Tube!!仮面ライダー隊新聞RX


Tube!!仮面ライダー隊新聞RX-7


























1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ミズゴロウデイ

本日、ミズゴロウデイ!

安定の色違い9匹!!





色違いは、やっぱ、イイネ!!

心が晴れる\(^-^)/


さすがに日曜日の夕方はやめて欲しいなー

先週もエンテイデイでしたし

家族と夕飯食べたいので

今日は2時間で切り上げました。

色違い取りすぎてもボックス圧迫するだけなので

これから、9匹捕れたら退場しよっかな?




スーパーリーグ用も確保!!

しかし、ナマズンのほうが良さげかな?


でわでわ!

タッツーの逆襲2


あんだけ出なかったタッツー色違い!

2匹目ゲットでございます!



今週、エンテイデイ以降

色違い三匹ゲット!


俺にしては、イロチ運がアップしてるぜ!

せっかくなのでタッツー進化させてみる!





気に入ったイロチは、なかなか進化させたくないですね?

やっぱ、2匹ずつ欲しいなー♪

贅沢ですか?(笑)


でわでわ!

PVPテクニック講座!!

 

PVP推進委員会  委員長の櫻井です!!

 

なんて・・・嘘!(爆)

 

そんな委員会があればなぁと思っただけです!!

 

 

皆さん、PVPやってますか?

 

なんか聞くところによると

 

やってない人は、ほとんどやってないという・・・。

 

 

やらない理由は

 

①タイプ相性が分からないor分かりずらい

 

②勝負事は嫌いor負けるのがヤダ

 

③単純すぎてつまらない

 

④相手がいないor対戦相手を探すのに一苦労

 

⑤報酬のシンオウストーンの需要が低下した。

 

などなど・・・。

 

 

 

実際に、PVPグループに入ってみると

 

強い人と弱い人の差が歴然!!

 

せっかくグループに入ったのに、相手が強すぎてやめてしまう人もたくさんいました。

 

私は、負けず嫌いなので、なんとか食いついていってますが・・・

 

ガチのPVPプレイヤーの人は、なかなかコツを教えてくれない。

 

自分で戦って得たノウハウを人に教えたくない気持ちもわかりますが

 

それでは、PVPは普及しないのではないかと危惧してしまいます。

 

 

 

 

ということで・・・

 

おこがましいですが

 

私なりに得たテクニックを皆さんに伝授して

 

皆さんがPVPにもっと興味を持ってくれたらなと思っております。

 

 

テクニックその1  強い「通常技」を知れ!!

 

PVP経験者ならわかりますが、1回の対戦時にシールドが2回使えます。

 

せっかく貯めたゲージ技もブロックされてしまうと意味がない。

 

ということで、シールドを張れない「通常技」を強いのを使う。

○「りゅうのいぶき」、「はっぱカッター」、「あまえる」などが強いと言われています。

 

また、ゲージが早くたまるような「通常技」も有効です。

○「シャドークロー」、「マッドショット」、「でんきショック」、「エアスラッシュ」、「サイコカッター」、「つるのむち」などが良いです。ただし、それに繋ぐ「ゲージ技」との組み合わせが大事なので要注意です。

 

そして、「ゲージ技」については、できるだけ分割技で強い技を、上記のゲージが早く貯まる技と組み合わせて選ぶ。

○「リーフブレード」、「マグネットボム」、「ドラゴンクロー」、「のしかかり」、「シザークロス」、「サイコショック」など

 

上記、通常技とゲージ技を組み合わせて最強のコンボ技を作っていく。

○「はっぱカッター&リーフブレード」、「りゅうのいぶき&ドラゴンクロー」など。

 

 

テクニックその2 単純にスマホを叩くゲームではない。

 

PVPのことを連打ゲーとバカにする人もいますが、実はその連打が奥深い!!

 

そのテクニックをいくつか紹介します。

 

○ゲージ貯め交換

 初手などで、まったくタイプ相性が悪いわけでもないけど、なんか不利という場面ありませんか?

 さらに、もっと相性が良いポケモンがいるので交代させたい。

 そういう時は、ある程度、ゲージを貯めてから交換すると

 次に、再度、交換して登場した時に、すぐにゲージ技が撃てます!!

 例えば、3匹のポケモンのうち、2匹をゲージを貯めて交代した場合

 3匹目がやられても、その後のポケモンたちは、すぐにゲージ技が撃てるんですね!!

 

○HP少な目のときは、早く貯まる技を撃つべし

 どうしてもタイプ相性が気になると、相性の良いゲージ技が貯まるまで頑張ってしまう。

 しかし、その間に、こちらがやられては元も子もありません。

 そういうときは、早く貯まったほうの技をとりあえず撃っておいたほうが良いです。

 相手のHPが少ない場合は、それでも充分に倒すことが出来ます。

 

○ゲージ技は、すぐに撃たなくても良い

 通常技を連打して、相手より早くゲージ技を撃つというのが基本的な戦い方です。

 しかし、通常技で結構削れる相手がいる場合は、ゲージ技をすぐに撃たずに貯めておくのも手です。

 例えば、チルタリスが「りゅうのいぶき」で相手を削ります。

 ゲージが貯まってもすぐに撃たずに、通常技で相手を倒します。

 すると、次の相手には、ゲージ技を2連続で撃つことができます。

 

○交代のタイミングに注意

 これも経験者ならわかりますが、ポケモンを途中で交代すると50秒間交代できなくなります。

 ですので、できるだけ、こちらから交代しないのがポイントです。

 そのためには、初手には弱点の少ないポケモンや耐久性のあるポケモンを出し

 できるだけ、凌いでから交代する。

 これを心がけるだけでも、違ってきます。

 でも、めたくちゃ相性が悪い相手が出てきたら、すぐに交代させるしかないですね・・・。

 

○バフ・デバフ技を活用する

 わざの中には、ポケモンの攻撃力をUPさせたり、相手の防御を下げたりする技があります。

 その代表なのが、「グロウパンチ」、「アシッドボム」

 例として、「アシッドボム」で防御を下げた相手に、「グロウパンチ」を叩き込む!!

 通常技では得られない効果があります。

 特に、「グロウパンチ」は使うごとに、すべての技の威力がアップしますので

 何回か「グロウパンチ」で強化した後の、「通常技」であるカウンターなどが恐ろしい威力を発揮してくれます。

 

 

○相手がゲージ技を出してくるタイミングを知る

 これは、少し高度な技になってきますが

 相手がゲージを出してくるタイミングで、こちらのポケモンを交代させると

 相手の撃ってきたゲージ技が、交代したポケモンには刺さらないという作戦です。

 大体、相手も同じテンポで通常技を撃ってきます。こちらの通常技と相手の通常技が同じタイミングで貯まる技であったなら、こちらが貯まる寸前で交代すると、相手は既にゲージ技のボタンを押しているので、相手にとって耐性のあるポケモンをこちらが出すことによって、ダメージを軽減するとともに、相手もゲージ技の効果を1回ダメにすることができるのです。

 

ここまでできればガチ勢の仲間入りですね?

 

どうでしょう?PVPの奥深さが分かっていただけましたでしょうか?

 

 

もしPVP対戦に興味のある方がいれば、メッセをくれればフレンドコードを教えます。

 

地道に、親友になれれば、オンライン対戦ができます。

 

また、すでに、私と親友になられている方で、対戦されたい方は

 

メッセで対戦希望日時をご連絡ください。

 

タイミングが合えば、対戦しましょう!!

 

 

 

いつか、私もPVPのグループを作りたいと思っています。

 

今のグループは、みんな強さばかりを求めているのでww

 

できれば、もっと楽しくPVPやりたいんです。

 

例えば、ジャッシュさんがやってるようなルーレットで縛りを作るとか・・・

 

先日、やまださんとゆずみんさんが対戦してたルールも面白かったですね。

 

あんなふうに、ワイワイと楽しく対戦できるグループを作るのが夢です!!

 

 

 

でわでわ!!

 

よろしくおねがいいたします!!

 

 

 

 

ジオウEP43「2019:ツクヨミ・コンフィデンシャル」

脚本:毛利亘宏 
監督:諸田 敏 

 

スウォルツが、“妹”のツクヨミに、時間を止める力は自分たち一族に与えられた特別な力だと言うと、海東に「特別な力」を与えたことを非難するオーラから力を奪ってしまった。

 

 

これをきっかけにウールとオーラはスウォルツから命を狙われることになってしまう。

 

 

追ってきた大樹に追い詰められるウールとオーラだったが、大樹はスウォルツの言いなりにならない、と言うと「好きに使っていいよ」とグランドジオウウォッチをオーラに手渡し去っていく。

 

 

大樹に逃がしてもらったウールとオーラだが、アナザーライダーたちに囲まれ窮地に。そこに現れたソウゴとゲイツは、ジオウ、ライダーゲイツに変身。アナザーライダーを撃破し二人を救う。

 

 

助けてもらったオーラは、自分たちを利用していたスウォルツを倒して欲しい、とグランドジオウウォッチをソウゴに手渡す。

 

 

スウォルツは自分とツクヨミが、もともと王家の人間であり、次の王に選ばれたのが自分ではなくツクヨミだったと言う。

 

 

その決定が気に食わないスウォルツはツクヨミの記憶を奪い、別の時間へと追放していた。そして、スウォルツはツクヨミの力を奪ってしまう。

 

 

スウォルツの不穏な行動を探るため、飛流についたフリをしていたウォズはツクヨミを救出し、ソウゴらと合流。

 

 

 

まずは時間を元に戻そう、とソウゴ、ゲイツ、ウォズ、そして士は飛流、アナザーライダー軍団に戦いを挑む。

 

 

 

 

ソウゴはグランドジオウに変身、これまでとは違った動きでアナザージオウⅡを追い詰めていく。

 

 

ライダーゲイツとライダーウォズは力を合わせアナザーライダー軍団を圧倒、ディケイドは突如現れたディエンドの罠にはまり、ディケイドの力をスウォルツに奪われてしまった。

 

 

グランドジオウはアナザージオウⅡを倒し、ソウゴらは戦いに勝利。

 

 

 

飛流はアナザージオウⅡウォッチを大樹に奪われ、スウォルツからも見放される。

 

 

飛流のウォッチを奪っていく海東。

 

 

時間もすべて元に戻り、ソウゴらの完全勝利と思われたが・・・

 

 

アナザーディケイドウォッチを手にほくそ笑むスウォルツ。
 

「さぁ、始めよう」
 

自らが王になるために、次に仕掛ける邪悪な策略とは!?

 

 

つづく

 

次回!!

 

 

 

 

全アナザーライダー登場!!

 

噂のアクアも登場!!

 

ラスボスは、スウォルツなのかな???

 

仮面ライダーゼロワン

 

初の令和仮面ライダー!!

 

その名は・・・

 

仮面ライダーゼロワン!!

 

 

シンプルでカッコいいデザインですね!!

 

随分前から商標バレしてましたが

 

本日、ついに解禁となりました!!

 

 

「仮面ライダーゼロワン」は、「AI=人工知能」がテーマとなる。

 

AIロボ=ヒューマギアが実用化された世界が舞台。

 

主人公はAI企業「飛電インテリジェンス」の社長となる青年・飛電或人(ひでん・あると)。

 

自社が開発したAIロボがサイバーテロリストにハッキングされて暴走。

 

仮面ライダーゼロワンに変身し、人工知能技術を巡る戦いに身を投じていく。

 

仮面ライダーゼロワンは、「飛電インテリジェンス」の創始者で或人の祖父・是之助によって開発された、「人類を超えるAI抑止力」を持つ変身ベルト「飛電ゼロワンドライバー」に、データが蓄積された変身アイテム「プログライズキー」を装填(そうてん)することで変身する。

 

ドライバーに認証・装填するプログライズキーを変えることによって、戦闘能力を自由自在に変化することができる。

 

脚本がエグゼイドの高橋悠也さんなので期待できますね!!

 

 

主人公・アルト役は、高橋文哉さん!!

 

 

2号ライダー・不破諫(イサム)役は、岡田龍太郎さん。

 

 

主人公アルトは、笑いのセンスがないにもかかわらずお笑い芸人を目指しており、祖父の遺言により飛電インテリジェンスの2代目社長となったのだが、イサムはアルトに偏見と反抗心を持っているが、彼の面白くないギャグが唯一ハマる人間でもあるという設定が面白い。

 

 

そして・・・

 

女性ライダー・刃唯阿(やいばゆあ) / 仮面ライダーバルキリーの女優さんを聞いて驚き!!

 

 

私の大好きな「イゲちゃん」じゃありませんか?

 

井桁弘恵ちゃんは、ゼクシィ11代目CMガールが有名ですね!!

 

最初に見て一目ぼれ(爆!)

 

現在、12代目の子に代わってしょんぼりしてたら、まさかのライダーヒロインに大抜擢とは!?

 

しかも令和初のライダーヒロインですよ!!

 

これは、ヤバイ!!

 

イゲちゃん、愛嬌があって明るくて、本当にいい娘なので

 

みんな応援してあげてくださいネ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でわでわ!!

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>