鞆浦漁協のブログ
徳島県の南、鞆浦漁協での出来事、漁師の姿、漁の様子、いろんな魚の紹介、魚料理、はたまた職員の趣味までいろんなお話をしています。
Amebaでブログを始めよう!

 

 

 

 

訳あってモラスコ牟岐から引き上げてきました。

 

長い間展示していただきありがとうございました。

 

 

 

ずっとダンボールに入れておくのは可哀想なので

 

次は徳島県立博物館へ行きますよ。

 

常設にはなりませんが

 

企画展などで飾っていただけるようです。

 

 

 

最後に集合写真を。

 

 

 

 

 

 

 

これでまだ三分の二くらい。

 

 

よくもまあこんなに作ったもんだ。

 

 

リュウグウノツカイの幼魚かー!!!!

 

 

と一瞬テンションあがりましたが

 

調べてみると

 

『ユキフリソデウオ』という魚らしい。

 

多少の残念感は否めませんが

 

リュウグウノツカイと同じアカマンボウ目の魚だそうで、

 

どっちにしろレアな魚なので

 

なんか嬉しい職員⑥です。

 

腐ってそうなのでさすがに食べない。

 

 

 

お前の手で漕いでゆけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前が消えて喜ぶ者に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前のオールをまかせるな

 

 

 

 

 

 

 

 

『タコブネ』

 

あっさりしたタコの味

 

 

 

 

あ、大敷網始まりました。

 

 

職員⑥より

まいどです。

 

 

 

 

 

お盆に鹿児島の漁場から帰ってきたかつお一本釣り船の船頭が

 

くん、魚いらんか」

 

と言ってくれたので、もしや私の大好きなかつお!!!かと思ったら

 

 

 

 

 

 アオダイ

 

鹿児島で何匹かお土産にもらったそう

 

うちでは全く揚がらないので初めて見るお魚です

 

100m以深に住むお魚で、一般的にはあまり知られてないよう

 

ただ築地などでは、小笠原や八丈島で揚がるものが入荷され

 

けっこうな高級魚らしい

 

 

 

 

 

いや~見たことないお魚に出会えることはうれしいもんです

 

ということで、早速お料理です

 

 

 

 

 

やっぱり

まずはお造りですよね

 

上品な白身、身の中にほのかな脂を感じます

 

 

 

定番

煮付け、もちろん自慢の煮付けレシピで炊きました

 

これがうまいんだ

 

身離れがよく、身が締まらずにとてもよい食感

 

酒の肴に最高、いや白飯にもあうことでしょう

 

 

 

 

 

まだまだ見たことない、食べたことないお魚はいっぱいおるんやろうな

 

お魚の世界は広い、すごいぞお魚さん達

 

 

 

でした。

 

台風が近づいてきております

進路にあたる皆さん、充分に気を付けてくださいね

再びジャカルタの地を踏んでいた、ご無沙汰です。

 

 

 

今年も漁業実習生の面接にジャカルタへと飛びました

 

早朝からの移動で到着後は晩御飯食べたらバタンキュー

 

 

 

翌朝は早朝のお祈りの音で目を覚ます・・・

 

あぁ

1年ぶりのジャカルタグレー

 

 

 

ホテルの朝食バイキングではインドネシア料理をチョイス

ソトアヤムにナシチャンプル

 

 

 

 

 

丸1日かけて30人ほどと面接

 

子どもたちの人生を左右するかと思うと・・・

こちらも子ども達と真剣に向き合わなくてはなりません

ゆえに、面接が終わったらぐったりです

 

面接の通訳をしてくれた

リコ先生

彼なしでは面接はすすんでいきません、大変優秀な通訳さんです

 

現地でいろいろとお世話をしてくれた

現地スタッフのアリフくん

 

面接に合格したみんな

日本で待ってるよ~

 

 

 

ちなみに、お昼ご飯は

ナシチャプチャイ

 

 

 

 

 

次の日・・・

ジャカルタの魚市場など視察

日本とは全く違う環境で驚くばかりです

 

日本からのODAで建てられた倉庫などもたくさんありましたが

なかなか有効利用されていないのが現状のようです・・・

 

 

 

 

 

インドネシア滞在最後の食事は

丸亀製麺

インドネシアにはたくさん店舗がありますよ

一緒に写っているのは現地スタッフのサブくん

 

プチグルテンフリーしてますよって

鳥スパイシー丼にしました

ちなみに日本にはないインドネシアローカルメニュー

 

 

 

ほんとはもっとゆっくりしたいのですが・・・そういうわけにもいきません

夜の飛行機で日本の帰路につきましたよ

 

でした。