TOM★CAT ~友次正浩の宅建合格道場~

TOM★CAT ~友次正浩の宅建合格道場~

LEC宅建講師、友次正浩(ともつぐ)のブログです。宅建/賃貸不動産経営管理士/管理業務主任者試験の合格を目指す皆様に、勉強の方法からモチベーション維持のコツまで、役立つ情報をお届けします。皆様を合格までナビゲートしていきます。

【友次SNS等】

https://twitter.com/tomotsugu331

 https://www.instagram.com/tomotsugu331/

 ともつぐ塾【友次正浩】

<ホームページ> http://www.takken-tomotsugu.com/


【友次執筆書籍】

<宅建>



<賃貸不動産経営管理士>



<管理業務主任者/マンション管理士>



【友次講義受講希望の方へ】

<宅建> LEC新宿エルタワー本校

<賃貸不動産経営管理士> LEC新宿エルタワー本校

<管理業務主任者> ともつぐ塾


【メルマガ】

 2022宅建試験対策 毎日19時配信

 2022賃貸不動産経営管理士試験対策 隔日18時配信

 2022管理業務主任者試験対策 隔日18時配信


★注意★


1 ブログでの質問等は受け付けておりません。


2 内容については個人の見解であり、私の所属する組織の公式見解ではありません。


友次です。

インプットの学習は順調でしょうか?

 

本ブログでも何度も言ってますが

【お盆までに全範囲の学習を】

というのを一つの目安にしてみてください。

 

さて、そして9月以降はいわゆる

「アウトプット」の学習に

入っていくこととなります。

 

不思議なもので

「インプットとアウトプットでは

どちらが大事ですか?」と問うと

多くの人はインプットと答えます。

 

そして、

「どちらが独学可能か?」と問うと

多くの人はアウトプットと答えます。

 

 

 

しかし、事実は逆なのです。

 

 

今はYouTubeなどでもインプットの

動画は多く上がっていますが

(私も公開しています)

アウトプットはほとんどありません。

 

多くの人が

「アウトプット=問題解くだけ」

だと思っていると思います。

 

 

今日は、アウトプット講義の例を

あげてみようと思います。

 

 

私が講義中によく言う

【説得文脈】という話です。

 

 

まずは、こちらをご覧ください。

 

土地を売却すると、

土地の管理義務を免れることになるので、

未成年者が

土地を売却するに当たっては、

その法定代理人の同意は必要ない。

(2010-1-1改)

 

答えは×です。

 

しかし、この文は受験生を説得しようと

していますよね(笑)

 

「土地を売却すると、

土地の管理義務を免れることになるので」

…ここの部分です。

 

では、ここを消してみると

次のようになります。

 

未成年者が

土地を売却するに当たっては、

その法定代理人の同意は必要ない。

 

これだけ見たら、すぐに×とわかります。

 

 

このように、

問題の中に「~ので」とあった場合には

そこを外して読む習慣をつけておいてください。

 

問題文に説得されてしまい

「そうかも~」などと思って〇にして

しまうかもしれません。

 

一つ気を付けておいてほしいのが

「~ので」とあったら×だ

とは一言も言っていません。

それは解法戦略ではなく

怪しいテクニックです(笑)

 

「~ので」の部分が合っていれば

そこから導かれる結論も

当然、正しくなります。

 

たとえば、このような問題ですね。

 

組合施行の土地区画整理事業において、

施行地区内の宅地について

所有権又は借地権を有する者は、

すべてその組合の組合員となるので、

当該宅地について事業施行中に

組合員から所有権を取得した者は、

当該組合の組合員となる。

(2004-22-4)

 

土地区画整理組合の場合

所有権・借地権を有する者は

すべてその組合の組合員です。

何も間違っていませんよね。

ですので、結論も正しいものとなります。

 

一応、抜き出すとこういう感じです。

 

組合施行の土地区画整理事業において、

当該宅地について事業施行中に

組合員から所有権を取得した者は、

当該組合の組合員となる。

 

この問題の正解は〇です。

 

おそらく、この問題は

「~ので」とあれば答えは×

という怪しいテクニックに

警鐘を鳴らすために

作成された問題でしょう。

 

いかがでしょうか。

 

こういう「問題との向き合い方」を

9月以降には

学習していただきたいのです。

 

だからこそ

基礎知識の習得をまずは

しっかりやっていきましょう!

 

当然、そこで知識の確認も

することができます。

 

インプットが終わったら

勉強が終了なのではなく

インプットが終わってから

本当の学習が始まる

といっても過言ではありません。

 

とにかく今はインプットです。

 

このような学習は

友次道場「オールインワン攻略講座」で

集中して行うことができます。

インプットが一通り終わった人にとって

最適な講座です。

今から申し込めば

「8月29日(「オールインワン」生講義初回)までに

基礎を身に付けないと!」

というモチベーションになるので

早めの申込をオススメします。

 

頑張りましょう!

 

 

友次正浩

友次です。

 

直前期の学習に最適な講座が

いよいよ本日、販売開始となります。

 

昨年も多くの方にご利用いただき

合格報告でも「道場が最も役に立った」と

いう嬉しいお声も

たくさんいただいております。

 

普段は独学だったのだが

友次道場のみ参加して

合格を勝ち取ったという方も

いらっしゃいます。

 

本当にオススメの講座です。

 

「お盆特訓」

「オールインワン攻略講座」

の2つがございます。

 

詳細につきましては

下のブログ記事をご覧ください。

 

「お盆特訓」について

https://ameblo.jp/tomotsugu331/entry-12607989386.html

 

 

「オールインワン攻略講座」について

https://ameblo.jp/tomotsugu331/entry-12607994896.html

 

 

直前期学習の強力なサポートが

できると思います。

ぜひご検討ください。

 

 

 

友次です。

 

直前道場の販売が

開始されました。

 

宅建試験対策としては

「お盆特訓」と「オールインワン攻略講座」の

2種類がございます。

 

今回は、「オールインワン攻略講座」について

ご説明させていただきます。

******************

「お盆特訓」についてはこちら!

https://ameblo.jp/tomotsugu331/entry-12607989386.html

******************

 

ちなみに、昨年までは

「出るもん攻略講座」という名称でしたが

より具体的に内容を明示するために

名前を変更しました!!

 

 

直前期学習の不安は

「似ている内容で混乱する」

「知識で解けない問題の解答方法は?」

「法改正は過去問がない!」

「基礎知識は入っているの?」

こういったものに集約できると思います。

 

そこで、「オールインワン攻略講座」では

上記の悩みを解決させる

ことを目的として開講します。

 

宅建試験に必要な全てを詰め込んだ

まさに「オールインワン」な講座です。

 

 

レジュメの見本です。

 

 

※毎年改訂しているので今年版は異なります。あらかじめご了承ください。

 

 

開発許可は「1000・3000・10000」

国土法は「2000・5000・10000」

と覚えていても

分かれ目が異なっているので

比較しないと混乱してしまいます。

 

宅建業法の

「免許と宅建士」

「営業保証金と弁済業務保証金」

「重要事項説明と37条書面」

なども同様ですよね。

 

テーマ別にまとめることによって

頭の中を整理していくのが

本講座の第1の目標です。

 

また、暗記していても

解けない問題もあります。

 

知識で解ける問題だけでは

今の宅建試験には合格できません。

 

思考力・読解力が

要求される問題に対して

どう対応すれば良いのか

その対策法を学ぶことが

本講座の第2の目標です。

 

そして

それのみならず

今年の不安はズバリ法改正

過去問がないので

どう対策して良いのか

わからないという人も多いです。

 

過去問のない法改正を

予想問題でしっかり学ぶことが

本講座の第3の目標です。

 

 

さらに、基礎知識は

付録で確認することができます。

 

「出るもん」の魅力の1つは

レジュメの付録にもあります。

 

毎年多くの人から

「すごく役立った」と言われる

「重要数字コレクション」です。

※毎年改訂しているので今年版は異なります。あらかじめご了承ください。

 

 

直前期に何度も解きまくった

という合格者の声多数です!

 

友次オリジナルまとめも付いています。

※毎年改訂しているので今年版は異なります。あらかじめご了承ください。

 

 

このように

付録で知識確認をできるのが

本講座の第4の目標です。

 

 

つまり、

直前期学習の「あったら良いな」を

全てつめこんだ講座です。

ラーメンで言ったら「全部のせ」!

 

 

たくさんの方のご参加を

お待ちしております!

 

【追記】

おかげさまで、新宿エルタワー本校の

生講義につきましては

発売即日締切となりました。

ありがとうございます。

新宿エルタワー本校では

引き続き「準生クラス」として

募集しておりますので

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

※準生クラス=生講義の映像を

同時中継で別教室で受講します。

Zoom等と違い、担当講師が

同じ校舎内にいるため

生講義と同様に質問対応が可能です。

 

 

 

パンフPDF

 

オンライン申込はこちら