社長の独り言
  • 01Jan
    • 富士山と共に「ゆく年くる年」。の画像

      富士山と共に「ゆく年くる年」。

      2020年12月31日。激動の2020年も終わりを告げ…。見納めの富士山。           2021年 元旦。初日の出(午前7時14分)  初富士(赤富士)その後の日中の富士山と比較すると「赤富士」が分かります。新たなこの2021年が…、世の中が平和で全ての人が幸せでありますように!本年も宜しくお願い申し上げます。

  • 19Dec
    • 「ふたり酒」。の画像

      「ふたり酒」。

      12月18日(金)。私の趣味「ふたり酒」。「ふたり酒」って?と思われる方も多いと思います。が、読んで字のごとく、ふたり(きり)でお酒を飲む事です(笑)他愛もない話しで3人以上で飲む、いわば「宴会酒」とは異なり、2人きりなので、かなり中身の濃い話しになります。そのうち「ここだけの話し」の連発で、2人の仲は急接近。気が付けば入魂の仲に!私はこれまで、この「ふたり酒」で、どれだけ入魂の友ができたか…。「ふたり酒」の掟は、その時にした内緒話しは、絶対に他に口外しないことです。きちんと数えたことはないですが、私のそのパ-トナ-は、老若男女20人くらいでしょうか?間隔は不定期ですが…。今日の「ふたり酒」のお相手は、読売ジャイアンツのバッテリーコーチ亮二こと相川亮二。亮二との「ふたり酒」は実に2年半ぶり。現在の時節柄、ホテルレストランの個室で。先に到着していた亮二は、私の顔を見るなり驚いた様子で、「痩せましたか?」「コロナ痩せだよ、10Kg痩せた。」私はコロナの感染予防から外出を極力控え、その間の自宅での食事制限、アルコールは基本的に週末だけに。結果、この約10ケ月で体重が10Kg近く減量していた。「僕は逆でしたよ。 開幕が延期され、 家で何もすることが無く 昼からお酒飲んで、一時は5Kg太りました(笑) 今は元に戻しましたが。」ス-ツにネクタイ姿の亮二。先ほど球団事務所で来年の契約を無事結んだらしい。「球団も今年はOX億の赤字で、 全コ-チ年俸ダウンです。 致し方ないです。」久々に会い、立ったままいきなりそんな会話からスタート。4時間半。気が付けばレストランの閉店時間が既に過ぎている「迷惑な客」になっていた。今シ-ズンの報告を中心に、話題は例の「日本シリーズ4連敗」「世間では、キャッチャーの違い なんて言われてますが、 負け惜しみではなく、 それは絶対に無いです! ピッチャ-が違いすぎました…。 ホ-クスは出てくるピッチャ-が 全て150キロ以上の急速ですから…。 確かにホ-クスだけでなく パ・リ-グはパワーピッチャ-が多く、 それを打ち返すことに苦労するのが セ・リ-グです。」先日のゴ-ルデンカルテット、ニシこと西村徳文が言っていたことと同じだ。「シリ―ズ前に萩原さんに連絡して、 もっとパ・リ-グのこと 聞いておけば良かったですよ(笑)」「おいおい、それは光栄だけど、 素人の私に聞いても 役立たずだ(笑)」そんな馬鹿話しや現在のジャイアンツのチ-ム事情等々、相変わらず熱く語る亮二。原監督には一番どやされるのが亮二らしいが、時に監督が食事に誘い、同席している監督の友人に、「こいつ(亮二)は、しかっても絶対に逃げない奴なんです。」原監督の厳しさとやさしさの使い分け、ベンチ内での明るさ。元木ヘッドコ-チのバランスの取れた人間性等々私の心配は他所に、外様の相川亮二が違和感なくジャイアンツに溶け込んでいるようで良かった。かつて私の家内が、「亮ちゃんに娘をもらってもらいたい」と、絶賛していた相川亮二。ジャイアンツに行っても全く変わらないナイスガイである。来月、キャンプ前にもう一度「ふたり酒」の約束をして別れた。充実した今日の「ふたり酒」であった。2013年WBCのメンバ-に選出された相川亮二。その時、身に着けたキャップ、グランドジャンパー、ボ-ルをいただきました。(写真は7年前:当時は東京ヤクルトスワローズの選手)

