空冷VW タイプワンblog

空冷VW タイプワンblog

東京都八王子市
空冷VW専門 ガレージ タイプワンです!

お問い合わせは
shopまでメール又はお電話にてお願いします。
http://www.typeone.co.jp/

管理者 K

「私でも、空冷ワーゲン乗れますか?」

必ずと言っていいほど聞かれる質問の1つですが、最近思うのですがこの質問。
ひと昔前は今ほど聞かれなかったような??

たしかに空冷ワーゲンは、外車であり古い車ではありますが、10数年前までは免許取り立ての学生でも、車のことなんて何も知らない女性の方からですら「私乗れますか?」とはそんなに聞かれなかったような?

たぶん変わったのは、空冷ワーゲン側でなく、世の中。
(10年20年前だって空冷ワーゲンは古かったですしww)

その要因は色々だと思いますが
ハイブリッドや自動運転技術など、今までには無かったパターンでの自動車自体の飛躍的進歩から、アナログ空冷ワーゲンの旧車感が増したのも1つ。

もう1つは、ネット社会のデメリット。
「ネット情報がすべてだと思う」
(このブログですらその1つではありますが…)
「空冷ワーゲンとはこんな物」
「空冷ワーゲンの選び方」等

一部には古い車や外車に否定的なサイトもありますが、車自体が趣味趣向で分かれて当然な物なので、その辺りはスルーで(笑)
「新車がいい」のは当たり前
「外車がダメ」だと思ってるのは良さを知らないだけ。
「古い車はダメ」だと言って置きながら、不便さを楽しむアウトドアに行ってる人が居るなら、死刑(笑)

たしかに、
「知らない」ところから、簡単に「知る」ことが出来る部分ではネットは便利ですが、あくまで参考程度に。
どんなことでも実際にチャレンジしてみなければ分からないことばかりです!
下調べのつもりで調べた内容に左右され、空冷ワーゲンに乗ることを断念した方が居るなら、それは勿体ない!
私個人としては、
空冷ワーゲン・車のことなど知らなくても、「マニュアル免許さえあれば乗れる。」
ぐらいにしか思ってません😁

もう1つ付け加えるなら
「信頼の置けるショップを見つける」
(たぶん何よりここが大事)

「古い外車」と聞くと「特殊な車」と単純に思い、故障の心配ばかりしがちですが、専門店にとっては特殊でも何でもありません(笑)
ブラックボックスだらけのプ○ウスよりは遥かに直りますし😁

「私乗れますか?」

それは乗ってみないと分かりません(笑)
話はそれから😁


T-1ビートル リアハーフフロアーパネル
73-ON (3本足シート)全長約900mm 
後部シートレール付
クオリティ 4
取り付け性 4
フィット 4
ハズレ率 -
満足度 4

ビートル73年以降、3本足シート年式用
リアフロアーパン補修用パネルです!
全長900mm程度あるのでフロントシートマウント付近(三角山)から後ろをカバー出来ます。
取り付け方法は言うまでもなく…ウエルドON(溶接)で取り付ける物なので、全部張替えにも必要部分のみ切って使用にも重宝。

なぜかフロアーパネルを買って持っているオーナーさんが昔から居ますが…買ったからと言って、気軽に付けられる物でもありません😅
最近は各メーカーからハイクオリティなフロアーパネルが売られていますが、ロークオリティなフロアーパネルを多く見て来た中では遥かにマシな方(笑)

フロアーの補修用パネルとして見れば、あくまで「板金用パネル」。
多少の修整や加工は当たり前として
錆びた穴が手間無く補修出来、適度な強度と長持ちしてくれることが第一優先です😁
この製品は適度な厚さもあり、フィット感も極悪ではありません😳

特別拘る方でもなければ、付いてしまえば違和感の無い仕上がりに満足出来る製品です😁

フロアーの「錆」は少なからずどの車にもあり、深刻な問題に繋がることも稀なので、特に神経質になる部分でもありません😌
表面的な錆び程度なら、まず錆止めを🙆

※あくまでも個人的感想です。
同じ物に見えてもメーカー違いや、同一メーカーでもロット違いなどで品質・仕様が異なるのが「社外品」です。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
リア トランスミッションマウントset
T-1 73-79 左右セット
クオリティ 5
取り付け性 5
フィット 5
ハズレ率 0
満足度 5

興味無い人ばかりだと思いますが…
純正タイプミッションマウントは、昔から製品も流通も不安定で、ホントに安心出来る良いのが少ないのです😅
「行き着くと純正パーツが1番」となってしまう物の1つ(あるのなら)
低年式用に比べると高年式用のマウントは強化されているので、ダメになる頻度は低いのですが、低年式用ではハイクオリティなリプロダクションがあるのに比べ、高年式用マウントはなぜか、あっても粗悪品ばかり😫

「鉄とゴム」
と言う一見、粗悪に作る方が難しい気がするミッションマウントですが(笑)
純正ミッションマウントが如何に良く出来ていたのか
実はミッションマウント自体の奥が深いのか…

ちょっと交換が出来ない物なので、ミッションマウントはホント常々悩みの種(笑)

そんなこともあり、このミッションマウントには期待!
やや高級ではありますが、背に腹は変えられません😅
Germanと言うこともあり作りもゴム質も良さげ😁

※あくまでも個人的感想です。
同じ物に見えてもメーカー違いや、同一メーカーでもロット違いなどで品質・仕様が異なるのが「社外品」です。