今年は20年に一度のタコの当たり年だという。

 

たこ焼食べたい!アヒージョ食べたい!

 

 

 

そんなわけで、子供を連れて夕方から横浜大黒埠頭へ。

 

 

底にはびっしりタコがうごめいていて、投げれば簡単に釣れるんでしょ、と思っていた。

 

ところがぜんぜん釣れない。

 

まわりでも今日は渋いねー、なんて話。

 

 

 

やっと一匹。

 

子連れの釣りは一時間半が限度。これにて終了。

 

これが7/17の話。

 

 

 

そして7/19、娘にも釣らせてあげたい、と再挑戦!

 

この日は、浦安の臨海公園へ、夕方から。

 

ところがなんにも釣れない。まわりでも、だだっ広い堤防にタコ師がずらっと並んでいるが、釣れているのを見かけたのは、一匹だけ。

 

今日は渋いねー(笑)。雨水が入ってダメになっちゃったのかもねー、なんて話。

 

 

 

さらに8/12、再再挑戦!やっぱり夕方から、横浜へ。

 

 

タコなんて、投げて子供と一緒に巻いていれば釣れると思っていたが、甘くない。

 

子供が1時間で飽きたら、もう釣りにならない。ナンモナシで終了。

 

もう夏も終わる。焦る。

 

 

 

8/19、本気の朝3時出撃。ひとりで浦安の臨海公園へ。

 

しかし、夜が明けてもナンモナシ。

 

タコ師も1人もいない。

 

 

通りかかった犬の散歩の方の話では、タコは終わったよ。みんなサヨリに移ったよ、と。

 

完全にタコフィーバーに置いてゆかれた。。。。

 

 

 

意地になって、翌日の船予約。

 

お世話になったのは、横浜本牧の長崎屋さん。

 

 

長崎屋

〒231-0822 神奈川県横浜市中区本牧元町33−4

http://nagasakimaru.web.fc2.com/

 

 

 

8時出船で、沖へ。

 

台風前までは、沿岸近くだったというが、今日は伊豆大島航路の高速ジェット船が通るぐらいの沖合いへ。

 

 

40号おもりを付けたエギで、牡蠣付きの岩盤エリアをトントントントントントン、と小突く。

 

回りでは、次々と釣れていくが、僕はなかなか苦戦。

 

 

よく釣れている人を観察すると、タコエギをダブルとかトリプルで付けて、硬めの竿でかなり小刻みなシェイク。

 

40号とか50号のおもりだと、あれぐらい硬い竿がいいのだろう。

 

僕の竿はツララの4ピースロッド、ポルタメント73イヌクシュク。ちょっと柔らかすぎたか。小刻みなシェイクをしてもほとんどエギが踊らないのだと思う。

 

 

ようやく一匹。

 

 

浦安で拾ったタコエギと、デビルエイトクロー23グラムのダブル、それにおもり40号を捨て糸で付けた、めちゃくちゃなリグ。

 

捨て糸は弱いロッドのシェイクでも動きが出るような工夫。あとは目立てばタコは抱いてくるだろうという見立て。

 

 

しかし、なかなか後が続かない。周りではバタバタ上がっているのに。

 

いろいろリグを替えながら、デビルエイトクローにおもり40号を捨て糸で、やっともう一匹。

 

 

やっぱり、リグがごちゃついていると、エビになったり、捨て糸が絡んだり、そういう時は反応が無いような。特に投げて投入すると絡みやすい。当たり前か。

 

 

捨て糸もやめて、デビルエイトクローにおもり40号をスプリットリングで連結したシンプルなかたちに。

 

 

これが正解。

 

チョイ投げしても絡まないし、シェイクよりもドラッギング。ゴツゴツ底を感じながら、ヌゥーーーン。乗ったー!

 

ここからは、前半の不調を挽回して、ポツポツ乗せてゆく。

 

結果的に14時までやって、11匹。

 

 

柔らかいロッドなので、他の人達のようにシェイクしてもダメで、船の流れでゆっくりズル引き。流れない時はチョイ投げで移動距離を作るようにして。底の牡蠣を曳きずるゴツゴツの衝撃がワーム部分を揺らしてちょうどいいアクションになっていたのだろうと想像する。

 

1キロ弱ぐらいのタコでも、ロッドはバットからブチ曲がり。2キロ、3キロも周りでは上がっていたので、たぶんそんなタコが乗ったら、この竿ではストレートポンピングしないと折れちゃう。ジギングロッドぐらいがちょうどいいと思う。

 

 

 

いやー、船まで乗ってやっと堪能させてもらいました。

 

たぶん、この船で得た感覚は、オカッパリでも活かせると思う。次は何年後にタコフィーバーの年が来るのかは分からないけれども。

 

 

 

タコフィーバーの年に、はじめてタコが釣れた試行錯誤を残した記録でした。

銭洲行きの予約をしていたのだが、船長に前日確認の電話をすると、風が吹くから銭洲に行ってもダルマはたぶん乗れないよ、とのこと。

 

でも昨日はタダナエのエボシでキハダが何本もヒットしてるよ、と。ルアーでも泳がせでも、と。

 

 

・・・。

 

 

行きますっ!!

 

そりゃ、いくでしょ。

 

 

これまで何度、神津島でガッカリして帰ってきたか。しかし今回こそはもらったにちがいない。

 

そそくさと準備をして、新幹線に飛び乗り、伊東からタイムズカーシェアリングで下田へ。

 

3時半出船、6時半には磯の上。

 

 

 

ところが、食ってくるのは、ショゴばかり。

 

 

しかも、微妙に食いが渋い。

 

 

焦げるように暑い磯の上で14時半まで投げ続けて、何事もなく終了。

 

 

 

船長によると、昨日から1度近く水温が上がったのが良くないのかもねー、とのこと。

 

別の瀬では泳がせでは7~8キロのカンパチが数本上がっていたし、沖ではキハダが跳ねているのを見たとのことなので、魚はいるのだろう。

 

 

 

 

もうそろそろ、いい魚が釣れてほしい。

 

僕でなくてもいいので、どなたかExploreを購入された方、いい魚の写真をお送りくださーい!

 

 

 

追記(2019/8/2): 

 

早速、神奈川在住のIさまから、Exploreで屋久島遠征の釣果写真をお送りいただきました。 

ありがとうございます!! 

 

ツムブリ90センチ、5キロ @屋久島の地磯 

 

更なる釣果を楽しみにお待ちしてます^^

 

 

 

追記(2019/8/5): 

 

さらに、釣果のご報告をいただきました。ありがとうございます!

 

 

静岡在住のOさまより

「以前プロト5のブランクを購入させてもらった●●です。

本日神津島でプロト5で10キロのキハダが釣れました。

余裕をもって寄せることができました。

また新たなブランクの予定があれば購入させてもらいます。

ありがとうございました。」

 

 

かっこいいですね。

 

Oさまは、Exploreのブランクを購入されて、ご自身で組んで使っておられます。

 

 

 

 

追記(2019/8/19): 

 

更に、福岡在住のDさまから、釣果写真をお送りいただきました。 

 

 

Dさまコメント

「カスミアジは、

60cmオーバー 5kg位でした。

ロッドは、扱いやすくて、長時間キャストをしてもロッドが軽いので、体の負担が少ないです。

魚とのファイトもロッドに任せておけば、ロッドが仕事をしてくれるので、魚が楽に上がって来ました。

良い経験が出来ました。

ありがとうございます。」

 

 

 

キャストを続けられる持ち重りの少なさ(おそらく軽さよりも重量バランスだと思います)と、魚を浮かせる高弾性のバットの反発力は、おっしゃる通り、このロッドの強みだと思います。

 

 

 

10キロオーバーの魚と、磯の上で余裕を持ってやり取りできる3ピースロッドは、現行ではExploreだけです。

 

ブランクは、以下のネットショップで購入可能です。

 

 

 

 

 

BigFishGo ホームページ

https://bigfishgo.tokyo-diamond.jp/

 

BigFishGo 公式ネットショップ

https://bigfishgo.thebase.in/

 

 

真夏の磯でGTは出てくれるのだろうか?

 

今回、正直なところ、かなり期待はしていなかった。

 

その上、島に着いてみると、夕方も朝も潮が流れる感じがほとんどない。

 

 

ところが、朝に出会った沖縄から来ているGTアングラーの方によると、数日前にいいサイズのGTを掛けたとのこと。

 

それを聞いて、俄然やる気が湧いてきた。

 

 

 

2日目の夕マヅメは、真黒崎へ、空港の裏からエントリーしてみることにした。

 

 

潮の流れはほとんどないが、磯の雰囲気はいい。

 

時折北東からのウネリによる大しぶきに気をつけながら(それでも2回デカい全身シャワーを浴びた)、立ちやすい足場を選んで転々と撃ってゆく。

 

サラシの中やスリットの上でショートバイトはあるが乗らないのは、カスミアジの小さな奴が時折ちょっかいを出してくるからなんだろう。20センチのミノーは大きすぎるのかもしれない。

 

それでも、デカいGTの回遊があれば食ってくるだろうという望みを掛けて投げ続けるも、ウネリが大きくなってきたので撤退。島の南側も見てみたが、こっちは逆にツルツルの凪の海面で、出そうな雰囲気は無い。

 

 

 

3日目の朝。

 

もう一度、真黒崎方面へ。

 

北東からのウネリは残るが、これぐらいの波っ気があったほうが、魚は出るのではという判断。

 

真っ暗なうちはバイトさえなかったが、日が昇り始めた頃から、チェイスが見えたり、ショートバイトがあったり少し反応が出るようになってきた。

 

ルアーサイズを小さくして、サラシをくぐらせたマグナムミノー16センチにヒット。

 

やっぱり小さい。

 

 

カスミアジ、2キロないぐらい。

 

この魚は、お昼の間のファミリーフィッシングの身エサにするために持ち帰ることにした。

 

 

 

北大東の海は、ファミリーフィッシングでも簡単に釣れてくれる小魚がいっぱい。

 

荷揚げの港にて。

 

 

日中は暑すぎるので、すぐに撤退したが。

 

 

 

3日目の夕マヅメ。

 

もう一度、真黒崎方面へ。

 

回遊待ちで撃ち続けるなら、ここが確率的には一番高いのでは、という判断。

 

 

しかし釣れてくれるのは、カスミアジ。

 

 

やはり2キロないぐらい。ヒットルアーはオーバーゼア130スキッピングをスキッピングで。

 

 

 

さあ、最後の4日目の朝マヅメ。

 

この日は島の南東側に入ってみることにした。潮が流れない真黒崎を撃ち続けても確率は低く、逆に小場所でも人が入らなさそうな場所の方がいいのではという判断。

 

 

グーグルマップの航空写真では、ほとんど起伏が無いように見えたが、実際に降りてみると、ところどころ突き出した岬とワンドの繰り返しになっていて、ランガンしがいありそうな感じである。

 

ワンド対岸のサラシの向こうにマグナムミノー16センチをフルキャストして、トゥイッチを数回してアピール、そしてサラシの中を丁寧にくぐらせると、何かがヒット!

 

と言っても大きくない。

 

 

バラクーダ。3キロないぐらいか。

 

 

次は少しずつ沖のコースを刻んで数投。

 

カスミアジのチェイスが見える。

 

そして、もう一度フルキャストから、丁寧にトゥイッチを入れて足元のサラシの中までミディアムスピードで曳いてきたところで、ミノーの後ろにスッ!と現れた魚影。

 

デカいシブダイだ。10キロ超えていそうな黒い魚体に黄色のヒレが鮮やか。鼻先で触れるか触れないかの距離まで詰めてきたが足元でミノーが水面を割ってしまいUターン。

 

人が入らなさそうな場所は、こういう魚が着いているから面白い。

 

 

最後に、ラピード160の柔らかいジャークに、カスミアジの2キロクラスが飛び出して、タイムアップ。

 

 

 

終盤に掛けて、なんとなくこの島の魚の出方が見えてきたが、また近いうちにタイミングを狙って、再挑戦したいと思う。

 

 

 

<タックルデータ>

 

ロッド    :Explore Shore-GT プロト5(チタンガイド15点バージョン)

リール    :ツインパワー14000PG

メインライン :バリバス SMP 6号

スペーサー  :PE15号 2ヒロ

リーダー   :潮聲50号 4ヒロ

今年の夏休み家族旅行は、北大東島。

 

 

中東に行く計画を立てていたのだけど、情勢を見ると無理して家族旅行する感じではないかな、と国内に行き先変更した。

 

 

この北大東島、調べてみると、とても興味深いことがいっぱい。

 

箇条書きで挙げてみると、こんな感じ。

 

・沖縄とは別のプレートに乗っていて、はるか南のニューギニアの方から移動してきている。

 

・人間が住むようになったのは、まだ100年ぐらいのこと。小笠原よりも後。

 

・八丈島と沖縄の混成文化。

 

・冒険起業家が開拓したフロンティアスピリッツの島であること

 

・今もなお、実験的なプロジェクトがいくつも進行中(農地改良、漁業関連、新事業開発)

 

 

もちろん、釣りを通して興味を持った島だけれど、滞在中たくましい開拓者精神には大いに刺激を感じるものがあったし、自分ならこの開拓の最前線の地で何かできることはないか?と思う旅の日々だった。

 

課題がいっぱいあるって、やりがいがあるよね。

 

 

子供たちも、東京の窮屈な環境から離れて、のびのび。

 

 

今回お世話になったハマユウ荘は、広い中庭に色とりどりの花が溢れて、心地よい。

 

 

子どもたちには、島の同い年の友達ができちゃった。将来が楽しみ^^

 

 

 

 

さて、釣りのこと。

 

初日は17時すぎに、宿について荷物を置き、宿に近い北西の黒部岬へと様子を見に降りてみる。

 

 

時折、大ウネリで、しぶきが吹き上がる独特の地形。

 

 

潮の流れはたるく、魚っ気も感じられない。

 

明日の朝は、ここで撃つことに決めて、磯から上がることにした。

 

 

 

さて、翌朝。

 

4時には黒部岬の磯の上。

 

 

5時前になってようやく視界が効く明るさ。

 

 

4時過ぎの干潮潮止まりから、5時半に日が昇り始め、上げ潮が効き始める頃合いだが、ほとんど流れは無い。魚の反応も無い。

 

 

8時には、家族が待つ宿に戻る予定だが、まだ少し時間があるので、北東の真黒崎の方へ場所を移すことにした。

 

 

小場所が転々と連なる。

 

丁寧にスリットのサラシを撃ってゆけば、居着きのカスミアジが出そうではあるが、時間が無いので省略して一気に先端の岬を目指す。

 

 

ここで沖縄本島から来ているGTアングラーの方とバッタリお会いして、状況などをお聞きできた。

 

何本か、魚は出ているとのこと。そして小さいルアーを沈めた方が反応はいいみたい。

 

FCLLABOの津留崎さんのブログでも、そのように書かれていたが、やはりそうらしい。

→ http://www.fcllabo.jp/shoredaitou11.html

 

 

 

滞在は4日。残り夕マヅメが2回と、朝マヅメが2回。

 

さあ、どうやって攻略するかな。

 

 

 

 

 

<タックルデータ>

 

ロッド    :Explore Shore-GT プロト5(チタンガイド15点バージョン)

リール    :ソルティガ6500

メインライン :バリバス マックスパワー8号

スペーサー  :PE15号 2ヒロ

リーダー   :潮聲50号 4ヒロ半

 

ロッド    :Explore Shore-GT プロト5(ステンレスオーシャンガイド8点バージョン)

リール    :ツインパワー14000PG

メインライン :バリバス SMP 6号

スペーサー  :PE15号 2ヒロ

リーダー   :潮聲50号 4ヒロ半

 

ビッグゲームロッドにフロントグリップはいらない。 

 

だって、デカい魚が掛かった時は、フロントグリップよりも更に前方(ティップ寄り)を持つから。 

 

 

これは僕の持論ですが、それでも、やっぱりフロントグリップ(フォアグリップ)を付けて欲しい!という要望を、たまにお聞きします。 

 

 

そこで、1本組んでみました。 

 

ルックスはいい感じ。 

 

フロントグリップの先の部分は、スレッドを巻いてコーティング、そして口巻き。ワインディングチェックのパーツもワンオフで旋削。

 

リールシートはアップロックにして、最小限の要素でまとめました。(通常版はダウンロックです) 

 

 

デカい魚が掛かった時は、このEVAの段差部分に手を掛けるぐらいがちょうどいいか。 

 

 

ただ、通常版に比べて、36gの重量増になっています。EVAと言えども350mmもの長さがありエポキシ接着剤の重量もあるのでその分が重量になっています。 

 

しかも、リールシートの前方の36gの重量増は、多少なりとも持ち重りにつながります。 

 

 

個人的には、通常版のほうがスッキリしていて振りも軽く、いいと思うのですが、どうでしょうか。

 

通常盤Exploreプロト5(ダウンロック、フロントグリップ無し)

 

 

 

それでも、フロントグリップ版を希望するよ!という方はいますでしょうか?? 

 

もし、ご希望の方がいたら、この1本だけですがお譲りできます。

 

ご希望の場合は、こちらからご購入ください。

→ https://bigfishgo.thebase.in/items/21958499

 

価格は、通常版よりもEVAグリップを1つ多く使いますので、プラス1000円でお願いします。

 

 

 

ぜひ、ご意見やご感想も聞かせてください^^

 

 

 

 

BigFishGo

 

代表     廣瀬一京

所在     〒150-0034 東京都渋谷区代官山町20-6-203

ホームページ https://bigfishgo.tokyo-diamond.jp/

WEBショップ  https://bigfishgo.thebase.in/

メール    ikkei.hirose@gmail.com

電話     080-7826-6811(担当直通)

運営     東京ダイヤモンド株式会社