瀬戸内海ワクワクツアー 6 生命の実 | 精神世界の鉄人のブログ

精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

山口県の防府市では、「防府天満宮」でも参拝しました。

瀬戸内海には、素敵な神社仏閣が、たくさんありますね。

 

この日は、天気も良く、最高に気持ちのいい参拝ができました。

 

{64F882BC-01D9-489B-B06C-2039A4AA52B8}

 

 

皆で、おしゃべりしながら、楽しく散歩しました。

 

{A858C5D5-9849-4FBE-8B30-F83D44101876}

 

 

ここも、素敵な氣が充満していました。

特に、この階段を登りきった拝殿の前が、気持ちよかったです。

 

{C281FB2D-3743-4755-AFA3-4D1DDCA578D2}

 

 

御神木の前で、記念撮影しました。

 

{7D01401C-66F6-4D26-87D0-F31F950124C8}

 

 

拝殿の前です。

 

{EF178127-719D-4FF1-B70E-2F776559B3F6}

 

 

拝殿で参拝しました。

 

{7B40CB2C-14DE-46AF-A0BA-6E42A2A46DF1}

 

 

参拝した後、階段を下りて、参道を歩いている場面です。

 

{4AA4878D-947F-4E61-A77B-60B809F556B0}

 

 

 

山口市にある、「瑠璃光寺」にも立ち寄りました。

 

ここの境内は香山公園と呼ばれ、桜や梅の名所にもなっているそうです。

 

また、近くには、香山墓所という所もあり、「毛利家墓所」のうちの一つとして国の史跡に指定されているそうです。

 

{5639CD24-40C3-4162-A0CC-F3093C2653A7}

 

 

境内は、気持ちのいい氣が充満していました。

奥に、中門が見えます。

 

{E11AAE13-E8AA-4F35-B9D6-CE33EBEAEA2E}

 

 

五重塔です。

 

{6898EE1C-2053-4B7B-853A-1E4B7CB84F23}

 

 

皆で、記念撮影しました。

 

{C2C79913-2B96-471E-AC5A-09DB1A62C626}

 

 

貫禄のある中門をくぐって、中に入りました。

 

{18A3598A-78D1-456A-92C1-8B53BB730319}

 

 

{58C2AE18-4452-4CF9-8D7B-52607828A3DF}

 

 

やはり、ここにも、「イナンナ(聖母マリア)」が待っていました。

 

{67813082-970A-4A65-8CF7-A5DA85DF34B0}

 

 

頭に布を被り、子供を抱いていますね。

 

{1C41D6AB-FFCC-4C7D-BE09-5F87F522F0BA}

 

 

日本での名前は、「慈母観音」とも呼ばれていたようです。

 

「イナンナ」、「マリア」、「卑弥呼」、「慈母観音」、姿と名前は違っても、魂は同じだたと思います。

 

{CD548B8A-30D9-4C38-BDB6-9640EE3A6A58}

 

 

 

ここで、もう一度だけ、宇宙考古学の復習をしておきましょう。

 

太古の時代、地球の宇宙人グループには、「エンリル派」と「エンキ派」という二大グループができて、両者が争いながら、歴史が展開していったという話は、何度も書いていますね。

 
これは、古代において、「ミトラ教」の地下の神殿で行われていた、儀式の絵です。
 
{BCAC1A7F-5FA3-4AD1-8EB2-23AD4F0D0963}
 
 
正面の大きな絵は、ミトラ教のシンボルの絵ですが、実は、正面に大きく飾るようなものは、大して意味がなかったりします。

ちょっとわかりにくいですが、部屋の中央に祭司のような男性がいて、いくつかの場所に、煙のようなものが、もくもくと上がっています。

その小さな「炎」が、「アヌ王(天神アン)」だそうです。

それから、左側に飾ってあるシンボルが、「ライオン」で、「エンリル」の象徴です。
 
{74F83A3A-63B1-48E0-9B0E-046C719DF41C}
 
 
右側に飾ってあるのが、「プロビデンスの目」で、「エンキ」の象徴でもあります。
 
「エンキ」は、他にも、「ユニコーン」がシンボルマークですが、これ以外にも、こういう姿にも、なっていたようです。
もちろん、物質的な存在ではなく、霊的な存在としてです。
 
