口鼻瘻管 | 戸部ウータン動物病院のブログ

戸部ウータン動物病院のブログ

病院の日常を書いてます。
気楽に更新していこうと思いますのでよろしくお願いします。
HPにも遊びにきてください。
HP:http://www.tobe-ah.net/
フェイスブック:http://www.facebook.com/tobeutan
ツイッター:https://twitter.com/tobeutann


テーマ:

口鼻瘻管


根尖で炎症が進んだ結果、骨が溶けて口と鼻が通じてしまう病気です。チューリップ黄


口腔と鼻腔とを隔てる骨の厚さは非常に薄く、骨が溶けると容易に穴が開いてしまいます。チューリップ赤


クシャミや鼻汁、鼻からの出血などの症状が見られることが多いです。チューリップ紫




当院での症例

鼻水がひどく、抗生剤を内服しても治らないと転院されてきました。にゃー


食欲もなくなっています。わんわん


膿性の鼻水がでていました。うり坊


猫ちゃんは鼻が詰まると食欲が落ちる子が多いです。おやしらず


口腔内を観察すると、歯周病がひどい歯がありました。ブーケ1




血液検査からも他に食欲が落ちる病気は疑われませんでした。晴れ


歯周病からくる鼻水の可能性が高いので、歯科処置と同時に鼻水の細菌培養感受性試験、真菌培養、細胞診検査を行いました。パンダ


歯周病のひどい犬歯を抜歯すると、根本が鼻に通じていました。クマ



特殊な染色液が歯の根元から鼻に出てきています。ヒヨコ


洗浄消毒を行い、縫合して穴を塞ぎました。星




真菌培養は陰性でした。うり坊


細胞診からも腫瘍は疑われませんでした。ブタ


感受性のある抗生剤をしっかり使いました。馬


鼻水は透明になりましたが、水溶性鼻水は続いています。ぶーぶー


もしかしたら、基礎にアレルギー性鼻炎があるのかもしれません。ねこへび


今後経過観察が必要です。虹

戸部ウータン動物病院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス