秋田でR35 GTR のミッション修理ならTOPS

テーマ:

今回は 日産 R35 GTRのミッション修理のご紹介です。

ご入庫いただいた車両は、メーター内のインジケーターにミッションの異常を示す表示が出ておりました。

また、シフトをDレンジに入れてもタイヤに動力が伝わらず前進が出来ないという症状でした。

 

そこで今回は、ミッション内部の制御系の部品を修理して対応しました。

ミッションを分解し、ミッションを制御しているソレノイドバルブのユニットを取外します。

今回はこちらのユニットに不具合が出ておりましたので、対策用の部品を取付ました。

↑取外したソレノイドユニット

 

 

対策部品を取付を行い、同時にオイルフィルターの交換も行いました。

 

後はオイルを充填し、GTR対応診断機を使用し、クラッチ調整、ミッション各部調整を行いました。

作業後は、前進後退ともに問題なく、走行してもギアの変速もシャキシャキと気持ちよく走ることができました。

R35 GTR でお困りの際はTOPS までご相談くださいませ。

 

 

 

 

今回は、マフラーの修理作業をご紹介します。

 

ご入庫いただいた車両は写真のように、マフラーのジャバラ部が裂けており、排気漏れを起こしていました。

応急的な処置として、パテ埋めしておりましたが、振動でパテが剝がれるため、きちんとした修理が必要になります。

 

 

こちらの車両はジャバラの部分とキャタライザ(触媒)が、一体になっている為、普通に買替交換とすると大変高額になってしまいます。

 

そこで、オナー様と協議した結果、ジャラバラ部分のみの交換で対応することとなりました。

 

 

まずは、マフラーを外すため、プロペラシャフトなどの周囲の部品を外していきます。

 

取外したマフラーです。

 

ジャバラ部分周辺を加工処理し、新しいステンレス製のジャバラパイプの取付箇所を決めます。

 

新しいパイプの位置が決まったら、溶接して接続完了です。

 

車両にマフラーを戻していきます。

 

 

TOPSでは単純な部品交換だけではなく、現物修理といった作業も行っております。

 

今回のように、通常の部品交換では大変高額になる場合でも、部分的な修理が可能ならば大幅に費用を抑えることもできます。

また、その通常交換用の部品の取り寄せに長期間必要となる場合でも、部分的な修理が可能ならば、日数も短縮することが出来ます。

 

マフラーのジャバラの排気漏れで、お困りの方がいらっしゃいましたら、是非ご相談くださいませ。

遠方の方向けに、発送による修理依頼も承っております。

是非ともご利用くださいませ。

 

 

年末年始休業のお知らせ

テーマ:

今年もTOPSをご利用頂き、誠にありがとうございます。

2017年も 残すところあと僅かとなりました。

 

本年も、多くのお客様に当店をご利用頂くことが出来ました。

来年もお客様に、よりご満足頂けるサービスを提供出来るよう誠心誠意努力する所存でございます。

今後とも変わらぬご愛顧、ご指導を受け賜りますよう
スタッフ一同心よりお願い申し上げます。


尚、誠に恐れ入りますが、
2018年1月9日まで年末年始休業とさせて頂きます。
1月10日より通常営業致します。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。