三角形の真ん中に、「・」が打ってありますね。
 
{F12BAD7E-DAE2-427A-977C-13C53A97634D}
 

これが、有名な「片目」のシンボルです。
 
{21091FBA-2481-4F33-A80F-AB0417CCFCD7}
 
 
「エンキ」=「人間+蛇(龍)」=「プロビデンスの目」
 
こういうことです。
 
 
さらにシンプルにまとめると、

「エンリル」=「目に見える存在」=「ライオン」

「エンキ」=「目に見えない存在」=「プロビデンスの目」

こういう「陽」と「陰」の関係が、「エンリル」と「エンキ」の関係だったようです。

「エジプトのスフィンクスが、狛犬の原点だという話を聞いたけど、どうして、二体じゃないんだろう? どうして、一体だけなんだろう?」

という疑問が、わいてきました。

「スフィンクス」も、「ライオン」で、「エンリル」の象徴であれば、どこかに、「プロビデンスの目」を象徴する建造物が、建っていてもいいはずです。

いろいろ考えているうちに、閃きました!

「角度が違うんじゃないかな?」

そこで、いろいろな画像を見ているうちに、わかりました。
 
{80EA34B9-BFC4-4AB6-85CC-0F79C76751CB}


「ミトラ教」の地下神殿と同じですね。

左側が、「ライオン」で、右側に、「プロビデンスの目」の象徴でもある、三角形の「ピラミッド」が建っています。

エジプトのピラミッドは、この角度から見るのが、もしかしたら、正式な見方かもしれません。
 
「プロビデンスの目」です。
 
150819_180722.jpg
 
 
ハイ!
もう気が付きましたね。
 
「エンキ」ですね。

 

 

 

さて、旅行記に戻ります。

 

 

私たちは、本堂に行きました。

 

建物の形は、前述したよに、「プロビデンスの目」になっていますね。

これも、「エンキ」のシンボルですね。

 

{89AE2598-65FD-46A0-9780-AE7701386D57}

 

 

「閻魔大王」もいました。

こちらの正体は、地球の表の王様であった、「エンリル」ですね。

 

「閻魔」の「えん」は、「エンリル」の「えん」だったかもしれませんね。

 

{E73447C4-A3D2-45FA-9D0F-9B7DF82FE5A3}

 

 

「しゃもじ」ですが、これの正体は、「アヌ王」です。

 

{F047147C-EA3A-434C-9B94-8DD8DCB2BBEE}

 

 

こうやって、眺めてみると、面白いことに気が付きます。

 

このお寺の意味は、

 

「地球を支配していた四天王である、アヌ王、エンリル、エンキ、イナンナ、このアヌンナキの一族の4人が、瑠璃色の光を輝かせていた」

 

ということです。

 

つまり、この四人が、「地球の光」だったということです。

 

 

宇宙考古学を学ぶと、「神道」と「仏教」と「密教」も、それから、「ゾロアスター教」、「ミトラ教」、「ユダヤ教」、「キリスト教」、「イスラム教」も、さらには、「フリーメーソン」や「イルミナティ」も、全部、大元のルーツは同じだということがわかります。

 

とても広い視野で、世の中を眺めることができるようになるのが、この学問の魅力です。

 
 
 

山口県山口市では、「山口サビエル記念聖堂」にも、立ち寄りました。

 

 

教会の入口付近には、「聖母マリアとキリスト」の石像が、立っていました。

 

{399337A0-5FF1-42A7-A1C5-37E3DD41674B}

 

 

教会です。

立派な建物ですねー!

 

{BBA49EA3-5723-4D64-8B17-92FC7EE17183}

 

 

この教会の建物は、よくよく見てみると、「プロビデンスの目」が描かれていました。

 

{0802D328-D743-4463-814F-76977B61CAA6}

 

 

ハイ!

 

「イナンナ(聖母マリア)」の祖父である、「エンキ」ですね。

 

{36E2B29C-2F2B-46C0-A5C1-33946B732E45}

 

 

ザビエルの像の前で、記念撮影しました。

 

{5104A9A2-968E-47EE-99EE-7ACDF6FF859C}

 

 

この人物も、謎の多い存在みたいですね。

 

{9DC35E6A-B6E1-4C4A-8403-7D16120DB83D}

 

 

ザビエルの像の前に、鐘があったのですが、この鐘に刻まれているマークにも、同様に、「プロビデンスの目」が刻まれていました。

 

{FEEEE2CC-AF7F-4DD1-9E99-09D213F8AF54}

 

 

「エンキ」ですね。

 

{333446FA-21EA-4310-A9E6-7FE7BDC74B77}

 

 

ここの敷地内には、「聖母マリア」の石像もありました。

 

{CA6111AD-3E82-4442-8D16-E3C3151F1A46}

 

 

見えてきました。

 

{4B20F3DD-87C0-4805-AD93-960732E535C1}

 

 

小さな洞窟の中に、「マリア様」がいました。

 

{621D335D-5F88-4692-B531-BB8F87593DDD}

 

 

とても優しそうな顔ですね。

 

{40B3BAB1-1B1B-43EA-A020-1BFD583BF7A8}

 

 

ふっと、足元を見て、驚きました。

 

{6E21B87E-4462-4417-93FA-2EDEDB949CCE}

 

 

なんと、足元に白蛇がいて、それを踏んでいるではないですか~!

 

{FAE834DB-1834-4097-9C6B-5F7E2C277202}

 

 

「そういえば、以前にも、同じものを見たぞ…、どこだったかな?」

 

しばらく考えたら、思い出しました。

 

 

 

 

今年の春に、長崎市内にある大浦天主堂の近くを歩いていたら、発見した像です。

 

ある教会の前にある、「マリア像」です。

 

ヘビを踏んでいますね。

 

「イナンナが、エンキを、コントロールしている様子」

 

そういうふうに、私は解釈しました。

 

{614BE589-3190-4CD0-BD35-B28DAEF74918}

 

 

「アヌンナキ」の一族は、同族同士で、恋愛をしたり、近親婚なども、頻繁にやっていたようです。

 

「イナンナ」は、祖父である、「エンリル」や「エンキ」とも、仲良くなったり、曽祖父である、「アヌ王(アヌンナキ)」とも、付き合ったり、恋多き女性だったとも言われています。

 

特に、「エンキ」とは、とても仲良くなったとも言われています。

 

 

私の頭の中のビジョンでは、「エンキ」が、親切心から、人間に、「知恵の実」だけじゃなく、「生命の実」まで、食べさせようとしたときに、「イナンナ」が現れて、

 

「コラッ! その実は、まだ食べさせてはいけません! 人間には、まだ早すぎます!」

 

と、ニコニコ笑いながら、やさしく叱っている様子が見えました。

 

 

あくまでも、私の空想です。(笑)

 

{BBB98D12-C257-4C9C-8CBB-6FE09CFFA58C}

 

 

 

「生命の実」を食べることは、おそらく、人間にとっては、薬にもなれば、毒にもなるものなかもしれません。

 

 

「永年の生命」になることが、本当に幸せなことなのかは、判断に迷うところです。

 

もしかしたら、老いて死ねるからこそ、青春の貴重な時間が、わかるのかもしれません。

 

例えていうならば、

 

「旬というのが、全くなくなった果物などが、美味しさの有難みがわかならくなる」

 

こういうかんじかもしれません。

 

 

 

「エデンの園」には、「知恵の樹」と「生命の樹」の二種類の樹があったそうです。

 

「この二つの木の実は、けっして食べてはいけない!」

 

ここの管理人であった、地球の王様、「エンリル」は、「アダム」と「イブ」に、こういう厳しい命令を出していたそうです。

 

実は、ここからが、人間の歴史のスタートなのです。

 

「歴史」

 

という文字を分解してみますね。

 

「木」+「木」+「人」+「止」=「歴」

 

つまり、「歴史」とは、

 

「二つの木の前で立ち止まった人からの記録」

 

という意味なのです。

 

{69D1DC43-8299-4E11-AE82-6B569848D3CE}

 

 

当時、父親である「アヌ王」から、息子の「エンリル」のほうが、「エデンの園」の管理を任されていたようなのです。

「エデンの園」は、遺伝子の実験場のような所だったそうです。
一カ所ではなく、世界中に、たくさんあったみたいです。
 

その時に、下半身が蛇の「エンキ」が、木に巻きつきながら、「アダム」と「イブ」に、「知恵の実」である、「リンゴ」を食べるように、勧めたようです。
 

 

「エンリル」が怒ったのは、「知恵の実」を食べた人間が、「生命の実」までも食べて、「永遠の生命」を得ると、

「唯一絶対の神である、自分たちの地位が、脅かされると思ったから」

とも言われています。

「人間が、神と等しき存在になるのを恐れたため」

だということです。


簡単に言うと、人間は、二つの樹のうちの一つ、「知恵の実」は、食べたので、この先、「アヌンナキ」の宇宙人ファミリーたち、「エンリル」や「エンキ」と同じくらいの知能のレベルまで、到達できる可能性があるということです。

遺伝子の中に、「宇宙人たち(神々)」の知能の情報が、入っているということです。


しかし、一方で、人間は、「生命の実」は、まだ食べていません。

「永遠の生命」は、得られていないということです。

そのせいで、

「ある歳になったら死んでしまう」

という、「寿命」という期限があったのです。

 

つまり、ある程度賢くなっても、すぐに年老いて死んでしまうため、いつまでたっても、神と同レベルの賢さまで、到達できなかったということです。

こういう状況が、「エデンの園」の追放から、ずーっと続いていたということです。


「生命の樹」は、メソポタミア文明の粘土板などにも、よく描かれています。
 

{3711CDD4-290D-4848-A3E3-330A8FC796A2}

 


しかし…、しかしですよ。

実は、人間は、「生命の実」を食べなくても、「永遠の生命」を身につけることに、成功したのです。

それは、特に、1980年代あたりから、アメリカあたりで、大きなムーブメントとして、始まりました。

「ニューエイジ」や「精神世界」と呼ばれる業界の動きです。

最近の日本では、「スピリチュアル」という表現が、使われることが多いですね。


この時期から、自分の中の「神性」に気が付いた人が、爆発的に増えたのです。

つまり、

「自分という存在は、輪廻転生を繰り返す、永遠の存在であり、肉体は、一時的に借りている、仮の乗り物にすぎない」

こういうことに、たくさんの人が、気が付き始めたのです。

アカデミー賞を受賞した女優、シャーリー・マクレーンの活躍も、大きかったと思います。


さらに、エドガー・ケイシーのリーディングも、広く認められ、前世療法などの催眠術により、自分の前世を思い出して、もともと、「永遠の生命」だったことに、気が付くという形で、もう一つの樹の実である、「生命の樹の実」を食べたのと、同じような状態になったのです。


他にも、同時進行のように、1980年代から、アメリカでも日本でも、先進国において、宇宙人による、人間とのコンタクトも、爆発的に多くなりました。


その中では、UFOに拉致されて、その中で、いろいろな金属をインプラントされたりして、遺伝子操作をされた人も多かったようです。

これは、想像ですが、「エンキ」と「ニンフルサグ」のグループが、そういうかたちで、人間に、「生命の実」といわれていた、「情報」を、「DNA」の中に組みこんだのではないでしょうか?
 
日本の神様では、始祖である、「イザナギ」と「イザナミ」ですね。

それから、「知恵の実」と「生命の実」の2つの情報を、遺伝子に備えた、「神と等しき存在」になれる可能性を秘めた人間が、大量に発生したのではないでしょうか?


「誘拐」や「拉致」というネガティブな事件だと、思われていたことが、実は、準備ができた人間から、少しづつ、本当に自由な存在、つまり、「神の仲間入り」をするように、ポジティブなサポートをしていたのかもしれません。
さりげなく、「進化」を施していたということです。


私なども、宇宙人とのコンタクト体験もあるし、ある時期から、自分の前世も、自然に思い出しました。

それ以降、人生観や世界観も大きく変わりました。

視点も、3次元的な時間や空間に縛られない、とても自由な発想で、物事を考えることが、できるようになったのです。


肉体にも、あまり執着がなくなり、現世での出世欲や金銭欲なども、薄くなってくる。
こういう意識状態になったのが、広い意味での「宇宙人」なのです。

「ただ、生まれてきて、食事をして働いて、子供をつくって死ぬだけだ」

こういう、何の目的意識も、もたない人間は、宇宙人たちからは、「動物」の扱いで見られるのです。

「今世の目的は、生きている間に、いろいろな体験を積んで、霊性や神性の発達をすること」

これに気が付いてから、ようやく、私たちも、宇宙人たちと同じ土俵に立てるし、対等な扱いをうけるようです。
 

現在、そういう人間が、加速度的に増えています。
地球上が、宇宙人だらけになるのも、もうすぐだと思います。

 

「聖母マリア」や「キリスト」のように、人間でありながらも、宇宙の法則を広く理解しながら、生きていく人々が増えてくるだろうということです。

 

 


20世紀には、

「宇宙人が、地球に侵略してくるぞー!」

と思っている人が多くて、宇宙人は、どちらかというと、恐怖の対象でした。

でも、21世紀になって、本当のことがわかってきました。

「私たちが、宇宙人であり、神だったのだ…」

こういう真実に気がつくというのが、宇宙人問題の核心だったのです。



コンピューターを自由自在に操作して、宇宙開発にも乗り出し、遺伝子も操作して、新たな生命も生み出せる、このような知能を兼ね備えてきたのが、現在の人類なのです。

さらに、

「肉体は、一時的なものであり、魂の部分は、決して死なない永遠の存在である」

このことにも気がついたのです。
この存在が、「神」じゃなかったら、何なのでしょうか?

もちろん、「神」とは言っても、新参者で、一番下っ端の神です。
これからも、新しく学ぶべくことは、まだまだ山ほどあるでしょう。

こういうことに、気がついた人類から、「宇宙人たち(神々)」の仲間入りをしていくのです。
そして、ようやく、私たちの惑星である、地球を自主的に任されることになるのです。

それまでは、危なすぎて、宇宙人たちが、管理してあげる必要があったのです。
これが、「陰謀論」の核心でもあります。


「支配」ではなく、「安全のための管理」をしていたのが、地球を統治していた宇宙人たちだったのです。

そして、そろそろ、彼らから、人間に、地球の統治権を、バトンタッチされる時期にきているということです。


「人類が神になる日」は、いきなり、全ての人に、パッと訪れるわけではありません。
それは、1人1人に、ベストなタイミングで訪れるでしょう。

全ての人類が、そうなる日も、それほど遠くないと思っています。


今から、楽しみです。
 

{C3241A5D-11F7-4B9A-9698-B0CF17D76CD1}

 

 

 

6人のメンバーは、山口駅で、別れを惜しみながらも、再会を約束して、いったん解散しました。

 

駅で食べた蕎麦が、意外と美味しかったのが印象的でした。

 

image

 

 

駅の中には、なぜか、「UFO」のイラストがありました。

上の絵の右側です。

 

image

 

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas



☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

 

 



☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、応援クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


 

 


ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

 

精神世界の鉄人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス