★新潟県のパワースポット★


続いての聖地は

八海山へ~ホンダライフ マイカー


八海山って、お酒のイメージが強かったけど

なんと!修験の山だったのよ~。


役行者小角、そして弘法大師が

頂上で蜜法修行された山岳信仰の社寺にみられる

事業譚があるんすって。ひらめき電球


びっくりびっくり。

きっと、神様パワー満載の山~合格


うしし~っ音譜



・・・というわけで


八海山にあります

八海山尊神社&八海山神社(里宮)へとまいりましょ~っ宇宙人キラキラ


ご祭神

国狭槌尊(くにのさづちのみこと)

天津彦火瓊瓊杵尊(あまつひこほのににぎのみこと)
木花咲耶姫尊(このはなさくやひめのみこと)

大山祇尊(おおやまづみのみこと)
日本武尊(やまとたけるのみこと)


住所

新潟県南魚沼市大崎3746

025-779-3080


地図はこちら

きたきたきたーーーっっキャッキャッ


八海山尊神社。


龍鳴

神社に向かって柏手をうつと

龍鳴が響きます。

神様の喜びの感応です。


ほぉ~。


では、まずここから・・・


ペコッペコッパンパン


ビンビーンと小さいけど、小玉のように響いてくる~っキラキラ

か~みさま~っよろしくお願いしま~すっ。万歳


階段にかいてあるのは・・・


八十八の大石段


この大石段は、神社まで奇しくも八十八段あります。

どうか先人が八海山信仰に寄せた思いを

一歩一歩踏みしめるように御昇段ください。


はーいっ。そうしま~す。hi*


ヘイホッ


ヘイホッ



まだまだ。

ヘイホッ

ヘイホッDASH!

金剛霊泉の水

八海山二合目半に湧き出る水は
四季を通じて清冷で、古くから金剛霊泉として
尊ばれ、登山者ののどを潤してきました。

手水も神様のご神水だ~っ。キラキラきらきら

清めたあとに、コクリッ。

うわっ、おいしい。
丸くて甘味があるよぉ~。ラブラブ

水がおいしいって、本当に幸せ~。
感謝ッ感謝ッうへ
さぁ~、拝殿到着ですぞぉ~~↑

わっわわわ!!叫び

ぐるぐるーんぐるぐるー

正面の神鏡のほうから、
研ぎ澄まされたキレのいいエネルギーが
ワーッと通り抜けていく。

鋭く強い男性的なエネルギーで
お酒でいうと、ツンと鼻にぬける、辛口のお酒みたい。(笑)

力ある神様の気ですぅぅ~キイロキラ

あっ、ちなみに
ここも二礼四拍手一礼なんですってよ。ひらめき電球


さっ、境内すぐのお蕎麦屋さん
宮野屋 さんで山菜天ぷらとお蕎麦をたべて・・・
(天ぷらおいしかったよ~)

もう一つ鳥居があります
八海山里宮へ~。歩く

八海山尊神社の境内奥にあって
歩いてすぐよ。


里宮境内地

これより八海山中興の開祖 木食泰賢行者ゆかりの霊場です。
里宮とは、頂上の奥宮に対して、麓のお宮の呼び名で
苔むす境内には、里宮や、泰賢行者の霊窟、
不動瀧が昔を伝えています。
うわっ、うわわわっ、うわわわあ・・・っっ

うひゃあああぁああぁぁぁ~~~~叫びアップ

ぐるぐるぐるぐる~~~
ぐわん~ぐわん~~

重く強くググーーッと圧がかかるエネルギーで
また、八海山尊神社とパワーが全然ちがうよ~。

人の修行から生まれた厳しい、地につくような重みあるパワー
凝縮された気がぐわんぐわんまわってる~

なんってところなんだ・・・。
強すぎる気で、おかしくなりそうよぉ。クラクラ


生きるか死ぬかみたいな究極の精神から生まれた
修験の人の力と自然の神の力
一体となった気。

なんていうのかなぁ・・・

苦しみ辛さも、何もかもすべて強さにパワーに変えてしまった
そんな感覚・・・かなぁ。

ひえええ・・・祈

いろんな神様の名前が刻まれた
石碑があるけれど・・・

こちらは、八海山大神

わあぁぁぁ~~~っっっアップアップ

くるくる~くるくる~~~

上へ、上へ、天へ、天へ、
突き抜けていくようなエネルギー。

高いところ、天の気とも通じる感覚
強く軽く崇高なパワーだよ~~。キイロキラ

山の頂上のとんがってる先っぽをイメージしちゃう。(笑)

頭の中にハッカのスッとした香りが抜ける感じ

き~もちいい~っっっ音譜

そ~して~


不動の瀧と、奥には八海山開山の泰賢霊神という碑があります~ルンルン


・・・っと

その手前に

泰賢行者の霊窟


この岩屋は、泰賢行者がお籠りし、
三年間の五穀断ち、塩断ちの末
八海山大崎口登拝開闢の霊夢を得たゆかりの聖跡です。

祖師、泰賢行者の足跡はそのまま霊場として
現在に伝わる。

と書いてありますが…


う・・・うわ・・・・うわあぁ・・・・・・

ぐわん~~ぐわん~~

ちょっと、これは私中に入れません~~。

きつく強すぎる・・・
女人禁制的エネルギーですので、外から・・・。

・・・キティちゃん(v人v)




・・・というわけで

修験の力満載で、厳しい修行が行われたことを
感覚として肌に感じる聖地。

昔の人はこうやって、自然界との繋がりを持ち、
文明が発達していないときは
自然を敬い、祈り、共存していたんだねぇ。

はぁ・・・・。キラキラ


溜息がでてしまうほどの
聖域でした。キイロキラ


さぁ、続いては~
もう一か所 八海神社の里宮へまいりましょ~っっホンダライフ マイカー