精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

お待たせしました~!

先月、伊豆半島に行った時の旅行記です。

 

 

今回の旅は、以前に、紀伊半島に行った時の続編のようなかんじになりました。

 

ご存知のように、私の最近のマイブームは、「超巨木」です。

 

太古の時代に、地球には、ウルトラ級のサイズの超巨木が、ニョキニョキ生えていたことがわかって、ワクワクしっぱなしです。

 

さらに、その超巨木を、どうやら、宇宙人たち(神々)が、切り倒して、どこかに持っていったらしいと聞いて、この話も、私の好奇心をくすぐります。

 

「どうやって、その巨木を切り倒したのだろうか? どこに持っていったのだろうか?」

 

これを考えて、毎日ワクワクしています。

 

 

調べると、日本国内にも、ハッキリわかっているだけで、その「切り株」の痕跡が、15カ所くらいありそうです。

 

都心から離れていて、交通の便が悪い所にあることが多いです。

 

比較的、東京から行きやすい所が、伊豆半島にあったので、今回は、そこに行ってきました。

 

 

 

6月17日(土)、JR品川駅で、友人たちと待ち合わせして、新幹線で、JR熱海まで行き、そこから乗り換えて、伊豆急下田駅に向かいました。

 

伊豆急下田駅に着いて、駅前の船の模型の前で、記念撮影しました。

 

{BD2983B2-86CD-4CFB-B607-00AC3D6C4BCD}

 

 

今回の小旅行は、私を含めて、4名での珍道中になりました。

 

いずれも、宇宙考古学や古代史が好きな仲間ばかりで、電車やバスの中でも、古代史や宇宙人の話題で、大盛り上がりでした。

 

 

旅に同行してくれた仲間です。

美味しい魚料理のランチを食べました。

 

{18C9FC95-D28B-46B0-AAE1-F72D82F4C2A9}

 

 

 

以前にも書いたのですが、面白い話なので、再掲載しますね。

 

 

30年くらい前くらいからだと思いますが、量子力学あたりで、「波動」や「振動」などが、注目されはじめ、この世界の根本には、どうやら、こういうものが、深く関わっているらしいということを、たくさんの科学者たちが、気がつき始めたようです。

最近では、この研究が、かなり進んでいいるようです。


詳しいことは、よくわかりませんが、ある講演会で、その講師が、面白い話をしていました。

この世界に存在している物質というのは、それぞれが、個別の固有振動数のようなものを、出しているそうです。
それは、時間や場所、形などによっても、全部違うそうです。

そして、ある特殊な最先端のマシンを使うと、それぞれの物質の振動数を、数字で表示することが、できるそうです。

たとえば、目の前のコップの波動が、そのマシンで測定すると、

「50281435969017」

というかんじで、数字で表現されるのだそうです。

それだけではなく、逆もできるそうです。

そのマシンに、

「50281435969017」

という数字を打ち込めば、そのコップの画像が、コンピューターの画面に、リアルな映像として、表れるのだそうです。


さらに面白いのは、数年前から、アメリカの「NASA」の一部の科学者チームが、そのマシンのセンサーのようなものを、宇宙に向け始めたのです。

地球外の星に、そのセンサーを向けて、その星にあるものを、数字で表示するということを、始めたということです。

その数字を、コンピューターで再現すると、その星の地形などから、海や川などの形が、鮮明に画像として、浮かびあがってきたそうです。

そうやって、火星や金星、土星、木星などから、プレアデス、シリウス、オリオン、アンドロメダ星雲など、様々な星を測定したところ、

「おおっ! この星には、こういう建物が、建造されていて、こういう形の生命体も、存在していたのかー!」

というかんじで、その星に行かなくても、地球にいながら、正確に遠くの星の文明の形態が、鮮明にわかるようになったそうです。


凄いですねー。
現代の最先端の科学は、もうここまできているそうです。


下手な精神世界なんかよりも、最先端の科学のほうが、はるかに超常識の領域に、入っているようです。

 

 

 

「宇宙文明」について、さらに考えてみましょう。

このテーマは、大変難しい問題だし、私たち人間は、現在の時点では、これについては、あまりにも無知です。

 

なにしろ、実際に、地球外に出た人も、全体の人口の中では、極めてわずかなのですから。

 

情報量が、絶対的に不足しているのです。

 

{3AAD0864-3E20-4615-BA31-042A87889586}

 

 


1986年に、アメリカのハーバード大学教授で、マーガレット・ゲラーという、女性宇宙物理学者が、大変に興味深い発見をしています。


詳しいことは省略しますが、これは、宇宙の大規模構造を、ある程度解明したもので、簡単に言うと、

「宇宙の銀河集団が、ちょうど石鹸の泡のように、しかもそれが、規則正しく配置された、巨大な蜂の巣のような構造になっている。」

ということを発見したものです。

 

これはまだ、宇宙全体の0.001%を解明したにすぎないそうです。

 


さらに面白いのは、この銀河集団の宇宙のモデルは、「グレートウォール」と、現在呼ばれているのですが、この形と全く同じものが、人間の脳の中の脳細胞ニューロンの中に、あるそうです。

これが、同じなのかどうか、今の時点では、確定できないようですが、

「宇宙は、私たちの脳である」

という仮説が、近未来に実証される可能性もあるそうです。

ミクロ世界とマクロ世界が、究極の世界では、重なる可能性もあるそうです。
 

 


このような不思議で、未知の世界である宇宙には、やはり無数の文明があり、無数の宇宙人が存在しているようです。

 


これは、太古の昔から、世界中に、それらの痕跡が、山ほど残っていることからも、わかると思います。

 

image

 

 

image

 

 

image
 

 

image

 

 

image

 


あるチャネリング情報によると、この宇宙には、大雑把に分類して、地球の人間の価値観を基準にした場合、人間にとって「善い文明」が、約66万あり、「悪い文明」が、11あるそうです。

 

この11の文明は、とても凶暴で怖いそうです。

地球の中の戦争や犯罪、病気などにも、ある程度関与しているようです。

基本的に、地球まで来ることができる宇宙人は、人間より進んだ科学力をもっていると考えた方が、いいと思います。

肉体をもった存在もあれば、肉体をもたない存在もあると思います。

 

いずれも、人間にとって、「善い存在」を昔から人間は、「神」、「天使」、「妖精」などと言っていたのかもしれません。


逆に、「悪い存在」を、「悪魔」、「妖怪」、「怪物」などと呼んでいた可能性もあります。

ただ、人間が考えるような「支配欲」をもっているという存在は、ほとんどいないだろうと思います。


人間は、地球の歴史だけを考えて、すぐに、

「優れた文明は、遅れた文明を、奴隷化しようと考えるはずだ」

と推測するのですが、それは、地球の歴史において、奴隷化する必要があったからやっただけであって、必要性がなければ、奴隷化などの行為は、やらないと思います。

昔、船で大洋を航海していた時代は、船を漕いでもらうために、大量の奴隷を使いました。

しかし、科学が発達して動力源として、エンジンが発明されてから、そのような奴隷は、いらなくなりました。

ましてや、UFOなどの超光速で走行する乗り物を、操る彼らには、奴隷などいらないようです。

筋肉の力などを動力源にするような、遅れた文明の宇宙人は、最初から、地球に来れないという理屈です。

おそらく、「悪い宇宙人」と呼ばれている存在は、私たちの人間の言葉で言えば、「悪ふざけ」や「冗談」のような感覚で、悪さをしているのだと思います。

 

もしくは、人間には、まだ理解できない理由があるのかもしれません。

 

 


いろいろな情報を繋ぎ合わせると、「善い宇宙人」の中には、私たちを、「悪い宇宙人」から守ってくれている存在もいるようですが、それも、必要最小限の関与らしいです。

 


だいたい、人間の価値観でいう、「善悪」の判断で推測できる存在は、地球より、300~600年進んだ文明の宇宙人までだそうです。

 

その多くは、肉体をもっているか、もしくは、「肉体存在」と「非肉体存在」の中間だそうです。

このレベルだと、人間に近い「欲望」なども、もっている存在が、たまにいるようです。

 

現在の地球には、数えきれないほどの、「宗教」がありますが、それらの宗教団体の90%が、崇拝している存在が、だいたいこのレベルの存在らしいです。

中には、「悪い存在」を「善い存在」と思い込んで、崇拝している宗教も、たまにあるようです。

 

まあ、ほとんどは、私たちをサポートしてくれる「善い存在」らしいのです。

 


わかりやすく例を上げると、地球の文明において、先進国の人間が、未開の部族と接する時、すぐに略奪や暴行、侵略、支配などをする人間もいれば、友好的な関係を希望したりする人間もいます。

しかし、本当に人格が立派で、学識がある人類学者などは、なるべく、その未開の部族の前に、姿を現したりせずに、遠くから観察するだけに、するそうです。

その未開の文化に、影響を与えないように、配慮するということです。

「宇宙人」と「地球の人間」は、ちょうどそのような関係だと、私は思っています。

 

レベルの高い存在ほど、人間の前に姿を現したりせずに、遠くから見守っているのだと、思います。


600年~1000年以上、進化が進んだ存在は、ほとんどが、「非肉体存在」らしいです。

このレベルだと、地球をサポートしたりせずに、宇宙の根本システムに、関与しているようです。

 

つまり、物理学でいう「場の力」や「プランク定数」などを維持したり、コントロールしているようです。

1000年~1億年ぐらい、さらにそれ以上進むと、複雑な「重力」や「電磁力」、さらに、宇宙や生命の本当の源を司っているようです。

科学者の中には、この存在を、前述したように、「ラージ・エックス(Large X)」などと、呼ぶ人もいるようです。

これらの存在とは、人間とあまりにも、知能が離れすぎているため、コンタクトは、不可能だと考えている学者が多いようです。

ちょうど、人間とアメーバ-が、コミュニケーションが、できないような感じだそうです。

それらを、さらに包み込む存在が、本当の「神」というものだと思うのですが、これを論じるには、あまりにも人間は、まだまだ未熟な段階にいるようです。

とりあえず、この問題は、このあたりで保留にしておきましょう。

 

「脳で考えること」や「言葉を使う」という行為自体が、「神」という存在を、「制限された、ちっぽけな存在」に、してしまうようです。
 

 


「類は友を呼ぶ」

 

「朱に交われば赤くなる」

 

こういう格言が、宇宙人の問題にも言えるようで、自分とコンタクトしてくる存在は、「自分と似た存在」なのだそうです。

このことは、ほとんどの宇宙人研究家やチャネラーなどが、指摘しています。

 

私も、自分の体験から、そうだと思っています。

自分が、「善き存在」なら、「善き宇宙人」とコンタクトすると思います。

大切なことは、私たち人間は、基本的に、「永遠の存在」なので、本当は、恐怖を感じる存在などいないのです。

さらに、これを拡大解釈すれば、「永遠の存在」であるということは、地球などより、はるかに長い人生を生きてきているということでもあり、結果として、

「私たちの魂の起源は、全て地球外にあり、私たちは全員、宇宙人である」

ということが言えるということです。

 

「宇宙人」は、けっして、「異質な存在」などではなく、「鏡に映った自分」なのだと思います。

そして、このような「意識改革」、「一体感」が、加速した時に、私たちをスムーズに、次の段階に移行させるために訪れているのが、ほとんどの宇宙人だと思っています。

私たちの、よき「先輩」や「兄貴」として来ているのです。

 


さらに、300~600年後には、今度は、私たち地球人が、「宇宙人」となって、現在の地球のような惑星のサポートをするような計画も、あるようです。

まずは、「自分」という「宇宙人」とコンタクトしてみてください。

確実で、今日からでもできるコンタクトです。

その時に、「副産物」として、本当の「宇宙人」にも会うかもしれません。

でも、怖がる必要はありません。

 

その存在も、「自分」なのですから。(笑)
 

 


余談ですが、昔、あるチャネリングの会で聞いた話ですが、宇宙人たちのグループの中で、地球に行くグループは、とっても変わり者だと、思われるのだそうです。

 


たとえば、地球でも、夏休みの旅行の話を、皆で、やっている時に、皆が、

「私、今年は、フランスに行く!」

「僕は、オーストラリアに行く!」

「私たちは、ハワイに行く!」

と盛り上がっている時に、一人だけ暗い声で、

「私は、今から、北朝鮮に行ってきます…」

という人がいたら、皆から、

「エエッ!? 北朝鮮だって? 何を好き好んで、そんな危ない国に行くの?」

と驚かれるでしょう。

 


ちょうど、宇宙人たちのグループの中で、

「私は、今から、地球に行ってきます…。」

という発言は、そういうかんじに聞こえるそうです。

「エエッ!? 地球だって? 何を好き好んで、そんな危ない惑星に行くの?」

と、驚かれるそうです。

 


地球の人たちの中には、宇宙人が、地球を征服しに来ると思っている人も、けっこういますが、宇宙人たちの中には、そういうことを考えている存在は、とっても少ないということです。

 

理由は、

「地球なんかよりも、はるかに素晴らしい環境の惑星など、まさに星の数ほどあります。どうして、私たちが、地球なんて戦争ばかりやっている、野蛮な惑星を征服する必要があるんですか? そんな、バケーションにも行けないような惑星なんて、頼まれても、征服なんかしませんよ」

ということらしいです。(笑)

日本を含む、先進国の中で、

 

「北朝鮮を、征服しよう!」

 

などと考えている人は、ほとんどいないと思います。

 

でも、北朝鮮のほうは、日本や先進国から征服されると、思い込んでいる人たちもいますよね。

たくさんの宇宙文明と地球の関係は、ちょうど、この先進国と北朝鮮の関係に、似ているみたいです。

 

被害妄想というやつです。

 


夏休みに、

 

「北朝鮮に、旅行に行きたい!」

 

という人は、どういう人たちでしょうか?


それは、もともと、北朝鮮から日本に来ている人で、家族が、まだ北朝鮮に残っている人などでしょう。
 


現在、地球に来ている宇宙人たちも、ちょうど、そんなかんじみたいです。

つまり、地球に来る宇宙人たちは、もともと、前世で地球人だった人たちが、多いということです。


地球に残してきた、家族や子孫、友人たちの未来を心配して、サポートしに来ているということですね。

だから、本当に危険な時に、助けに来てくれるみたいです。

 

ありがたいですね。

 

 

今回伊豆半島の旅では、そういう歴史の中で、様々なドラマを生み出した、「地球」という惑星の真実の姿が、ちょっとだけ垣間見えたような気がしました。

 

次回からは、その話を、少しづつ書いていきますね。

 

{DAC886EE-57C9-453C-AEE7-7A0A6CEE7716}

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas



☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。


http://www.tomaatlas.com/soul.htm

 

 



☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 


にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 


ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

精神世界の鉄人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。