サムライの魂 | 精神世界の鉄人のブログ

精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

昨日のビジネス説明会、大盛況で終了しました。

参加された皆さん、お疲れ様でした。

 

これから、また、新しいメンバーと新しく船出をすると思うと、ワクワクしてきます。

ぜひ、一緒に、この大海を力を合わせて、乗り切っていきましょう。

 

 

 

最近は、家で一人で、映画鑑賞することが多いです。

しばらく、旅行しまくっていたので、休息が必要なのかもしれません。

 

 

先日、「海賊とよばれた男」という映画を、DVDで観ました。

 

image

 

 

この作品は、出光興産の創業者・出光佐三の逸話をベースに、映像化されたものだそうです。

 

作品中の主人公である、国岡鐡造の言葉、

 

「いっちょやってやろうやないか!」

 

という言葉が、やけに印象に残りました。

 

いつの時代でも、新しいことは、この意識から始まるのですよね。

 

 

 

この頃の日本には、まだ、「サムライの魂」をもった男が、たくさんしました。

 

古いかもしれませんが、

 

「男は男らしく、女は女らしく」

 

こういう、いい意味での男女の生きざまもありました。

 

「大和撫子」なんていう表現は、現在では、死語になっていますが、やはり、着物が似合う日本人女性というのは、見ていて、美しいと思います。

 

 

「サムライの魂」というのは、

 

「私利私欲で動かない男」

 

のことです。

 

もっと具体的に言うと、

 

「金銭欲に負けない男」

 

のことです。

 

 

映画の中で、主人公が、ユダヤ人と、やりあうシーンがあります。

 

この場面では、主人公の国岡が、

 

「自分の誇りを捨てて、大金をもらうか? それとも、大金を捨てて、自分の誇りを守るか?」

 

この二者択一に、迫られるのです。

 

そして、国岡は、瞬時に、

 

「自分の誇りのほうを、大切にする」

 

という決断をします。

 

これが、「サムライの魂」です。

 

image

 

 

人間は、長い人生の中で、何回かは、こういう選択を迫られます。

特に、男は、そうだと思います。

 

「本当の自分を押し殺して、世間的な成功をとるのか? それとも、世間からどう思われようが、本来の自分の魂の声に従うのか?」

 

この時に、自分の魂の声に従えば、一時的に、世間や周囲から、バカにされたり、袋叩きにあったりします。

 

でも、結果的には、それに従ったほうが、後々の人生で、幸せになれるのです。

 

このことは、ある程度、長く生きてきた人たちは、わかると思います。

 

「逃げるのか? それとも、戦うのか?」

 

こういう選択ですね。

 

 

 

この映画は、

 

「お金って、なんだろう?」

という問題提起も、私たちに、投げかけているようです。

たまには、「お金」について、じっくりと考えてみましょう。

 


幼稚園や小学校など、子供の頃は、皆、友人たちの間では、「お金」のやりとりは、あまりやらないと思います。

ほとんど、お金に関わらずに、毎日を生きていたでしょう。
では、その頃は、今よりも幸せだったでしょうか?
楽しかった思い出も、多いでしょうけど、辛くて苦しかった思い出も、多いと思います。

そうなのです。

 

現在の人間の社会では、お金がなくなったからといって、すぐに、皆が、幸せになるわけではないのです。
逆に、よけい苦しくて、生きにくくなるかもしれません。

 


たとえば、会社を経営している人で、社内に問題のある部下がでてきたとしましょう。

こういうとき、現在のように、お金がある社会だと、

「世の中が不景気で、会社の経営状態も思わしくない。申し訳ないけど、辞めてもらえませんか?」

という建前で、話すことができます。

たしかに、相手との関係は悪くなるでしょうが、これが、お金のない社会だと、

「あなたが嫌いです。皆も、あなたのことを嫌っています。だから、この会社から、出て行ってくれませんか?」

という本音で、話さなければいけなくなります。

これは、もっと相手との関係は悪くなるでしょう。

「お金」という道具は、見方を変えると、社会にとっての「潤滑油」のような働きもやっているのです。

「人間同士が、トラブルを起こした時、お金以外の解決策で、解決しようとすると、もっと苦しくなる」

こういう状況が、実はたくさんあるということです。


「あいつは、お金をもって人が変わった」

「仲のいい友人と、一緒に仕事をやったら、関係が悪くなった」

という話を、よく聞きますが、実は、これは正確な表現ではないみたいです。

なぜなら、「お金」というものは、どちらかというと、「人格」を、「変換」させるものではなく、「増幅」させる効果のほうが大きいからです。

ケチな人が大金を持つと、ますます、ケチになります。
気前のいい人が大金を持つと、ますます、気前がよくなります。
意地悪な人が大金を持つと、ますます、意地悪になります。
やさしい人が大金を持つと、ますます、やさしくなります。

 

「お金が、人を変える」

というよりは、

「お金は、その人の本性を拡大する」

という効果のほうが、大きいみたいです。

特に、「遺産相続」や「ネットワークビジネス」の二つは、お互いに相手の「本性」がわかる、いい機会みたいです。
 

 


現在の人間社会の中で、私が、一番、「お金」というものを知りつくしていて、抜群のセンスを、もっていると感じる民族は、やはり、「ユダヤ人」です。

「ユダヤ人」という単語の定義も、現在では、学者によって、バラバラなのですが、ここでは、一般的なユダヤ人、つまり、「ユダヤ教という宗教を、信じている人たち」を、イメージしてくださいね。

 


ある経済学者のメルマガに、昔、面白い話が掲載されていました。

実話らしいのですが、だいたい、こういう話です。

 


アメリカのある町に、一人の賢いユダヤ人が、引っ越してきたそうです。

その町の人たちは、ユダヤ人が嫌いな人が、多かったみたいです。大人たちは、建前で話すので、直接の危害を、彼に加えることはないのですが、子供たちは残酷です。

親などから、悪口を聞かされたせいだと、思うのですが、毎朝、そのユダヤ人の家の門の前に行って、皆で、野次っていたそうです。

「や~い、ユダヤ人の馬鹿! この町から、でていけ!」

こんなふうに、たくさんの子供たちが、集まっていたそうです。

最初の日に、そのユダヤ人が、家から出てきて、子供たちに、こう言ったそうです。

「ありがとう。これから、毎朝、そうやって、家の前で、私の悪口を言ってくれ。そうしたら、一人に、1ドルの小遣いをあげよう」

1ドルの小遣いを、もらった子供たちは、大喜びで、一生懸命、悪口を、言ったそうです。

「や~い、ユダヤ人の馬鹿! この町から、でていけ!」

翌日、また、ユダヤ人が、家から出てきて、子供たちに、こう言ったそうです。

「ごめん。今日は、あまり、お金がないんだ。申し訳ないけど、半額の50セントで、悪口を言ってくれ」

50セントをもらった、子供たちは、

「チェッ! ケチだな… まあ、いいや、悪口を言ってやるよ…」

と言いながら、少し小さい声で、

「や~い、ユダヤ人の馬鹿。 この町から、でていけ」

さらに、三日目の朝、ユダヤ人が、家から出てきて、子供たちに、こう言ったそうです。

「申し訳ない… 今日は、まったく、お金がないんだ。悪いけど、1セントで、悪口を言ってくれないか…」

これを聞いた、子供たちは、カンカンに怒って、

「なんだい! ケチ! 1セントなんて、安いお金で、悪口なんて言ってやるもんか! 馬鹿にするな! おい、みんな、帰ろうぜー!」

こう言って、帰って行き、二度とユダヤ人の家の前には、現れなかったそうです。

 


どうですか?

 

私は、この話を、このメルマガで読んだ時、背筋が、ゾクッとしました。

「こんな発想は、絶対に、日本人の頭からはでてこない。お金と人間の心理を知りつくしている」

こう思ったのです。

いろいろな意味で、ユダヤ人というのは、お金のセンスがあるのです。

私は、この話を知っただけで、もう、ユダヤ人と、お金で勝負しようとは思わなくなりました。

 

直感で、

「彼らには、絶対に、ビジネスなどでは勝てない」

と確信したからです。

現在、世界中で、ユダヤ人が、ビジネスで大活躍しているのですが、この話からも、その理由がわかりますね。



では、このユダヤ人たちに、対抗できる民族や国家は、あるのでしょうか?

実は、あるのです。

対抗ではなく、超越です。

それは…

日本人です。



「開運! なんでも鑑定団」という番組がありますね。

けっこう、長い期間やっている人気番組ですね。

この番組は、私たち日本人は、別に、それほど変わった番組だと思って観ていません。

しかし、この番組は、日本に来た外国人たちを、心底驚かせるのだそうです。

ほとんどの外国人は、日本語がわからないので、この番組を観ても、意味がわからないと思うのですが、日本語がわかる外人は、ビックリ仰天するのだそうです。

 


ご存知のように、東京のスタジオだけでなく、番組スタッフが、地方での撮影に行くのですが、なんでもない、普通の商店のオジサンやオバサンが、たまに、凄いお宝を持っていることもある。

まずこれに、最初ビックリするのだそうです。

 

image

 

 

さらに驚くのは、鑑定士たちの鑑定結果を、全員が、「信頼」していることに驚くのだそうです。

そういわれれば、鑑定結果に、文句をつけるお客さんなど、見たことないですね。

これは、日本人の「文化力」が、物凄く高いことを現しているのだそうです。

 

image

 

 

アメリカなどでは、


「そんな鑑定結果、信じられるか!」

と怒る人、裁判所に訴訟を起こす人などが、続出するのだそうです。

 


もっと驚くのは、田舎のオジサンなどが、

「これは、我が家の先祖代々の家宝です」

と言って、持ってきた壷などに、

「300万円!」

などの自己査定価格をつけるのですが、鑑定の結果、

「20万円です。残念ですが、確かに良い物ではありますが、ニセモノです…」

と鑑定士さんから言われても、本人や家族、会場にいる町の人々が、笑っていることだそうです。

「彼らは、どうして、この場面で笑えるんだ… 先祖代々の宝に、価値がないことが、わかって、皆から、馬鹿にされているんだぞ… 彼らの頭の中は、どうなっているんだ…」

と、外国人の中でも、特に、ユダヤ人が、驚愕して、パニックになるのだそうです。

 

彼らの頭の中にある、

「お金には、絶対的な価値があるのだ」

という価値観を、超越しているのです。

 


日本人が、この場面で、笑えるのは、

「お金なんて、この世の中では、たくさんある価値観のひとつに、すぎない」

ということを、心の底から理解しているからみたいです。

「壷の値段が低かったからといって、先祖の価値が下がることはない」

という人間としての、あたりまえのことを、ほとんどの日本人は、理解しているということです。

お金の価値に、左右されずに生きられる、「遊び心」を持っているということです。

これは、凄いことなんですよー!

 

image

 



よく、現実から逃げるために、お金を否定する人も、多いですが、これでは、自分も、社会も変わりません。

けっして、「逃避」であっては、いけないと思います。

大切なのは、「卒業」です。

 


社会に暮らす人々が、本当にお互いを信頼しあって、助け合い、仲良くするようになった時が、この社会から、お金がなくなる時かもしれません。

 

その時には、もう、こういう道具に頼る必要はなくなるのです。

そして、そのお金から、まっさきに卒業し、「お金のない社会」を実現するのは、私たちの国、「日本」からだと思っています。

 


これから、日本では、この「サムライの魂」をもった人々が、どんどん出てくると思います。

 

そして、それは、「精神世界」からだろうと思っています。

 

なぜならば、そこには、「お金を超越した世界」を知っている人たちが、たくさんいるからです。

 

 

 

 

PS 「海賊とよばれた男」の作品の中に、船旅のシーンが出てきます。

 

これを観ていたら、久しぶりに、船旅がしたくなってきました。

 

大海原の波のリズムは、地球の波動と共鳴していて、船旅をすると、本来の魂と繋がりやすくなるそうですね。

 

image

 

 

 

 

 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas



☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

 

 



☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、応援クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


 

 


ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

 

 

 

 

精神世界の鉄人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス