前回記事では子ども達に相手にしてもらえなかった私ですが、当ブログの読者なら私がなにを言いたかったか分かるはずです。そう、ドラえもん自身が世界の中に居るのだから、世界がドラえもんの中に入ってしまったら、ドラえもんももポケットの中に入ってしまうことになってしまいます。つまり、ドラえもん自身がドラえもんのポケットの中に入ってしまうことになります。だから、私は子供たちに、「その時ドラえもんは一体どこにいるの?」と訊ねたわけです。蛇が自分のしっぽから自分を丸呑みしてしまったらどうなる?というのに似ています。

 

ちょっと頭のいい子なら、「ドラえもん以外の全部が入るんだよ。」と言うかもしれません。それでもやはり、「その時ドラえもんはどこにいるのか?」という問題は生じます。ドラえもんが立っている地球そのものがポケットに入ってしまったら、ドラえもんは一体どこに立っているというのでしょう。地球がポケットに入るときには、やはりドラえもんも一緒に引きずり込まれそうです。

 

私達は矛盾したことを思い描くことはできません。蛇が自分自身を全部丸のみにしてしまうという様子を、最後まで想像できる人はいないはずです。ぼくが飴玉を1個もっていて太郎君が2個もっている時、二人の飴玉の合計は必ず3個であると私は認識します。私たちは本来は論理に逆らって考えることはできないのです。

 

論理に逆らって考えることができないのならば、なぜ私達は間違ってばかりいるのだろうということになります。それには二つの理由があると私は考えています。ひとつは正しい事実認識をもてないということ。これは能力の問題で、我々はいつでも錯覚とか勘違いをする可能性があります。もう一つは我々は言語を使って思考するということにあると思います。

 

例えば、「ドラえもんのポケットにはなんでも入るんだよ。」という時の、「なんでも」には我々が今までに経験をしたことがないものまでが含まれています。つまり、発言した当人は自分の知らないことについてまで言及しているわけです。実際には対象をとらえきれていないのに、言葉上では対象として把握しているかのように操作できてしまいます。

 

一般に「なんでも」、「すべて」、「世界」という言葉には問題がありそうです。「なんでも突き通す剣」と「どんな剣をも撥ね返す盾」というのは言葉では簡単に言えますが、実際には存在しえないものです。今売り出し中の哲学者マルクス・ガブリエルの著書に、「なぜ世界は存在しないのか」という奇妙なタイトルの本があります。私も最近それを読みました。しかし、あらゆるものがそこに存在するという、そういう意味の「世界」というものは存在しない、と言うのは当然のことでもあるわけです。

パラドックス

テーマ:

昨日は久しぶりに区のスポーツセンターに行きました。ひと汗かいて更衣室に戻ってきたら、小学1,2年生くらいの男の子3人がぺちゃくちゃと楽しそうにおしゃべりしていました。

「ねえねえ、割り算って知ってる?」  「2割る1は2とか?」、「6割る3は3とか」

ここで私は聞き逃すわけにはいかないと思い、「6割る3はなんだって?」と聞くと、「‥‥‥」視線をこちらへ向けようともしないで黙ったままです。なんかフレンドリーな雰囲気ではありません。しょうがなく私は、「6割る3は2じゃないかなぁ」というと、さらに私のことは無視して、話題を変えてドラえもんの話を始めました。

 

「ドラえもんのポケットって何でも入るんだよ。家でも自動車でも」

「どんな大きなものも入るの?」

「そう、どんなものでも」

「じゃあ、世界も入るの?」

「そう、なんでも入るから、世界も入るよ。」

 

ここまで来ると、アマチュア哲学者は黙っていられません。

「へえーっ、世界がドラえもんのポケットに入ってしまったら、その時のドラえもんはどこにいるの?」と聞きました。

相変わらず私の方は振り向かずに、一人の子が答えます。「そんなの知らないよ。」

私は、「だって、ドラえもんは世界の中に居るんじゃなかったの? その世界がドラえもんの中に入ったら、ドラえもんは一体どこにいるんだい?」と言いました。

やはり一人の子がそっぽを向きながらいいました。「知らない人と口を聞いたらいけないんだぁー」

 

おせっかいおじさんはさびしかったです。

「LGBTばかりは「国つぶれる」 自民・平沢勝栄議員、集会で発言」

 

またかという感じである。いいかげんうんざりしてくる。一体どう意図で発言しているのだろうか。確かに、みんながみんなLGBTになると子供は生まれなくなる。しかし、そんな心配はちっとも現実的ではない。平沢さんは東大出の秀才なのにそんなことも分からないのか。政治家はもっと現実的な問題に向き合うべきである。ろくな仕事をしていないから、こんな失言をしてしまうのだ。

 

これはそもそも平沢さんが心配するべき問題でもない。その人がヘテロ・セクシャルであるかどうかは自然が決めることで、誰の責任でもない。政治家がなんとかせねばと力んだとしてもどうなる問題でもないのだ。どうしてこんな単純な道理が分からないだろう。先般の杉田水脈議員の生産性云々発言もそうだが、彼らの言葉の裏には「LGBTも自己責任」的なニュアンスが感じられて気持ちが悪い。

 

大事なのは日本の人口を増やすことではなく、生まれてきた一人々々が幸せに生きられるということである。人間は工場のラインで生産されるわけではない、自然の中で進化し生まれてきたのである。当然いろんなバリエーションがあり得る。必ず一定の比率でLGBTの人も生まれるわけである。政治家はいろんな事情を抱えた人が世の中にはいることを知らねばならない。そして、それぞれの人がより生きやすいように制度を整える、政治家の仕事というのはそれしかないのである。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 

一昨日(1/2)に、妻と二宮の吾妻山公園に出かけました。朝から晴れていて、富士山がきれいに見えるのではないかと期待して出かけたのです。小田原行の東海道線はかなり混んでいました。鎌倉へ初詣にでも行くのかと思いきや、大船で降りる人より乗る人の方が多い。電車が混んでいる理由は二宮に着いた時分かりました。駅の改札を出ると、箱根マラソンの応援グッズを売っているではありませんか。あらためて、関東の人々の箱根マラソンに対する思い入れの深さを感じました。( 関西では箱根マラソンに対する関心はそれほどでもありません。)

 

吾妻山は標高130メートルほどの小高い丘になっていて、頂上にはこのお山の主とも言うべきエノキが鎮座しています。

 

残念ながら富士山は雲に覆われていましたが、箱根や丹沢山系はよく見えたし、菜の花も咲いていてとても美しい。晴れ晴れとした景色を見ているととても気持ちがいい。

 

逆光に光る相模湾。写真ではわかりにくいが、左の方に大島、右には伊豆半島が見える。

 

これはマユミという木。

 

帰り際、「二宮小学校には二宮金次郎の銅像はあるのだろうか?」という疑問がふと頭をよぎった。近年は二宮金次郎の銅像を見ることはあまりないけれど、ご当地の小学校にはそれがあるのではなかろうかと思い、校庭を覗いてみた。

どうやらそれらしいものは見当たらない。

取り立てて目くじら立てるほどのことではないのかもしれないが、気になるものは気になる。個人が「今年のイブイブは金曜日だね」などという分には特段何も言う気はない。しかし、「今年の有馬記念はイブのイブ」などとテレビで大々的にやっているのは如何なものかと思う。メディア関係者は自身の影響力の大きさを自覚する必要がある。事実でないことを日本中に堂々と広めてどうすると言いたいのだ。

 

そもそも「イブ」に前夜祭の意味はない。evening つまり夜のことである、それ以上の意味はない。昔のユダヤの一日の始まりは夜であった。一日は夜(evening)と昼(day)のセットなのである。

 

創世記の第一章第五節は次のようになっている。

 

【神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となり、また朝となった。第一日である。】

 

第一日は夕から始まったのである。つまり、クリスマスというのは24日の日没から25日の日没までの間を言うのである。24日の日没から25日の夜明けまでを「クリスマス・イブニング」と言い、25日の夜明けから25日の日没までを「クリスマス・デイ」と言う。だから、25日の未明はまだ「クリスマス・イブ」だし、25日の夜は既にクリスマスではないのである。

 

24日が「クリスマス・イブ」で、25日が「クリスマス」というのは、まちがえて伝わった知識であることは憶えておいてもよい。

「100分de名著 エチカ」

テーマ:

録画しておいた「100分de名著 エチカ」の一回目を視聴した。 
それによると、スピノザは汎神論を唱えていたのだという。神は絶対的で、無限で、外部をもたない。つまりすべては神の内部である。ということは、すべては神の現れだということになる。スピノザ自身はヨーロッパに生まれ育ったユダヤ人であるにもかかわらず、ユダヤ・キリスト教の神概念からはかけ離れている。 

そもそもすべては神と言ってしまったら、神そのものの意味というのは逆にどこにもなくなってしまう。解説者の国分功一郎さんは「神即自然」であると表現していた。 

おもしろいのは、善悪というのは我々がものごとを比較することから生じてくる、と考えていることだ。この辺は仏教に通じるものがある。自然界には完全と不完全の区別はない。完全と不完全が生まれてくるのは、我々が恣意的に作った「一般観念」との比較によって生じるのだという。無常の世界は常に流動しているのであって、「一般観念」は生じようがない。(固定的な)「一般観念」というものはすべてドクサ(偏見)である。「一般観念」を「概念」に置き換えれば、龍樹と同じになるはずだ。 

なかなか面白い。2回目以降も視てみようと思う。

タイトルの文言は「言葉の魂の哲学」(古田徹也)の中に、ウィトゲンシュタインの言葉として紹介されていたのだけれど、とても腑に落ちる言葉だと感じた。 

私はあるとき新聞のコラムで「ウィトゲンシュタイン」という名を知った。その時は20世紀を代表する哲学者であるとだけ知っただけで、その他のことは何も知らなかった。もちろんあったこともなければ顔さえ知らない。その後「論理哲学論考」を読み、何となく異彩を放つ哲学者であると感じ、オーストリアの大富豪の息子でありながら相続放棄をしただとか、兄弟が3人も自殺しているだとか、情報はどんどん蓄積されていった。人物像はどんどん変化していく。当然、最初に名前だけを知っていた時と現在ではまったく違う人物像になっているはずなのに、「ウィトゲンシュタイン」という名で指示される人物は一貫してウィトゲンシュタインその人であったという「感じ」がする。 

注意深く反省すると、私達は最初に名前を覚えた時点で、その名前の指示対象を実体視していることがわかる。その人について何も知らなくとも、名前によりその人物枠というものが確保される。後からくる情報はその枠にどんどん充填されるだけなのだ。もちろんそこに実体的なものなどあろうはずがない、名前を知っているだけなのだから。だが、とにかく我々はそのように感じてしまう。いわゆる言霊というものであろう。言葉は単に記号であるに過ぎないが、われわれはそれに対してなんらかの相貌(アスペクト)を読み取ってしまうのである。おそらくそのことは、われわれが言語を使用できるための必須の要請なのだろう。 

上記のような話をしたら、ある方が新聞の歌壇に次のような歌が掲載されていることを教えてくれた。

 

  しばらくが たてばその名で最初から 
  生まれたように馴染むみどりご 

 

「ウィトゲンシュタイン」という名前はウィトゲンシュタインに完全にぴったりと合う。

広島からFA宣言した丸佳浩外野手が巨人に移籍することになった。「またか」という感じである。毎度毎度他チームの4番バッターやエースを引き抜く。なぜなら「巨人は常勝でなくてはならないからだ」と言う。つまり、ヤクルトや広島は勝たなくともよいのである。 

最近はそうでもないが、団塊の世代が小学生の頃はほとんどの子供が巨人ファンであった。クラスのほとんどが巨人を応援している中で、私はひそかに国鉄を応援していた。国鉄スワローズ、つまり現在のヤクルトである。今でこそヤクルトファンは東京を中心に結構いるが、関西の片田舎ではほとんど人気のないチームだった。国鉄ファンなどというのはおそらくクラスでも私一人くらいだっただろう。あるとき、国鉄ファンだと言ったら、みんなに思い切りバカにされてしまった。それに国鉄は弱かったし、いつの間にかプロ野球には全く興味がなくなってしまった。 

当時から巨人は強かった。強いうえに、他チームの傑出した選手を引き抜くということをやっていたので、他チームとは選手層の厚みが全然違った。強いし、子供向けマンガをはじめとしてメディアでも巨人をとり上げることが多かったので、大抵の子供が巨人ファンになったのである。 

当時のプロ野球は完全に巨人中心に回っていた。野球ファンはほとんどが巨人ファンなので、日本プロ野球機構は巨人の試合を興行するためにあったようなものである。セ・リーグの他チームは巨人と対戦するために存在していた。パ・リーグは巨人が日本シリーズを闘うために必要だったのである。そういう状況では、「常勝巨人」という発想が生まれるのも無理はないわけである。優勝できなくなると他チームの主力選手を引き抜くということを繰り返す。私の応援していた国鉄からもエースの金田が引き抜かれた。将棋て言えば相手の飛車をとるようなものである、戦局は一気に有利になってしまう。 

巨人ファンには一言言ってやりたかった。「あんたら、そんなことまでやって勝って嬉しいか?」と。(袋叩きにあうから)言わなかったけど‥‥。 

みんなが巨人を応援していて、大っぴらに巨人が強くなる仕組みになっている。試合は真剣勝負かも知れないけれど、全体としては、巨人が勝つ筋書き芝居を見せられているような構図が出来上がっている。 

現在では、野球の人気も巨人への一極集中はある程度緩和されて、巨人の強さも昔日ほどでは無くなった。しかし、「丸外野手の移籍」のニュースにまだ「常勝巨人」の幻想の名残を感じたのである。 

これを読んでいるあなたが巨人ファンだったら申し訳ない。かつての国鉄ファンの怨念を「丸移籍」のニュースにかこつけて吐き出しておきたかったのです。

越前岳から富士を望む

進化論は科学ではない??

テーマ:

有名な脳学者である養老孟子先生が「進化論は科学ではない。反証不可能だからだ。」とどこかで述べているのを知って、驚いたことがある。私にとってダーウィンの進化論は科学の神髄である。これが科学でなかったら科学というものはない、くらいに思っていたし、今でもそう思っている。養老先生は素晴らしい科学者だが、これは暴言だとしか思えない。 

しかし、「反証不可能」と言われれば、確かにすっきりしないものがある。なかなか反証の例が思いつかないのだ。もう何年も養老先生に対してスマートな反論をしてやろうと考え続けているのだが、現在のところは次のように考えている。 

反証が難しいのはあまりにも当たり前のことを主張しているからだろう。自然に適応していなければ子孫を残すことができない。子孫を残さなければその形質を引き継ぐものが無くなってしまうのは当たり前だからである。ダーウィンの言っていることは大体次のようなことだと思う。 

①親から子へは基本的に親の形質が遺伝する。 
②遺伝形質は変異することもある。 
③生存と繁殖に適さない形質は受け継がれる可能性は低くなる。 

このうち①と②は経験によって確認することができる。つまり反証可能である。③は論理であるから、反論すること自体がおかしい。 

私の子供の頃は、スピッツという犬をよく見かけた。白くて毛の長い犬種である。見かけがきれいなので、飼っている人がとても多かったのである。しかし、最近はとんと見かけることがない。スピッツは見かけは良いのだが、キャンキャンとうるさい犬であった。うるさく吠えるという形質が人間に嫌われたため、繁殖の機会が奪われてしまったのだ。 
最近は犬を連れて散歩する人が多い。それも私の子供の頃には見たこともない犬種が多い。 
これって進化論の検証にならないだろうか? 人為的な淘汰圧により、種の分岐と滅亡を発生させていると言えないだろうか?

進化論について語る際に、「高い木の葉っぱを食べるためにキリンの首は長くなった」式の説明がされることがままある。しかし、これではダーウィンの思想は捻じ曲げられてしまう。

「~のために」というのは背後になんらかの意思が働いているかのような表現だが、もちろん自然界にはそんなものが見いだされたためしはない。進化論というのは結果論であり、なるべくしてこのようになっているというような当たり前のことしか言っていないのである。

 

一般的に言って、進化論を目的論的に解釈する人は自然適応というものを過大評価する傾向があるような気がする。現在生存している人類は、既に種族保存を至上命題としているかのような存在にまで到達している、と見ているのではないかと思えるのである。そうすると、「善とは種族繁栄のためになる行為である」などと言い出す人もいるわけである。

 

確かに、なん百万年もの自然淘汰をくぐり抜けてきた結果、現在生存している生物の本能は種族保存という視点から見れば相当洗練されているのは間違いない。だから、自分の欲望とか価値観を反省していくと、それらを種族保存に結び付ついていると結論づけるのも、ある意味では無理のないことである。正直に言うと、私も中学生の頃そのようなアイデアに取りつかれたことがある。

 

しかし、そのような考えは所詮こまっしゃくれた子どもの思いつきに過ぎない。デイビッド・ヒュームも言っているように、「そうである」ということからは「そうであるべき」ということは導き出せない、というのは哲学的な鉄則である。我々の本能が種族保存に適していたとしても、それは結果的にそうであるだけのことで、種族保存という目的のために我々の本能がそのようになっているわけではない。もちろん、種族保存に価値を見出す人はそれに向かって励んでいただければ、それはそれでいいのだけれど、それを「善」と定義づけて他人にまで押し付けるのは行きすぎだろう。そのような考えは優生思想にも結び付きかねない危険性があると思う。