乳頭腫 | 戸部ウータン動物病院のブログ

戸部ウータン動物病院のブログ

病院の日常を書いてます。
気楽に更新していこうと思いますのでよろしくお願いします。
HPにも遊びにきてください。
HP:http://www.tobe-ah.net/
フェイスブック:http://www.facebook.com/tobeutan
ツイッター:https://twitter.com/tobeutann


テーマ:

乳頭腫というのはいわゆる「イボ」の事です。チューリップ赤
その姿形が乳頭に似ているので乳頭腫と呼ばれています。ブタ
よくみられるありふれた疾患ですが、猫には殆ど見られず犬に多い良性腫瘍です。にゃー

老犬にできるものは非ウイルス性(単発型)のものが多く

頭やまぶた・肢に出来やすく特にオスに多い症状です。わんわん


若い・幼い犬にできるものはパピローマウイルス(多発型)によるものが多く

頭部、眼瞼、肢端、口腔に発生し、カリフラワー状になってしまう事もあります。しっぽフリフリ


乳頭腫は目障りなこともありますが、切除する必要がある乳頭腫は出血や感染が起こっている場合や、
それ以外に問題がある場合のみです。かに座
乳頭腫は治療をしなくても、自然に退縮します。天使
とは言え、極稀ではありますが、悪性化し、扁平上皮癌と変化していく場合もあります。ねこへび
また、あまりにも腫瘍が大きい場合は切除することもあります。ペンギン



今回の子は眼瞼にイボができてしまいました。しっぽフリフリ

少しずつ大きくなっているとのことです。ブタネコ


戸部ウータン動物病院のブログ

戸部ウータン動物病院のブログ

以前、同じところにイボができました。おうし座
麻酔をかけ、イボの根元で切除、病理検査をした結果、

乳頭腫(ウイルス性の所見なし)と診断がついていました。馬


その3ヶ月後にまたイボが再発をしてしまったのです。わんわん


以前の病理検査から乳頭腫と診断がついていますので、基本的には再発と考え、

切除の必要はないと思われます。パンダ

しかし、可能性は低いかもしれませんが、
・別の腫瘍が同じ場所に偶然できた
・良性腫瘍の悪性化がおきている
可能性もあります。ヒマワリ


また今回の場合はイボが角膜に当たって刺激してしまい、

角膜損傷、角膜浮腫、結膜炎、強膜炎など起こしています。ねこへび
これはイボを切除しないと治りません。てんとうむし

よって切除しました。黄色い花


以前のようにイボの根元の切除では再発する可能性が高いと考え、
根元を楔型に正常な皮膚ごと切除して眼瞼を縫合しました。クローバー



戸部ウータン動物病院のブログ

戸部ウータン動物病院のブログ

眼瞼を正確に整えないと、内反症や外反症、まつげが目を刺激するなど問題が起きる場合があります。ペンギン

病理検査の結果今回も乳頭腫(ウイルス性所見なし)と診断がつきました。ブーケ1
他の腫瘍、悪性化ではなかったので安心です。あじさい

再発がないことを祈っています。星


術後2週間で抜糸しました。


戸部ウータン動物病院のブログ

戸部ウータン動物病院のブログ

しこりが消えたため、眼への刺激がなくなり、角膜の浮腫、強膜炎、結膜炎が落ち着いてきました。チューリップピンク

眼瞼も傷もきれいにくっついています。クローバー

毛が生えるのはもう少し時間がかかると思います。虹

眼への刺激が長くなると、涙の分泌量が少なくなるドライアイに進行している場合があります。クローバー

人間がコンタクトレンズをずっとつけているとドライアイになるのと一緒です。ブーケ1

折を見て、一度涙の量を測定してみる予定です。てんとうむし



戸部ウータン動物病院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス