皮膚再建 | 戸部ウータン動物病院のブログ

戸部ウータン動物病院のブログ

病院の日常を書いてます。
気楽に更新していこうと思いますのでよろしくお願いします。
HPにも遊びにきてください。
HP:http://www.tobe-ah.net/
フェイスブック:http://www.facebook.com/tobeutan
ツイッター:https://twitter.com/tobeutann


テーマ:

皮膚再建


皮膚が何らかの原因で欠損した場合、一般的には開いた皮膚の端と端を縫合することで皮膚は綺麗にくっつきます。ヒマワリ


感染がひどいと傷はくっつきませんので、感染への治療が必要になります。チューリップ黄

皮膚の欠損が広い範囲に及んでしまうと単純に皮膚を引っ張って縫合することが不可能となります。チューリップ赤

そこで、皮膚移植・皮弁形成術などのアプローチが必要となります。晴れ


当院での症例

回転皮弁術


右の頬から血が出ているとのことで来院されました。ブタネコ


どうやら喧嘩傷で皮下膿瘍をおこしてしまったようです。ウサギ


皮下膿瘍とは喧嘩傷から入ってしまったばい菌が皮膚の下で悪さをして膿が貯まってしまう病気です。ヒヨコ


猫エイズに感染していた子なので、これが皮下膿瘍を助長させていたようです。うり坊


暴れる性格の子なので麻酔下にて傷の消毒をしました。ヒツジ


皮下膿瘍を起こしていた部分の皮膚は壊死していました。にゃー


壊死した皮膚を切除して、感染巣の消毒と不良肉芽を除去しました。うり坊



皮膚に余裕がないところでしたので、首の部分の皮膚を鼻に持ってくる回転皮弁術を行いました。ブーケ1



手術後感染コントロールを集中的に行いました。チューリップ黄




1週間後には皮膚もしっかり定着しました。チューリップ赤



2週間後に抜糸を行いました。チューリップ紫


毛もだいぶ生えてきて、傷口も目立たなくなってきました。晴れ



皮下膿瘍は早期に発見治療すれば、ここまで広範囲に皮膚が壊死することはありません。ペンギン


特に外にいく猫ちゃんは喧嘩傷など普段から注意して観察してください。虹



戸部ウータン動物病院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス