鳥居 祐一オフィシャル ブログ「賢者との出逢いと交流」 Powered by Ameba -3ページ目
2018-04-14

売らずに勝手に売れていくメルマガ集客セミナー  

テーマ:講演・イベント



東京と大阪セミナーで「尖る!」メルマガ集客セミナーを開催しました。そして僕以上に尖っている千葉 修司 さんと 原山 友弘 さんという東西の巨匠お二人を特別ゲストお呼びしました。なぜ彼らが売れているのか?尖らないとファンは出来ないからです。僕の商品に「放談会」というのがあります。「鳥居と食事をしませんか?」という緩い会です。会費は約4万円ですから決して安くはありません。でもお陰様で過去何十回と開催していますが、常にキャンセル待ちですべて満席での開催です。中華の円卓でコース料理をいただくのですが、ある回では定員15名のところに3日で120名も売れ、東京と大阪で計8回の追加開催をしました。メルマガのセールスレターの最後にこのように炎上覚悟でバッサリ強気に言い切ります。なぜかというと世の中には「3千円なら出せるけど5千円だと出せない」という人がたくさんいます。弊社には3千円の商品はありませんから、そういう人に読者になってもらっても何も買ってもらえないからです。せっかく毎回1~‪2時‬間かけて魂を込めて書いているのだから、あえてこういう表現によって3千円の層を遠ざけてるのです。逆に食事に4万円を支払える人たちは人間的に質が高いです。僕の話よりもむしろこういう人たちと知り合えるだけでも会費の価値があると考えます。「人生は素敵な出逢いを求める旅」ですが、もっというと、こういう考え方を理解できる人と出会いたいために一生懸命に情報発信をし続けているのです。成功を研究して25年。結論は、古今東西 おカネを使えない人は、永遠におカネを得られないのです。参加者の感想は、以下のブログをご覧ください。


野口 まみ さん(開運カウンセラー)
https://ameblo.jp/sarasamami/entry-12367958641.html


前田 伊織 さん(起業コンサルタント)

小田 純也 さん(ネットマーケター)
http://jsmaho.com/best2018-toriisan/

三上 ゆりな さん(風水ネイル代表)
https://ameblo.jp/yurina-nail/entry-12367578418.html


吉村 直子さん (イメージコンサルタント) 
https://amba.to/2HAPomt

 

椎名 伽おり さん (不倫恋愛アドバイザー) 
https://amba.to/2IXNyff

 

桐ケ谷 淳一 さん(司法書士)
http://bit.ly/2qoWT91


福田 友江 さん(耳つぼカウンセラー)
https://ameblo.jp/milan19/entry-12368084872.html


横川 裕之 さん
https://bit.ly/2Hl683L


布施 匠(美容院経営)

 

大銅 保幸 さん(HPコンサルタント)
https://amba.to/2ISWEK7

 

藤田 真嗣 さん(会社員)
https://fujita3.com/archives/27383

高野 麗子 さん(恋愛カウンセラー)
https://amba.to/2qz9g2d


高橋 勝巳 さん(セミナービデオ撮影)

関 貴子さん(美尻トレーナー)

https://amba.to/2HnzI8F

伊藤 宏美 さん(集客コンサルタント)
https://amba.to/2qxBslV

 

田代 幾美 さん
https://bit.ly/2HCqHWX

 

八納 啓造 さん(一級建築士)
https://bit.ly/2JOQhJ8

 

七海文重さん(セラピスト)

https://amba.to/2qwrYXi

くにい かつひろ さん(セールスマインドコーチ)

 

國本英子さん(不倫カウンセラー)
https://amba.to/2GXRYpz

 

2018-04-03

長崎 あんでるせん

テーマ:旅・体験


長崎から電車で90分。昭和にタイムスリップしたような田舎で、芸能人や政治家など全国から有名人が訪ねて来るという不思議なお店があります。その名は「あんでるせん」。30人程度で満席になる規模の小さなお店ですが、夫婦2人で切り盛りしているので食事などのメニューは全てマスターの手作り。提供に1時間、片付けにも1時間かかります(汗)。料理はハッキリ言って期待しないでください。この店の真骨頂は、そこではないからです。11時に入店し、12時過ぎに食事が出てきてその後15時まで待たされる。事前にうわさは聞いていたので、余計に期待は膨らむ。店内はお世辞にも広いとは言えないので、外に散歩しに行く。しかし駅前にも何も店がない!10分弱歩くとやっとコンビニが1軒あるという地方特有のシャッター街。そして15時になってようやくマスターの凄技マジックショーの開始。それまで4時間、ハッキリ言って忍耐です。

そしてようやくショーのスタート。座れるのはカウンターの5席だけ。あとの28名は立見です。3時間も立ち見はさすがにつらいので、途中何回か座り込みました。でもこのショーがすごいのです!単なるマジックではない、まさに4次元世界の超能力。あまり話すとネタばれになりますので書きませんが、とにかくすごかった!例えば、オーディエンスのパートナーの名前や自分の生年月日を当てたり、ルービックキューブを一瞬で揃えたり、フォークやスプーンを自由自在に曲げたり等々。ちなみにその方、パートナーの名前は誰にも言っていなかったそうです。マスターは「マジシャン」というよりも「超能力者」であり、マジックよいうよりもサイキックなオカルトの世界です。マジックの技術だけでなく、お客との掛け合いや、場を和ませたり笑いを起こさせるその会話術も必見です。とにかく一言では言語化出来ない、なんとも言えない不思議な体験でした!飛行機や新幹線でわざわざ行く人が後を絶たない「あんでるせん」。あなたも一度行ってみては如何でしょうか?でも予約を含め、ハードルはかなり高いですよ(笑)

2018-03-29

「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる

テーマ:出版・書評


今月は出版ラッシュでした。毎月平均して10冊は献本いただくのですが、今月はいつもより多く当たり月でした。ということで3回連続の書評ですので興味のない方はスルーください。今回紹介するのは 立花 岳志 さんの『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』。

立花さんとは今から8年前の2010年、彼がまだサラリーマンのころに知り合いました。独立を決意した直後に受講されたのが、僕が主催で三浦海岸で開催した「出版ブランディング合宿」でした。本人曰くあのときは出版はまだ夢の夢だったそうですが、あれから8年で7冊目の本を出版されるという活躍ぶり。今や日本を代表するパワーブロガーの一人です。

僕の受講生には、自由人になりたければ「とにかく情報を発信してください!」と言い続けています。最近多いクライアントは保険のライフプランナーです。個人面談ではMDRT以上の優秀な方がたくさんお見えになります。また来月も札幌と東京で某保険会社から「売らずに売れていく仕組み」の講演を依頼されています。こちらもMDRT以上の成績優秀者の方を対象にした上級レベルの内容です。保険のような「差別化があまりない商品」は商品自体は誰から買っても一緒です。であれば購買心理学の面からも「何を買うか?」ではなく「誰から買うか?」で決断するのです。つまりあなたのことが好きなファンが買ってくれるのです。

情報革命が破壊したものの一つに、「お金持ちの人たちの特権的なコミュニティー」があります。20世紀は、富裕層たちは自分たちだけで情報を囲い込み、外に出さないようにすることで「自分たちだけの特権」をエンジョイしていました。お金持ちはずっとお金持ちで、そうでない人はずっと貧困という図式が当たり前。ところがこの情報革命によって、このお金持ちの人たちの特権も奪われてしまいました。

大手メディアを独占してきた情報も個人レベルでの情報発信により洗脳されなくなりました。その証拠にフェイクニュースがこれほど話題になった時代はなかったでしょう。時代代が変わり、「フリー」や「シェア」の時代になり、どんな情報でもインターネットで無料で閲覧出来るようになりました。特権階級の人たちが内緒にしていた情報もどんどんSNSでシェアされたり、セミナーで語られたり、動画で配信されたりするようになりました。これによりネットから誰でもモノを売買できるようになりました。世の中にはたくさんのモノであふれかえり、大量生産のモノには人々は感動しなくなっています。だからこそファンを作り、ファンに向けて一点もののオリジナルな商品やサービスを販売することで、誰でも幸せで豊かなお金持ちになれるのです。

世の中はいま、定価が決まっていないサービスや商品が山ほどあります。ネットで何でも売れる時代だからこそ、「あなたから買いたい」「あなたのカウンセリングを受けたい」「あなたのセミナーを受講したい」と思われることが、重要なのです。なぜならお客さんはあなたのファンだから、面倒なことやクレームも起きません。そういう温かい人の集合体は、精神上とても心地よいので顧客満足度も高くなるのです。僕のビジネスはまさにこのファンの方たちに支えられており、だからストレスフリーで人生を送れるのです。そして、あなたの存在を知ってもらい、あなたの価値を伝える切り札が、ブログとSNSによる情報発信なのです。

僕が面談の際に最初に聞く質問があります。それは「なぜ今日はここに来られたのですか?」というもの。有難いことに多くの方から「鳥居さんのようなライフスタイルに憧れて」という言葉をいただきます。もしあなたも経済的な不安から解放され、真の自由を得たいのであれば、立花さんの新刊『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』を読んでみてください。僕が日ごろコンサルで語っていることがズバリ書かれています(笑) 購入はアマゾンではなく、お近くの書店でお求めください。

2018-03-24

癒しの力

テーマ:出版・書評

先日 本田 健 さんの新刊を紹介しましたが、今回紹介するのは健さんの20年来の親友である 望月 俊孝 さんの作品。タイトルは「癒しの力」(きずな出版)です。同封のレターには、本人曰く 「今までで最高の作品に仕上がりました!」というお言葉が。じつはこの言葉、健さんのときも本人が言っていたんです。偉大な二人の作家が同じタイミングで最高の作品を出されるなんてすごいこと。二人とも無名な頃からお世話になっていただけにこのシンクロには驚き、紹介せずにはいられませんでした。

俊さんと接していると、いつもニコニコしているのでとても苦労人には思えない。でも読めば、想像を絶する過去があったことが分かる。サラリーマン時代それなりの実績を出したので、育児休暇を申請したら2か月の休暇が認められた。しかしそのあとに待っていたのは事実上の解雇通知・・・絶望の中、幼い子供を抱え、決断と行動力で未来を切り開いて行った。その過程でたくさんの出逢いと幸運にめぐり合う。その原動力が「癒し」というキーワードにつながっていく。

本書には著者のコンテンツである「宝地図」や「エネルギーマスター」や「レイキ」にも言及しています。本人の言う通り、本書はまさに 望月 俊孝 の集大成と言っていいでしょう。勇気と希望を与えてくれる良書です。「大富豪からの手紙」とともに最低2回は読んでほしい一冊です。俊さん、この度は素晴らしい作品をおめでとうございます!また是非、遊んでくださいね(笑)

2018-03-21

大富豪からの手紙

テーマ:出版・書評

本田 健 さんから新刊「大富豪からの手紙」をいただきました。本作品は、「ユダヤ人大富豪の教え」以来の本格ビジネス小説。ゲラの段階で健さんから原稿を見せていただきましたが、構想10年、執筆に3年を費やされた自信作。版元のダイヤモンド社の全面協力のもと自身初となる取材旅行も敢行するなど、最も情熱を傾けたという渾身の1冊だそうです。350ページもの対策にもかかわらず、読み始めるとワクワクして一気に読めてしまう内容。それでも1000ページ以上書いた原稿を3分の1にそぎ落としたという本田 健 さんの才能の豊かさを感じさせる1冊です。

主人公は、20歳の大学生の佐藤 敬。彼の祖父は、一代で大富豪となった人物。そんな祖父が残したのは、お金ではなく、9つの手紙だけでした。物語は、主人公が祖父の弁護士から手紙を受け取るところから始まります。祖父からの手紙には、それぞれ「偶然」「決断」「直感」「行動」「おカネ」「人間関係」などのタイトルが書かれています。1通目の手紙を読んだ敬は、シンクロにシティーに導かれ小樽の地に降り立つことに。そこから、祖父が伝えたかった「人生で大切なこと」を学ぶ旅が始まるのです。

個人的に刺さった言葉は、以下の通りです。「不安のコストは 手に入ったかもしれない最高の未来」 「心と体で得た直感に人生をゆだねる勇気を持つ」 「大切なのは、直感の決断が正しいかではなく、選んだ後に全力を尽くすこと」 「この世界には、人生の大切なもののために行動できる人間とできない人間がいる」 「自分の器を超えてお金を手に入れてしまうと、人は不幸になってしまう」 「自分の持っている一番の才能で勝負する」等々。特に「モテる奴とは、こちらから追いかけるのではなく、追いかけられる」はまさにその通り。「恋も、仕事も、お金も、欲しがって追いかけると逃げられる」 これは生前のジム・ローンもよく言っていた。すべては追い求めるモノではなく引き寄せるモノであると・・・そしてどんな人にとっても人生で最高の喜びとは、「誰かに何かをしてあげて感謝されること」それこそが、「仕事の醍醐味」である。

もしあなたが人生に悩んでこれから先何をしたらいいのか分からなかったら、本書を一読するといいでしょう。できれば2回は読んでください。より理解が深まるでしょう。メンターがいない人には、生きるためのバイブルとなるので是非 手に取ってください。健さん、素晴らしい作品の上梓をおめでとうございます!

2018-03-19

山本 敏幸 の球体健康法 湯河原1泊2日リトリート合宿

テーマ:講演・イベント


今や二人に一人が がん になる時代。でも正しい情報を入手し、どう対処すればいいかを理解していれば、死に対する恐怖はなくなります。がんと診断されたら、通常の病院では三大療法を勧められ既定のレールに乗せられます。三大療法とは「手術」「抗がん剤」「放射線」。問題は果たしてこれらの治療法で本当に がん が治るのかどうか?ということです。残念ながら答えは NO です。僕なら宣告を受けた時点ですべての治療を拒否し、自力で直すすべを見つけます。

確かに三大療法の中にも、一部のガンに対しては効果のある治療法もあるようです。例えば、急性白血病や悪性リンパ腫などの血液のガンは、抗がん剤で治る可能性があります。但しこれらはガン全体のほんの一部に過ぎず、全体の10%以下でしょう。つまり90%以上のガンに対しては、抗がん剤は必ずしも有効とは言えないのです。放射線治療に関しても同様で、骨に転移したがん や 神経を圧迫している がん などによる痛みの緩和には有効の場合があります。しかし、放射線治療だけで完治させられる がん はほんの一部にしか過ぎません。

手術に関しては、小さな転移もなく、がん の塊を一度にすべて切除できるのであれば、治る可能性もあるでしょう。しかし多くの場合、ガンが発見された時にはミクロレベルでの転移が起こっています。そうなると血管やリンパ管から、がん細胞は全身に散らばってしまいます。例え手術がうまくいったとしても、その後の再発や転移の可能性も十分あります。そして手術というのは、患者の体力並びに免疫力を著しく奪うのが問題です。

以上のように、三大療法によって治ったり、改善したりするものもあるでしょう。しかしいずれの治療法でも完治できる がん は、全体のほんの一部に過ぎないのが現実です。逆に完治できないどころか、非常に強い副作用に苦しめられたり、生活の質を落とすような後遺症を患うこともあるのです。

確かに三大療法も緊急を要する救命的な治療や、痛みや機能障害などの緩和ケアなどには、応急処置 としては有効な場合もあるでしょう。しかし、これらの治療法は身体に多大なダメージを与え、体力を考えると長期的に続けられる治療法ではありません。大切なことは、あなた自身が がん についてよく知り、治そうとせずに上手に共存する道を模索することです。 

がん とは一体どんな病気なのか?どんな性質や特徴があり、何が原因で起こるのか?治療にはどのような選択肢があるのか?治療にはどんな効果とどんなデメリットがあるのか?どれくらいの治療期間や費用が必要なのか?を徹底的に調べてみることです。結局のところ、自分の命は自分で守るしかないのです。

がん治療は利権のかたまりです。その規模は、15兆円!国防費の約3倍とも言われています。製薬会社、医療機器メーカー、医療機関、医師、政治家など、多くの人々がこの利権に関わっています。製薬会社や医者は がん患者 に治って欲しくありません。彼らが望むことは 、むしろ病人を増やし、がん患者にたくさんの薬を使ってもらうこと。医療機関や医師や政治献金を受けている政治家も同様です。

残念ながらこの資本主義社会では、患者の命よりも「利益」が優先されています。だから、自分で徹底的に調べ、正しい情報を入手し、自分で治療法を選択する必要があるのです。究極の健康法は「食べないこと」です。だから僕も基本は1日1.5食ですし、食べ過ぎた翌日はファスティングするようにしています。そして薬を飲まないで体を冷やさないで、よく笑うこと。この4つをやれば がん に対するリスクはかなり軽減できるでしょう。

じつは エスキモー は がん になりませんが、その理由は食文化にあります。伝統的なエスキモーの食生活は、狩猟によって得た生肉が中心。海で漁をするエスキモーの獲物は、アザラシやクジラ、トナカイです。気候上 農業 は不可能なので、野菜や果物、穀物類を食べることはありません。食べないというよりも、気候の厳しい北極圏ではそのような食物は育たないのです。米や麦や野菜や果物などのような穀物は、多くが「炭水化物」に分類されます。「炭水化物」は「糖質」と「食物繊維」からできていますが、食物繊維はそれほど多く含まれてません。ですので「炭水化物」=「糖質」 と認識すべきです。

穀物が育たない北極圏に暮らすエスキモーは、炭水化物(糖)をほとんど摂取していないということ。つまり、エスキモーがガンにならない理由は、がん のエネルギー源となる糖(ブドウ糖)を摂取していないからというシンプルな理由です。アフリカのサバンナに暮らすマサイ族もそうです。彼らの伝統的な食文化は、狩猟をして動物の肉を中心に食べます。彼らも農耕をしませんので、穀物はほとんど摂取しません。つまり、マサイ族も 糖 を摂取しない為、がん にはならないのです。

日本でも大昔は、山で猪や鹿を狩り、海や川で漁をして暮らしていました。農耕がはじまり穀物(炭水化物)を食べるようになったのは、つい最近のこと。18世紀に西洋で農業革命が起こり、それから一気に穀物を食べる文化が世界中に広がりました。それと同時に、がん や糖尿病や脳卒中やなどの生活習慣病が一気に広がったのです。特に戦後の日本の食を取り巻く環境は、学校給食を見るまでもなく、かなり酷いと言わざるをえません。スーパーに行ってもほとんどの加工食品には添加物が入っており、裏のラベルを見たらとても買えません。

ではどうすればいいのか?この国に住んでいる以上、完全に毒をカットすることは出来ません。でも大丈夫です。解毒する方法を学べばいいのです。そこでこのたびそれを一日集中して学べる1泊2日のリトリート合宿を開催します。場所は神奈川県の湯河原温泉で、日時は4月22(日)と23(月)の1泊2日です。講師は鳥居の食育の師匠である山本 敏幸 先生。彼の集大成である「球体健康法」の1泊2日の集中セミナー です。

健康がすべてとは言いませんが、健康を失うとすべてを失います。もしあなたが健康寿命を延ばし、エネルギッシュで充実した人生を送りたいのであれば、そして人生の質をあげたいのなら、今回のリトリートに参加することを絶対にお勧めします。

本リトリート合宿では、以下のことが学べます。


*1か月で血液をきれいにする 「球体健康法」のすべて
*がんや認知症の原因はリンパの流れ  
*リンパを流す効果的な方法
*減塩がすべての病の源
*正しい生きた 塩・水・油 とは?
*低体温を一気に治す方法
*生命の源である「酵素」について
*心の病を克服する方法
*安全な食材と危険な食材とは?


以上の疑問に答える講義を聞きながら、温泉とビーガン料理をいただき、健康寿命を延ばすための究極の食事法と健康法を伝授いたします。 山本 敏幸 先生は30年以上にわたり、食事健康法を実践・研究している日本の食育の第一人者。食事改善から生活習慣病を予防する独自理論で過去10年間で2,000回以上の講演を行い、多くのがん患者の指導をされてきました。その実体験から編み出されたクスリを一切使わない「球体健康法」は、専門家の間でも高い評価を得ています。この知識は一生あなたの健康を守ってくれるものであり、一生に一度は絶対に受けてほしい内容です!
 
山本敏幸  の球体健康法 集中セミナー
湯河原1泊2日リトリート合宿

日 時 : 4月22(日)13:00ホテル集合
会 場 : 湯河原リトリート ご縁の杜
神奈川県足柄下郡湯河原町土肥5-4-6
0465-64-0150 
参加費 : 79、800円(税込み・1泊3食付き)
申し込みは以下よりどうぞ

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=422077

2018-02-27

バニヤンツリーホテル 天空レストラン

テーマ:旅・体験

先日、メルマガ12名と読者とタイはバンコク3泊4日のツアーを開催しました。去年も行ったのですが、新しい出会いもあり、皆さんとの会話はとても刺激的でした。こうして読者の皆さんと一緒に旅が出来るなんて幸せを感じます。最終日の晩は、バニヤンツリーホテルの60階にある天空のレストランでスペシャルディナー。18時の予約でしたので、暮れゆく景色を眺めながら美味しいフレンチのコースをいただきました。昼間の景色と夜景の両方を観れるので18時がベストの時間だと思います。特別料理を手配したため、ドリンク入れると軽く2万円オーバー!バンコクでこの値段は、敷居が高いです。でもせっかくタイまで来たのだから、日本では味わえない非日常を体験してもらうのがこのツアーの目的です。今回の参加者は、目の肥えたグルメの方が多かったのですが、皆一同、感動してくれました。ビジネスの基本は、「期待を超える感動を与えること」にあります。この感動の積み重ねが、ファンを醸造するのです。天空レストランはバンコク市内に3~4か所あるのですが、こことルブアのシロッコが有名です。ここもやはりワインを飲むと2万円はかかります。料理は同レベルですが、夜景はバニヤンツリーの方がおススメです。いずれも日本では建築基準法上、絶対に営業許可が下りないので究極の非日常を体験できます。あなたもバンコクに行く機会がありましたら、是非行ってみてください。お食事はさすがに という方は、バーだけの利用もOKです。

2018-02-16

熱狂的なファンを作るメルマガ集客セミナー

テーマ:講演・イベント

このたび2年ぶりに東京と大阪の2か所で100人規模の「熱狂的なファンを作るメルマガ集客セミナー」を開催します。現代はモノがあふれており、「何を買うか?」ではなく「誰から買うか?」が重要。「あなたから買いたい!」といわれる「選ばれる存在」になるには、ご自身のファンになってもらうことです。ハッキリ言いますと あなたの商品 は あなたのファン しか買ってくれません。ファンを作るには、あなたの人生哲学と世界観を発信し、思いっきり「尖る」ことです。尖らないと熱狂的なファンは出来ません。そう、「こさわり」や「希少性」とともに「尖る」ということもブランディングの重用な要素なのです。

 

当日はなぜ弊社のイベントが圧倒的に売れ続けているのか?そうなるために裏で何をしているのか?そしてあなたのメルマガを「売れるメディア」にするにはどうすべきか?そして何をしてはいけないのか?またメルマガだけではなく、集客する上で効果的なフェイスブック戦略についてもお話ししたいと思います。

なお今回は両会場ともに特別ゲストに神戸の 原山 友弘 さんと 札幌の 千葉 修司 さんをお招きしています。二人とも八方美人が嫌いな「一方美人」を提唱。「尖る」という意味では右に出るモノはいない、東西の両横綱。 鳥居も顔負けの尖りっぷりを発揮している両人の参加で、どんなイベントになるか予想もつかず、僕も今からワクワクしております。

 

大阪会場ではセミナー終了後は、立食レセプションパーティーで参加者同士の交流をお楽しみいただきます。パーティーはすべて会費に含まれています。東京会場では、会終了後は、いつものように居酒屋で懇親会をしますのでこちらも是非、ご参加下さい。
意識の高いあなたと会場でお会いできるのを心より楽しみにしています!

 

          - 記 ー
 

東京会場(大井町きゅりあん6階)  満員御礼!
4月9日(月)19:00~21:00 (18:30開場)


大阪会場(大阪マルビル第一ホテル6階)
4月12日(木)19:00~23:00(18:30開場)
*パーティーだけの参加もOKです!
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=417576

 

2018-02-07

大人の遠足 勝沼ワイナリーの旅

テーマ:旅・体験


昨日は年に三回の大人の遠足。おかげさまで今回も40名の参加者で大型バス1台満員御礼でした!遠くは広島や福山、大阪などからお越しいただきました。早朝の集合で宴席まで丸一日15時間プランでしたから、日帰りの遠足とはいえ、彼らは2泊3日のスケジュールで来てます。あとお勤めの方も4~5人おり、会社を病欠してまでご参加いただきこれまた感激!人生において何が大事か優先順位を分かってらっしゃる方々です(笑)気になる天候も最高!気温も暖かく、快晴でよかったです。

朝7時に品川駅に集合し、一路、中央高速であきる野市の中村農園へ。ここで日本一のイチゴを試食。バスの中で自己紹介タイムを設けました。去年参加した方は、皆 イチゴのおいしさと素晴らしさをアピールしていたので、期待はますます膨らんでいきました。この中村農園は、当ツアーしか出入りできない、今回の最大の目玉。今年のイチゴは天候不良で、残念ながら去年の半分のサイズでした。そして出荷量も去年の3分の1だそうです。自然を相手ですからこればかりは仕方がないですね。でも小粒ながら味は同じ超美味でした。

収穫後に農園長から皆の前でお話をいただきました。「10月の長雨が生育に大きく影響しました。小粒で数も少なく、せっかく遠方から来ていただいたのに本当に申し訳ないです」素朴でイチゴに対して純粋に向き合う中村園長の言葉は、参加者の心を打ちました。その後は一路 甲斐路へ高速飛ばして1時間弱。勝沼のメルシャンの博物館に到着。簡単な動画を鑑賞し、館内を係員が説明。その後ぶどう畑を見学。その後はもう1件、勝沼 ぶどうの丘 という別のワイナリーへ。ここで特別メニューのランチをいただく。ぶどうの搾りかすを餌にした甲州牛のフィレステーキや赤ワインソースなど特別コース料理を食べ一同大満足!その後に地下のセラーでワイン200種類を試飲。とてもじゃないですが飲みきれません!(汗) 昔は日照時間の関係で国産ワインはいい赤は出来ないと言われていました。しかし今では最新の技術で赤もヨーロッパの一流のシャトーに引けを取らぬほどレベルが高くなりました。皆さん、飲み過ぎて出来上がりながらも勝沼から一同 酔っ払いながら関東一のイルミネーションの相模湖イルミリオンへ。素敵なイルミネーションを堪能しました。

ビジネスがうまく行っていない方へ。あなたの発想は硬直化していませんか?こうした旅はインスピレーションとイマジネーションを磨いてくれます。富というのは、遊べば遊ぶほど不思議と増えていくのです。弊社では鳥居と行く「大人の遠足」の他にも「大人の修学旅行」、その他「海外視察旅行」など様々イベントを企画していますので一度是非、こじ開けてでも参加してみてください。どんなセミナーに出るよりも「稼ぐ力」が身に着くと思いますよ(笑) こうしたイベントのご案内はメルマガでしか行なっていませんので、この機会にメッセージボードより登録ください。いつの日かあなたとご一緒できる日を楽しみにしています!

なお当日の様子や写真は、以下 参加者からのブログを添付しますのでご覧ください。


蒼 隆之介さん (超人気占い師)
https://ameblo.jp/kamakura-ryunoske/entry-12350455236.html


廣田 由香里さん (パワーストーンカウンセラー)
https://ameblo.jp/aun-plus-leaves/entry-12350527235.html

 

吉村 直子 さん (イメージコンサルタント)
https://ameblo.jp/sparkling-girls/entry-12350557937.html

稲垣 芳樹さん (司法書士)
https://ameblo.jp/inagaki-cta-cfc/entry-12350471231.html

 

2018-01-24

本田 健 さん

テーマ:賢者との交流


ハワイで日本一の作家の 本田 健さんと会食させてもらいました!場所は僕のお気に入りのステーキハウス。特注の和牛40日ドライエージのトマホーク、さらに普段よりちょっといいワインをいただきました。ダメ元でメールしたら、ちょうど TLC の会合が終わったあとだったので、タイミングが良かったです。日本ではなかなか会えないので、久々に三時間も濃厚な会話が出来ました。健さんは、出版やブランディング、集客やマーケティングに関して、僕の知らない世界を教えてくれる数少ない方です。ちなみに何回もお食事をしていますが、写真公開は今回が初めてです。お付き合いいただいてちょうど10年。でも10年たってもずっと憧れの人。そして10年経っても同じスタンスで付き合ってくれるのが嬉しい。新刊や映画製作や国際展開など、あらためて色々と学ばせていただきました。本人曰く、作家人生で最高傑作という新刊のゲラまで見せてもらいました。いつも別れのときに「今日も素敵な時間をありがとう!」というと、「こちらこそ、いつも友達でいてくれてありがとう!」と言ってくれる。何と素晴らしい人なのでしょう・・・ Ken, you are too good to be true ! Thanks for all your support.

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース