こんにちは。

 

昨日、メディア発表されましたので、すでにご存知の方も多いと思いますが、

 

2019年10月19日に開催予定されていました「2019江の島花火大会」は中止が決定されました。

 

中止についての私のツイートにも大きな反響もあり、問い合わせも多くあるなど関心の高さが伺えます。

 

 

本件についきまして、議会に報告のあった資料や、各新聞記事では中止における理由が記載ありましたが、詳細がわかりませんので、調査をしましたのでお知らせします。

 

 

 

 

 

 

 

まず、中止における理由として大きく3点あげられていますので、それぞれ詳細を記載します。

 

1. 駅舎改修における課題。

会場に最も近い 小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅 の駅舎改修中につき8口ある改札が4口または5口の運用になり、またホームの工事により駅構内スペースが縮小。これにより、花火大会における乗降客の安全確保が困難になります。

これは、駅舎改修という理由から避けられない理由となります。

 

2.小田急江ノ島線における輸送力と運用方法の課題。

乗降客のキャパシティーと花火大会開催に合わせた増便が困難であるということです。

まず、片瀬江ノ島駅の乗降人数ですが、2016年は1日あたり乗降人員21,440人(定期7,254人 定期外14,186)となっています。2017年についても1日あたり乗降人員は20,699人であり、こうしたことから、1日約2万人が利用する駅を想定しています。

これがキャパシティの目安となります。

しかし、花火大会の来場者数は8万5千人であり、会場への最寄駅は江ノ電の江の島駅や湘南海岸公園、小田急江ノ島線の鵠沼海岸駅などはあるが、最も利用される駅が片瀬江ノ島駅。

花火大会では1日の想定として倍以上の人が短時間に集中して片瀬江ノ島駅を利用することとなります。

また、駅前滞留人口も平時で1日138名となるが、花火大会の場合は当然ながら倍以上の滞留人口が集中することも想像できます。その点は1点目の駅舎改修と関連する懸念事項です。

また、これまで、小田急江ノ島線では、江の島花火大会当日には12本の増便運行(18時1本、19時4本、20時1本、21時4本、22時2本)をしていただいています。

しかし、開催日をずらして開催する場合、とくに平日開催はダイヤがめいいっぱい組まれていることから増便が困難になっています。

 

3.ラグビーW杯開催時期と重なることから、十分な警備態勢が取れない。

ラグビーW杯は5月20日から11月2日まで横浜で開催されます。

こうしたことから、警察と警備会社の人員確保が困難になるということです。

花火大会は警察や警備会社の協力なくして開催はできません。

また、昨年は急な雨による来場者の混乱もあり、警察より警備態勢の見直しについても指摘があったばかり。

これは、江の島開催という立地の特性上1つの駅に人が集中してしまうことがあり、上記の1点目と2点目にも関連する懸念事項となります。

では、ラグビーW杯開催中は、どの自治体でも花火大会ができないのか??というと、そういったことではありません。

例えば茅ヶ崎の花火大会など、駅自体も大きく、そして花火会場まで駅から離れていることで人がバラけるといった開催場所とは、江の島花火大会は大きく開催立地の特性が異なります。

こうした立地に見合った警備態勢を考えた場合、安全性を確保するための人員確保が困難であるという判断のようです。

 

 

最後に、これは中止理由としてあげられてはいませんので、あくまで個人的見解です。

昨年の花火大会開催の際、1トンに及ぶ大量のポイ捨てゴミが散乱し、地元の方などに多大なご迷惑をおかけしています。

それは、この10連休のGWも同様にBBQごみがそのまま置かれているなど、ごみが散乱していました。

 

 

最近はとくにこうした、あまりにもマナーの悪い人が増えている気がしています。

多くの方が楽しみにしている花火大会もこうした一部のマナーの悪い人たちによって、ずべて台無しになります。

当然ながら、地元の方々の理解を得られないイベントが継続困難となるのは、他市の事例を見ても明らかです。

 

今回は、あくまで安全上の理由から中止となったわけですが、来年以降の開催についてもまだ未定となっています。

今年の中止が実行委員会や行政のみならず来場者の皆さんにとっても、江の島花火大会のあり方に向き合う時間として

必要なことかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

統一地方選後半戦が終わり、この時期、市町村議会は、新人議員の引き合い、新たな会派の結成、会派統廃合など、

裏側では活発な動きを見せている。

市町村議会においては、同じ政党に所属する議員のみで、会派を構成するのは、共産党や公明党ぐらいだろう。

 

統一地方選を政党だけで選んで投票する危うさ

 

でも指摘した通り、市町村議会は政党ではなく、様々な立場にある議員で構成される会派で意思決定が行われることは、ご承知の通りである。

では、市町村議会における会派の重要性や、議会運営における影響力について、私の所属する藤沢市議会を例にして説明する。

他自治体議会に必ずしもあてはまらないことがあると前置きしておく。

 

まず、藤沢市議会における会派は「非交渉会派」と「交渉会派」に分類される。

 

非交渉会派とは、3人未満で構成される会派を指す。

交渉会派とは、3人以上で構成される会派を指す。

 

では、非交渉会派と交渉会派の違いは人数だけの呼称なのかというと、そうではない。

議会における活動領域と権限に大きな違いがある。

 

ちなみに、私は、6年間は2人で構成される非交渉会派に所属し、1年間は3人会派、さらに1年間は9人の最大会派に所属してきたため、どちらの立場も経験している。

 

話を戻す。

 

では、その違いの特徴的な大きな点を説明しよう。

 

議会運営委員会 に委員を出せない。

議会の運営全般について大きな影響力を持つ議会運営委員会では、会派1/3の委員を選任できる。

3人会派は1人、6人会派は2人、9人会派は3人というように、大きな会派ほど委員数が多く、委員会における影響力が強くなる。

非交渉会派は、議会運営委員会には準委員として参加できるが、採決権はない。

そして、準委員の発言内容は主に意見としての取り扱いがおこなわれる。

簡単に言えば、非交渉会派は議会運営に対する影響力はないに等しいとも言える。

議会改革検討会やICT小委員会など、議会改革全般に関わる会議体についても、非交渉会派は参加できないことを捕捉する。

 

予算委員会・決算委員会に参加ができない。

これはかなり大きな意味を持つ。

藤沢市議会は、非交渉会派でも2人会派であれば、予算委員会には1人の委員を選任できる。

しかし、1人会派である場合、予算委員会どころか、決算委員会にも参加することができない。

そして、当然ながら委員会における審査だけでなく採決にも参加できない。

本会議で決められた回数の中で予算決算議案に対する質疑をするしかない。

市の予算と決算を取り扱う委員会に関わることができないというのは、議員の権限や守備範囲として、かなり痛いと言える。

 

会派代表質問・会派代表討論の持ち時間が少ない。

会派で行う代表質問や討論は、会派所属委員1人あたり10分を加算するなど、時間の割り振りが決まっている。

当然ながら、非交渉会派の持ち時間は少なく、市側に伝えるべき要望や意見を削って時間内に収める必要がある。

 

全ての常任委員会に会派の委員を選任することができない。

藤沢市議会の常任委員会は5つ。子ども文教、建設経済、厚生環境、総務、補正予算に分類されており、それぞれ審査する所管が変わる。常任委員会には1つだけ所属することができる。複数の常任委員会に1人の議員が所属することは認められない。

よって、全ての常任委員会に所属会派の委員が1人以上いるのが望ましい。

その理由は、自分の質疑や意見要望についても、該当する常任委員会に所属する会派委員に託し、代弁してもらうことができる。

少数会派では、それができないため、所管する案件が限定されるといってもいだろう。

 

各派代表者会議に参加は基本認められない。

各派代表者会議は、議会や行政に関わる様々な案件を協議する非公開の各会派の代表者により構成される会議体。

非交渉会派は、この会議体に出席することはできない。(案件により召集されることはある)

 

各派交渉会ではオブザーバーとしての参加となる。

各派交渉会は、各会派議員の所属する委員会や役職について交渉し合う協議体であり、交渉会派は各議員の希望を示し、交渉できる。しかし、少数会派は、希望を示すことはできるが、交渉権は無い。よって、希望する委員会に所属することはできない。

また、少数会派は委員長になることはできない。

 

まだまだ、他にも違いはあるのだが、ざっと書いただけでも、こんなにも発言・議会活動・影響・情報量などの範囲に違いがあることはご理解いただけたと思う。「1人会派では仕事ができない」と言われる所以は個人の能力云々ではなく、議会内でのこうした権限の違いにある。

私が少数会派であった時は、議会会派制度について疑問を持っていた。議員一人一人は同じ権限と守備範囲であるべきだと。

しかし、議会運営においてのみならず、物事を前に進めるために重要なのは、協調です。

 

政策の近い議員と会派を組む努力をし、政治的に政策を進める努力に務めることは、自ら掲げた政策実現を目指す政治に必要な手法であるといえます。


 

 

 

 

 

選挙戦の振り返り。

 

おかげさまで、完全無所属として3期目の信託をいただきました。

 

この間、ご支援いただきましたすべての皆様に感謝申し上げます。

 

引き続き、いまと未来の子ども達に何ができるか、何を残せるかを考え、

 

地域の皆さんとともに「価値共創」をしていきます。

 

選挙結果については、なかなか厳しいご意見も頂戴していますが、

 

私は、この順位に満足こそしませんが、2258名の方々が私の2期8年のご評価をいただいたと考えています。

 

今回の選挙戦、私はいわゆる他の候補者がしている顔をうるための選挙活動を一切していません。

 

これまで、私の選挙は、国会議員や県会議員の方々にご支援をいただきながら、まさに戦いと言える選挙をしてきました。

 

しかし、今回はそういったご支援は一切貰わず、これまで自分で培ったもので選挙をしました。

そして他陣営とも争わず、顔をうるのではなく、楽しく笑顔で、どこまで政策を伝える選挙を行うことができるかに努めました。

 

そして、これまでの取り組みについて有権者の評価を得ているか確認をする選挙でもありました。

 

なぜそういった選挙をしたか。

 

私自身、現職議員として、2期8年間、しっかり地域の皆さんの声を見えるカタチに仕事を成し遂げてきた自負がありました。

 

そして議会においてもしっかりと議会に尽力してきました。

 

地元地域においては、36人の議員で私の住む地域の団地再生やニュータウン再生の将来課題を取り上げ、行政に対応を求め続けてきた唯一の現職議員という事実があります。

 

私の選挙への考えは、私のこれまでの活動や政策を有権者や支援者がどう評価されるか、それを知るためのものが選挙であるべきです。

 

そういった意味において、結果がどういったものになろうと、受け止めるだけでした。

 

結果、順位こそは低いものの、私を支持していただいた地域の有権者の皆さんの1票ごとの積み重ねが

 

今回の票となっていると考えています1票の重みや評価をこれまで以上に感じるものです。

 

勿論、反省点も多くありますが、誰かに言われ手伝いにくるわけでもなく、多くのしがらみがある中お忍びでお手伝いに来ていただいたりと、様々な方々に支えていただき、今までにない多くのものを得る、感じさせていただくことができた選挙でありました。

 

私は、選挙は顔を売るものということに違和感を持っています。そして地方議員を政党だけで選ぶことにも危機感をもってます。

 

私は議員になること、そのものを目的にしてないです。そうなってはいけないとも考えています。

 

これまで取り組んだ実績や掲げた公約や政策よりも、わずか1週間だけ朝晩駅に立って挨拶運動する

 

顔を売るだけの選挙活動のほうが、市民から高い評価を得る地方議会選挙であるならば、

 

私としては、落選しても何の悔いもないと考えています。

 

3期目、私を信託いただいた皆さんのご期待以上の仕事を結果という見えるカタチでお示ししていく責任を果たします。

 

引き続きよろしくお願いします。

 

藤沢市議会議員

友田宗也