こどもの心はミュージカル!
こどもの心をでっかくはぐくむ
ミュージカルアカデミー『とぶくじら』では、
こどもミュージカルを、一年かけて作っていきます。

こどもたちの個性を引き出し、
生きる喜びにあふれる練習は、
一回一回が楽しい本番なのです!

恥ずかしがり屋さんも、
元気いっぱいヤンチャくんも、
子どもも大人も、
赤ちゃんまでもが
歌って、踊って、演技して、
笑い転げてミュージカルを作っています。

2018年度の公演は、『ふしぎのくにのアリス』!
子どものアイディアで、
とぶくじらのこどもで作る
傑作こどもミュージカルになるよ!



詳しくはお問い合わせを!!
  • 18Sep
    • 衣装が進んでいます

      とぶくじら広場のこどもミュージカル、『ふしぎの国のアリス』の役が全ての教室で発表され、おおかたのセリフが決まりました。一年一年、小さかった子たちがセリフを言えるようになったり、思春期に入り、逆に言いづらくなったり、それぞれの成長に胸がいっぱいになります。新しく入った子も、役決めをしたあたりから、本来の姿が見えてきて、公演ごとにちょっとセリフを変えたり増やしたりもしています。今年は双子ちゃんが入り、別々の役にするか同じ役で活かすかをだいぶ練りましたが、二人が力を合わせて立ち向かう感じがかわいくて、二人で同じ役にしました。そして、ステージ上では、どちらもが前に出たがるユニークなドードー鳥をしてもらいます。力を合わせられるから、もめる面白さも見えてきます。今日のレッスンをした北教室では、幼稚園からミュージカルをしているけど、あまり大きな役をしてこなかった子がアリスに選ばれました。その子は、「よし、やるぞ!」という覚悟が現れついて、たくましさを感じました。舞台に出るだけで、緊張して後ろに引きがちだったのに…と感慨深いです。年長さんでアリスになった女の子は、こないだまで自信がなくて、ショボショボ、セリフを言っていたのに、しっかり練習してきたらしく、はりきって声を出しています。おーっ、アリスらしさが彼女の中から輝き出したね!アリスはディズニーのイメージで、ずいぶん、おりこうな女の子みたいになっていますが、本来は結構、はっきりとモノを言う主義主張を持った子です。気が強くて、自分の考えをひけなくて、ふしぎの国でたくさんの価値観と出会い、ぶつかり、 相容れず、再び考えながら、成長します。そんなアリスの本質をついた女の子を選んだつもりですが、あの年長さんの声には感動でした(๑>◡<๑)熱意と本気と、本来の特質。それぞれが役を通して、光を放ちます。ミュージカルって、全身表現って、これだから面白い!衣装もお母様たちの協力を得て、進んでいます。今回の白うさぎは、ちょっとオシャレに、花柄にしてみました(๑>◡<๑)みんなが喜んできてくれますように!

      NEW!

      テーマ:
  • 16Sep
    • 休むって大事だなぁ

      今日は朝から衣装を作っていました。ウサギの耳がうまく作れず挫折。昨日、ちょっとひねった足が今朝は思いのほか痛くて、振付しようと思っていたのも気が乗らず…仕事をするテンションにならず、結局、思い立って、車を走らせ、ちょっと遠出してきました。とってもキレイなものを見て、気持ちが穏やかになりました。休むって大事だなぁと実感。そして、キレイなものを見るのも大事だなぁとやる気を充電できました。明日からまた、がんばろう✨💪✨

