つれづれなるままに…多摩川べりからモンテ愛などつぶやく

つれづれなるままに…多摩川べりからモンテ愛などつぶやく

モンテディオ山形を応援しつつ、ゆるく気楽に…スポーツやその他をつぶやきます。

Amebaでブログを始めよう!

ご無沙汰しています。

今日から5月。

 

 

カレンダーはカバ。

コロナのバカ。

花笠祭りは中止だそうですね。

 

幻となったオリンピックイヤー。

「わ~い、チケット当たった~!」とか、「外れた~」とか、はしゃいでいましたよね、国民みんな。

 

2月にはJリーグも開幕。

今年のユニはカッコいいとか何番をつけようか、とかテンション上げていましたよね、私たち。

今年のアウェイ参戦計画とか、練ってましたよね。

「まあ、通常モードだよね…てへぺろ」とか、開幕戦の敗戦をネタにしていましたよね。

「ホーム開幕戦は雪かきなしだな~」とか、喜んでましたよね。

 

ぜんぶが遠い昔のような、ほんのちょっと前のような。

なんだかSF映画の世界か、覚めない悪夢の中にいるような日常が続いています。

 

緊急事態宣言下とは言え、とりあえずの生活はできていて、

ぜいたくを言わなければ不自由とまでは言えない。

(医療、物流、生活必需品売買、公共と福祉に関わるすべての方々に感謝を!)

 

でも、確実にパタリと止まってしまった世界があって。

「人はパンのみにて生きるものにあらず」とは、

「人は物質的な満足だけを唯一の目的に生きるものではない」という意味だそうですが、おっしゃるとおり。

 

つまり、

私は、サッカーに飢えて腹ペコです。

サッカーを、モンテの試合を見たい、ああ、見たい。

 

そして、まさにパンを必要としているであろう現場にも心が飛びます。

選手、スタッフは、どうやってモチベーションを保っているのか、

現在まで入場収入ゼロの状態で、経済的にはどうなのか、

折も折、サガン鳥栖の窮地も伝えられ、どのクラブでも他人事ではないはず。

 

そんなことを思いながら、とりあえずマスクをポチッと予約。

予約開始の30分後には一度は完売(受注生産なのに?)して、出遅れたものが復活したもよう。

山形サポを見くびるなよ~、と笑っちゃいました。

 

そんななか…本日、山形の老舗和菓子店にして、モンテの熱血サポーター、

八代目のし梅さんの「アマビエさんセット」が到着。

 

 

疫病退散!

 

なんだか元気がでました。

 

最前線で奮闘している現場の皆さんのご無事を願って…いただきます。

 

 

 

ふぅ、J1参入プレーオフは湘南のJ1残留で決着がつきましたか。

徳島、残念でした。

本音を言えば、関東住まいの私としては徳島推しだったんですけどね…(スタジアムへのアクセスが全然ちがうもん)。

でも湘南はいろいろあって大変だったし、踏みとどまれてよかったね…と素直に思いました。

おめでとうございます。

健二さん、立場的にたいへんだったんじゃないかな~。

とは言え、引き分けで敗退とは、徳島の無念さも察するに余りある感じです。

お疲れ様でした。

 

ここからは、サッカー素人の独り言ですけど…

 

プレーオフ決勝、J1のホームアドバンテージは良しとしても、

スコアについては対等でなきゃおかしくないっすかね?

チャレンジする側に二重のハンデをのっけるって、な~んか釈然としないわ。

 

そもそも、J2クラブが入れ替え戦で昇格してもJ1では厳しいって言うけど、

ダントツの降格候補、ネタ枠って言うけど、

J1、J2、J3で経済格差がますます広がっている(と誰もが認めている)Jリーグの現状。

単純に、勝てないだの不甲斐ないだので制度変更(入れ替え戦復活)って言われてもね~。

 

大きな声じゃ言えないけれど、

プレーオフって、実はかなり底意地の悪い制度なんじゃないかと、ついうがった見方をしてしまう。

う~む…。

 

まずは、どちらさまもシーズンフィナーレ。

お疲れ様でしたっ!

 

 

 

 

寂しい季節が…とか言ってたら、

寂しいどころか、ドラがジャ~ンと耳元で鳴り響いたようなリリースがいきなり飛び込んできました。

 

木山監督、退任ですか。

 

フロントは続投要請に努めたようですが、残念ながらお引き留めすることはできなかったというわけですね。

最終戦での熱いメッセージ、

いつもサポーターへの感謝を口にしておられたこと、忘れません。

ダンディーで、つぶらな瞳がチャーミングな木山監督、

3年間、本当にお世話になりました。

ありがとうございました。

 

むむむ…で、胸がざらつくウワサが…ひそひそ…と。

 

さてさて、

監督が替わればチームは変わります。

これで選手の皆さんも、それぞれが腹を決めて前を向くことになるでしょうね。

 

としんみりしていたら、

続けて坂井達弥選手のリリースが…。

山形のユニフォームをまとい、一緒に戦ってくれてありがとうございました。

未来に幸多かれと祈ります。