べにふうき徳之島製茶  『楽島なくッ茶』

べにふうき徳之島製茶  『楽島なくッ茶』

べにふうき栽培の徳之島製茶嫁のブログ。会社の事から子育て日常の事、気ままに綴ります

先日、久しぶりに主人の弁当を詰めました。
作りました。ではなく、詰めました。
と、言っている時点で勘の良い方は
お気づきかと思いますが

おかずは、前日の夕食の残り。


夜、帰ってきた主人が

「昼、弁当食べながら1人で笑ってしまった」

「白ご飯7割、だよね」と。


いや、、、嫁的には

「白ご飯8割、おかず2割でした」

娘達に作るお弁当との差ーー!


こんばんは。

徳之島製茶の嫁です。


新年が明けてから

暖かい日が続いています徳之島。


先日、お仕事でお世話になっている方から頂いた

メールに添付されていた東京の雪景色。

メールのやりとりをしていたその日
その方が目にされている景色を
切り取って送って頂けた景色。
着飾った景色じゃなくて、
私と違う誰かの、目の前の日常の景色。
しかも大都会。
この景色と同じ東京に住む友達の事を想ったりして
何だか、ホッと癒されました。

私、同じ時間を共有している相手が今
どんな景色を見ているのかを
妄想 想像するの 好きなんですよね…

遠くに住む友達と、電話で話している時なんかも
同じ時間を共有しているけど相手は今
目の前にどんな景色を見ているのかな…って。

高いビルやマンションなんかを
外から見ると、同じ建物の中にいるのに
部屋によって、全く違うそれぞれの人生があったり
何か…そういうの好きなんです。


写真を添付して下さった方もそうですが
最近、お仕事をさせて頂いる皆さんとの出会いが
本当に勉強になります。


田舎の小さなお茶農家?製茶会社?の弊社ですが
時々、すごく大きな会社の方と
やりとりをさせて頂く機会があったりして…
やっぱり…ほら、ありそうじゃないですか…
何ていうのかな…マウンティング的な。
大きな会社名だったら余計に。

でも、私がやりとりさせて頂く方
皆さん本当に良い方ばかりで
私のような雑魚キャラにも本当に丁寧に接して下さり
有難い限りです。
最近は、私より年が若い方のほうが多いのですが
本当に勉強になる事が多くて、
あぁ…私もムダに年だけ重ねちゃいけないな…
と、改めて思います。


大きな会社でも、小さな会社でも
結局、「人」ですもんね…。
肝に命じて、2022年は心あらたに
まずは、主人の弁当のおかずを増やす事を
ここに宣言しておきます。
(と、言っても主人に弁当を作る事は、ほぼない)

徳之島、毎年恒例の桜が咲き始めました。



寒いので、みなさんご自愛下さいね。