      1
      テーマ:
  • 08Sep
    • 悔し泣きも成長の栄養

      ミュージカルの配役が、各教室で発表され、セリフ決めも始まりました。とぶくじらのミュージカルでは、本来、主宰者の意識には、主役とかはなくて、みんな活かせるようにしていますが、でも、やはり作品をやる以上、主役など、参加してる側にはそれぞれになりたい役が出てきます。なりたい役になれて大騒ぎの子、思った以上に大きな役で緊張する子、仲良しとなれて手をにぎりあう子、そして、なりたい役になれなくて悔しくて唇を噛みしめる子…私は昔、ミュージカルの出演者だったから、この悔しさを何回も味わってきました。だから、辛さが痛いくらい分かります。悔しいよね。なんであの子がよくて、私じゃダメなの?とか、思うよね。でも、決める側になってわかったのは、決める理由は、その子だけの問題じゃないということ。その年の全体のバランスは、かなり大きな割合をしめます。今年は全体的にアリス候補にハッキリしたちょっと骨太タイプが多かったので、全体的に声も太めの子が選ばれました。そして、アリス特有の是が非でも動かない意志の強さがある声。昨年、「ピーターパン」をした際にウェンディをやったような演技がうまくても、繊細さが勝っている優しい声の子は、選ばれず、数人は涙を流していました。ウェンディをやった子でも、前に前に出る演技をしたタイプの子は、選ばれた子もいます。また、決定者(私)の思いもとぶくじらではかなり左右します。その子が割とピンの役が多かったり、大きい子に面倒見てもらう役が続くと、時には集団を引っ張る役にします。支える大変さを知れば、支えられる感謝も出てきます。そしたら、来年が変わってきます。こどもは経験したことが身につくから、面倒をみたり、みられたりして、人と助け合う協調性も育まれるでしょう。そして、チームを作る大切さを感じてほしいです。でもね、じつは集団の役は楽しいです。役に遊びがいっぱいあるから。参加初年度に主役をした男の子、もう主役はこりごりなのか、集団役になると嬉しそうにしています。そして、持ち前の演技力で、たくさんたくさん出番で工夫してくれます。彼は今年は帽子屋さん。 台本の読み方をさっそく工夫していました。なりたい役になれなくても、泣いて悔しくてまた、思いが募って、乗り越えてたくましくなる。みんな、がんばれ!

      1
      テーマ:
  • 04Sep
    • 脚本製作、衣装づくり、音楽編集

      今日は台風でとぶくじら北教室はお休みになりました。昨日のうちに判断したから、昨日のうちに北教室の子には脚本を送付しました。役決めを8月にして、発表は9月最初のレッスンだから、先送りしたら、発表が第3週の火曜。そんなに先にしたら、こどもの気持ちがもたないと思ったからです。さっそく、何人かのお母様から「脚本、届きました!」と連絡がきて、ビックリ!昨日、投函して今日には届くなんて!郵便局さん、ありがとう!この台風の中、届けてくれたんですね。地域によっては、明日に届くでしょう。こどもの様子も、メールには書かれていて、喜んでもらえているみたい。私は、今日が休みになるのを昨日のうちに決めたから、今日は一日、事務作業です。まずは、みんなの服のサイズをあわせ、衣装デザインを考えます。「アリス」に取り組んでいて、トランプ、アリス、うさぎの衣装は昨日のうちに布を買いにいったから、明日から各教室で作業が始められるよう、段取りを整えます。ウサギのチョッキとトランプの裏の柄にステキな布が見つかりました!さあ、どうなるか、試作もしなきゃですが、まずは、段取りにとどめます。音楽の編集作業も同時並行。機械を使う作業はキライですが、こどもたちを思えばこそ、やってられるというものです。その合間に昨日買ったスルメイカをさばいて、煮物にしました(๑>◡<๑)外の台風の勢いをもらい、私も勢いよく仕事を進めます。台風、大きな被害がでませんように。

      3
      テーマ:
  • 03Sep
    • 台風に備えて…安全第一

      明日のとぶくじら北教室は、台風が来ているため、おやすみします。脚本を配布したかったから、大変残念ですが、とにかく安全が第一です。振り替えは、10月5週目の火曜予定です。よろしくお願い申し上げます。とぶくじら広場粟嶋紀子

      1
      テーマ:
  • 01Sep
    • 伸びる夏

      夏にこどもは、背が伸びるなぁとミュージカルをしていて、夏明けの子を見ると思います。かく言う私も、今日の健康診断で、20年前から7mmも伸びていました…年取ると縮むはずだけど、心が伸びやかになると、背も伸びるのかな?さて、とぶくじらの夏の合同練習では、役決めの他にも、踊りの振り付けなどを全員で復習します。夏のパワーアップ講座に出た高学年以上の子が中心に、全身を伸びやかに、腕は肩から先じゃなくて、肩甲骨ごと、僧帽筋ごと伸ばすことや、振り付けの中にある伸びたり縮んだりするメリハリのある動きをさらにしっかりやるようになり、だんだん、とぶくじらの踊りも大胆かつ、美しくなってきました。自分なりに伸びやかに踊ることに、客観的な体全体の筋肉や骨格を理解した伸びやかさがプラスされると、表現はより豊かになります。表現は常に主観的な思いがたっぷりあるところに、客観的な理解があることで豊かになります。歌も歌詞の奥にあるイメージからくる息を理解すると表現に客観的な的確さが出ます。今年は四部合唱にも挑戦です。人の声を聞く力があり、自分の声もいきてくる。ミュージカルの脚本の直しも言葉を整理して、セリフが主観的にも豊かに表現したくなる内容で、なおかつ音楽的なリズムが作られるよう、四苦八苦です。また、衣装のデザインも同時並行です。今のファッション誌も私は参考にしています。自分の配役への思いだけじゃなく、原作やディズニーのイラストだけでもなく、今のセンスもとりいれたい。色の組み合わせ方やデザインの合わせ方、丈感や布地の質感…現代っ子はセンスがいいから、それも多少、配慮しないときてもらえません。新しく作ったフクロウの役は、フクロウの生態から調べています。フクロウとミミズクはたいした違いがないし、ミミズクの耳に見えるのは、耳じゃなくて羽角という毛。フクロウの耳は、目の横にあり、左右位置が違う、羽は消音効果がある構造になってる…とかとか、知らないことがいっぱいで面白いです!ミュージカルしてなかったら、知らないでいたことばかり。いくつになっても伸びゆく心と体でこどもたちとは関わっていたいです!

      2
      テーマ:
  • 29Aug
    • とぶくじら広場の役決め終了。

      とぶくじら広場では、夏の合同練習で役決めをします。全員が全部の役を体験し、その中でその子にピッタリの役にしていきます。こどもたちも、役に対して、なんとなくの希望だったものが、はっきりとしてきます。ぜひ、これになりたい!そういう子の熱意は、見ているこちらに痛いくらい。そこで公正なジャッジを下し、本番までみんなの気持ちをつないでいくので、判断を間違えてはいけない、大事な一瞬です。4月の練習からなりたい役を言い続けていた子、突然、役にひらめいた子、あきらめていたけれど、やっぱりやりたい役が出てきた子、遠慮がちな子、私に任せてくれている子…人は本当にそれぞれの思いで生きています。後で、連絡があって、その子の希望をかなえたのを見たスタッフ、「言ったもの勝ちなところってありますか?」モチロンあります。伝えることは、熱意の表れです。でも、言わなきゃ損か?それも違うと子どもを見て思います。ずっと、第一希望が通ってこなかった女の子。演技力があり、臨機応変がきくから、つい、本人の希望より、適性で役につけていました。今年、その子に聞くと、やっぱり、希望の役でなくてもいいという。その彼女のしなやかさに、脚本の方を変えることにしました。彼女は彼女の第一希望で、役割を増やす。私に任せてくれた子も、その子のキャラを全面にいかす脚本に書きかえました。言わなくても、伝わるものもある。言いすぎないから、汲み取ることもある。言ったもの勝ちだけど、言わないもの勝ちもある。舞台は冒険の場です。強い意志がなくては傷だらけになります。合同練習は、年少さんでも、雑巾がけから始めます。戸惑っていても、助けすぎず、さぼりは認めません。小さくても一人前扱いは大切です。舞台では、一人一人の責任を持った行動が必要だから、今から積み重ねます。最後にみんなの疲れたころの様子を見て、アリスやウサギの大役を決めます。最後までふんばれる体力や集中力。大役はかっこいいけれど、その分の重さに耐えられること。仲良しと一緒になりたいと、そっと手をつなぎあう同士。役をとりたいと、友の手を振りほどく子もいます。テンションが上がってしまう場面で、感情のコントロールが難しい同士で、けんかも起きます。泣く子もいます。揺れる心の中で成長するこどもたち。人の心は、こんなにもいい意味で身勝手で、揺れて変わって、その場その場で成長するのか!!すごい場面に立ち会える自分が本当に嬉しく、だからこそ、責任もかみしめ、脚本の仕上げをしています。本当に暑い夏でした。

      1
      テーマ:
    • とぶくじらWORKS 9月スケジュール

      猛暑に大型台風、地震もあって、この夏は荒れた気候が続きましたね。皆さんは、お元気ですか?秋は夏の疲れが出やすいので、十分に体には気を付けてくださいね。9月のスケジュール、更新です。◆ボディートークの教室◆★隠れ家ギャラリーえん(個人レッスン) …お店にて要予約9月13・27日(木)10:00〜18:00★iccco教室マスター・ファースト9月26日(水) 10:00〜12:00マスター・セカンド9月10日(月) 10:00〜12:00マスター・サード、アドバイス9月12日(水) 10:00〜12:00※ファースト、サード後、個人レッスンあり。★ソラミミ教室9月17日(月)個人レッスン    10:00~12:30 15:30~17:30グループレッスン 13:30~15:00☆彡とぶくじら広場北 教室9月4.18日(火)16:30~18:00南 教室9月5.19日(水)17:00~18:30名東教室9月6.20日(木)16:30~18:00岩倉教室9月7.21日(金)16:30~18:00大府教室9月8.29日(土) 13:30~15:00天白教室9月11.25日(火)17:00~18:30犬山教室9月9.23日(日) 10:00〜11:30とぶくじらも、配役発表、脚本配布です。作品作りスタートに向け、気合が入ります!!

      1
      テーマ:
  • 22Aug
    • ミュージカル、パワーアップ!

      今日はこどもたちとミュージカルのパワーアップレッスンしました!以前から、ずっとやりたかったけど、私の思いをぶつけるばかりにならないよう、時期を見ていましたが、9年目にして開花しました!さすが、5年生以上。あちこちから集まるから、みんな、なかなか打ち解けるのに、時間がかかります。それぞれがそれぞれに距離をはかりながら、緊張感をもってスタートしました。とぶくじらにみんなが寄せる思いを、付箋に書いて貼り出すと…自分を出せる、が、一番多いから、嬉しくなりました。そして、次に多いのが、人の良さに気づけて仲良くなれること。そして、表現の楽しさや作品の良さに気づけることなど、みんなの思いは盛りだくさん!ミュージカルのベースにある体ほぐしや体操は、自分を出すために大切な表現する体になるため。意味がわかれば、姿勢も変わります。全身を使って踊れば、いつもの踊りが実はハードな踊りなのもわかって、一回踊るだけでクタクタになります。歌の奥にはどんなイメージがあるのか、曲を聴きながら、テーマを考え、音にあわせていきます。たとえば、「ウサギの歌」の奥には「カチカチカチカチ…」という時計の音がある。なぜ、スタッカートで歌ってほしいのか、楽譜じゃなく、歌のイメージから解説します。セリフにも弾みやリズムがあるから、間や詰めがうまれることをやりながら体験!親しくないことも、必死にやっているうちに笑い合うようになります。一人一人のよさで作ってきたとぶくじらのミュージカルが、より総合的に、より芸術的に、より立体的になる日も、遠くなさそうです(๑>◡<๑)

      テーマ:
  • 21Aug
    • アフリカンキャンプin長野

      子どもミュージカルを指導していて、先生が板についてくると、つい、自分の得意な動き方や指導の仕方ばかりになってしまいます。そこで、最近、新しく習うことを増やしています。ストレッチやホットヨガなども習い、体の内側の伸びる感覚を養うと、まだまだ、体の中には自分が普段は認識していない伸びやかな可能性があるのを感じます。それが、すごく楽しい(๑>◡<๑)そんな時、アフリカンダンスの先生から、アフリカ人が二日間みっちりダンスを教えてくれるキャンプがあると教えてくれました。体、大丈夫かな?と、思いましたが、やってみたいが勝利して参加してきました。本場アフリカ人のダンスは、本当にパワフル!ナマの太鼓に合わせて、ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ!無理だ、飛べない…と思っていても、音に押されて、参加者のかけ声にはげまされ、気がつけばジャンプしている自分がいました。すごいなぁ!人間の体の力。若い時より今の方が筋力は衰えてきているけど、日頃の意識が変わってきたからか、昔よりずっと、自由に体が開いている気がして、没頭できました。音に身を任せたり、体に心を委ねたり、人目を気にせずふりきったり、周りを気にせず夢中になったり、意識を捨てるのが、私はちょっと苦手な分野です。でも、このキャンプではそれができて、終わったら、なんだか感動でいっぱいでした。山に登ったり、ひたすら走ったり、夢中に踊ったり、自分の意識や我を越えて、ひたすら体に心を任せて進んでいくから、感動できる世界がある。無意識の少し上にある潜在意識を意識化するのが、ボディートークの世界に私はいつもいます。子どもミュージカルでも、子どもの内側の個性の芽をキャッチして、表現として具体化していく世界。それとは真逆に進む。形をやっているけど、形から入って、どんどん無意識になっていく世界。でも、どちらも、生きていることを全身で味わう世界だなぁと、リフレッシュした気持ちで思います。さあ、今週はいよいよ役決め!ミュージカルのパワーアップ講座にもこの夏にはチャレンジします。楽しむぞ〜!

      テーマ:
  • 13Aug
    • 頭が空っぽになる日

      先日、友だちに誘われ、海に行きました(๑>◡<๑)私は一人で旅行が多いから、初めて一緒にお泊まりする女子旅にワクワクでした!海水浴して、温泉入って、ウナギを食べて、お酒を飲んで、大仏を見て、かき氷食べて、ガラス館に行って…楽しかったなぁ友だちと旅行に行くと、余計なことが何も考えられなくなります。一人旅だとつい考える仕事のことも、自分のこれからへの不安とかも、全部忘れて、たわいもない話で笑って、頭が空っぽになります。帰ってきたら、早い時間からぐーぐー寝ちゃって、次の日に起きたら、頭がスッキリ!仕事に身がはいりました。行き詰まっていたアイディアもたくさんあふれて、時間を旅行に使った分、たまった仕事をガンガン進めています。頭が空っぽになる時間って、大切ですね!

      1
      テーマ:
  • 09Aug
    • 舞台の神様

      今日はワークショップを観てきたヤングアメリカンズのショーの日。素晴らしい舞台でした。こどもたちが、ヤングアメリカンズたちが、みている人が、作り上げているスタッフたちが、みんな盛り上がって、輝いて、この本番を完成に導いていました。私の知っているどの子も、ステージ前には、ワクワクをはじけんばかりにしていて、ステージ中は夢中に全身を輝かせ、楽しでいました。生きてる。生命が、そこで生きている。それが何より感動です。劇場には、神様がいる。劇場にいるといつも思います。たくさんの人の思いが集まって、今まででは成し得ないようなすごい奇跡がおこります。でも、それは、たくさんの人の思いで、準備されたからこそ、発揮される力なのでしょう。そして、それは心の栄養になります。舞台と生きていたい。小学4年生のとき、師匠のミュージカルに出演して思った気持ちは、30年経っても変わらないまま。いいえ、深まるばかりです。今日、ステージでこどもが夢を語るシーンがありました。この子たちの気持ちも、夢を発表しなかった子たちの気持ちも、今、熱い心で思ったことは、きっと、どこかで、かなっていくだろうな。こどもたちが元気で、自分を発揮して、輝いている。そういうために、活動している人がこの世にはたくさんいる。舞台であろうと、なかろうと。そして、心いっぱい生きているこどもたちがいる。未来が信じられる気がします。

      2
      テーマ:
  • 08Aug
    • 生命が輝く場所

      昨日、今日とヤングアメリカンズのワークショップを観に来ています。ヤングアメリカンズ40人くらいが100人くらいのこどもと、3日で1時間のショーを作り上げるこのプログラムは、本当にパワフルで感動的です。私はこどもを観ながら、その変化に感動し、ヤングアメリカンズのパワーに輝きに刺激をもらい、みんなの感性が研ぎすまされる姿にミズカラの感性も研ぎすまされます。やっぱりステージはいいなぁ!ここでしか味わえないナマの生命輝く時間があるなぁと改めて思います。感動で泣く子がいたり、思い切りやりきれなくて悔しくなってる子がいたり、バテてヤングアメリカンズに支えられている子がいたり。障がいを持った子にも、優しく、ユーモラスに関わるヤングアメリカンズの姿も素敵です。その子がヤングアメリカンズを好きになり、ショーに入れるよう導く姿は、うまくいったり、苛立ったりしてるヤングアメリカンズの姿もふくめて、人間の心と心がぶつかりあい、交わり、一つになっていく姿です。輪になり、声を上げて、足をふみ鳴らし、手をたたき…人間の全身からほとばしる情熱!生きてる。そこにみんなが生きてる。夏の役決めに向け、私は感性を研ぎすまされているうちに、こどもミュージカルの脚本を書きます。アリスの歌に新曲が生まれました。「新しい出会いは、未来でのパスポート」と、いう歌詞。新しい出会いをすることで、その経験をどう感じるか次第で、私たちは未来の自分が作られている。パスポートは、身分証明書。今が未来を作る。ちょっとわかりにくいニュアンスですが、ヤングアメリカンズとこどもの出会いが、こどもたちの未来を豊かにしていることに感動した歌詞。今度は、私とこどもたちで。まずは、明日のヤングアメリカンズのショーの本番!楽しみです(๑>◡<๑)

      2
      テーマ:
  • 06Aug
    • 越百山に行ってきました!

      この土日に越百山に行ってきました!標高2600メートルくらいの長野県の山です。土曜日に山頂近くの山小屋で一泊して、翌日に山頂まで行って下山してきました。いいお天気。足場を確かめながら、地道に登ります。こまめに水分や行動食をとりながら、ひたすら登る山道。するべきことは、足を前に運ぶことだけ。登っていると、ごちゃごちゃした日常の思いは下界に残って、自分の中の大事なことが見えてきます。山小屋ではあたたかく迎えられ、美味しいスイカをいただき、ご飯はおいしく、寝袋は心地よく、星は綺麗で、柔らかな気持ちになります。ああ、頑張ってよかった!安らかな心地で眠りにつきました。翌日は早朝から山頂を目指します。標高2500メートルを超えると森林限界といって、高い木が生えなくなります。空気もちょっと違ってきます。ますます余計なものがはがれおち、大事な思いが現れる気がして、スッキリとした気持ちで山頂につきました。山のうえで、いっぱい空気を吸い込んで、ゆっくりお散歩して、寒いくらいの風を受けて、仲間と笑い合って…そんな時、生きててよかった、と、改めて思います。生きているうちに、こんな風にしみじみと生きてる実感を得られるのは、本当に幸せです。ココに来れてよかった!ココに来るために、頑張ってよかった!こどもミュージカルでも、本番にこういう清々しさを感じてもらえたら、と、思えました。下山は特に足場に気をつけないと、疲れているから、うっかり足をくじきかねません。でも、登りよりはうんとラク。山から下りたら、温泉に浸かって、ホッコリでした。年に一度の一泊登山。次はどの山に行こうかな?仲間は帰りにすでに翌年の相談をしていました。私は?そんな声を聞きながら、車でぐーぐー寝て帰りました(๑>◡<๑)

      1
      テーマ:
  • 27Jul
    • 燃えた夏! これからも、夏!

      今日は専門学校指導の最後の授業。グループごとに作った作品を、2グループは保育園で発表し、ほか2グループは幼稚園で発表。次に学生同士で発表しあいます。私のグループはミニ.ミュージカルを朝には保育園で発表し、昼からはトップバッターでの発表。発表の前、学生たちみんなを円陣にして、気持ちを円の真ん中に合わせました。若い頃、私はこの円陣がキライでした。仲間にもなりきれてない人と、肩を組み合うことに抵抗していたのです。でも、小学校で指導していた頃、学校の先生の提案でした円陣。ああ、円陣って、仲間だから組むんじゃなくて、仲間になるために組むんだ。仲間には、最後にはなろうとしなきゃなれない。だから、仲間になろうとする環境を作っていく。今日、円陣を組んでだんだんみんなの気持ちが、自分の中にくっついている自分への気持ちが解き放たれて、真ん中に一つの気持ちに集まる気がしました。それは、素晴らしい瞬間、今の今を、精いっぱい生きる。失敗や成功、うまくできた、間違えた…そんなような気持ちから離れて、ただただ没頭していく夢中の時間!ミニ.ミュージカルは保育園で夢中を過ごしてこどもたちに喜んでもらえて学生たちの気持ちが大いに弾んで、ほかのグループの前でやる時には、アレンジしたり、間を活かしたり、言い方を変えたり、みんな心が弾けました!なんと、お妃と王子の戦いでは、会場の声援を受けて盛り上がって、力いっぱい戦いにいった王子の剣が、それを必死に受けたお妃の杖とぶつかり、真っ二つに折れてしまったほど!王子の学生は、必死に謝ってくれたけど、私はその2人の熱い思いに、やり過ぎてしまった抑えきれなかったパワーに感動しました。剣はそもそも木の棒にアルミを貼ったもの。壊れた剣は直せばいい。出せなかった熱意は出せないまま消えていきます。でも、燃やした熱意は、次の火を生みます。彼らの熱意は、いつか大きな燃え盛る火になるでしょう。燃える喜びを知っているから。帰り際、みんなで丸くなってお別れを告げたら、みんなから涙があふれて、ああ、いい時間だったねって、笑い合えました。私、早くに弟子入りして、途中からは大学は単位とって卒業するためにだけ通っていました。仲間と過ごすとか、仲間と作るとか、苦手な私に、そんな場を与えてくれたみんな。忘れられない夏です。帰り際、一人の学生から思いがあふれたラブレターが届きました。彼女の中で、私と、みんなと過ごした夏が、いかに豊かだったか伝えてくれる、優しい気持ちのあふれたラブレター。また宝物が増えた!自分たちが頑張った後は、人の発表にも真剣に見入って、あたたかな応援をしたくなるね。

      テーマ:
  • 24Jul
    • ミュージカルのデザイナー誕生!

      私の子どもミュージカルでは、おおいにこどもの意見を取り入れます。今年はクイズを取り入れたり、帽子屋の家にある時計などこどもたちがアイディアをくれています。先日、7月最後のレッスンに、1人の女の子がすべての衣装を描いた冊子をみせてくれました。まあ…感心するほど、ていねいにあざやかに絵を描いていて、それはそれは素晴らしいデザインです!どのくらい取り入れられるかは私の技術もあり、わかりませんが、できるだけ活かしたいとワクワクしています。本当のことを言えば、自分の頭で考えるだけの方がラクチンです。こどものアイディアは突拍子もないから、形にするのが難しいのです。でも、もし、こども時代に夢見たことを形にする喜びを知っていたら、想像力は限りなく広がり、どんどん豊かになるでしょう。だからこそ、味わってほしい!そのための努力をしていきたいと私は思います。さあ、7月のミュージカル練習は終わり、8月は合同練習を待つばかり。脚本を書きなおして、こどもみんなをいかせるようにしよう!衣装のデザインも考えていこう(๑>◡<๑)ワクワクです!

      2
      テーマ:
  • 23Jul
    • 夏イベント、いよいよ!

      こないだ、木彫りを教えてくれる先生のところで、リスを彫りました!その先生は、大仏を木で彫る先生ですが、大仏は左右対称にしたり、ちょっと技術が必要で、可愛いリスを作られたのを、納品前に見せてもらい、私もリスにしました!初めてにしては、まあまあのできですよね(๑>◡<๑)膨らみを作るには、大胆に削ること。無駄を省いて、必要なものを立たせていく。目も、先に目を作るんじゃなくて、頬を作って、目を入れる場所をくぼませ、初めて目が入ります。全体をみて、ポイントをおさえる。それは、ボディートークの考え方と同じ。面白い世界でした!最近、新しいことに触れるようにしています。個人の体のクセにきづくダンスレッスンを受けたり、ホットヨガを始めたり、どちらも、しばらく続けたいと思っています。この夏にはアフリカンダンスの2daysレッスンにも参加予定!新しい分野の内容を伝えるために、新しいことを習うとはどういう感覚か、身をもって感じたい。また、他を知ることで、己を知るように、ボディートークや表現指導方法への気づきを増やしたい。そんな感性を発揮する夏!今週は大仕事が続きます。金曜日に専門学校で学生を連れ、保育園でミニミュージカルの発表。次の日には、淡路島の保育園や幼稚園の先生方に子どもの全身表現を引き出す研修会。今からワクワクしながら、気を引き締めて、輝く時間を作りたいと準備しています。…それにしても暑い💦体調には、気をつけていきたいですね!

      1
      テーマ:
  • 20Jul
    • 輝く瞳のままで

      今年のとぶくじらのこどもミュージカルのエンディングは、楽しく明るく、踊りながら歌います。歌は四番まであり、最初から最後までで5分以上あります。前なら、こんな長い歌をパフォーマンスとして見せられないし、練習に集中ができきらず、通しては出来なかったです。それが長年やってきて、ここ数年でみんながうんとパワーアップしたから、昨年あたりから、長い歌にも挑戦中!この暑い中、室内の涼しい場所で練習してるとはいえ、みんな汗がダラダラ流れます。でも、みんなは、この歌の音楽がかかると、いてもたってもいられなくなり、座って歌おうとしていても、すぐにみんな立ち上がって踊り出します。子どもたちみんながワクワクとして目を輝かせているから、付き添いの兄弟の1歳半くらいの子も、踊り始めるくらい!好きなことに目を輝かせられるってなんてステキなんでしょう(๑>◡<๑)さて、今日は専門学校の学生に指導する日。来週は、保育園に行き、ミニミュージカルを発表しなければなりません。しかも、地震の影響で補講になったぶんもあり、今日は4時限(90分✖︎4)続けての授業。そして、この暑さ…学生たち、しんどいだろうなぁと思いつつ、時に笑いを大いに交え、私のプライベートな話もしつつ、一人一人を私がどんなふうに思っているかなどを語り、休憩もたくさんとりながら、やるべき時には、集中させて厳しく指導して仕上げていきました。最初は、短い時間でうまくできなくて、泣きそうになったり、あきらめたりしそうになりながらも、みんな、だんだん形になり始めると、目が輝き始めます。うまくいかなくなりそうになったら、仲間が助けたり、出番じゃない時に、自主的に脚本を見返し始めたり、どんどんミズカラの力が湧き上がり、体が弾み始めます。休憩時間も仲間と群れて確認する子もいます。すごいなぁ〜目が輝くってすごいな。自分たちのやりたい気持ちに火がついて、目を輝かせて取り組む時間。人生にそういう時間があるっていいですね!そして、私はその瞬間にこうして立ち会えるのが何より嬉しいです。輝く瞳のまま、いろんな困難を乗り越えて、生きてほしいなぁと思います。

