花を描いた絵画や版画

花を描いた絵画や版画

アート・絵画・イラストのジグソーパズル目次。飾りたい、キレイなジグソーパズルをお探しの方に。名画、人物画、動物画、風景画など絵柄で分類しています。


テーマ:

米華字メディアの僑報は、家族の遺体や遺骨を米国で埋葬する中国人が増えていると報じた。

記事は、世界各国で中国系向けの葬儀場を経営している人物の話として、近年ロサンゼルスに移り住む中国人が増えていることを紹介。ロサンゼルスの街には中国を感じさせるものが多く見受けられ、清明節は墓地でも中国人向けの装飾を施すところが少なくないことから、移住先として中国の富裕層に人気となっていると伝えた。

その上で記事は、中国では今でも土葬を希望する人は少なくないが、政府の禁止令で火葬に限られてしまったことから、亡くなったばかりの遺体を米国に運び入れて葬儀を行う例が近年、特に増えていると紹介した。

記事によると、米国では墓地さえ手に入れれば誰でも埋葬でき、火葬だけでなく土葬も可能なため、わざわざ中国から遺体や遺骨を米国に運んで葬儀を行う人が増えているという。


テーマ:

 画面中央やや上に煌々と炎を灯し暗闇を照らす小さなランプが配され、その周りを囲むように労働者階級の人々が描き込まれている。画面左側の(おそらく夫婦であろう)若い男女は何か会話をしながら皿に盛られたジャガイモにフォークを挿しており、画面右側の少し年齢を重ねた老男女はカップにコーヒーのような飲み物を注いでいる。

 画面手前(最前景)には後姿の幼い女性(子供)が配され構造的に画面の左右を連結させている。強烈な陰影と光の描写によって登場人物や各構成要素は闇の中で浮かび上がるかのように表現されており、その姿や様子は風俗的な内容ながら聖画のような厳粛性を感じさせる。

 

 また太く明確な筆触によって描かれる対象の独特な質感表現は素朴的でありながら画家の主題に対する真摯な態度を見出すことができ、そのような点からも本作はゴッホの修行時代における総決算的な位置に付けられている。なおゴッホは≪馬鈴薯を食べる人たち≫を画題とした作品を(習作を含み)数多く手がけており、本作は第一作、第二作に続いて第三作目(そして最終作)として制作された。


テーマ:

  またこれらはフランス象徴主義(ナビ派)の典型的なアトリビュートであることも注目すべき点である。また色面のみによって構成される天使の羽の上に描かれるゴーギャンの顔は聖者というよりも、まるで悪事を企てる者のように邪悪な印象を感じさせる表情を浮かべており、画家の劇場的な性格を暗示させる刺激的な赤色の背景色との相乗的な効果によって、本作の解釈を困難にしている。

 

  なお本作に描かれる林檎を具体的な性の暗喩として、ゴーギャンの表情を友人メイエル・デ・ハーンと食堂の女主人マリ・アンヌの密接な関係(情事)に対する皮肉的な感情≪嫉妬≫と解釈する説も唱えられている。

 


テーマ:

 一方インスタグラムではブロガーたちから鋭い意見が返ってきた。ブランドのチアリーダーのような活動をしても「不釣り合いな利益」しかないのだとインフルエンサーたちは反論する。

 

 64万人ものインスタグラムフォロワーを抱える、ブライアンボーイ(Bryanboy)として知られるトップブロガー、ブライアン・グレイ・ヤンバオ(Bryan Grey Yambao)は「『不釣り合い』な給料を得るために、インフルエンサーたちがブランドの服を着ているというイメージはばかげている」と話す。「多くのブランドがどれほどケチなのか、フォトグラファーは知っているのか。私が知る限り多くの子たちは、服を着てもなにも支払われない。『フィッテイング』に行き来するための交通費を払って、ブランドの言う通りに服を着ていることが多い。無給でね!」「インフルエンサーは、ブランドとこの使い捨てのような関係を築くために喜んでやっている。しかし、すぐにブランドは、もっとフォロワー数の多い他の子に乗り換えるんだ」とフィリピン出身のファッションブロガーは語る。

 フォトグラファーに使用料を支払わなくてはいけないことをブライアンボーイは理解していると言う。「それでも、直接雑誌やオンラインショップ、ブランドに写真を売っているフォトグラファーに対し、モデルが使用許可書の発行を求めたことはあるのだろうか?」「自身を映した写真が無許可で撮影され販売されている、とインフルエンサー、編集者、ファッションに関係する人全員が訴え始めたらどうなるか想像してほしい」とブライアンボーイは反論した。

 それでもこの関係は「インフルエンサーやセレブたちに有利なように偏っている。有名デザイナーの服を着用している写真が出回れば、その人の露出が上がる。それによってフォロワーが増え、またその人の利益となる」とアメリカ人フォトグラファー、ジェニファー・グレーロック(Jennifer Graylock)は説明する。「しかし(フォトグラファーの名前が掲載された場合)、彼らは10セントの利益を得るだけで、それ以上の得はない」


テーマ:

 本作で最も注目すべき点は、やはりアルルカン(道化師)が身に着ける赤色と黒色の衣服にある。

 セザンヌはこの頃、本作以外にも3点の同主題の作品を制作しており、それらの作品でも同衣装を身に着けているが、本作の衣服の奇抜性と、まるで人形(マネキン)を思わせるような表情の無いアルルカン(道化師)の人物像と組み合わさることで、現実感の薄れた非常に革新的(現代的)な対象のイメージを生み出している。

 

 この真新しい対象への取り組みはセザンヌ以降の近代の画家たちを始め、多くの画家らに多大な影響を与えた。なお白色の木の棒とそれを持つ手を逆にしたほぼ同様の構図による作品『アルルカン(道化)』がケンブリッジのロス・チャイルド・コレクションに所蔵されている。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。