topspin(トップスピン)の日記・独り言

ご訪問ありがとうございます。毎日いろんな話題を書いていきたいです。ニュース、芸能特にアイドル、スポーツ、投資、経済、金融、ビジネス書、マーケティング、ネット集客、北海道、札幌市など話題に更新していきます。

ご訪問ありがとうございます。政治経済金融投資とセールスとマーケティングとネット集客に興味があります。
あとビジネス書多読が趣味でアイドルが大好きです。最近は将棋の三浦九段冤罪事件やに興味があります。
ライブドアに芸能北海道ブログ、Twitterではトップスピン18号札幌で更新しています。
好きな投資家はウォーレン・バフェット、ジム・ロジャーズ、ベンジャミン・グレアム、ジョージ・ソロスなど多数です。バリュー株投資に興味があります。
好きなビジネス書の著書はブライアン・トレーシー、アンソニー・ロビンズ、ダン・S・ケネデイ、ダニエル・ピンク、本田直之氏などです。
好きなアイドルはももクロ、乃木坂46、欅坂46です。好きな女優は松下奈緒、新垣結衣です。
あと北海道や札幌についての記事も書いていく予定です。札幌が大好きでずっと暮らしたい自称北海道戦略家です。できるだけ更新していきますのでよろしくお願いいたします


テーマ:

 

 

 

 

今日大通りのブックオフに行ったらブライアン・トレーシー氏の新刊があって、来週くらいに書店で買おうと思っていたので、前倒しで買いました

 

 

あと「セールスバイブル」は「営業の赤本」シリーズの著者だったので、このシリーズは買っていたので廃刊になっていたので買いました

 

 

最近はビジネス書をブックオフで買い過ぎないように慎重になっていますが、欲しいリストのビジネス書があれば買ってしまいますね

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
渡辺竜王の三浦九段の事件が起きた時の事が今ツイッターでその時どう思ったのか話題になっていて、私もその当時の事を思い出しました


まず竜王戦に挑戦が決まっていた三浦九段が将棋ソフトの不正利用で休場処分になったというニュースは本当に驚きました


将棋ソフト不正利用という話を現行犯で捕まえる以外に決定的な証拠を抑えられるのか?という疑問と三浦九段の事情聴取に渡辺竜王という竜王戦の対戦相手が同席するのが不自然ですし、まともな事情聴取にならないと思いました


さらに三浦九段の処分が決める期間の異常な早さや三浦九段の処分理由が休場届未提出の年内出場停止というあまりに不自然な処分の仕方に凄い違和感を感じたのを覚えています


また渡辺竜王の三浦九段の不正が週刊誌に書かれるから動いたという話もすごく怪しいと思い、仮に週刊誌が書いても証拠はないと思いましたしそもそも連盟がそんな話を毅然と否定すればいいだけで週刊誌がA棋士、B棋士の証言と書いても否定すれば問題がないでしょう


そもそも週刊誌が証拠もなく三浦九段レベルの実績のある棋士をソフト不正と書かないと思いますし、仮に書いたら連盟が週刊誌を名誉毀損で訴えるくらい強い態度で否定すれば問題はないと思ったので、渡辺竜王の告発の理由はおかしいと思いました


それにそもそも三浦九段を処分する根拠になる規約が連盟にはその当時なかったので、この処分の内容の根拠もないと思いました


だから私はこんな処分の仕方で後々問題にならないか?と思ったのと渡辺竜王と連盟の三浦九段潰しが見え隠れしたので、ツイッターでガンガン連盟と渡辺竜王の批判を展開しました


しかし三浦九段ガンガン処分された当時の将棋村は渡辺竜王絶賛で三浦九段黒認定のほぼ一色で将棋村の将棋脳の思考停止の人治主義の異常な非常識さを感じました


あの当時を考えれば、今の状況は正義はあるなという感想と将棋村の闇は深すぎて恐ろしいという感想です


今日は昔を思い出しました
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日の午前6時過ぎにJアラームが2回鳴って、また北朝鮮がミサイルを発射したのが、わかりました


今度のミサイルも北海道上空を通過して太平洋に落下したと発表されて、道新も号外が出ました


そして太平洋に落下したとはいえ、そこに船舶や漁船がある可能性もあり、こういう実験はアメリカや日本などへの挑発行為に見えます


北朝鮮はトップが世代交代して内政が不安定でしょうから、暴発の可能性も考えられます


アカのコングロマリットが最強の北海道でもこれだけミサイルが通過したり、結構付近に落ちたりしたら平和ボケしている場合ではなくなってきました


アカのコングロマリットはパヨク勢力で野党連合支持ですが、野党連合やパヨク発表相変わらず北朝鮮を批判しないで安倍内閣批判に必死です


道新や地元テレビ局の番組だけを見ている高齢者を中心とした道民達は、感覚がアカのコングロマリットに近いので危機意識は無さそうです


最近は中国の北海道の土地をどんどん買い漁っている話も話題になってきて、チベットの方が中国の自治区になる前のチベットの状況と北海道の今の状況はよく似ているというコメントもありました


北海道の「肥大化した官組織」「多重行政」「分散市町村」の「最悪欠陥システム」は「30年前の感覚と考え方」なので、今のアジア情勢の変化にはついていけないでしょう


北海道は少子高齢化の人口減に悩まされていますが、国土交通省と北海道開発局の「北海道の人口倍増計画」で中国人の大量移民を考えているとツイッターでツイートを見ました


北海道の周辺でいろいろ動きがあり、道民の危機意識が試されている状況で、まさに「試される大地」になってきました


アカのコングロマリットからの脱却を道民達ができるかどうか注目ですね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近ビジネス書の話題を書いていなかったのでtopspin流ビジネス書の選び方を書きたいと思います


私は海外のビジネス書をよく読みますが、よく読む著者はブライアン・トレーシー氏、アンソニー・ロビンズ氏、ダン敵のS・ケネディ氏、ジェイ・エイブラハム氏などですが、彼らは困窮の時代を経験して成功者になった人達で実体験があります


やはり実体験のある言葉は説得力が違いますし成功者を目指している人達の気持ちをわかると思います


私はビジネス書を買う時に著者の経歴を重視しますが、やはり実体験がある人とない人は説得力が違います


これまでずっと言われてきた「成功者と同じことをすれば、成功する」は重要な言葉でその通りですが、成功者と同じ事をするのはなかなか大変です


昔はナポレオン・ヒル氏が成功者の事をまとめて「成功哲学」「思考は現実化する」などを書きましたが、自己啓発や成功本は過去の成功者達を研究した本が多く、先ほどあげたブライアン・トレーシー氏やアンソニー・ロビンズ氏などは過去の成功者達を研究していました


そして今のように成功したのなら彼らの主張は見るべきものだと思います


ビジネス書は知恵の宝庫だと思います
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
羽生二冠が松尾八段との竜王戦挑戦者決定戦第三局に勝ち、竜王挑戦を決めました


まず竜王戦挑戦者決定戦第三局ですが羽生二冠の横歩取り8五飛車戦法から始まり、二転三転する好勝負になり、松尾八段も実力を発揮していましたが、最終盤で疑問手が重なり羽生二冠に引き離されての終局となり、見応えがある名局だったと思います


ただ羽生二冠に関しては本調子ではない内容に見えて、やはりタイトル戦が続くハードスケジュールが響いていると思いました


そして渡辺竜王対羽生二冠の竜王戦ですが、今後の将棋村の将来を左右する大勝負です


前期の竜王戦の渡辺竜王の三浦九段の事件で正規の挑戦者が冤罪事件で挑戦権を剥奪された竜王戦は賞金が一番高くてもタイトル戦では一番最低の価値になる汚点の事件でした


価値が暴落した竜王戦の起死回生の復活策は、私がツイッターやブログで書きましたが、藤井四段の最年少竜王誕生か?史上最強の伝説のプロ棋士の羽生二冠の永世竜王誕生か?しかないと思います


羽生二冠は、ここ数年は精彩をかいていた竜王戦でしたが、今回の竜王戦に関しては前期の三浦九段の事件で渡辺竜王に週刊文春の独占告発に利用された怒りで勝ち上がってきたと思います


そして今の渡辺竜王は3割竜王と言われる位不調のようですが、竜王戦は読売新聞の将棋担当や三浦九段名指し批判の観戦記者など将棋ゴロ達が対局現場にいるので、強くなってくると思いますし彼らの動きが羽生二冠の負担になるのが予想されて、羽生二冠は将棋以外に悩まされる竜王戦になりそうです


さらに竜王戦の対局では、三浦九段名指し批判の観戦記者がいつもいるので何を仕掛けてくるか?わからない状況です


今回の竜王戦は読売新聞と将棋村の意向で渡辺竜王が勝つか?羽生二冠が勝つか?決まると思います


渡辺竜王の三浦九段の事件で信用失墜して、公平な真剣勝負か疑われているプロ棋士の対局で羽生二冠は渡辺竜王のフットサル互助会や関西棋士互助会の猛攻の最後の砦になっている印象で、ついに敵の本陣の竜王戦に挑戦をするという事で注目です


この竜王戦は将棋村の将来を左右する大勝負です
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。