      1
      テーマ:
  • 14Jul
    • 大須商店街でアリスを探して

      今日はお休みなので、大須商店街に行くことにしました。以前から気になっていた「水曜日のアリス」というお店に行くためです。小さなお店に、アリスの世界観が詰め込まれていました。でも、いわゆる小さな雑貨屋さんでゆっくりする場ではなく、すぐに見終わってしまいました。せっかく大須まで行ったから、商店街をブラブラ。名古屋に来て長くなりますが、友だちと通りを歩いた記憶はありますが、あまりゆっくり見たことがない街でした。生きた混沌…というか、面白い場所ですね!京都の新京極とかに似ています。色んな文化が雑多に混じり合うかんじ。色んな店に立ち寄って、どんなものがどこにあるかリサーチしました。造花屋さんとかマネキン屋さんとかもあり、いざとなったら買いに行けそうです。カキ氷屋さんもたくさんありました。私は沖縄風カキ氷を食べて大満足!暑いから、カキ氷が美味しい〜♪♪♪さて、ドレス屋さんも、大須で見つけた店には全部、足を運びました。昔はたくさんあったイメージでしたが、見つけられなかったのか、イメージほどたくさんはなかったです。前はロリータファッションの店とかあった気がしたんだけど、今日は見つけられず、でした。アリスの参考にしたかったのにな。でも、ゴージャスなドレスを扱う店を発見!ミュージカルの衣装は、ほとんど手作りですが、ドレスは安いものをうまく買えば、作るよりずっと完成度も高く、安上がりです。そこでドレスを見ていたら、専門学校で使う「白雪姫」のミュージカルのお妃にピッタリのを見つけました。昨日衣装を学生に着せたら、今あるのは他の舞台で使って、こども用に縫い縮めたもので、ちょっと丈が短め。せっかくお妃役の子が自分を超えて頑張ろうとしているのに、ツンツルテン衣装じゃ、かわいそう…昨日の夜中にふとそれを思い、ネットで探していたのですが、大須で見つけたのは、ネットで目星をつけたのより、さらにゴージャスで、コレしかない!というものでした。パニエとネックレスをつけてもネットで見つけたのより安く、迷わず購入。私が着るんじゃないけど、いちよ試着もしました。女の人って、いくつになってもこういうの、好きだよなぁ〜ドレスを着て、ちょっとウキウキしてしまいました(^ ^)彼女もウキウキしてくれたら嬉しいなぁ!この時期は、とぶくじらの子たちから、続々と役の希望が届きます。人数がほしいと思った役の人数は増えず、少人数の役に希望が集まり、脚本に新しいアイディアが必要であることを感じます。「アリス」は臨機応変がきくお話だから、この夏に、新しく脚本を作り変えよう!みんなの活躍をイメージして、作品を立体的にしていこう!ワクワクです(๑>◡<๑)学生やこどもたちがワクワクしながら、がんばる気持ちは私の気持ちをさらにワクワクさせてくれます。幸せな仕事です。自分自身の物語の扉を開け、さらに一歩奥へ!

      5
      テーマ:
  • 11Jul
    • 模範解答から自由になる

      先月、ボディートーク指導者の更新テストがあり、昨日はそのペーパーテストの解答について師匠に指導を受けました。師匠に「よく書けてるし、模範解答みたいだ」と、言われました。私はここで、すごく嬉しくなりました。ああ、やっと、ちょっと、先生に認められた!ところが、師匠は続けて、「でも、自分の内側からの言葉になっていない」と、言われました。ボディートークを学び始めて21年なら、もう模範解答をしてる時じゃない。自分の言葉で書かないと、と。もちろん、私の口からほかの方々に語るボディートークは、私の実感を伴ったものを伝えています。だから、自分の内で実感がないプログラムは伝えていません。でも、師匠の前では、いつまでたっても認められたくて、師匠の望む解答を出したがっている。そういえば、昔、好きな人の望む服や髪型、言葉を選んでいたなぁ〜求められた形になって、そばにいたがる性質を自分の内に見た瞬間でした。師匠にそのあと言われました。「自由」の意味を知ってるか?みなさんは、知っていますか?「自」はミズカラとおのずから。「由」は、よし。肯定すること。ミズカラよしとする。おのずからよしになる。自分が肯定することをすること、それが「自由」だと。自由に生きる道を選んだから、こどもたちにも、心を自由に生きてほしいから、私はこれから、もっと、模範解答を求める自分からも自由になろうと思いました。

      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス