申込みいただけますよう、よろしくお願いします。入金キャンセルは、<受講料お全額を請求させていただきます>のでご了承ください。

<備考>

*他の方の迷惑となりますので、
「遅刻」は「厳禁」とさせていただきます

*本講座は皆さんにカミングアウトしていただくため、
 最初に守秘義務の誓約書にサインいただきます

*夕食は懐石弁当または夕食をご用意いたします

*白熱してまれに終電を逃す人がいます。途中退出はOKですので、時間管理は各自でお願いします

鳥居の専門分野であるマーケテ
ィング・集客・ブランディング・SNS・出版・英語・以外の分野に関しては、的確な回答を得られない可能性がありますのでご了承ください

 

以下は、過去にグループコンサルに参加されたお客様の声です。



篠崎 隆治 さま(強味発掘コーチ)
https://amba.to/2Nxd0Pr
 
美月優里 さま(美月塾主宰)
https://amba.to/2F2XIgJ

佐藤 通子 さん(心理カウンセラー)
https://amba.to/2X1pfF5

 

白土 陽子 さん(弁護士)
https://amba.to/2I6RApX

 

伊藤 仁美 さま(数秘カウンセラー)

https://amba.to/2xGE5ES
 

武林 里津子 さま(パリジェンヌスタイル主催)
https://amba.to/2npQnN6

徳永 怜一 さま(NY州弁護士)

https://bit.ly/2MBMbor

 

伊藤 洋美 さま(集客コンサルタント)

http://amba.to/2yQr5vI

平部 ゆうな  さま(マリッジカウンセラー)
https://amba.to/2Lu4V9y

 

奥 武志 さま(リピート集客コンサルタント)
https://amba.to/2KvDgrO
 
藤井 菊恵 さま(風水営業コンサルタント)
http://amba.to/2p42n7r
 
岡本 雅美 さん(ファスティングアドバイザー)
https://amba.to/2x5iOrp

小林 真美 さん(英語コーチ)
https://amba.to/2IFBByO
 

高根澤 由史子(メディカルソロジスト)
https://amba.to/2KKoauk

 
花田 りな さま(恋愛カウンセラー)
https://amba.to/2s4l4dK

なかむら 美果 さま (コーチ)
http://amba.to/2EgQ3qA

西村 孝子 さま(エステサロン経営)

https://amba.to/2uNS3o1

 

桂 裕 さん(ネットマーケター)

http://bit.ly/2UgRKQh

 

石原 実花 さん(MIKA DECO PARIS 主宰)

https://amba.to/2OxKrhO

 

 

中田 仁之 さま(営業コンサルタント)
http://amba.to/2zJNO0f  

 
田代 幾美 さま(外資系企業本部長)  
https://ikumi3.com/archives/2005

安藤 昌美 さま(恋愛コンサルタント) 
 
本松 雅美 さま(整形外科医)
http://amba.to/2hwGKt5

工藤 倫子 さま(キャリアカウンセラー) 
http://amba.to/2zNaook
 
伊藤 丈雄 さま(ミュージカル俳優)
http://amba.to/2CLnEZq

冨田 真由美 さま (コーチ)
http://amba.to/2zQRkn9


関根 喜代美 さま(イベントプロデューサー)

橘 佑佳 さま(起業コンサルタント)
http://amba.to/2mw6mbN  
 
川瀬 まり子 さん(秘書)
https://amba.to/2MZcNj7

 

吉田 文子 さん(英語教師養成コーチ)

https://amba.to/2u2u2cm

 

ビートルズの故郷 リバプールに来ました。ロンドンから電車で2時間ちょっと。風光明媚な港町です。タイミングが合い、マジカルミステリーツアーにも参加出来てラッキーでした!メンバーの育った家やペニーレインやストロベリーフィールズなどお馴染みの場所にも立ち寄り、ファンにはたまらないツアーです。マンチェスターにも行きましたが、イングランド北部はロンドンほど物価も高くなくいいですね。イギリスは寒暖の差が激しいのが大変ですが。

サンセバスチャン来ました。スペインで美味しいものが食べたければ、 サンセバスチャンに行け 言われるほどここはグルメの街として世界的に知られています。しかし行くのに不便で遠く、基本スペイン語しか通じないので非常にハードルが高いです。絶対に行く!というよほど強い意志がないと挫折するでしょう。ここはバスク地方といい、フランスとスペインの国境に位置します。言語もバスク語というのがあり、スペイン語とまったく違うという。スペイン人でもバスク語を理解するのは難しいそうで、フランス人もこの地方ではバスク語が共通言語です。人口は18万人ほどですが、ミシュランの星付きレストランが三ツ星3軒を含む10件あります。その他小さな旧市街の中には、グルメランキングで上位に入るような有名店もいくつもあります。さらにバルの大激戦区なので、街中でピンチョスと呼ばれる小さなパンの上に肉や魚を乗せた料理や、タパスと呼ばれる小皿料理を目にします。この街はピンチョス発祥の地と言われており、レベルの高いバルが旧市街の中に密集しています。価格もお手頃で、気軽に一杯飲んで料理をつまんで次の店に行く感じの飲み歩きが楽しめます。

