★関東地方 神奈川県のパワースポット★


つづいての聖地は~

相模国二之宮となります

川勾神社(かわわ神社)へまいりましょう~。宇宙人


御祭神

大名貴命
大物忌命
級長彦命
級長姫命
衣通姫命


住所

神奈川県中郡二宮町山西2122

0463-71-0709


地図はこちら



川勾で、かわわって読むんだね~。

最初よめなかったよぉ。(笑)笑


周辺は、住宅街が多くって・・・
一体どこにあるんだろう・・・??

っと思ったら
あ、看板があったあった!

ちゃんと駐車場もあるよ~。

みてみて、周辺の地図~。目


川勾神社
元は師長国の一宮。相武国との合併で、相模国となる時、旧相武国一宮の寒川神社が相模国の一宮、川勾神社は相模の二宮となった。この序列争いは今なお毎年大磯の神揃山の神事で行われる。

星祭神事武伝書保存。


他にも、浄源寺、西光寺、茶屋の薬師堂、等覚院、吾妻神社、大応寺などなど

見どころがいろいろありそうだね~。ひらめき電球

それではっ、よろしくおねがいしま~す。ひよこキイロキラ


へいほっ


へいほっ

わぁぁ~すごいっっ!!うひっ


随分趣ある随神門ですね~。
茅葺き屋根だよ。

カッコイイ。きらきら
 
左右には・・・すっごく古い随神像が安置されていま~す。
お顔の表情はもうわからないくらい古いもの。

川勾神社は、相模國二之宮であり、古くから二宮大明神とも称し、「延喜式」所載の相模十三座のひとつ。
創建は、第十一代崇仁天皇の朝、当時余綾群、足柄群両軍の東西海浜周辺を磯長国と称していた頃、国造阿屋葉造によって、創建。

一般的に随身門とは、神社に兵仗を帯した随身の像を安置してある門。
随身とは、貴人の身に随うことで供人の門という意味で、その中に安置してある随身は、袍を着、巻纓の冠をつけ、剣を帯び弓やを負ひているため、矢大臣とも又門の神である豊磐間戸神(とよいわまどかみ)、櫛岩間戸神(くしいわまどがみ)を表したものであるとも伝われている。

うわうわうわっっ叫び

境内に着た瞬間
かなりキリッと引き締まった、男性的な強い気が流れているよ~。きらきら

武将が必勝祈願に訪れていそうな・・・雰囲気。
イメージとしては、八幡神社に似てるかも・・・。
案内板によると・・・
ちょっと難しい文章だけど

あ、でも、

日本武尊東征の時、源頼家、東下りの時、
奉幣祈願ありしを始め、武将の崇敬深し。

とあるから
やっぱり、武将たちが訪れるような
強い力をもつ聖地なんだね。ひらめき電球

国土開発をされた神様が主に祀られているんですなっにこにこ
お、立派な御神輿がありますぞぉ~。うえ
そして・・・
拝殿はこちらでーーーす。よっ

随神門は、茅葺屋根だったけど
社殿は違うんだ~~。

うわおぉぉおぉっっ叫び!!

ぐるぐる~ぐるぐる~

寒川神社に比べると、キーンとた凛々しい空気で
潔い力がありますよ~。
勢いがある神様という感じですなぁ・・・。たらこくるくる

厄を祓い、清々しい気持ちに戻してくれそうですっ。キラキラ
裏手、右手に行きますと~テクテク

東五社祭神

天照皇太神宮、八幡大明神、春日大明神 
必勝祈願、夫婦円満

相模國式内社十二座
千年以上の歴史をもつ由緒ある神社

菊久理姫、咲耶姫、淡島
家内安全 縁結び

八百萬神 阿屋葉造
旅行安全 諸願成就

弁天社
財宝 農業 美の神

そ~して
ご本殿の真裏にある・・・ここは??
なんだろう???目

お賽銭箱?なのかしら?
何かおいてある。(笑)

ちなみに、ご本殿側に向きますと
ドシリッとした気もあり、力もちな神様、というイメージ。キラキラ

反対側には~

西五社祭神

仲哀天皇 仁徳天皇 武内大臣
健康長寿、 無病息災

素戔嗚命
厄除開運 縁結び

猿女命
芸能の神

愛宕社
防火防災 交通安全

天神社
学業成就 受験合格

・・・っと、祀られています。


境内はそんなに広くはないので
街の氏神のような雰囲気ですが、
エネルギーは強い。

古い歴史を感じる随神像が印象的な神社でしたよ~っ笑顔