  • 28Nov
    • もはや「セ・パ」でなく「パ・セ」。

      プロ野球日本シリーズは福岡ソフトバンクホークスが、セントラルリーグの覇者、読売ジャイアンツをストレートの4連勝で破り、日本一の座に就いた。ホ-クスはこれでパシフィックリーグ初の4連覇。しかもジャイアンツ相手に昨年に続き全勝での連覇。本当は、「バッテリ-コ-チの戦い-その2.」と題して、「萩原組」のホ-クス吉鶴憲治バッテリ-コ-チとジャイアンツ相川亮二バッテリ-コ-チにバッテリ-コ-チの目から見た勝者敗者から、対戦相手に対する手ごたえ等を聞いて、このブログにアップする予定だった。しかし、あまりに格差のあった両チ-ムから世間やマスコミ、評論家達は、ホ-クスとジャイアンツもさることながら、セントラルリ-グとパシフィックリ-グとの格差に話題が集中している。そこで今日のブログは、そのセとパの比較を中心に検証してみたい。これまで「人気のセ・実力のパ」と言われた時代や現実に2005年から始まったセパ交流戦では圧倒的にパ・リーグが勝利を収めている。私は、現場で実際に戦った監督やコ-チ、選手達はどのように感じているのか?又、思っているのか? 無性に探りたくなった。ここは、入魂にしている「ゴ-ルデンカルテット」の連中に聞いてみたい。まずは、前オリックスバファロ-ズ監督ニシこと西村徳文氏。ニシはマリーンズ、バファローズのヘッドコ-チ、監督として多くの交流戦を経験している。特に2010年のシ-ズンには、マリーンズの監督として、シ-ズン3位から「下剋上」、当時最強チ-ムと言われた落合ドラゴンズとの戦いも制し、日本一に輝いている。その彼は…。「打者、投手全てにおいて違います。 投手においては パワ-ピッチャ-が多いのがパ・リ-グで、 そのボ-ルをしっかり打ち返せるバッタ-が セ・リ-グには少ないです。 スイングの速さが違います。 セ・リ-グのピッチャ-は、 かわそうとするピッチャ-が多いです。 セ・リ-グと戦っていると 明らかにレベルの違いを感じます。」やはり…。東京ヤクルトスワローズの選手、ヘッドコ-チとして、これまで多くの日本シリーズ、交流戦を戦った慎也こと宮本慎也氏は…。「差があり過ぎです。 セで独走優勝のジャイアンツが あの結果ですから…。」私は更に、では、なぜ?と聞いてみた。「スカウティング、編成、球場の広さ、DH… 簡単にあげてもこれだけでます。」昨日今日の問題ではなさそうだ。そして選手としてパ・リ-グ(西武ライオンズ)セ・リ-グ(中日ドラゴンズ)の両チ-ムで日本シリーズを経験し、両リ-グで活躍したベンちゃんこと和田一浩氏は、面白いコメントが返って来た。「セ・リ-グが弱すぎて寂しいです…。 来年の日本シリ―ズは良い試合を 観たいです! でも僕が思うにはホークスが 強すぎるだけで 他の10球団は同じ。 スワローズだけがセミプロかな? と思います。」この厳しいスワローズ評には、スワローズ出身の慎也も…「日本シリ―ズで全く歯が立たなかった ジャイアンツが独走優勝したセ・リ-グで 5位に10ゲ-ム以上差をつけられたスワローズは…、 どう思っているのでしょうか?」とのことである。私は今回ホークスと直接戦ったジャイアンツの亮二こと相川亮二氏にも聞いてみたくなった。その彼は…。「話せば長くなるので、 語り尽くせません。 お会いした時に 是非、話しさせてください!」いったい何を語ってくれるのか?とても興味がある…。いづれにしてももはや長年の呼び方「セ・パ」ではなく、これからは「パ・セ」だろう。

  • 16Nov
    • バッテリーコ-チの対決ーその1。

      11月16日(月)。プロ野球パシフィックリーグのクライマックスシリーズは、福岡ソフトバンクホ-クスが連勝。アドバンテ-ジ1勝を加え、日本シリーズへの切符を手にした。先日、この戦う両チ-ムのバッテリ-コ-チが共に我が『萩原組』のメンバ-で、私としてはどちらか一方を応援するわけにはいかないと記した。勝者、福岡ソフトバンクホ-クスは吉鶴憲治バッテリ-コ-チ。そして敗者、千葉ロッテマリ-ンズのバッテリ-コ-チは、清水将海である。この2人の繋がりはとても面白い。常に「ライバル関係」と言っても過言ではない。もしかしたら、この双方と仲が良いのは世の中で私ぐらいでは…とさえ、勝手に思っている(笑)ちなみに2人ともお酒が好きで強いです!2人は現役時代の1997年から2001年の5年間、同じ千葉ロッテマリ-ンズのキャッチャ-として正捕手の座を争っていた。その後、2012年から2016年までの5年間は、ツル(吉鶴)が千葉ロッテマリ-ンズのバッテリ-コ-チ、将海(清水)は福岡ソフトバンクホ-クスのバッテリ-コ-チ、敵として戦った。2018年から今度は逆に、ツルが福岡ソフトバンクホ-クス、将海が千葉ロッテマリ-ンズのそれぞれバッテリ-コ-チとして戦い、今回のクライマックスシリ-ズに臨んだ。2人の戦いというよりも、2人とも古巣と戦ったわけである。今回の敵チ-ムの中には、自分が手塩にかけて育てた選手(キャッチャ-)がいる。世相の無い私としては(笑)、むしろこの2人が今回の相手チ-ムをどのように見て戦っていたのか?そんなところに、とても興味があった。2人へお祝いと慰労のメ-ルを送信、その返信内容が全てを物語っていた。勝者、福岡ソフトバンクホ-クスのツルは、「(前文略)古巣とはやりにくかったですが、感情が入るとダメなので、心を鬼にしてやりました。」そうだろうな…。今のマリ-ンズのキャッチャ-は全員ツルが育てたキャッチャ-だから。敗者、千葉ロッテマリ-ンズの将海は、「ソフトバンクとの差を思い知らされたシリ-ズでした。(後文略)」そうだろうな…。今を時めく強肩「甲斐キャノン」こと甲斐捕手は、彼の育成時代からずっと将海が育てたキャッチャ-で、こんにち誰もが認める日本一のキャッチャ-。口には出さないが、キャッチャ-の違いを将海は誰よりも感じたに違いない。こんな角度から野球を見ている私なんです(笑)今週末21日土曜日から始まる日本シリ-ズ。バッテリ-コ-チの戦い-その2.今度は、ツル(吉鶴憲治)とジャイアンツの亮二(相川亮二)の対決。戦前の連絡は慎み、終了後に又、それぞれにお祝いと慰労の連絡(笑)相手チ-ムをどのように見ていたのか?差し障りのない範囲でアップしますね(笑)

  • 10Nov
    • バッテリーコーチの対決。

      11月10日(火)。プロ野球2020年ペナントレースはセントラルリーグが読売ジャイアンツ、パシフィックリ-グはソフトバンクホ-クスがそれぞれチャンピオンに輝いた。そして今シ-ズンは、パシフィックリ-グだけがレギュラ-シ-ズン2位の千葉ロッテマリ-ンズと1位のソフトバンクホ-クスが今週末の14日(土)から日本シリーズ出場権をかけて、CS(クライマックスシリーズ)を戦い、その勝者が21日(土)から今度は日本一をかけてセントラルリーグの覇者、読売ジャイアンツと戦う。つまり現在、日本一の可能性があるのは、ジャイアンツ、ホ-クス、マリーンズ。この3球団。そして偶然にもこの3球団のバッテリーコ-チは全て「萩原組」。ジャイアンツが亮二こと相川亮二。ホ-クスがツルこと吉鶴憲治。マリ-ンズが将海こと清水将海。みんな私とは現役時代から20年前後になる付き合いで、これまで私が毎年開催してきた「萩原杯チャリティゴルフ」に、参加して、チャリティに協力してくれた連中である。そもそもバッテリ-コ-チとは…。キャッチャ-にスロ-イングやキャッチングを教え、打者心理を読んだ配球をピッチャーに指示をするリ-ドまで教える。指導内容はそのように多岐に亘る。今年2月、84歳でお亡くなりになった野村克也氏ではないが、「野球はキャッチャーの頭脳次第。フィ-ルドで守る9人の中で唯一、他の8人と異なる方向を向き敵のバッターもランナ-も含め、全ての選手を見る事が出来る位置にいる。扇の要として、その頭脳がゲ-ム展開を操る司令塔の役目になる。」この「萩原組」の3人、もちろん現役時代のポジションはみなキャッチャ-。その他、3人には面白い共通点がある。それはそれぞれがみな3球団に所属した。亮二が、横浜、ヤクルト、巨人。ツルが、中日、ロッテ、ソフトバンク。将海が、ロッテ、中日、ソフトバンク。つまり、ただでさえデ-タを豊富に持つ元キャッチ-という立場に加え複数球団に所属して得た豊富な経験と知識。これから始まるCS、そして日本シリ-ズ。攻防の結果だけではなく、「打者とバッテリーの駆け引き」そんな戦略プロセスを見るのも面白い。つまり、私は特定の球団は応援できない(笑)しかし、どのチ-ムが日本一になっても誰かしらに「おめでとう!」と必ず言える…。そんな世相の無い人間なのである(笑)

  • 27Oct
    • 至福の時。の画像

      至福の時。

      10月27日(火)。「萩原さん、西村監督の慰労会を させていただこうと思うのですが、 日程の調整お願いできますか?」9月に入り、すぐの頃だったであろうか?声の主は、第26代国税庁長官もお務めになった濱本英輔様。濱本様との出会いから今年で丸15年。プロ野球・千葉ロッテマリ-ンズが31年ぶりに日本一に輝いた2005年のシーズンオフ、その日本シリーズでMVPに輝いた今江敏晃選手の結婚披露宴にご招待を受けた我々夫婦のお隣りの席にいらした方が、当時ロッテ球団の社長をされていた濱本英輔様。いや、濱本様の隣りに我々が…という表現の方が適切(笑)。以来、何かとお気使いを頂戴して、スタジアムVIPルームへ招待、定期的に会食のお誘いと、大変お世話になり、私が最も尊敬する方のお一人。そしてその後、西村徳文氏が、千葉ロッテマリ-ンズの監督に就任してからは、ニシ(西村徳文)と私、2人1セットの如く、又、時として我々の女房族まで一緒に、お誘いを頂戴している。今回、あのような形でオリックスバファローズの監督を辞任したニシを心配しての電話だった。日本の国を動かしていると言ってもけして過言ではない濱本様、大変多忙で、その食事会が約2ケ月後の今日、やっと実現に至った。いつもは、「東京倶楽部」というhttps://www.tokyoclub.or.jp日本の皇室や政・管・財界人の中でも限られた方だけが入会している倶楽部にこれまでご招待を受けて来たが、今回は初めて、「日本工業倶楽部」という東京駅丸の内北口の前に構えるやはり会員制の倶楽部に招待いただいた。             日本工業倶楽部     http://www.kogyoclub.or.jpここも「東京倶楽部」同様、厳しい審査の末、それこそ我が国の重鎮が入会している倶楽部で、その館も実に重厚感に溢れ、ドレスコードを始めとした様々な制約があり、当然、会員と同伴でないと入館は許されない。どちらも、濱本様とお知り合いになっていなければ、生涯、入館する事はあり得なかった会場である。会場の雰囲気、スタッフ、お料理そして何と言っても濱本様とご一緒できる時間は私にとって、「至福の時」。今日もプロ野球球団の経営、巨人軍のナベツネさん、西武の堤さんと共に濱本様が絡んだ2004年の「球界再編」の話し。そしてとても興味深かったのは、コロナ騒動に揺れる来年のオリンピック開催の有無。これまでメディアでは報道されていないそれらの真実を語って下さり、ニシも私も「目からウロコ」の連続だった。そのニシは私と別れ際、「何でもわかられていますよね…、 自分の今の心境も 見透かされていました。 勇気とファイトが 湧いてきましたよ!」と、濱本様からのアドバイスが、野球人としてのこれからの再出発に、大きな影響を与えたようだった。そういう西村徳文も又、今日は「至福の時」だったに違いない。

  • 25Oct
  • 10Oct
    • 「ありがたき澤ちゃん」の画像

      「ありがたき澤ちゃん」

      10月9日(金)。ブログ(FB)も書いてみるもんだ。。。(笑)本年、私が社長就任30周年を迎え、会社の社員や友人からお祝いをいただいた事をこのブログやFBで披露させてもらいましたが、それを見た私の「ふたり酒」の入魂、澤ちゃんが、「今度是非、お祝いをさせて…。」そして今日、そのお祝いを。場所は永田町にある「ザ・キャピトルホテル東急」で。偶然にもここは、澤ちゃんも私も共に結婚式を挙げたところ。ホテル内のいくつかあるレストランの中でも平素互いが贔屓に利用する「水簾・鉄板焼き」で。    澤ちゃんのタブレットに覗いて記念撮影「パシャ!」そしてなんと粋なプレゼントをいただきました!「TAKEO KIKUCHI」 のネクタイ。それも3本も!澤ちゃん曰く、3本の意味は…、私のこれまでの社長歴30年に掛けたそうです。それは…。写真右より就任から10年は、「若葉の頃」その後の10年は、「成長期」そしてこの10年は、「円熟期」だそうです。色合いや柄が、その意味合いを見事にイメージされていると、思いませんか!?「ネクタイは語る」 です。私は思わず澤ちゃんに、「この3本それぞれに合わせたスーツ作りますよ!」澤ちゃん、「そちらの方が高くつきますよ(笑)」仕事(社長業)のこと、家族のこと、話しは尽きず、しっかり4時間。美味しいお酒を飲みました。「ありがたき澤ちゃん」ありがとうございました!

  • 09Oct
    • ほんの少しの恩返し。の画像

      ほんの少しの恩返し。

      10月8日(木)。ちょっとこのところ相撲ネタが続きますが…。今から56年前、私が小学生の時、家に第46代横綱・朝汐さんが見えた事があった。正確に言うと、現役を引退したばかりの親方として。(後に5代目・高砂浦五郎親方)その時の事は,子供心に衝撃的で、忘れられない思い出となっている。引退相撲で最後の土俵入りをする第46代横綱・朝汐    (太刀持ち・大鵬  露払い・柏戸)親方と父はプライベートで海外旅行へ一緒に行くほど仲が良かった。そして、息子の私を、「若旦那」と呼んで下さり、それはかわいがっていただいた。後に私が父の会社へ入社、年2回の会社主催のゴルフ会には、必ず参加下さり、しかも、「若旦那と一諸の組じゃないと参加しないよ(笑)」とまで…、ただただ恐縮。私の結婚披露宴では、「乾杯の音頭」も取っていただいた。その親方がお亡くなりになり、今月23日の命日は「33回忌」。実は親方には、目に入れても痛くない(笑)Kちゃんというお嬢さんがいて、親方がお亡くなりになった後に結婚されたその披露宴には、私もご招待いただいた。あれから29年…。ふとした事がきっかけで、今日、Kちゃんとそれ以来の再会!29年のブランクを感じさせない2人の会話。親方の思い出話し、健在な女将さん(お母様)の事、そしてKちゃんの結婚後の事…。楽しいひと時だった。4日前が誕生日だったKちゃんにサプライズ!お店のスタッフも「ハッピバースデー♪」をサービス。今は亡き天国の高砂親方に、「ほんの少しの恩返し」ができたかナ…。

  • 06Oct
    • 23回目の「カレ-の日」。の画像

      23回目の「カレ-の日」。

      10月6日(火)。今日10月6日は、恒例の「カレ-を食べる日」。それは…。23年前の今日10月6日、私を「兄貴」と慕ってくれていた元力士「熊翁(くまおう)」が自ら運転する車で交通事故を起こし、この世を去った。行年31歳の若さであった。知り合った当初は、「小生意気な奴」という印象がとても強かったが、ある宴席で隣り同士で飲む機会があり、それから急速に親しくなった。用事もないのに電話をくれたり、飲みに行く約束をした日の当日には、確認の電話をくれたり、飲みに行けば私より年下で、しかも力士という「一得の職業」?にも関わらず、時として私にご馳走してくれるような奴だった。小さな身体ではあったが、高い身体能力の持ち主で、とうとう「関取」(十両)の座をつかんだ。同時昇進したのが、後の横綱・曙と同じく横綱・若乃花。新十両初日の土俵では身長で約30センチ高いその曙を「つり出し」でやぶるという、とてつもない奴だった。「十両昇進祝い」を我が家でという事になり、何でも好きな食べ物を…、と言うとそれが何と「カレ-」。おいおい、それが天下の関取の昇進祝いのメニュ-か…(笑)。しかしこれが彼の私に対する付き合い方の表れで、かっこつけず、どのような時でも本音を言ってくれる奴だった。平素私の友人知人を、「さん」づけや「ちゃん」づけで呼ぶ私の家内も奴のことは唯一、「熊翁」と呼び捨てで呼ぶほど親近感を抱いていた…。結婚式には夫婦で招待され、それから間もなく新婚の奥さんと生まれて間もない子を残して…。以来、私は彼の命日、今日10月6日は、必ず「カレ-」を食べて彼を偲んでいる。その恒例行事も今年で23回目。本当に惜しい奴を失った。私は実の弟を失ったような気持ちだ…。残念で、残念でならない…。そしていつも彼の墓前で、「奥さんと子供を見守ってくれ! 私に出来ることはさせてもらうから…。」と祈っている。今年のメニューは、「キ-マカレ-」。合 掌。

  • 03Oct
    • 90周年祝いの「相撲櫓」。の画像

      90周年祝いの「相撲櫓」。

      10月3日(土)。本年、おかげさまで創業90周年を迎えた弊社。そのお祝いにと、大相撲・元水戸泉の錦戸親方、行司の木村朝之助さん呼出しの邦夫さん、そのお三方から立派な「相撲櫓(やぐら)」を頂戴し、本日、弊社本社に届けてくださいました!                                      「相撲やぐら」は、大相撲東京場所が開催される両国国技館に設置されています。このやぐらの上で、呼出しさんが太鼓を叩き、やぐらに設置されている「板番付」には、その場所の番付が、又、その日の取り組みもそれぞれ行司さんの手によって筆耕されています。又、本場所開催中、力士や行司・呼出しさんに、贔屓筋から贈呈された染め抜きの「幟旗」(通称:のぼり)がやぐらに隣接、所狭しと立てられます。これらをそっくりミニュチュアで、しかも全て手作りにて作製されたのが、この頂き物です。こんにち、この「相撲櫓」を作ることのできる相撲関係者はわずか数人と言われています。そのわずか数人の一人で、今回のこの頂き物の制作者は、高砂部屋所属・十両呼び出しの邦夫さん。今回この作製に約6ケ月を要したそうです。そしてここに書かれている文字は、「相撲文字」。筆耕は、やはり高砂部屋所属の十両格行司の木村朝之助さんによるものです。染め抜かれた幟旗には、弊社の創業90周年祝いが贈り主である錦戸親方、朝之助さん、邦夫さんの名前と共に染め抜かれています。実は弊社の先代、二代目であった父も約50年前に大相撲関係者から頂戴しており、幼少の頃から相撲好きだった私にとって、それはあこがれの品でした。まさか自分の名前の入った櫓をこのように頂けるとは、夢にも思いませんでした。まさに「世界にたった一つ」しかない宝物です。「社宝」としてこれからも代々大切にさせていただきます。 中央の「相撲櫓」を挟んで 左:高砂部屋所属 十両格行司・木村朝之助さん 右:十両呼出し・邦夫さん早速社長室に飾らせていただきました。朝之助さんの左に見える「板番付」は、いまから12年前、朝之助さんが私の為に筆耕くださった、やはり世界に一つしかない大変貴重な品です。本日、所用のために来られなかった錦戸親方、そして朝之助さん、邦夫さん本当にありがとうございました。また一つ、大きな夢が叶いました!P:S 先日の「五人会」を欠席した    このお二人と今日、    「三人会」をしました(笑)

  • 21Sep
    • 私の「ふじやま師匠」。の画像

      私の「ふじやま師匠」。

      9月21日(祝・月)。今朝、「富士山の初雪化粧」が観測されたというニュースが富士山麓・「富士吉田市」から発表された。昨年よりも約1ケ月も早いとのこと。これは、よく耳にする「初冠雪」とは異なります。私自身もこのことを知ったのは、ほんの数年前。大々的に発表になる「初冠雪」とは、山梨県甲府市の気象台からの観測発表で、今日の初雪化粧は残念ながらその気象台では、「初冠雪」とは認定されませんでした。甲府市からは、その雪が確認されなかったのでしょう。しかし今朝、富士山麓の「富士吉田市」、「忍野村」、「山中湖」からはしっかりと確認され、滞在中の私も幸運にも見ることができました。私も富士山の写真を撮り始めて、かれこれ20数年になりますが、そのきっかけを作ってくれた「ふじやま師匠」がいます。生誕地・山中湖で、「カレ-ハウスJIB」という繁盛店を経営されているマスター。毎朝「今日の富士山」を取り続け、店内にも飾られています。私とはその店の開店以来の夫婦付き合いで、このブログにも何回かアップさせていただきました。今日はその私の師匠が撮った今朝の「初雪化粧」を始めこの9月に撮られたハイライト写真をご本人の承諾を得たので披露させていただきます。          9月21日・富士山「初雪化粧」    9月10日・富士山にかかる虹(その上にも二重に)           9月7日・赤富士と逆さ富士泣く子と師匠には勝てない?アッパレ!

  • 16Sep
    • 「五人会」。の画像

      「五人会」。

      9月16日(水)。「ゴールデンカルテット」の4人に続いて、今度はその名も「五人会」。私と30年を超えるお付き合いの上方落語家・桂 文福師匠。「上方落語協会」理事を務め又、和歌山県出身の芸能人で構成される「和歌山出身芸能県人会」会長も務める。そして何と言っても相撲好きで有名な噺家さん。師匠の地元開催の大阪はもちろん、名古屋、福岡の地方場所。更に東京三場所と大相撲の年間六場所全て足を運んで観戦するという好角家。師匠がその東京場所観戦に上京する際に集まるメンバ-がこの「五人会」。元NHK大相撲実況中継アナウンサーで現在、大相撲機関誌の編集をされている緒方喜治氏、大相撲高砂部屋所属で十両格行司木村朝之助氏、同じく高砂部屋十両呼出し邦夫氏、そして私の五人である。もっとも大相撲東京場所開催の1月、5月、9月は、私が必ず出張のある月で師匠が上京される週によっては、私が東京に不在、この「五人会」の欠席を余儀なくされる。一番出席率の悪い会員である(苦笑)今回は新型コロナウイルス感染の現状を踏まえ、出張を自粛している私が久々に参加。しかし今度は、そのコロナの影響から現在、外出禁止令の出ている相撲界。行司の朝之助さん、呼出し邦夫さんの2人が不参加。中々五人そろわない。        (左から)緒方アナ・私・文福師匠大相撲のよもやま話で楽しいひとときだった。

  • 15Sep
    • 「ゴールデンカルテット」。の画像

      「ゴールデンカルテット」。

      9月14日(月)。     【 ゴールデンカルテット 】西村徳文。そう、ほんの1ケ月前までプロ野球・オリックスバファロ-ズの監督だった男。今日はその「慰労会」を、この4人、『ゴールデンカルテット』で開催。元東京ヤクルトスワローズの宮本慎也、元中日ドラゴンズの和田一浩、そして私を含めたこの4人の付き合いは、もうかれこれ16~17年になるであろうか?そもそも、それぞれと20~30年の付き合いがある私が、3人に声を掛け、シ-ズンオフ(1月)にゴルフをして、その帰りに我が家で、家内の手料理の食事をしながら密談(笑)そんな交流が毎年恒例化、そしてこの「4人会」を『ゴールデンカルテット』と私が命名。(私だけはゴールデンではありませんが・笑)後に、このメンバーから監督が誕生(西村)、通算2000本安打達成の「名球会」会員も誕生(宮本・和田)。失礼ながら、付き合い始めた頃、これだけの連中になるとは、全く想像もしていなかった…。それぞれ所属球団が異なり、マル秘情報交換(笑)と言うよりも、何でも腹を割って話すことの出来るメンバ-だ。今回の言い出しっぺはべんちゃんこと、和田一浩。ニシ(西村徳文)が成績不振から監督を辞任した翌日、心配したべんちゃんから早速連絡があり、「ニシさんの慰労会やりましょうよ!」そこで私が4人の都合を摺り合わせ。ところが超多忙な連中、やっと4人全員の都合がつき、今日の開催に至った。話しの焦点はもちろん今回のニシの監督辞任(解任)に至るまで…。これまで抑えていたものを一気に吐き出すニシ。慎也もべんちゃんも真剣に聞き、うなづいている…。そして時に質問をしたり、怒りを共有したり…。2時間くらい経過したであろうか…。今日の主役のニシが、「あぁ、スッキリした!」いつも以上にピッチの早いアルコールで、既にベロベロ(笑)そして次なる話題は、次期監督が確実視されていた慎也こと宮本慎也が、なぜ昨年ヤクルトスワローズのヘッドコーチを辞任、退団までしたのか?その経緯を語る。べんちゃんは再三、指導者のオファーがあるも未だユニフォ-ムを着ない理由を…。気が付けば4時間…。同業のプロ野球界の中にももちろん多くの友人がいる超一流のこの連中。しかしこうして本心を打ち明けられる仲間はそうはいないと異口同音に。(口の堅さが大前提)私は、「それが『ゴールデンカルテット』なんだよ!」(一同大笑)彼らが再びユニフォ-ム姿を見せてくれる日を、私は心待ちにしている。追 伸 :10年前の2010年は、     ニシが千葉ロッテマリ-ンズの監督就任     1年目の年(史上初のシーズン3位から     日本一)。そしてその年の今日と同じ9月14日は、     偶然にも私が千葉マリンスタジアムで行われた     対福岡ソフトバンクホークス戦で     始球式を拝命した記念の日だった。    https://ameblo.jp/tokiwa1930/entry-12510177031.html『夢の実現!興奮未だ冷めやらず。』9月14日(火)。「千葉ロッテマリ-ンズ応援ツア-」。過去2回、私が開催しているこのイベント。あの31年ぶりの日本一に輝いた2005年以来5年ぶりの開催だ。…ameblo.jp

  • 10Sep
    • 感謝、感謝のサプライズ。の画像

      感謝、感謝のサプライズ。

      9月10日(木)。「サプライズをして人に喜んでいただく」これは私の人生のライフワークみたいなもの(笑)。これまで沢山の方々を驚かせて来ました。そんな私が、「倍返し」以上のお返しサプライズを受けちゃいました。毎週木曜日の朝は、本社で全体ミーティングの日。そのミ-ティングが終わるや否や「社長就任30周年、おめでとうございます! これは役員、社員一同からです。」と代表して女性社員からプレゼントを!私が好む「富士山」に因んだものを。いや~、本当に予期せず、驚きました。みんなが一斉に拍手をしてくれた時にはちょっと「グッ」と、きちゃいました…。本来、9月1日が就任記念日ですが、全員が揃う、しかも「大安」の今日を選んでくれたそうです。9月1日のブログに、「自分で自分にご褒美」なんて書きましたが、自分であげなくても充分に満足するご褒美をいただきました。艱難辛苦の30年。ではありましたが、「困難だった出来事」は今、全て忘れてしまった感じです。まさか、この年でこんなにうれしいプレゼントをいただけるとは…。「みんな本当にありがとう! 口うるさい社長ですが、 みんなの幸せのためにも、 今まで以上に頑張るね」いただいたプレゼント、「記念パネル」は会社の社長室に。「花束」は自宅の仏前に。そして「加賀友禅・富士桜の置時計」は私がこよなく愛する「富士山」の麓に。それぞれ大切に大切に飾らせていただきます。本当に社長冥利に尽きます。。。「感謝!」

  • 06Sep
    • モロコシの皮むき。の画像

      モロコシの皮むき。

      9月6日(日)。孫のところに産地から、「トウモロコシ」を送ったら、一生懸命皮むきをしてくれていると、お嫁ちゃんから写メが送られてきました。富士山の写真と甲乙つけがたい。。。

  • 01Sep
    • 感謝、そして自分にご褒美。

      9月1日(火)。今日9月1日は、30年前、私が3代目社長に就任した日。本当に色々な事がありました。どんなに時間をかけても語り尽くせないほど…。我が人生におけるこの30年間は、どれだけ自分を成長させてくれたか…。このブログの掟の一つ、「仕事のことは綴らない」。記念日の今日は、掟に反してちょっとだけ、綴っちゃいます(笑)30年前、同族会社にありがちなお家騒動があり、2代目である父から「来月から社長をやれ。」それまで1(いち)営業マンとして、営業しかしていなかった当時入社13年目の平の営業部長が、1ケ月後に「代表取締役」。むちゃくちゃでしょ。。。これって、信じられない。。。ふつうなら。それを機に、仕入(生産計画)、経理(銀行関係・資金繰り)、人事(社員教育)等々を何も知らない若造が任されたわけですから…。社員もいい迷惑です(苦笑)これ以上書くと、私自身が一番嫌いな愚痴になってしまうので…、この辺で止めときましょう(笑)この艱難辛苦の30年を、何とか乗り越えて来た…。今回の「コロナ」といい、不可効力な天災や経済ショックも多々あった。もちろんそこには、私を支えてくれた社員始め家族、更に対外的な多くの方々の協力なくしてこん日は無い。衷心より感謝である。そして、この私自身は誰も褒めてくれないから、自分で自分にご褒美を、差し上げよう!私が何より好物の「鮨」を、自分のお金で(笑)高級店のカウンタ-の端っこで、たった一人。そしてこの日は予算も青天井だ!(笑)10年後には会社創業100周年、念願の「100年企業」の仲間入り。今度は次世代に託して、頑張ってもらおう!!

  • 22Aug
    • 今夏、最後の霊峰富士。の画像

      今夏、最後の霊峰富士。

      8月22日(土)。昨日、朝の散歩で今8月最後?の富士山を投稿したつもりでしたが、今朝5時の帰京時、又 違った顔をした絶景富士山が拝めました。思わず車から降りて…。今夏は本当に色々な顔をした富士山を観ることができました。ありがとう!私の大好きな「世界文化遺産・霊峰富士」いつもあなたを観ていると、気持ちが大らかになれます。今夏もブログ「富士山、あの顔この顔」お付き合い、ありがとうございます。

  • 21Aug
    • 散歩完遂!の画像

      散歩完遂!

      8月21日(金)。明日、帰京。今年は本当に連日「絶景の霊峰富士」が拝めた。決算資料の仕事を持ち込んでのこの長期滞在、今年で25年目。朝、雨が降っていて散歩が出来ない日も例年必ず数日はあったけど、今年は散歩完遂。さぁ来週から気合を入れて、暑い東京で頑張ろう!!

  • 20Aug