インド観光ビザの取り方 前編 | ともみと髭マン南インドカレースパイス家庭料理パイシーパイス国際結婚からの飲食店起業物語

ともみと髭マン南インドカレースパイス家庭料理パイシーパイス国際結婚からの飲食店起業物語

夫は南インド出身の料理人。激貧国際結婚からの飲食店起業!今では2店舗目オープンと41歳で妊娠出産。予想外にハードな結婚生活を送るともみと髭マン奮闘記


「ともみと髭マン」の、ともみです。



こう、思ったことはありませんか?

よし、インドへ行こう!

そう思ったら、まずは航空チケットを予約します。

なぜなら、インドへ入国するには必ずビザ(VISA)が必要で、

ビザ申請には飛行機の往復チケットの予約票のコピーを添付しなきゃいけないのです。

色々と面倒なインドのビザですが、自分で申請&取得できちゃいます。

航空券の準備が出来たら、インドのビザを申請しましょう!

私は5年前にインドへ行きましたが、そのときと同じやり方で申請しようと思ったら大間違い
(※この記事を書いたの、2016年)


まず何が違ったかっていうと、ビザセンターの住所!移転したらしいです!

インド大使館(東京)と、インド領事館(大阪)は住んでいる地域によって決まっています。

ビザセンターも東京と大阪と分れています。

私の住んでいる地域だと、インドに用がある時の窓口は大阪領事館。

当然、ビザセンターも大阪です。


あ、そうそう、オンライン経由で取得できるようになった eTV (e-Tourist Visa)についてですが・・・。

ネットで事前申請しておいて現地でビザを受け取るというシステム。

申請してみたのですが・・・。




というわけで、泣く泣くもう一度最初から普通の観光ビザを再申請しました!


さて、申請方法を細かく解説していきたいと思います



まずは、準備するもの。

パスポート
(最低2ページの空白ページがあること。有効期限が6か月以上あるもの)


以前にもインドへ行ったことがある場合は、以前行ったときに使用したVISAのコピー。

(パスポートに貼り付けてあるので、古いパスポートにそれがある場合は古いパスポートも必要) 


往復航空チケットの予約票(メールであればそのメール画面)のコピー
(片道ではなく往復が良いそうです) 

顔写真 1枚
51mm × 51mm ←これがクセモノ)

顔写真の規定は細かいのですが、私は街角によくあるセルフ証明写真の機械で撮りました。

サイズは既定より大きいサイズを選び(ぴったりくるサイズなし)、家で自分で51㎜×51㎜図って切りました。

心配な方は証明写真を撮ってくれるお店で頼んだら確実です。

ちゃんと髪の毛が全部写真に収まり、影がなく、背景が無色で、顔が真正面向いてて、両目がちゃんと見えていれば大丈夫です。

念のため私はメガネも外して撮りました!


いよいよ、

IndianVisaApplicationのページへ行ってみましょう。

そして、次のページへ


{4382253D-34AB-4166-95F7-270D3D8D2189}