石田 敦士 さんのラーメンを食べにアムステルダムへ。忙しい中、二日間お付き合いいただきました。初めてお会いしてから11年、2年前に独立開業する直前にお会いし、食べに行くと約束してたんです。店名は 「Men Impossible」 アムスの中心街から少し外れた静かな住宅街に位置します。週末の3日しか営業していない、予約の取れない店をわざわざ開けてご馳走してくれました。ラーメンはいわゆるオーソドックスなものではなく、ビーガンの混ぜ麺。これが新感覚でとても美味しかったです!これをメインにその前に前菜7品にワンドリンク付いて23ユーロ、約3千円とリーゾナブルな価格。開業当初からほとんど満席状態という驚異のお店です。単なる一杯のラーメンではなく、立派なコース料理にしたのが勝因でしょう。アムステルダムはロンドンと共に美味しい店がないことで有名でしたが、最近はグルメの街に変わってきました。キーワードは sustainable です。簡単にいうと地球と環境にやさしい料理です。石田さん、ありがとうございました!とても美味しかったです。

 

この度 知人の 末岡 よしのり さんが初出版をされました。
タイトルは「お金持ち列車の乗り方」です。

まずこのタイトルにひかれました。なぜ自動車ではなく列車なのか?これが冒頭に記載されていますが、とても合理的な理由であり、納得のいくものでした。

僕自身も最近は、国内では自分で運転する事はほとんどありません。というか車は手放しました。もちろんアメリカに行けば(NY と SF 以外は)車で移動せざるをえませんから仕方なく運転します。しかし日本国内なら都心の便利なとこに住んでいれば、公共交通機関も発達しており車の運転は逆にストレスの元だと感じます。

最大のストレスは渋滞に巻き込まれること。また都心部では駐車場を探すのも一苦労です。列車はリラックスでき、車の運転は疲れる。列車での移動は、輸送力もあり移動距離も長い。だから皆で成功するには、列車でなくてはいけないと言う。なるほど納得ですね。

そしてお金持ちになるにはまずはお金持ち切符を買わなければいかない。筆者はその第一歩が不動産投資であると言う。本書には若くしてギガ大家となった筆者の独特の世界観とユニークな人世論が随所に語られている。

全部で十章立ててすが、一番共感したのが八両目の「時間管理」の項。

お金持ちは、時間の価値を知っているので行列には絶対に並びません。例えば投資の世界で言ったらみんなが行列している案件は、やっても損をするだけ。誰もやっていない新しいことにチャレンジすることによりチャンスがあるという。

行列に並ぶ人というのは、自分の情報感度が鈍く独自の情報も持っていない。ひいてはビジネスや投資のセンスもないと言うことになります。結局はどういう人と付き合うのかということが、情報の質に直結するということです。

僕も以前メルマガで何回か取り上げた「目黒のさんま祭り」の話も出ていました。

このお祭りでは 無料 で さんまが振る舞われるのですが、それをもらうために毎年大勢の人が暑い中、5時間も並びます。さんま はスーパーで買えば100円、定食屋でも500円位ですから並ぶ意味がわかりません。こういう意味のない列に並んでいるようでは、永遠にお金持ちになれないと言うことです。

多くの人が気がついてないのが、時間には値段がついていると言う事実です。だから多くの人が「タダだから」という非合理的な理由で何時間も並ぶのです。

お金持ち列車に乗ってる人は、時間をお金で買えるなら惜しみなく買うと言う発想を持っています。間違っても安売りのチラシを1時間かけて1円でも安いものを買おうとする事はしません。お金持ちはそういう節約をするのではなく、逆にお金をどんどん使うのです。なぜなら彼らは仕事にどれだけ情熱を注ぎ、人よりどれだけ努力できるかで収入に大きな差が生まれるかを知っているからです。

世の中にはお金と引き換えに自分の時間をあなたに貸したい人がたくさんいます。お金持ちは 給料 や サービス料といった対価を喜んで支払い、他人の時間を遠慮なく借りています。会社というのは結局のところ、お金持ちが時間を融資してもらう「時間銀行」なのです。

筆者自身が札幌と言う地方都市にいながら不動産で財を成した人物だけに文章に説得力がありました。お金持ち列車と言うのは、空想上のものではなく実在する列車である。同じ夢を持つ仲間たちの集合体が列車そのものであり、列車を走らせるエネルギーは、乗客たちの夢の力であると言う筆者の言葉が印象的でした。

あなたもお金持ち列車に乗ってみたくありませんか?すでに3万部以上ベストセラーとなっているそうです。お求めはお近くの書店でどうぞ。