トミー稲垣のブログ

ブログの説明を入力します。

絶賛発売中です!!
.



テーマ:


オーナーや近隣住民の頭を悩ます民泊問題
政府が新たに定めた民泊新法が、2018年6月15日に施行される。

この法律は、
民泊業務を拡大させたいがために即席で作ったようなざる法である。
詳しくは、社長の主張ブログ
「民泊新法」はとんでもない“ざる法”だった
をご参照いただきたい。



民泊新法」には、
民泊の取り締まり・管理をどこの組織が行うのか定められていない。
規制条件や管理元を示す政府の指針の公表はこれからなのだ。

重要点をまだ明確にしていないにもかかわらず、政府は先に
各自治体で独自に上乗せ規制をしてもよい
と定めてしまった。
全ての自治体が、野放し状態となったのである。



先陣を切ったのは、東京都大田区だ。
すでに民泊業務が認められている特区民泊地域の大田区は、
自らの管理元を保健所生活衛生課とし、
民泊についての条例規制ガイドラインを作成した。

認定を受けず民泊業務を行う≪ヤミ民泊については、
職員が取り締まり指導していくという。



では、どのように≪ヤミ民泊≫を取り締まるのか。
大田区の生活衛生課に電話で質問したところ、以下の回答が返ってきた。



まさかの受け身状態住民任せ
取り締まり方法が
あまりにも甘すぎではないか!!


先陣を切った特区地域の大田区でさえ、このありさまだ。
各自治体が独自の規制を展開し、
民泊問題」がさらに暴走していく日も近いだろう。


政府は「民泊」という事業を
どのようにまとめていくつもりなのか?
疑問は募るばかりである。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。